スイーツ好き必見!飯田橋のおすすめスイーツ8選

出典: めろすさん

スイーツ好き必見!飯田橋のおすすめスイーツ8選

飯田橋で「ココは外せない」「必ず立ち寄りたい」とスイーツファンの支持を得ている絶品スイーツをご紹介します。オープンして間もない和カフェや、週末だけオープンするお店など、スイーツ好き必見のお店が目白押し!飯田橋を訪れる際はぜひ足を運んでみてください。

キーワード
ランチ
フレンチトースト
おすすめ
カキ氷
食べログまとめ編集部
ケーキ

更新日:2018/03/05 (2017/11/27作成)

2187view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まめ茶和ん

2017年5月に、飯田橋駅東口からすぐの複合ビルの2階にオープンした【まめ茶和ん】は、元々は武蔵小山にあった、讃岐うどんとかき氷の名店です。

製菓学校で和菓子を学んだ女性店長さんが生み出す和スイーツは絶品との呼び声も高く、飯田橋界隈のスイーツ好きの心を掴んでいるようです。

このお店のいち押しスイーツは、なんといってもかき氷です。

中でも一番人気の「魅惑のシトラスミルク」は、柑橘系の自家製ピューレのサッパリ感に、ミルクの濃厚さが加わり、さらに中から、なんとマスカルポーネ・チーズが登場します!

この意外な組合せは、かき氷をに力を注ぐこのお店ならではの味わいです。

柑橘系のフルーツがピューレ状になった蜜とミルク蜜が全体にたっぷりかかっています。時折、フルーツの果肉も楽しめアクセントになっています。食べ進んでいくと、マスカルポーネチーズが入っていました。

出典: プリンセスマイラーさんの口コミ

こちらは「デラックスいちごミルフィーユ」。

その名の通り、「氷+いちごソース」の層が3層に重ねられたミルフィーユ仕様で、最上層には、たっぷりのカスタードといちごソース、いちごの果肉にコンフレークと、味はもちろん、食感まで計算された「まめ茶和ん」渾身のスイーツとなっています。

ふわふわのかき氷にたっぷりのカスタードといちご果肉がかかっていて、本当に美味しかったです!上から穴を空けて食べていったのですが、いちごソースが三層にわたってかけられていて、とても丁寧な作りでした。

出典: Pocotyさんの口コミ

パティスリー カーヴァンソン

Clear

JR飯田橋駅東口から徒歩6分、大久保通りを進んだ先に進むと、週末だけオープンする手作りスイーツのお店【パティスリー カーヴァンソン】があります。

小さくこぢんまりした店内には、ショコラを中心に数々のスイーツが所狭しと並んでおり、店頭には週末の開店を待ちわびたファンの行列ができています。

こちらはいち押しスイーツ「アメール 80%」。

こちらは味わいの異なる3種類のバローナ社のチョコレートを、11層にも重ねた究極のチョコレート・スイーツです。

一番上のチョコレートは甘みと苦味のバランスがよく、とろける美味しさです。ビスキュイ(スポンジ)の部分にはチョコレートが濃厚に染み込ませてあります。間のチョコクリーム・ムースは少し苦味を感じる濃厚さでした。すべてにおいてチョコレートの濃厚さ、旨みを堪能できますね。

出典: 江戸っ子嫁ちょこ子さんの口コミ

こちらは圧巻の「ショートケーキ」。

高さ10cm超のショートケーキは、ふんわりスポンジに、バニラの風味豊かな生クリームにたっぷりのいちごがふんだんに挟まっています。

このスペシャルなショートケーキとご対面するために、ぜひ飯田橋の名店へ足を運んでみてください。

熟成と練りを3日かけて、ベーキングを使わずに自然発酵で作るスポンジに自家製苺のシロップを使うことで、フルーティーな芳香が合わさり、リッチな味わいに彩りを添えます❤苺の甘みを生かすために生クリーム、スポンジに和三盆糖を使用しています。

出典: ネギトロさんの口コミ

紀の善

Clear

「紀の善」は、飯田橋駅西口から徒歩数分のところにある甘味処です。

こぢんまりとした店構えですが、店内には自慢の和のスイーツを楽しむことができるイートインも用意されて、気軽に利用できる飯田橋スイーツの人気店です。

「紀の善」のいち押しスイーツは「抹茶ババロア」。

ほろ苦い抹茶の風味に粒あんが抜群の相性で、これぞ「和スイーツ」といった定番のひとくちです。

飯田橋へ立ち寄ったらぜひ食べてみてほしい一品です。

口の中で溶けたババロアの味の中から抹茶のほろ苦さが滲み出て来ます。そして小豆と一緒に食べると、最初は甘味、後から抹茶の苦味と続き二重のハーモニーが口の中でバランス良く調和されます。

出典: デラホーヤさんの口コミ

こちらも和スイーツのど定番「クリームあんみつ」。

たっぷりの寒天の上に、ちょっと薄色の粒あんと、昔懐かしい感じのアイスクリーム、そして色とりどりのフルーツたち。

この日本伝統のスイーツは、目で見て、舌で味わい、のど越しまで優しいと、飯田橋界隈で評判なんです。

白玉が1個のっていて綺麗な見た目ですね。甘いものはあまり食べませんが、和のスイーツはけっこう好きです♡アイスクリームはけっこう甘めですが、なめらかで美味しい。少しずつアイスクリームを果物や豆、寒天に混ぜこぜしながらあ〜幸せ。

出典: ★しょうこりん★さんの口コミ

菓の子や

Clear

【菓の子や】は、坂の街ある飯田橋界隈で有名な和菓子店です。

飯田橋や神楽坂周辺には、旧東京日仏学院をはじめ、フランス関係機関が多かったことから、日本古来の伝統とフランス様式が入り混じった独自の文化が育まれたようです。

そんな土地柄を反映したオリジナリティあふれる和スイーツを創造する和菓子店です。

「坂の街最中」は、菓の子やの看板スイーツ。

上質な北海道産「えりも小豆」の中から、さらに吟味された大粒豆を使って炊きあげられた極上の餡。

1つ1つ丁寧に手作業で詰められた最中は、シンプルなだけに誤魔化しがきかない菓の子や自慢の一品です。

さっくりとした歯触りの皮と、まったりとしたつぶ餡の味わいが上手く調和していて、なかなかのバランスです。最中はシンプルなだけに、この繊細なバランスが重要なのかもしれませんね。手頃なサイズで、途中で飽きることもなかったです。

出典: TOMTOMさんの口コミ

こちらも、ぜひ食べてみてほしい「いちごチョコレート」です。

見た目は、まったくチョコレートには見えませんが、食べてみるとあら不思議、ちゃんとチョコレートの食感と、味がするのだそう。

フリーズドライのいちごにホワイトチョコをしみ込ませて作られています。

見た目はよくあるフリーズドライの苺のようです。切ってみても…よくあるフリーズドライの苺のようです(笑)でも食べると不思議、チョコレートのようなしっかりした食感と、フリーズドライ苺のサクサクが同時に…初めての体験!

出典: c.k.morphさんの口コミ

ル・コワンヴェール

【ル・コワンヴェール】は、アグネスホテル東京のホテル敷地内にあるパティスリーです。

こちらのお店のオーナー・パティシエである上霜孝二氏は、スイーツが食べたくなる映画として知られる「洋菓子店コアンドル」に登場する洋菓子の全てを監修されました。

こちらがその「ルナール」。

口に運べば、これ以上ないというほど滑らかに溶けていって、最後に残るアーモンドのザクザクが堪らない…そんな食感の絶品スイーツです。

上霜シェフにしか作れないルナールは、ここでしか食べられない希少な飯田橋のスイーツです。

フォークを入れると、あぁぁぁぁ~*。(*´Д`)。*° 思ったとおりの柔らかさ。この形をどうして保っていられるの??とケーキに聞きたくなります。全体はキャラメルショコラムースのようなクリームのような生地で、信じられないほどなめらかです。

出典: ろってぃさんの口コミ

「ギモーヴ」。

こちらも「ル・コワンヴェール」のいち押しスイーツで、フランスのマシュマロといわれるスイーツです..

メレンゲがベースのマシュマロと異なり、フルーツピューレにゼラチンを加えて固めたものが「ギモーヴ」なんです。

ギモーブは、味の異なる9種類のセット。パッションフルーツ、カシス、オレンジ、ライム、赤ワイン、ココナッツ、お茶‥。特に、酸味の効いたフランボワーズが美味しかった。一週間程度日持ちしますので、週末に買って、平日までゆっくり楽しめます。

出典: ジュニアーズさんの口コミ

Leonidas 神楽坂店

Clear

ベルギーのチョコレート製造メーカー【レオニダス】のチョコレートが飯田橋で購入出来ます。

創業者レオニダス・ケステキディスの名を取って名付けられた「レオニダス」チョコレートは、ベルギー本国では圧倒的な人気を博しています。



人気の「マノンカフェ」を含むギフトボックス。

マノンカフェは、コーヒー風味のフレッシュクリームフィリングに、プラリネフィリング・ミックスとヘーゼルナッツを丸ごとトッピングした、全世界でNo.1の人気を誇るチョコレート・スイーツです。

ちょっとお値段は張りますが、ひとつひとつが特徴のある、しっかりとしたチョコレートたちです。(中略) ホワイトチョコの中にコーヒークリーム&ヘーゼルナッツが入っていて、口の中に入れたとたん、コーヒーの香が広がります♪

出典: kazu_0315さんの口コミ

こちらは「オランジェット」。

細切りにしたオレンジの皮を砂糖漬けにして、ビターチョコレートでコーティングした日本国内でも人気のチョコレートです。

爽やかな果実のピールと、ほろ苦いビターチョコレートのマッチングが絶妙で、スイーツとしてだけでなく、洋酒との相性も抜群です。

砂糖漬けにされたオレンジの皮を、ちょっとビターなチョコレートがまるごとつつんでおり、大人な感じです。普通、オレンジの半分だけにチョコレートが付いていたりしますが、ここのオランジェットは全体にチョコレートが付いているのでチョコ好きにはいいですね!

出典: chicorinさんの口コミ

いいだばし 萬年堂

Clear

【いいだばし 萬年堂】は元和年間、徳川秀忠・家光の時代に京都三条で創業され、明治5年の東京遷都に合わせ東京に移転し、11代目の時に「萬年堂」から暖簾わけされて飯田橋の地に開業した歴史ある和菓子舗です。

店内には小さいながらイートインが設けられており、「御目出糖」「ありが糖う」「高麗餅」などの伝統菓子を味わうことができます。

結婚・出産等のお祝いごと、敬老の日や年賀などの慶事に、「御目出糖」(おめでとう)というお菓子が重宝されます。

赤飯に似た見た目も慶事にぴったりですが、小豆あんに餅粉や米粉などを混ぜ、そぼろ状にして大納言の蜜漬けを散らし蒸し上げられた「御目出糖」は、もっちりした食感と上品な甘さがポイントの和スイーツです。

食感はソボロ感はあまりなく、しっとり+少々もっちり。甘さは控えめ。冬季は日持ち5日とのことで慶事などの贈答にも便利。名前も見た目もおめでたい、新年にふさわしいお菓子でした♪

出典: じゅあんさんの口コミ

「いいだばし 萬年堂」のスイーツ3兄弟と言われる「御目出糖」と、「ありが糖う」「高麗餅」。

「ありが糖う」は、製法は「御目出糖」と同じで、白あんにたっぷりの甘納豆が入っています。

「高麗餅」は、製法は「御目出糖」と同じで、白金時餡に上質な抹茶を合わせています。

味違いで3種類の和スイーツを味わうことができます。

これ、すっごくおいしいです。3種類とも風味は違いますが、食感も同じでとてもおいしい。もっちりとした食感で、蒸し菓子と言うことですが、今まであまり食べたことがない種類の和菓子ですね。創業は元禄時代京都にて。300年続く店の分店のようです。

出典: 行列のできるさんの口コミ

シマダカフェ 神楽坂

Clear

オーガンビック・ティーと地元焙煎コーヒーと、じっくりと仕込んだフレンチ・トーストが自慢の飯田橋・神楽坂エリアにあるカフェです。

こちらのいち押しメニューは、いわずもがな「フレンチトースト」。こだわりの製法で丁寧に作られた、他では味わうことができないオリジナルのフレンチトーストをぜひお試しください!

こちらが一番人気の「神楽坂フレンチトースト」。

パンの乾燥に1日、アパレイユに浸して1日と時間をかけて下ごしらえし、高温のオーブンで一気に焼かれたフレンチトーストは、外はカリカリ、中はふわふわジューシー!

メープルシロップ+パウダーシュガーを振り掛ければ垂涎の一皿です。

フレンチトーストが楽しいです。大きめのバゲットを使っています。フォークとナイフで切り込むとかりっサクッ。ほほぅ!そこからの、ぷるぷる。ほほ!パンらしさは全くなく、プリン、みたいです。ぷるぷるします。食感が2つありとても楽しめます。

出典: opallさんの口コミ

こちらもおすすめ!「天然酵母マフィンのエッグベネディクト」。

半スライスの天然酵母のイングリッシュマフィンの上に、ハムと手作りチキン、ポーチドエッグ、さらにレモンの香る特製オランデーズソースをたっぷり。

ミニサラダとフルーツが付いた、シマダカフェのお食事系スイーツにぜひご注目ください。

オーダーしたのはエッグベネディクト。レモンの香りが麗しいオランデーズソースが、とっても好みなメニュー。ビーリーフとオレンジが添えられています。休日ランチにはぴったりですね。

出典: pichigurenさんの口コミ

ご紹介したお店の選定方法について

「飯田橋のスイーツ」に関する口コミとランキングを基に選定されたお店について、食べログまとめ編集部がまとめ記事を作成しています。お店の選定には、食べログでの広告サービスご利用の有無などの口コミとランキング以外の事情は、一切考慮いたしません。

※本記事は、2018/03/05に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ