大阪でお好み焼きを食べにいくならここは外せません 6軒

大阪でお好み焼きを食べにいくならここは外せません 6軒

これ以上混雑するのは困るのですが、大阪に行ったら是非とも立ち寄って頂きたい名店です。有名なチェーン店も良いですが、ここに挙げたお店のどこかには行ってみて下さい。

更新日:2014/11/13 (2014/11/05作成)

22704view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪のお好み焼きの頂点と言っても過言ではない名店

オモニ

お好み焼きの聖地生野の名店です。

キムチの入ったポッカが有名ですが、ここでは本当にお好み焼きで何を入れるのもありです。有名人が注文した独自のメニューがそのままメニューとして残っていたりします。
どんな組合わせにも耐えうる生地とソースの美味しさがこちらのポイントです。

生野のオモニの支店や姉妹店が幾つかあります。
最近できた有名店が、グランフロント大阪のお店です。それ以外にも姉妹店として、宗右衛門町のお店と、娘さんのお店の「オモニの娘」があります。

極めて普通な感じですが、実は難波の名店

味乃家

難波の老舗のお好み焼き屋さん。行列必死の人気店です。ビルの二階のお店ですが、お店の前はいつも混雑しています。
極普通な感じのお好み焼きなのですが、食べて見るとその柔らかで粉の重さを感じない関西風の混ぜ焼きのトップクラスのお好み焼きに感動します。

こちらのお店は実は焼きそばも絶品です。嫌な脂っこさを感じない美味しい焼きそばです。

ねぎ焼きの二大巨頭の内の一軒

やまもと 本店

因みにもう一つの巨頭は、難波の福太郎です。

やはり、すじねぎ焼きは外せません。甘く煮込まれたスジ肉と、さっぱり醤油味のねぎ焼きは相性バツグンです。
十三のという町はちょっとディープなイメージがありますが、是非本店で頂いてみて下さい。

十三の本店以外にも、キタの梅田エスト・ワンや福島のほたるまちに支店があります。十三にはもう一軒西店がありますが当分の間お休み中です。
なお、新大阪の新幹線の改札の中にもお店を出しています。

究極の豚玉

観光客が中々行く機会のない玉出という町の名店です。実際には地下鉄を使えば意外とすぐの立地です。

豚肉の脂の質にまでこだわった豚玉。厳選されたロースとバラ肉のバランスが最高です。外側はしっかり焼かれていますが、中はふんわり柔らかです。
どろソースも合います!

こちらの焼きそばも絶品です。

新大阪の穴場の名店

登美子

おばちゃんパワーに負けそうです。

新幹線の駅からは直ぐですが、お好み焼きはじっくり時間をかけて焼きあげますし、お店はいつも混んでいるので、あまり時間の余裕がないときは諦めた方が良いかも。

このお店に来たらホルモン鍋は、外せないメニューです。鍋と言ってもアルミホイルの鍋です。この為、おばちゃんにさわらないように釘をさされます。

分厚い豚肉をしっかりと焼いた絶品のトンペイ焼きは、最初に頼むメニューです。

The 町のお好み焼き屋さん

千草

大阪では珍しい、自分焼きのお店です。
看板メニューの千草焼き(特上の豚ロースを使用します)だけは、お店の方が焼いて下さいます。

楕円形の美しいお好み焼きです。
最後に芥子の実を振りかけて出来上がりです。

※本記事は、2014/11/13に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ