両国のおすすめカフェ9選!定番から穴場まで

両国のおすすめカフェ9選!定番から穴場まで

常連さんが心配しちゃうコスパ良すぎのカフェに、毎日でも行きたい絶品モーニング。あんこぎっしりのたい焼きもお忘れなく!両国国技館に江戸東京博物館、大名庭園と日本情緒あふれる観光スポットの多い両国には、ほっとくつろげるおすすめのカフェがたくさんあります!両国へ訪れる前にぜひチェックしてみてください。

キーワード
おすすめ
定番
穴場
食べログまとめ編集部

更新日:2017/09/19 (2017/04/05作成)

619view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気スポットめぐりの合間に両国のカフェでひと休み

両国国技館や江戸東京博物館など江戸情緒あふれる見どころをはじめ、東京スカイツリーなど人気スポットにも近い両国エリア。遊びやイベント、観光を楽しんだ後は、カフェでゆったりとくつろぎたいですよね。日本家屋を改装した和カフェやレトロなカフェ、ベーカリーカフェまで、両国のおすすめカフェをご紹介します。

B18e439d796337afd0731f75fd67d77a

一丁目茶房

一丁目茶房

両国の「一丁目茶房」は、サイフォンで淹れたコーヒーを楽しめる喫昔ながらの茶店。

コーヒーもモーニングのトーストやサンドイッチも、丁寧に作られたランチメニューも、安定感のある美味しさと常連さんが通い詰めるお店です。


コーヒーと野菜トースト(サラダ付き)600円。

サイフォンで淹れられたコーヒーは、ほど良い苦味や酸味、コクとバランスが良くまさに喫茶店の味わいと好評です。

野菜を「焼き」でお願いするとドトールの朝のセットをひとまわりかふたまわり大きくしたようなサンドイッチが運ばれてきました。丁寧に作ってあり美味しいです。コーヒーも、こういった店にありがちな酸味系ではないのが嬉しい。

出典: ジエさんの口コミ

ランチタイムの人気メニュー「カレーライス」。ご飯は、白いご飯とドライカレーから選べます。

牛肉をトロトロに煮込んだカレールーは、食べたあとにじわっと辛さが広がる懐かしくも本格的な味わい。

カレーはじっくり煮込んだタイプ、お肉は牛肉がとろとろに入っていて筋がちょっと見える程度。ジャガイモやニンジン、タマネギは見えなくなっています。激辛でないけれど後からじんわり辛くなる。ドライカレーはすっごいパラパラに炒めてあります。ピーマンの味がかなり強め。コドモはきついかもしれません。ドライカレーだけでも美味しいから、お得感が満載。上にのった目玉焼きは半熟なのでスプーンでつぶしてかけると尚よしです。

出典: 風太くんさんの口コミ

ホイップクリームがたっぷりの「ウィンナーティー」。

こんな正統派の喫茶店メニューをオーダーして、ゆっくりした時間を過ごすのもいいですよね!ただし、昔ながらの喫茶店らしく全面喫煙可なので、嫌煙家の方はご注意ください。

なつかしの喫茶店。両国第一ホテルの、道を挟んで向かい側にある喫茶店。光の具合なのか、外からは店内の様子が見えにくくて入るのに最初は勇気が要りましたが、入ってみれば小奇麗なお店。店頭でタバコを販売している通り、スモーカーにはうれしい喫煙可!最近はランチタイムは禁煙、ていうお店も増えている中、ここでは気兼ねなく(笑)サラリーマンのお客さんがほとんどです。

出典: のりっちょさんの口コミ

普段はリピーターの男性客が多いものの、近年のレトロ喫茶・カフェブームで、若い年齢のお客さんも増えているとのこと。両国でカフェめぐりをするならまず立ち寄りたいお店です。

浪花家本店

浪花家本店

創業明治42年という、両国の老舗たい焼き屋さん「浪花家本店」。

お店に入ると左側がたい焼きを焼くスペース。右側が、飲食可能なスペースになっています。

職人さんが専用の型を使って一つ一つ焼き上げるたい焼き。

ぱりっとした皮の美味しさが伝わってきます。通りがかるとつい買いたくなるというファンも。

袋の外からも皮のパリパリ感が分かります。近くの公園に移動しベンチに座って、いただきます。小生は、頭から食べる派です。ガブリ。薄い皮はパリッとして、その中には控えめ甘さの小倉餡がたっぷり。う~ん、美味です。3口目で尻尾に到達しても、すこしシットリになった皮もイイ。

出典: 天才タマゴさんの口コミ

割ってみると、自家製のほど良い甘みの小豆あんがたっぷり!皮が薄めなことで餡の美味しさが際立つそうです。

中の餡子が皮からところどころ透けて見えています。皮が薄いのでたい焼き本体も薄めですが、案外重みがあります。横から見ると、お腹の部分が1番厚く餡子が多めに入っていますね。2つに割ろうとすると、皮が予想以上にしっかりコシがあります。中には粒餡がぎっしり詰まっています(入っている、と言うより、詰まっている、という感じですね)。かじるとコシのある皮から小豆粒がほろっと解け、皮の香ばしさを感じます。

出典: AI94さんの口コミ

かき氷も人気メニューのひとつ。

画像は「みぞれ」の呼び名でも知られる「スイ」。シンプルなメニューだけに氷とシロップの美味しさを問われる、美味しいかき氷屋さんには必ずあると言っても過言ではないメニューですね。

アニメの「美味しんぼ」で、このスイを食べるのが通だという逸話が登場して以来、「浪花家」でも人気なのだとか。

・かき氷(スイ)300円。
メニューにスイがあることに感動。「美味しんぼ」の名言「俺はスイ。」を試すチャンスではあったものの、絶対伝わらないのでやめておいた。スイは、氷に砂糖水をかけたもの。つまり、元は水と砂糖であるが、温度と形が変わればこんなにも美味くなるので、温度と形は大事。

出典: 必殺いっぱちさんの口コミ

他には軽食メニューも。たい焼きのみを店内で食べられるのは14時以降とのことなのでご注意ください。

ルクール ベーカリー&カフェ

ルクール ベーカリー&カフェ

両国駅から8分、8席ほどのベーカリーカフェ。イースト不使用の天然酵母のパンが種類に揃っています。好みのパンを購入してイートインスペースで楽しむことができます。

ラインアップはその時によって異なるようですが、ハード系のパンが多いとのこと。

画像は、定番人気のフォカッチャ。

ガーリックの風味が効いたものも。

ブリオッシュ

甘い系も♪画像はシナモンロール。

【美味し~いパン】
ブリオッシュ?のようなパンはリンゴの入った物と、普通の物を買いましたが、しっとりふんわりでとっても美味しかったです。大きいかな?と思ったけど、あまりの美味しさにペロリとたいらげました。フォカッチャの方も香りと良い塩気といい美味です。

出典: ばにら亭さんの口コミ

素材の美味しさをダイレクトに味わえる食パン。

一番の目的は「食パン」です。大きさこそ小さいですがずしりと重く、もちもちさと香り高さに加えしっとりさもあるので、ただ焼いただけでもたまらなくおいしい。ちょっと厚めに切り分けて贅沢に頂いています。

出典: むねくにさんの口コミ

テイクアウトできる気が効いた洋風のお惣菜もパン同様に素材の美味しさを感じられる上質な味わいとのこと。おつまみ用に購入する人もいるようです。

テイクアウトで利用しました。テリーヌがおすすめです。結構ぶ厚くカットしてくれます。デパ地下によくあるフレンチデリは見習って欲しいですね。
・ジャンボンペルシェ 420円
・おばあちゃんの田舎風パテ 480円
・メルゲーズ(仔羊と豚肉のソーセージ)仕立てのテリーヌ 540円
・蝦夷鹿のテリーヌ 540円
特にジャンボンペルシェが絶品でした。

出典: voke-teenさんの口コミ

約8席ほどの店内は、光が差し込む明るい雰囲気。落ち着いてのんびりカフェタイムを過ごせそうです。

ル クール ブランチ

上記の「ルクール ベーカリー&カフェ」の姉妹店で、2016年10月にオープンしたばかり両国のカフェ、「ル クール ブランチ」。パスタのおいしさにさっそく高評価が集まっています。

水出しアイスティーやメイソンジャーで出されるスムージーなどもあり、カフェとして使えるのも嬉しいところです。

お店のメニューは「なつかしのナポリタン」からオマール海老をふんだんに用いた贅沢なものまで種類豊富に揃い、年齢を問わず幅広いお客さんに利用されているようです。

店内には、子供が遊べるスペースが備え付けられているとのことで、子連れでのランチやカフェにも良さそうです。

大きなミートボールがごろんと入ったミートソース。お子様にも喜ばれそうです。

ミートソースというよりトマトソースベースにミートボールが入ったイメージ。とってもおおきい ビッグボールだ。香ばしさ満点で甘さはほぼない肉肉しさが感じられるビッグボール。フォークで割って楽しめる。

出典: 風太くんさんの口コミ

「カルボナーラ」には、別添えの粉チーズをたっぷりかけてどうぞ!

濃厚めで、とぅるっとしてる。ブラックペッパーはその場で挽いてるんじゃなく挽かれてパッキングされてるやつぽ。

出典: 風太くんさんの口コミ

メイソンジャーで提供される「りんごバナナ小松菜レモン」のスムージー。フレッシュなスムージーを外食で気軽にオーダーできるのは嬉しいですね。

ベーカリーカフェ直営だけに、パンやスイーツの美味しさは申し分なし!ワインに併せてお昼からご機嫌カフェタイムを楽しむのも良さそうです。

ウール倶楽部

「ウール倶楽部」は、丸安毛糸株式会社のビル1階部分にあることから「ウール倶楽部」の店名がついたというユニークなカフェギャラリー。ゆったり落ち着いた雰囲気で美味しいスイーツを楽しむことができます。

入り口には大きな毛糸玉のオブジェが!何やらわくわくします♪

店内にはアンティークな雑貨が並べられ、上質なカフェタイムを盛り上げてくれます。

一杯ずつペーパードリップで丁寧に淹れられる「ブレンド珈琲」は、くせのない飲みやすい味わいとのこと。

美味しいです。口当たりが良く、酸味があまりありません。これは珈琲は苦手という方にも飲めると思います。いつもはコクと酸味のある重い珈琲を飲むことが多いのですが、こういうさっぱりした珈琲もいいですね。ペーパードリップなので家で珈琲を飲む時にも参考になりますね。

出典: whoiskawakamiさんの口コミ

濃厚で美味しいと好評の「豆乳のチーズケーキ」。

自家製ならではの優しい美味しさの「生チョコケーキ」。

特筆すべきは、豆乳のチーズケーキ!
こちらもメチャメチャ濃厚でクリーミー、大豆の味がとても濃く、まるで豆腐のような味がします。でもちゃんとチーズケーキの軟らかさや甘さもあり、メチャメチャ美味しかったです!「チーズケーキが抜群に美味しい。でも生チョコも充分に美味しい。」と、ツレとも見解が一致しました。

出典: クラウンさんの口コミ

お好きなケーキとドリンクを選べるケーキセットも手作りの風合いが感じられる、ハンドメイド好きな方にもおすすめの両国のカフェです。

純喫茶ヒロ

純喫茶ヒロ

両国駅から600mほどの懐かしい雰囲気の喫茶店。赤いソファが印象的です。ナポリタンやサンドイッチなどの安定した美味しさに定評があるようです。

テーブルに置かれたメニュー表に灰皿、そしてスタンドタイプのライターが!
こんなの初めて見たと喜ぶお客さんも。

メニューも純喫茶やレトロ系カフェには欠かせない懐かしいものが揃っています。

画像は「ウィンナーコーヒー」。

これぞ喫茶店のトーストと言いたくなるような厚切りの「バタートースト」。角切りバターも素敵です。

バタートーストとウィンナーコーヒーを注文。小粋なカップのウィンナーコーヒーは生クリームが荒波のようにこれでもかうねっていて100点盛り。最高。超厚切りのトーストには余るほどのバターがブロックで添えられていて本当たまらない。

出典: 胃ちゃんさんの口コミ

お食事メニューもあります。
真っ赤な福神漬けがアクセントのカレーも...

もっちり太麺のミートソースも...

サンドイッチも、何もかもが期待通りの安定感!

まず4~5分でホットコーヒー。これは普通に美味しい。それから7~8分でヤサイサンドウィッチが届きました。切り口が綺麗な端正な姿をしています。中に入っているのはレタス、キュウリにトマト。ソースはマヨネーズでマスタードが効いていて旨い。野菜だけのサンドイッチなんて久しぶりですが、軽くあっさり食べれていいと思います。食べる前よりかえって胃がすっきりしたかもしれません。

出典: Schnitzelさんの口コミ

最後は甘~いパフェでシメたいところですね♪
画像はたっぷりのホイップクリームとシロップ漬けのパインが懐かしい「パインパフェ」。

エリーズ カフェ

大江戸線両国駅から3分程度のほっとする雰囲気のカフェ。店内にはピアノがあります。

フレンチプレスで淹れるコーヒーがなんと全種類380円というお得すぎる価格設定と家庭的なサービスが好評のカフェです。

エチオピア、コスタリカなどの各種コーヒーは全て380円、コーヒーとスイーツプレートのセットは何と550円!良心的すぎる価格です。

スイーツに寄ってみると、ご覧の通り盛りだくさん!溢れんばかりのサービス精神が伝わってきます。

コーヒーはフレンチプレス式です。まろやかで美味しい!ミッポTさまのレビューによると、オイルによるものだとか?詳しいことは私はわかりませんが、渋み苦味酸味すべてひっくるめてまろやかにまとまっているような。ずっと飲んでいたくなる味(^-^)
スイーツの方はバナナパウンド、チョコパウンド、カットイチゴ、カットバナナに生クリーム、バニラアイスが添えられて。まるでお友達のお家に遊びに行っておじちゃんが出してくれた、みたいなそんな微笑ましいプレートです。

出典: ぺねろぺ☆さんの口コミ

コーヒーは「味グラフ」を参考に、好みのものを選ぶことができます。優しい店主さんに好みを伝えておすすめを伺ってみるのも良さそうです。

コーヒーは単品で頼んでもビスケットが付いてきます。
画像は「スマトラ」。

コーヒーのみオーダー。えっ??380円って本当なの?さらにメニュー見ていると、日本茶が200円って、そんなに安くして大丈夫なの!!もはやここまでコスパ良いと、マスターの人柄が良すぎないかと心配になります。マスターは親切でとても好感が持てます。
コーヒーの味は、「コーヒーって豆から出来ていたんだった!」ことを思い出させてくれる風味豊かな味わいです。

出典: 憩17さんの口コミ

らん

らん

丁寧に淹れたコーヒーにボリュームたっぷりのランチが人気という、地元、両国で愛される昔ながらの喫茶店。目隠しのグリーンが目印です。

ランチタイムになると、サラリーマンや地元の常連さんで店内がいっぱいになるそうです。

こちらが店頭のランチメニューです。

サラダ、スープ、コーヒーか紅茶が付いて全て890円。

もやしのサラダとコーヒーカップに入った汁物が付いてくる「和風パスタのセット」。

セットのお味噌汁をアップで。コーヒーカップに浮かぶなめこがユニークです。安心できる美味しさに喫茶店好きのお客さんからは「頑張って続けて欲しい」というエールも。

地元の方々のためにあるような喫茶店ですが、こういう店って、ホントに少なくなりましたね~頑張って続けて欲しいです。

出典: 七五郎さんの口コミ

じっくりと淹れられたブレンドコーヒーは、正統派喫茶店の味わい。地元の人たちとともに、ゆっくりとコーヒーを味わうのも楽しそうです。

1杯ずつ丁寧に淹れているのでしょう。なかなかの一品でした。

出典: もや半世紀さんの口コミ

コーヒーはフィルターでちゃんといれてくれます。こいうまっとうな喫茶店こそなくしたくないものです。

出典: Flatfish Loverさんの口コミ

PUPU

PUPU

JR両国駅から5分程度のカフェバー。コーヒーもカフェラテもオレンジジュースも400円というお手頃価格で、アルコールメニューも豊富に揃っています。

フードメニューは女性店主さんの作る家庭料理中心とのこと。営業時間は17:00~24:00(ラストオーダー23:00) ですので、夜カフェとして使えそうです。

チーズホットドッグとアイスコーヒーを実食!お味。
あつあつのソーセージがチーズと一緒にバンズにはさまれててウマー。ホットドッグいいよね。ホットドッグ。アイスコーヒーも濃すぎずかといって薄すぎず、ちょうどいいあんばいです。けっこうわかりにくいロケーションなので隠れ家的に使えるいいお店だと思います。

出典: 山崎大正解さんの口コミ

PUPUは、JR両国駅東口より徒歩5分、都営大江戸線両国駅A4出口より徒歩10分とのこと。
下町育ちの女性店主さん二人が温かく迎えてくれるようです。カフェバー好きの方、夜カフェを探しているという方は、ぜひ一度足を運んでみてください。

ルーサイトギャラリー

ルーサイトギャラリー

芸者さんの自宅だったという趣のある建物を改装した両国エリアのギャラリー&カフェ。1階はギャラリー、2階がカフェになっています。2階からは、隅田川や東京スカイツリー、総武線の電車が眺められるそう。

小さな看板を見過ごさないようにしないと、通り過ぎてしまいそうな店構えですね。

こちらは、水出しのアイスコーヒと、プルーンのタルト。

抹茶と和菓子がセットになったメニューもあるそうです。

画像は、氷宇治金時白玉。昔使っていたアンティークのかき氷機を再び使えるようにして作ったそうで、シャリッシャリのかき氷が頂けるのだとか。

伝統的な日本家屋を改装したというカフェの店内。落ち着いた雰囲気でくつろげそうですね。

窓の外に見えるのは、隅田川。夜のライトアップされた風景が素敵です。

夏季は期間限定で、テラス席で仕出し弁当を頂けるそう(予約制・時間制限あり)。

隅田川からの風を感じながらのランチタイム、気持ち良さそうですね。

最寄りの浅草橋駅からは徒歩5分ほど。対岸にある両国駅からは、両国橋経由で徒歩11~12分ほどです。

趣のある外観は高級料亭の雰囲気。古い一軒家のカフェと言うよりは歴史ある屋敷のカフェと言ったほうが合う気がします。そして、ギャラリー&カフェの店内も外観同様に趣があります。広々とした店内、隅田川を望めるテラス席、どこに座っても居心地よさそうです。一人貸切状態で1時間ほどのんびりと過ごし、今まで訪れたことのないカフェの雰囲気を静かに楽しみました。

出典: サロンちゃんさんの口コミ

芸者さんのご自宅だったところを、現在のオーナーさんがギャラリー&カフェにしたお店です。隅田川がすぐ目の前、斜め左にはスカイツリーが見えて、なかなか素敵なロケーションです。水だしアイスコーヒーと季節のタルトを注文。今日のタルトはチーズタルトでした。あと和菓子付きのお抹茶セット等もあります。2階のカフェは窓を開けると自然の風が気持ち良い。食事のメニューはないですが、散策の休憩にちょっとお茶をするには最適です。

出典: はむたけさんの口コミ

ご紹介したお店の選定方法について

「両国のおすすめカフェ」に関する口コミとランキングを基に選定されたお店について、食べログまとめ編集部がまとめ記事を作成しています。お店の選定には、食べログでの広告サービスご利用の有無などの口コミとランキング以外の事情は、一切考慮いたしません。

※本記事は、2017/09/19に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ