「まつこの知らない世界」で紹介された“御三家和菓子”と、私のオススメの和菓子店☆☆☆

出典: まろんママさん

「まつこの知らない世界」で紹介された“御三家和菓子”と、私のオススメの和菓子店☆☆☆

TVで紹介された「御三家和菓子」。その他のオススメ店も、アップしました(*^^*) 

キーワード
お土産

記事作成日:2018/01/23

10388view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる2155の口コミを参考にまとめました。

京都に行ったら、美味しい和菓子☆☆☆

とらや 一条店

3.07

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

「マツコの知らない世界]で放送された
老舗和菓子屋・虎屋。

こちらの、「とらや」は、
室町時代後期の京都で創業。五世紀にわたり和菓子屋を営んできました。
後陽成天皇の御在位中(1586〜1611)より、御所の御用を勤めています。
明治2年(1869)東京遷都にともない、天皇にお供して、京都の店はそのままに東京にも進出、現在に至ります。 HPより
古くから皇室に、お菓子を納められてきたお店です。

鶴屋吉信

3.51

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「マツコの知らない世界]で放送された
本店限定販売の、「松の寂」。

綺麗に並べられている、「松の寂」。
見た目は、固いかな?と言う感じですが
柔らかく、食べやすいです(*^^*)

創業 享和三年(1803年)
200年超の伝統を誇る老舗。

店内はとても広く
色々な種類のお菓子が並んでいます。

2階には、目の前で主菓子を作って下さる空間があります。

「菓遊茶屋」
生菓子実演 御一客1,188円 お抹茶付。

両口屋是清 阪急百貨店

3.01

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

「マツコの知らない世界]で放送された
御題菓「竹取物語」。

名古屋市の、老舗和菓子屋として知られているこちらのお店。
寛永11年 (1634年)の創業。
両口屋是清の名称は、尾張藩2代目徳川光友から
「御菓子所両口屋是清」の看板を拝領されたそうです。

川端道喜

スイーツ百名店WEST2020選出店

3.91

夜の金額: -

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

500年の歴史がある「川端道喜」。

京都御所には、
こちらのお店がお菓子を納める時に使った使った
「道喜門」という名の専用門が、今も残っています。

中村軒

スイーツ百名店WEST2020選出店

3.79

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

銘 あじさい

金魚が透き通って見える
カワイイ♫

本家月餅家直正

スイーツ百名店WEST2020選出店

3.77

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

わらび餅♫

本わらび粉を使っていらしていて
作った生地にきな粉をまぶしながら丸め、こし餡を包んでいかれているそう。

出町ふたば

スイーツ百名店WEST2020選出店

3.83

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

大人気の、豆大福。

並んでいる人の、ほとんどの方が
この豆大福を買って行かれます♪

明治32年創業、いつも行列ができているお店!!

五山の送り火の日、こちらの近くの鴨川沿いで大文字焼きが見えます!

※本記事は、2018/01/23に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ