広島の汁なし担担麺

広島の汁なし担担麺

広島市内のあちこちにある「汁なし担担麺」のお店をまとめてみました。

記事作成日:2016/05/06

9353view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる858の口コミを参考にまとめました。

中華そば くにまつ

3.61

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

広島の汁なし担担麺の話をすると必ず登場する「中華そば くにまつ」。

路面電車の立町から北へまっすぐ、広島YMCA2号館の向かいにある。
3階建てのちっちゃなビルの1階部分に、和風のシックな入口。
はじめてだと、入りにくい雰囲気かもしれない。

券売機方式。

店内、手前左側に壁カウンター7席、
奥に4人掛けテーブル4卓と厨房がある。

メニューは、汁なし担担麺、トッピング、ビールのほか、限定メニューがある。

汁なし担担麺は、楕円形の和風の器にシンプルな出で立ち。
着丼すると、ぶわっと花椒がやってきます。
ラー油の上に麺と温玉。
麺の上には、肉味噌とネギ、そして花椒がかかってます。

まずは、温玉を崩さないように、よ~っく混ぜ混ぜします。
麺にタレがしっかりからんできたら、いざ実食!
加水率高めの細麺は、シコシコして好みですねぇ~
最初にブワッときた花椒は、混ぜるとそれほど主張してません。
うーん。KUNIMAXにしておけばよかったか。
温玉→ミニライス投入。
これがまた、んまいんだわ。

中華そば くにまつ - 汁なし担担麺:580円、温泉玉子:50円

汁なし担担麺 辛さ×4(580円)、温泉玉子(50円)

キング軒 薬研堀出張所

3.47

夜の金額: ~¥999

昼の金額: -

一説によると、くにまつ、すずらん亭とともに広島の汁なし担担麺トップスリーと称されるキング軒。
こちらは、その薬研堀出張所。

薬研掘の龍王の近くに、狭い間口の入口がある。
店内は、カウンター10席。
テレビがついている。


広島で人気を博し、遂に東京進出を果たした!

汁なし担担麺は、黄色い縮れ麺の上に
肉味噌とネギをのせ、上から山椒がたっぷりかかっている。
麺をひっぱりあげて、下に沈んだタレによ~っくからめる。
タレが麺にからんでねっちょりしてきたら、いざ実食~
ほどよい痺れ加減を楽しみながら、
ねちょねちょの麺を喰らう。
もとかけ山椒とはブレンド比率が違うという卓上のあとかけ山椒を投入して
香りを楽しむ。
すき焼きのように小皿の温泉玉子に麺をつけながら食べるのがキング軒流。

そして最後は担担ライス!
やっぱ、最後の白飯の満足度が高い。

汁なし担担麺センター キング軒 薬研堀出張所 - 汁なし担担麺:580円

汁なし担担麺(4辛)(580円)

きさく

3.58

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2001年に出した「汁無し担担麺」が話題を呼び、広島の汁なし担担麺が流行り出したのだとか?

2002年からは「汁無し担担麺専門店」になった「広島汁なし担担麺発祥のお店」。

券売機方式。
メニューは、汁なしピン担麺(570円)、汁なし担々麺(530円)、冷し汁なし担々麺(530円)と
そのバリエーション。

洞窟のような店内は、L字のカウンター15席。
赤いペンキの上から黒で塗って黒が剥げてきたって感じの年季の入ったカウンター。
厨房には料理の材料や書類などが山積みになっていて、まるでどこかの編集部みたい。(^-^;

店内は、ブワッと臭うワケではありませんが、
そこはかとなく臭ってきます。

細めの麺の上に挽肉とネギが乗ったシンプルな出で立ち。
温玉は最初から投入されてます。
汁なし担担麺は、必ず30回以上混ぜてから食べないと、おしい(広島)!
温玉を崩さないように混ぜ混ぜ・・・
混ぜていると、底に溜まっていた汁が麺にからんで
汁気がなくなってきたら食べごろです。
麺をひっぱりあげて、ズズっといってみます。
麻辣のバランスのいいほどよい辛さ。
いつもは辛めで食べてるけど、
オススメ通りこのくらいの方が美味しくいただけるなとミョーに納得。
途中で温玉を崩すと辛さがなくなるので、
やはり辛めの方がよかったか。。
麺が汁を吸って、このままではご飯を投入する前に
タレがなくなってしまいそう。
やむなく、麺を少し残してご飯を投入することに。
炊飯器のところまで行って、ご飯をとってきます。
ご飯は、ねちょっとして茶色い部分があって、白飯で食べるのは厳しい感じ。
混ぜて食べるのを前提にしてるんでしょう。
ご飯を投入して更にまぜまぜ。
ちょっとタレの不足感がありました。
この汁なし担々麺は、ご飯いらなかったかも?

きさく - 汁なし坦々麺:530円+温泉玉子:70円

汁なし担々麺(530円)+温泉玉子(70円)

ヤマネ

3.57

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

路面電車の立町駅から南へ入ったところ、
キャッスル立町というビルの1階にあります。

外に美容室の看板が出ていて、あれ?美容室の入口かな?と間違えそうな佇まい。

店内は、壁カウンター10席とテーブル4卓。
白い壁、ダークブラウンのテーブル、黒い椅子がとてもスタイリッシュです。

メインメニューは、汁なし担担麺、新広島ラーメン、尾道ラーメンなど5種類。

 汁なし担担麺: 590円
 新広島ラーメン: 680円
 激辛汁なし担担麺: 590円
 極・麻辣担担麺: 750円
 尾道ラーメン: 500円

麺は、ストレート麺 or ちぢれ麺を選べる。

そぼろとネギが半分ずつ丼ぶりを覆ってます。
指示に従って、丼の下から上へ持ち上げるように20回混ぜ混ぜ。
やがて底のタレが麺にしみ込んで無くなってきたら、いざ実食~♪
タレがしみて、そぼろがからんだストレート麺は濃厚で美味しい。
5辛にしましたがそれほど厳しい辛さではありません。
途中で温玉を投入すると、ねっとりまいるどになります。
ねちょ旨の汁なし担担麺でした~

卓上の激辛海老ラー油、刻みザーサイ、混ぜご飯専用タレが気になったので
白飯を担担麺に投入しないで白飯に乗せていただきました。

ヤマネ

汁なし担担麺(590円)+温玉(50円)
1辛~5辛までの5段階の「5辛」。
麺は、ストレート麺 or ちぢれ麺の「ストレート麺」。

汁なし担々麺 麻沙羅/まさら

3.53

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

袋町電停から元安川方面へ一本入った通りにある。

店内は、カウンター8席と4人掛けテーブル1卓。
テレビがついている。

券売機方式。

 汁なし担々麺セット(温玉+ライス): 650えん   基本セット
 汁なし担々麺ネギ玉(ネギ増し+温玉): 650えん  定番
 汁なし担々麺あぶりチーズ: 650えん      人気No.1
 汁なし担々麺チリトマト: 700えん
 汁なし担々麺スパイシーカレー: 700えん   オススメ!
 スープ汁なし?担々麺: 800えん    3度美味しい
   :

汁なし担々麺 麻沙羅 - 汁なし担々麺あぶりチーズ:650円

人気No.1「汁なし担々麺あぶりチーズ(650えん)」

辛さと痺れが0~4まで選べる。
もちろん、4-4でいく。
麺の上にあぶりチーズがかかっていて、
その上に花椒がかかってる。
ネギは少な目、汁は多め。
まぜまぜすると、麺が硬めのこともあり、
くにまつやキング軒のようなネチョネチョ感は少ない。
ズズーっといくと、心地よい辛さと痺れがやってくる。
チーズが固まりかけているのか、よく混ざらないのがちょっと残念。
そして、やっぱり、〆のご飯は必須。

武蔵坊

3.55

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

平和大通りから地蔵通りに入ってすぐ、
小町7番交差点の角にある5階建てマンションの1階部分に赤いレンガの入口。

外に英語の貼り紙が。

We serve two types of soupless "TANTANMEN"
1. Sesame
2. Soy sauce

券売機方式。

 担担麺(濃厚胡麻) 0辛~4辛: 600円
          DETH: 800円
 担担麺(芳醇醤油) 0辛~4辛: 600円
          昇天: 700円

武蔵坊 - 担担麺(濃厚胡麻):600円

担担麺(濃厚胡麻)(600円)

全体的に、くにまつより若干高め。

卓上には、若山椒、赤山椒、青山椒、武蔵坊山椒などが置いてある。
壁には、武蔵坊担担麺の起承転結が書いてある。

楕円形の和風の器は、くにまつと同じ?
くにまつは白ネギだったが、こちらは青ネギがたっぷりかかっている。
やや細めの麺を引っ張り出して、まぜまぜ。。
山椒の香りが食欲を掻き立てる。
五香辣油がしっかりからんだやや細めの麺を喰らうと
ややムセ気味になるものの、味わいは思ったよりもマイルド。
食べ進むと額に汗が滲んでくる。
バランスのいい麻辣のあとから鶏ガラと野菜の旨みが追いかけてくる。

男性店員さんと女性店員さんの爽やかな対応が好感がもてる。

花山椒

3.19

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

流川を中心とする歓楽街のはずれの方、レンガ模様のビルの1階にある。

店内は、L字のカウンター10席。

汁なし担担麺は辛さが選べる。

 0辛 花山椒なし
 1辛 標準
 2辛 辛いもの好き
 3辛 担担麺好き
 4辛 担担麺玄人
 5辛 辛さファイター

花山椒 - 汁なし担担麺5辛:550円

汁なし担担麺 並盛 5辛:550円+温泉玉子(50円)

汁なし担担麺5辛は、花山椒がブワっとやってくる。
お作法にのっとり、しっかりと混ぜ混ぜ。
汁気が無くなってきたら、イザ実食!
辛い!痺れる!

川菜味

3.51

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

広島駅新幹線口を出て、広島市東消防署方面へ行く途中、
光町ハイムの1階にある。

通常の中華やさんメニューの中に汁なしタンタン麺あり。

  マーボードーフ定食: 800円
  鳥のからあげ定食: 800円
  チンジャオロース定食: 900円
  タンタン麺: 700円
  汁なしタンタン麺: 650円

店内は、いかにも町の中華やさんといった雰囲気。
壁カウンター6席と4人掛けテーブル3卓、
小上がりに4人掛けテーブル2卓。
テレビがついている。

中国料理 川菜味 - 汁なしタンタン麺:650円

汁なしタンタン麺(650円)

汁なしタンタン麺は、もやし、ネギ、肉味噌が乗ってる。
まずは、ストレートの細麺にしっかりとタレをからませる。
底には、茶色いタレがたっぷりで、見た目はかなりしょっぱそう。
麺をひっぱり上げてズズッといってみると、見た目通りの濃い味つけ。
ご飯のオカズにちょうどいい感じ。
花椒もガツンと効いてます。ややえぐみがあります。

+150円で杏仁豆腐をつけられる。
杏仁豆腐は、器で固めてあって、クコの実が1つ乗ってます。
とろっとして濃厚。
これは美味しい♪

武蔵坊 横川店

3.37

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

横川駅(東)交差点角、横川本通り商店街入口にある。
穴のあいたコンクリートブロックでできた平屋の建物、
右側がオロチョン、左側が武蔵坊になっている。

店内は、2人掛けテーブル3卓とカウンター4席。
こぢんまりとしている。

券売機方式。

 担担麺(濃厚胡麻) 0辛~4辛: 600円
          DETH: 800円
 担担麺(芳醇醤油) 0辛~4辛: 600円
          昇天!!!: 700円

武蔵坊 横川店 - 昇天!!!:700円

担担麺(芳醇醤油)(昇天!!!)(700円)

昇天!!!は、楕円形の白いお皿に青ネギたっぷりで麺が見えない。
てっぺんにチョビッと赤いモノが乗っている。
下から細めのストレート麺を引っ張り出して、まぜまぜ。。
イイ感じで混ざってきたところへ、ずるずるっといってみる。
辛いけど野菜の甘味が感じられる。
花山椒のしびれと五味醤油の深みがイイ感じでやってくる。

麺がなくなったところで、ライスと温玉を投入!
やっぱ、汁なし担担麺にご飯と温玉は必須。

気持ちよく昇天できる。

※本記事は、2016/05/06に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ