鳥取県中部の牛骨ラーメン

鳥取県中部の牛骨ラーメン

鳥取県に出かけたら、一度は食べておきたい牛骨ラーメン。 鳥取県中部で牛骨ラーメンを提供するお店のまとめです。

キーワード
ご当地グルメ
子連れ
モーニング・朝食
深夜営業
肉料理
駅前・駅近

更新日:2016/04/13 (2016/04/06作成)

2474view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牛骨ラーメンブームのスタートはここから!

近年、鳥取県のご当地グルメとして注目を集めたのは、牛骨ラーメン。
そのきっかけとなったのは、2009年に牛骨ラーメン応麺団が結成されたこと。
そして、2010年の日本テレビ系のバラエティ番組SUPER SURPRISEで牛骨ラーメンが取り上げられ、ご当地最新グルメとして2位に選ばれたこと。
じゃらんに掲載されてさらに露出が増えたこと。
これらがブレイクのきっかけであったと思います。

その注目を集めた鳥取県中部の牛骨ラーメンのまとめです。
閉店されたお店も、記録という意味で掲載しました。
なお、食べログが鳥取県の中部と西部を北栄町と琴浦町で線引きするため、このまとめも食べログに合せ、琴浦町を中部から除外しました。
このような理由で、香味徳赤碕、すみれ、たかうななどはココから除外しています。
琴浦町と大山町の括りで、別に「まとめ」を作ろうと思います。
※未訪問店につきましては、ノー・コメントです。

679b776405a391367df6d7e0fb49fa28

香味徳 由良店

香味徳 由良店

ストイックに牛骨ラーメンだけを提供するラーメン店です。
チャーシューメンや学生ラーメンのラインアップがありますが、基本は一緒。
店主のFacebookには、「牛骨」ではなく、「牛ガラ」という表現も見られますが、牛骨に括って問題ないラーメンだと思います。淀みのない、クリアな味わいです。

液面の脂は、「入れる」、「抜く」、「増やす」、「減らす」など、好みに応えてくれます。

このお店が、一時閉店しておられる時に、お店の再開を願う張紙がたくさん貼られていました。
これからも、愛され続けるお店であると確信します。

八兵衛

八兵衛

じっくりと牛骨が炊き出されたスープ。
アツアツです。
牛骨感がしっかりしています。
牛骨の美味しさを堪能したいのなら、八兵衛がおすすめ。

住宅街の中で、少々場所が分かりにくいかもしれませんが、探していく価値のあるお店です。

ラーメン幸雅

ラーメン幸雅

牛骨ラーメンには珍しく、塩、醤油、味噌と3種類がラインアップされています。

スッキリした牛骨スープは、ほのかな甘味があり、クリアで洗練された味わいです。

プリプリとした中太の縮れ麺は、口当たりがよく、啜り込む時の食感が良いです。

チャーシューやシナチクの食感も良く、食べていて、とても良いリズムを感じるようなラーメンです。

いのよし

いのよし

濁りのない、クリアなスープが特徴のいのよし。
コクが深いのに、くどくなくて、良くできたスープだと思います。
アツアツで供されるので、くれぐれも火傷に注意。

ゆらや食堂

ゆらや食堂

透明感のあるスープは、塩ベースでスッキリしつつもコク深さが特徴。

加水率の低いシコシコの麺と、胡椒の効いたスープは、まさにオーソドックスな牛骨ラーメンであると言えます。

昔ながらの牛骨ラーメンの味が、ゆらやにあります。

ふけた食堂

ふけた食堂

透明感のある醤油味の牛骨スープ。
液面は牛脂に覆われて、アツアツで提供されます。

コクが深いのにスッキリした、牛骨ラーメンの良さが実感できるラーメン。

もっちりした麺の茹で加減も良い。

シンプルなラーメンですが、全体のバランスが良く、リピートしたいラーメンです。

べんけい

べんけい

倉吉駅前の新進気鋭のラーメン店、べんけい。
人気ラーメン店にも牛骨ラーメンがラインアップされました。

牛骨に偏り過ぎず、醤油ダレにも偏り過ぎず、上手くバランスが取られていると思います。

実力派のラーメン屋さんは、何を使っても上手いですね。

香味徳

香味徳

甘さを控えた、塩ベースのラーメン。さらに、胡椒でキリッと引き締めてあるのが、香味徳らしさ。

中太の縮れ麺がシコシコと歯触りが良く、麺の茹で加減も良いと思います。

味もり多

味もり多

和食の職人さんの作ったラーメン。
今はその味は女将さんに受け継がれています。

クッキリした醤油味のスープ。
そば屋さんがラーメンを作っているかのような、かえしが効いたタイプの牛骨ラーメンです。

すずや食堂

市場食堂

卸売市場内の食堂です。
いわゆる一膳飯屋ですが、牛骨ラーメンを提供しておられます。

豚骨や鶏ガラも使った、独得の濃さがあるスープが特徴です。

朝6時から営業しています。
朝食に牛骨ラーメンが食べられるお店はこちらだけでしょう。

レストラン三日月

レストラン三日月

洋食屋さんの作る牛骨ラーメンです。

透明感のある醤油ベースのスープ。
味付けにはチャーシューのタレを使われているそうですが、甘さ控えめのスッキリしたタイプ。

中細の縮れ麺はシコシコと歯触りが良く、ラーメン専門店にも引けを取らない出来映えです。

焼肉ミッキー

焼肉ミッキー

焼肉店の牛骨ラーメンです。
意外にも、キムチ、納豆、牛骨カレー、野菜、濃く濃く、煮込みホルモンとラーメンのバリエーションが多いです。

こちらでは、濃く濃くラーメンを頂いたので、デフォルトの牛骨ラーメンの味を計りかねますが、なかなか良いと思います。

まさご屋

まさご屋

仕出屋さんの厨房の中のテーブルで食べるという、かなり独特なスタイルのまさご屋。
国分太一さんの、おさんぽジャパンに取り上げられました。

味処 華

味処 華

三朝温泉の老舗中華料理店の牛骨ラーメンです。中華料理店でも、しっかり牛骨が用いられています。

色々なアレンジのある中華麺のベースとなるべく、スッキリした味わいのスープです。

中部エリアの牛骨ラーメンを全て頂いたわけではないですが、たぶん、こちらが最もあっさりしたタイプのように思います。

米屋 関金店

米屋 関金店

関金町の温泉施設「湯命館」に併設された和食の食堂です。

キリッと醤油味の効いたスープ。
牛骨はスープの下支えとなったタイプです。

やちよ

やちよ

倉吉駅前の居酒屋の「やちよ」。
営業時間が深夜3:00までと、シメのラーメンを頂くにはうってつけ。

あっさりした醤油味というところも、シメのラーメンにふさわしいと思います。

くつろぎ処 ゆとろぎ

くつろぎ処 ゆとろぎ

温泉施設「龍鳳閣」に併設された牛骨ラーメン店です。
温泉を利用しなくても、専用の入口がありますので、食事のみの利用が出来ます。

牛骨に野菜を合せたスープが特徴で、甘口に仕上がっています。

恐竜食堂

恐竜食堂

「潮風の丘とまり」の中にる食堂です。
店名の由来は、この丘の周囲に恐竜の像が設置してあること。
子供連れで遊びに来るには、とても良いでしょう。

牛骨ラーメンも、そのあたりを意識されてか、甘口のスープで、麺の茹で上げも柔らかめでした。

吉華

吉華

ごっつおらーめん 倉吉本店

ごっつおらーめん 倉吉本店

ピットイン大栄

ピットイン大栄

レストランはわい

レストランはわい

日の丸食堂

日の丸食堂

閉店が決まってから、あわてて出かけた日ノ丸食堂。

醤油の色が濃い、やや甘口の牛骨スープ。
低加水率のシコシコ麺との組み合わせは、牛骨ラーメンの王道とも言えるスタイルでした。

この美味しさは、ぜひとも後世に残して欲しかったと思っています。

※本記事は、2016/04/13に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ