自由すぎ!!板橋の個性あふれるラーメン店8選 

自由すぎ!!板橋の個性あふれるラーメン店8選 

そびえ立つ背脂の「雪山」に、フレンチ出身シェフ作の超ハイレベルな中華そば、ミャンマー料理店のランチはなぜか「つけ麺」推し!? 安くて美味しいお店の宝庫、板橋で自由にのびのびと個性的な独自路線を驀進するユニークなラーメン店をご紹介します。カオスな魅力あふれる板橋のラーメンワールドをご堪能ください。

キーワード
ランチ
とんこつラーメン
塩ラーメン
深夜営業
食べログまとめ編集部
駅前・駅近

更新日:2017/05/18 (2017/03/13作成)

2929view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

らーめん 玉彦

Clear

「らーめん 玉彦」は、JR埼京線「板橋駅」から徒歩1分。店主夫婦が営むカウンター7席のみのラーメン店です。平日は深夜1時までオープンということで、昼夜問わずに板橋のラーメン好きが足を運びます。

「らーめん 玉彦」のラーメンは、全て自家製麺とのことで、店内には製麺機が置かれています。

一見、どの町にもありそうな、町のラーメン店といった印象ですが...

こちらでユニークなのは、メニューのラインアップ!店のおすすめの「玉子まぜそば」から、種類が豊富なラーメン・つけ麺まで、メニューが充実しています。

各メニューのクオリティの高さにも、創作意欲あふれる店主の人柄にも高評価の口コミが寄せられています。

こちらの「鶏塩らーめん」は、シンプルで上品な味わいが特徴とのこと。鶏と魚介のダシが効いたスープに細麺、具材とのバランスが秀逸だそうです。

コラーゲンたっぷりの鶏白湯に魚介スープ。やや塩加減が強めで暑い日に良い感じです。麺はストレートの自家製麺。もちもち食感で喉越しが良い麺。鶏チャーシューも、なかなか美味しいです。510円でお得なシンプルな鶏白湯ラーメンでした。

出典: ガイヴさんの口コミ

「濃厚魚介つけ麺」
卓上の魚介粉末を好みで加えて、思う存分濃厚に!

濃厚魚介つけ麺は、まさに濃厚なスープと、それに良く絡みそうな麺が。早速、ひと口行ってみると…うめぇぇぇええええ‼︎( ̄▽ ̄)

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13120759/dtlrvwlst/B190611422/

「特濃海老味噌つけめん」
ランチ限定メニュー。濃厚な海老味噌に喉越しが良い自家製麺を合わせた、旨みたっぷりのつけめんです。

自家製麺が旨い‼︎シンプルな魚介ベースに海老味噌の重厚な味が合う‼︎麺は中太ストレート麺。自家製の麺らしい。太麺ほど食べ応えは無いが、ツルツルの麺に濃厚スープが程良く絡む。歯切れも良く、箸が進む進む。あっという間に完食しました。笑。板橋の隠れた名店で間違い無いと思います。

出典: すもーるぱいぷさんの口コミ

「和風トマトらーめん」
トッピングにはチャーシュー、貝割れ、白髪ネギの他に、きくらげとトマトペーストが。酸味のあるスープと細麺との相性が抜群とのことです。人気のトマト系では、他に「和風トマトつけ麺」などのつけ麺も。

このスープは食べ進むにつれて味が濃くなってゆく…いや、旨味が増してくる感じなんだよね!ツルッツルの自家製麺がまた旨し(^.^)v自分だけかもしれないけど、ラーメンと言うより沖縄そばを食べてるような感覚もあるのがフシギだなぁ。あ〜美味しかった♪

出典: まさ・なちさんの口コミ

「玉子まぜそば(青とうがらし)」
旨みが濃いブランド玉子の美味しさを活かしたまぜそばとのことだそう。お店のいちおしメニューです。醤油ダレを加え、半分になったらスープ割りをして頂きます。紅生姜もお好みで。

半分ほど食べたところで麺が隠れるくらいまでダシスープを入れて食べると、豚骨ラーメンのような味わいに変化する。一杯で2つの味が楽しめて満足!

出典: ぐぐちゃんさんの口コミ

店主の意欲を感じる一杯。

出典: routastさんの口コミ

麺屋 ほたる

Clear

板橋駅東口の目の前というロケーションが魅力的な「麺屋 ほたる」。

ラインアップは、つけ麺、ラーメン、油そばと種類豊富!板橋が誇る名ラーメン店という評価も寄せられています。

店外には、製麺所の木箱が。この他に、浅草開花楼の木箱も目撃されています。どうやら、メニューによって麺を使い分けているようです。

「芳香塩らーめん」
主張を抑えたさっぱり系のスープに細めのストレート麺を合わせたラーメン。チャーシューやねぎ、シナチク、水菜、のりなど、トッピングとのバランスも良い上品な一品です。

「芳香」という冠をつける一杯ですが、鶏油のような色気ある香味を感じません。魚介塩ダレにかかった形容詞のようです。ということで、動物系のニュアンスは、ベーススープにあるのみ?のように感じられて、鶏がらの動物系は割と抑えめに感じます。でも魚介系というところまでは突き抜けない程度のバランス感。この程度のレベルが王道と思われるほどに、実に安心感をもってグビグビと飲み干せるスープです。

出典: TOMASSOONさんの口コミ

「特製つけ麺」
ほたる特製のこんがり焼き目の焼豚と、チャーシューの両方がのせられた豪華な一品です。画像は中盛(+50円)。

麺はしこしこ食感の中太麺。程よくスープが絡まって主張も強すぎず程よい!50円で中盛にできますが、他店の大盛に近い量です。スープは濃厚魚介豚骨…ということでよくある味か?!と思いきや、魚介だけに頼らないマイルドながらしっかりとした味わい。粘度も程よく、くどすぎません。このスープがまたうまい!そしてほたるが好きな最大の理由が桃色の焼豚。肉の旨味が噛む度に広がるローストビーフのような焼豚です。つけ汁に絡めると更にウマーーー!! 通常の焼豚もうまい!二種類の焼豚が楽しめるのは嬉しい。

出典: 社務猫さんの口コミ

「鶏旨味らーめん」
中盛り(+50円)をオーダーすると、麺量が225gに!具材と共にたっぷりと楽しみたい時は、中盛りがおすすめとのことです。画像は味玉をプラス。

鶏旨味という文字に過度の期待をしておりませんでしたが、正直旨い!いけます‼️しかも色とりどりの具材の量と種類は、今まで食べたどこのらーめん屋さんよりも沢山あると感じました。しかも旨い!

出典: @わにさんの口コミ

駅近にこんないいラーメン屋さんがあるなんて、板橋は羨ましい。

出典: モンチッチさんの口コミ

中華そば 幻のタンポポ

Clear

フレンチ出身の敏腕シェフが作る各種ラーメン、つけ麺が人気の「中華そば 幻のタンポポ」。何とも興味を惹かれるネーミングです。

目印は店舗の入り口にかけられた浮き輪。店主さんはアロハシャツを着ていらっしゃることが多いのだとか。店構えからしてユニークな雰囲気が漂ってきます。

最寄り駅は北池袋。下板橋駅から550m程度の場所にひっそりと佇む、カウンター7席のみのお店です。

まずは基本メニューの中華そば。フレンチ出身のマスターが天然国産素材を使って作るスープは、初めて食べた人を驚かせ続けているそう。

トッピングは、ローストポーク、ローストチキン、角煮、きのこ、青菜、ネギと豪華ラインアップ! お肉を2枚ずつ増やすと「焼豚そば」に、味玉と焼きモッツァレラをのせた「得のせ」にもバージョンアップできるそうです。

今まで食べたことがない系統。特に、無化調の店にありがちな、さっぱり上品にまとまっているとか、煮干を全面に押し出してそれだけしかよくわからないとか、そういう感じとは別世界が広がっている。このスープは何なんだ?と少しずつ飲んでいるうちに、ほとんど飲みきってしまう危険なスープ。なんだろう、うまい。くせになる。止まらない。

出典: EGWさんの口コミ

ものすごく不思議なスープ。味わったことのない独特の風味。塩ラーメンという感じでは、少なくともありません。なんだろう、貝柱か魚系のダシでしょうか?かなり濃いですが、塩辛いという感じは全くありません。複雑な味がします。(店内の説明書きによると、煮干しや昆布、本枯れ(鰹節のことですね)のほかにも大山鶏や豚、香味野菜を使っていらっしゃるみたいですね。)

出典: ゴンからの手紙さんの口コミ

トッピングのクオリティの高さにも多くの絶賛が。食べログレビュアーの画像にも愛情を感じます!画像は旨みがぎゅっと詰まったローストポーク。

絶妙な半熟の味玉。

香ばしい焼き豚。

焼きモッツァレラ。溶けたチーズが麺にからんでたまらない美味しさに。

ゆっくり火を入れて、仕込みから3日かけたというお肉は上質で柔らかく、とろける味わいです。おいしく仕上げるコツは、「いい素材を使うこと」、だそうです!焼きモッツアレラは麺とあわせるとまろやかで香ばしく、病みつきになりそうです。そして、黄身がとろりととろける絶品味たまご。お肉もスープもどれも主役級でうっとりでした。

出典: ユーキ。さんの口コミ

ピンクがきれいなローストポーク、そして柔らかいローストチキンは、どちらも2日かけて下味をつけ、ゆっくり火を入れてあります。3種のお肉で、私が一番気に入った角煮は、豚肉を2日かけて血抜きをし、その後、バルサミコなどを使った煮汁で2時間火をいれるんですって。

出典: ラジオリポーターさんの口コミ

つけめんもあります。
ほうれん草とチャーシュー、ねぎが浮かんだつけ汁に合わせる麺は、もちもちで噛みごたえがあるタイプ。小麦の味がしっかりと感じられるそうです。

【眼からウロコのつけ麺に出会う!!】
スープ、つけ麺用だから、そのまま飲んだら味が濃いと思ったけど、舌の奥がウマさ、コクを感じて、そのままでも良い感じ。材料は「和」だけど、処方はフレンチ。ローストポーク、ローストチキンのクオリティーが、そこら辺のフレンチ以上!!参りました!!!

出典: フォルトゥナさんの口コミ

「中華そば 幻のタンポポ」の店主さんは、保健所で殺処分される犬を保護しているとのことで、店内にはわんちゃんがいます。そのため店頭には「ワンコOK、苦手な方NG、ご遠慮下さい」との貼り紙が貼られています。

そして、その反面、お子様は来店歓迎とのこと。食育にも関心があるという気さくな店主と話してみるのも楽しいかもしれません。

煮干し中華そば 一剣

Clear

板橋駅から2分、2016年8月にオープンしたばかりの「煮干し中華そば 一剣」。

こってり・あっさり各種の煮干ラーメンが揃い、煮干好きの胃袋をわしづかみにしています。店主は池袋の人気ラーメン店「生粋」ご出身とのことで、「生粋」ファンも足を運んでいるようです。

一剣の基本メニューは「煮干し白湯そば」「煮干しつけそば」「煮干し中華そば」の3つのみ。券売機もご覧の通りシンプルです。

「煮干し白湯そば+チャーシュー」
見るからに濃厚なスープのビジュアルが、煮干し好きの食欲を掻き立てます!

粘土の高いドロ系スープは、煮干しの濃い味わいが目立つパンチの効いた味わい。それでいてしつこくないと、煮干好きからも太鼓判が。

麺は細麺、ストレート、低加水、デフォルトで固ゆでで「パツ」と切れる食感は堪らないです。具材の玉葱、よく煮しめたメンマも単品で食べても美味しい程です。チャーシューは150円の追加でしたが、厚切の上質のが4枚も入ってました。最近流行の低温調理ではなくて、しっかりと肉の廻りに焼き色を付けた後に煮豚にした物です・・そうとう旨い!!菜の花は浸しでなくて素で茹でただけですが、濃厚煮干しのスープには完璧に合います。
大変に美味しゅうございました

出典: グルマンじゅんさんの口コミ

スープはドロドロ系で煮干しもガツンと効いてます。でも全体のバランスが良いので、それほど重たさは感じませんでした。タマネギがいいアクセントになるね。美味しいですよ♪ 麺は歯ごたえの強い中細麺。スープとしっかり絡みます。チャーシューは脂身が多くてちょい苦手でしたが、メンマの味付けがよかったな。レベルの高い煮干しで満足。

出典: somenman0125さんの口コミ

煮干が強烈にきますが、鶏白湯の影響か苦味とか感じない。しょっぱいと先に情報をゲットしていたけどそんな風には感じなかったな。もっとしょっぱいもの食べてるせいか。麺はおなじみ細。若干他所より軟らかく感じました。チャーシューは脂身部分がほろほろに軟らかく、味も染みてて最高。メンマは極太でしたが、軟らかめで気にならず。ほうれん草はちょっと珍しいかな。意外とスープに負けてなくて味がしっかりしてます。

出典: ITysさんの口コミ

ラーメンといえば「替玉」ですが、こちらでは刻みチャーシューやねぎ、玉ねぎ、高菜が乗せられたものが提供され、常連さんには「和え玉」と評されているようです。150円とリーズナブルな価格もうれしいところ♪

ミョー ミャンマー

Clear

埼京線・板橋駅から徒歩2分。の場所にある「ミョー ミャンマー」。

日本ではまだ珍しい、本格的なミャンマー料理を食べられるお店です。

え、ここでラーメンを本当に出してるの!?と首をかしげた方もいらっしゃるかもしれませんが...

店舗の外には「ラーメン」「つけ麺」の大きな看板が!ミャンマー人のシェフが作るアジアンなラーメンは、一度食べると病み付きになる人もいるようです。

店内にもラーメン屋さんらしく券売機が。
さっそくアジアンなラーメンを!とメニューをチェックすると、なんと、券売機左上の特等席には「魚介つけ麺」がセットされ、「味噌つけ麺」「餃子」もあります。

お目当てのアジアンはと言えば、右上にありました!「ココナツラーメン」。ミャンマーのシェフの日本風ラーメンも食べてみたくなりますね。

こちらがお待ちかねの「オンノカスオエ(ココナツラーメン)」です。

角煮風に味付けされた鶏肉、軽い食感のあげせんべい、ネギ、水菜、煮玉子など具だくさん!別添えのカットレモンをしぼると、エスニックテイストが際立ちます。

なんだか色とりどりで可愛いですね。味のほうは、それほどココナッツがきつくなく、意外なほどあっさり。それでいて、不思議なスパイス感。こりゃ、クセになりそうです。

出典: &:o)さんの口コミ

ココナッツの白、オイルと卵の黄身のオレンジ、水菜(パクチーじゃなくて超残念><)の緑が美しい!スープは、ベースは鶏と思われますが、ココナッツの風味は強く無く、クセは感じません。トロリと濃厚なんですが、しつこく無く不思議とあっさりいけちゃう ^^

出典: hiro 饅頭さんの口コミ

こちらは、スープビーフン「チェーオー」。豚団子に豚もつ、青菜に卵にナッツと具だくさんなボリューム満点の一杯です。別添えで提供されるたれに、具材や麺をつけて食べるスタイルです。

「チェーオー」のたれ。

麺はビーフン。具は豚のもつ、肉団子、青菜、ウズラの玉子、鶏の玉子などが入った、ミャンマーの麺料理。タレも付いてきて、お肉や麺を付けて食べるそうです。美味しい♪スープがかなりしっかりした味で自分の好みでした。

出典: woods2106さんの口コミ

こちらは「魚介豚骨つけ麺」。ラーメンやつけ麺は一見さほどミャンマーテイストを感じません。

こちらは、ミャンマー料理の中では知名度の高い「ラッペ・トウ(お茶の葉サラダ)」です。

ミャンマー料理は17時からオーダーできるとのことですので、夜に訪れた際にはお試しください。

ほんのり苦いお茶の葉に、干し海老の旨味&香ばしいナッツ。そして、時々地雷のように埋まってるチリの辛味に要注意。

出典: ゆ~すけさんの口コミ

Clear

新板橋駅から120m、板橋駅から400mほどの「光」。白を基調にした清潔感漂う店構えが印象的です。

白濁したスープの「海鮮らーめん」が売りのラーメン店。オーソドックスな「らーめん(正油)」はチャーシューの八角風味がポイントなんだとか。

「光」でユニークなのは、メニューの構成。券売機左上の特等席には「海鮮らーめん」、その隣には「エビチリ温麺」、下には各種「つけ麺」が並んでいます。どれが売りなの!?と迷うお客さんも。

そんな時には、まず「海鮮らーめん」をどうぞ。

ムール貝やカニの手、いか、牡蠣、ホタテと、海鮮がふんだんに使用された、ちゃんぽんテイストの豪華な一杯です。

スープは色白の新潟美人といったところ。エビの頭をセンターにすえて、とても「綺麗」なルックスです。具はエビ、イカ、ホタテ、ミール貝、牡蠣にモヤシなどが入った豪華版。海鮮スープは、ちゃんぽんスープとクリームシチューを混ぜ合わせたような味わいで旨い。 麺は太麺で少し固め、このスープに合います。これだけ個性があると、好き嫌いが出るでしょうが、私は好きです。

出典: yaisukeさんの口コミ

うって変わって次は「らーめん(正油)」です。

八角の香りが漂う分厚いチャーシューが満足感の高い一杯。こちらも、他では味わえない独特の味わいという口コミが目立ちました。

スープは豚骨系のようでそうではない、今までに経験したことのない味わい。チャーシューは中華風の香り(八角風)。ぶ厚い肉にトロトロ感。 麺も平麺のようでそうでは無い。 何となく 「不思議な組み合わせ」。煮玉子と極太メンマも美味しく、全体的には、いままでに経験していない、新ジャンルの「らーめん」でした。

出典: yaisukeさんの口コミ

そして更には「つけ麺」も。
小麦の香りが活きた麺の旨みに高い評価が集まっています。背脂たっぷりのつけ汁は、そのまま味わった後、卓上のおろしにんにくをたっぷりと入れたり、レモンをしぼったりして頂くのもおすすめとのこと。

麺は中太の平打ち麺です。煮たまごつき。半熟でトロトロですよ~。レモンが添えられているので途中で麺にかけていただきました。味を変えてサッパリといただけるのはうれしいですね。見た目はコッテリに見えるスープですが、しつこくなく意外とサッパリ。ちぢれ麺とよく絡みます。スープだけで飲んでもおいしいの。

出典: understandさんの口コミ

店主さんの丁寧な仕事ぶりが目に染みます。

出典: 赤バイクの知蔵さんの口コミ

中山堂

Clear

自家製麺を使った各種醤油らーめんが人気の「中山道」。

新板橋駅から70m、板橋駅から500m程度の中山道沿いにあるため「中山道」という店名がつけられているそうです。同じ中山道沿いのラーメン店「百麺 (ぱいめん)」の系列店とのこと。

こちらが、醤油らーめんのラインアップです。食べ比べてみたくなりますね。

まずはオーソドックスな「醤油らーめん」です。

シンプルでやさしい味わいの正統派ラーメン。大盛無料です。さらっとラーメンを食べたい日におすすめです。

昔ながらの中華そばという感じで、くどくなく胃に優しい感じでした。

出典: 大盤振る舞いさんの口コミ

お次は豚骨醤油の「味玉らーめん」。
くさみがないマイルドな豚骨スープが女性にも好評だそうです。画像右下は「チャーシューご飯」。

麺をリフトアップしてみると、ご覧の通りかなり太め。「まるでリングイネ」と評される、むっちりとした食感で、旨みたっぷりの豚骨醤油と好相性なんだとか。

このスープ、ダメかも……と最初は思ったのですが、胡椒をひと振りすると、これがいい感じに引き締まって美味しく感じられてきました。豚骨の臭みはほとんどなくて、スープの油もそれほど多くなくて、思ったほどしつこくない感じです。麺は割と太めのストレート。このチュルチュルした食感はまさにリングイネ。

出典: chinekoさんの口コミ

「らーめん太麺+九条ネギ」
九条ネギのトッピンがオーダーできるのはネギ好きにはうれしいポイント。濃厚な豚骨にはネギがぴったり!

見た目には透明感もあり、そんなに濃度がありそうに見えないが、飲んでみるとしっかりダシを取った豚骨のみが出せる、単純にドロッとしてるだけの濃度とは違う、混ぜ物なしの豚骨の甘みとコクが喉に押し寄せてくる。百麺より洗練された感じというか、ダシは出てるけどサラッとしてシャープな豚骨といった印象。しかも醤油ダレもノーマルで濃すぎず上手くスープを引き立てていて、飲んでいて引っかかる感じがないのも高ポイント。

出典: kekkojinさんの口コミ

鯛塩そば 縁

Clear

元フレンチのシェフがつくる鯛ラーメンが食べられる「鯛塩そば 縁」。

動物性の素材はほとんど使わずに、鯛の美味しさを存分に引き出した特製のスープ。

食べ終わった後のスープは、お茶漬けとして食べることができます。

こちらのお店のご飯は、鯛のダシで炊いたもの。

鯛の刺身がのせられた上に、ラーメンのスープをかけて食べるという贅沢な一品です。

ラーメンを食べにいっているのに、料亭のような楽しみ方ができるのが魅力のお店ですね!

・鯛めし
これは、北条鯛めしと、宇和島鯛めしの中間の様なビジュアル。ご飯を一口。う、う、ウマーーイ!!!

出典: 魔界のランチ2さんの口コミ

ラーメンは、確かに鯛出汁スープですが、濃厚の意味は豚骨でした。意外と甘いスープです。美味しい。

出典: オビキンさんの口コミ

ご紹介したお店の選定方法について

「板橋の個性あふれるラーメン」に関する口コミとランキングを基に選定されたお店について、食べログまとめ編集部がまとめ記事を作成しています。お店の選定には、食べログでの広告サービスご利用の有無などの口コミとランキング以外の事情は、一切考慮いたしません。

この記事に関連する人気のまとめ記事はこちら
> 【板橋】ラーメン好きも注目!おすすめのラーメン店

※本記事は、2017/05/18に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ