愛知県から至福の「ラーメン」を紹介します

愛知県から至福の「ラーメン」を紹介します

地元のまつりで、ラーメンイベントを商工会議所青年部時代から、今は個人になっても地元のラーメン屋さんと一緒に行っている者です。お客目線と両方で見ると、ライバルであっても友情でつながっていて、いつの間にかそうやって切磋琢磨したお店が地域の宝になりつつあるので是非共紹介したいと思います。

キーワード
ランチ
とんこつラーメン
食べ歩き
名物

更新日:2017/07/16 (2017/07/15作成)

1040view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

らぁ麺 飛鶏

研究熱心が高じてお店を開いてしまった、気合と情熱の塊の店主のお店。初登場したときの鶏パイタンの衝撃度は凄かったです。売り切れ御免なので営業時間内であっても早めの入店をお勧めします。

ラーメン専門店 徳川町 如水

名古屋では有名なお店です。常に行列が絶えませんし、それほどラーメンが着目されてない名古屋でも認知度はすごいです。その人気に負けない繊細で奥深いラーメンを提供されておられます。

はる樹

高山系ラーメンを基本とするも、食べ歩き等普段から研究熱心な店主は季節ごとに、嬉しい研究成果でもある限定メニューを出してくれます。春先の限定メニューはまぐりラーメンは私は大好きなラーメンです。

双葉

あっさりしたスープの中にうまみの世界が広がる、素晴らしいラーメンです。とにかくまずはここのスープをまず味わってみてください。ランチにはごはん、つけもののセルフサービスもあります。

つじのや

少々性格が味のある(笑)ユニークな店主なんですが、憎めないキャラクター、時に弱気な発言が出ると思いきや、うわ凄いと感激する美味しいラーメンを生みだしてもくれる、ガツン派のラーメンでお勧めのお店です。

ラーメン 前田家

苦労人が花を開かせた立身出世のストーリーのようなお店です。名古屋で超有名店のラーメン店で長年修行を積んで自分のお店を持ち、今でも麺ゆでは自分でやらないと気が済まない。気合の入ったとんこつラーメンは優しい味で、豆板醤を途中で加えて食べるとまた楽しい。

めんきち

愛知県では名古屋メシと認知されているのが、「好来系」と呼ばれる名古屋独特の系譜を持つラーメンです。現店主は二代目。先代を超えるべく、日々努力を重ねておられます。

春日井ラーメン楽喜 本店

春日井ラーメン楽喜 本店

春日井ラーメン横町を共に主催・スタッフをしてくれているオーナーのお店です。塩とんこつを春日井ラーメンの定義として、地元に広げて行こうとされておられます。地域認定の特産品にもなっています。

麦の道 すぐれ

麦の道 すぐれ

春日井に元々の店がある、すぐれさんが、新たに一宮市に意欲的に出店されたお店。麺の素材から、具の加熱調理、すべてに店主の意気込みと思いが詰まった一杯です。売り切れになる日があるので、早めに入店しましょう。

新京

新京

地元ではベトコンラーメン(たぶんベストコンディション)と通称で言われる、ニンニクが、がつんと来るラーメンで新京さんは地元中心に何軒か展開しておられます。本当にニンニクがすごいですからね。

ありがた屋

レシピ考案の職人肌天才肌の店主さんです。ヤフー次世代ラーメンコンテストグランプリ受賞も過去されていて、全国にカップラーメンも発売になったこともあります。定番もありますが、その時々の新味を期待して伺うという、いろんな楽しみ方が出来るお店です。

あおい

名古屋で高山系ラーメンと言ったら、紹介したくなるのがここです。進化を遂げているのと、先代の高山ラーメンの伝統と、うまくマッチングしながら日々進化をしているように感じます。

麺家獅子丸

麺家獅子丸

生真面目で職人肌でありながらやり手でもあるご主人が名駅の近く意欲的に出店されたニューカマーのお店です。ひとつひとつのメニューや具材に並々ならぬ気合が感じられます。店内に入ったら、素晴らしい厨房の調理機器にもぜひ注目してみてください。

味仙 JR名古屋駅店

味仙 JR名古屋駅店

どうしても時短で名古屋を感じたい方には、やはり台湾ラーメンでしょうか。名古屋駅の構内にあります。辛いミンチ肉とスープと麺のマッチングを名古屋の思い出としてお楽しみください。

きしや

きしや

そして、筆者の隠し玉がここです。名古屋の名物でもある、きしめん屋さんで、しかもしょうゆではなく、出汁味の白きしめんが美味しいのですが、既に裏メニューではなくなっていますが、その白系統の白ラーメンが旨いのです。白出汁にラーメンのタレが少し加わって、品の良いラーメンに仕上がっています。

至福の一杯は実は店の生い立ちを知ると深くなる

元々、愛知県はラーメンの有名地ではありませんでした。しかしながら場所柄いろんな文化がクロスしている場所でもあります。筆者がラーメンイベントを手掛ける春日井は東名と名神・中央道の分岐点でもあります。ありとあらゆる味のラーメンが集まってきます。これに名古屋独特の発達をしてきた、名古屋オリジナルもちゃんとあり、様々なラーメンを今や一度に楽しめる場所になっているんですよ。

※本記事は、2017/07/16に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ