築地グルメツアー!行くならここ!おすすめ17選

出典: mana_catさん

築地グルメツアー!行くならここ!おすすめ17選

豊洲へ移転しても、市場の周りには多くの店が今も元気に営業している築地市場。ランチ、ディナータイム共にたくさんの方が訪れ、日本人はもちろん、最近は外国人観光客も多く訪れるグルメスポットです。今回は、その築地周辺エリアで、海鮮や肉料理など、安くて美味しいと評判の人気のグルメスポットを中心にまとめました。

キーワード
ランチ
塩ラーメン
醤油ラーメン
おしゃれ
食べ歩き
食べログまとめ編集部
名物
肉料理

更新日:2019/11/29 (2015/09/04作成)

13911view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる3991の口コミを参考にまとめました。

築地すし大 本館

3.76

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

築地駅から徒歩5分ほど、「築地すし大 本館」は、リーズナブルに寿司を味わえると人気のお店です。

いつも行列で賑わっていますが、タイミングによっては並ばず入れることもあるそうですよ。

「店長おまかせ」は、にぎり10貫と、巻物1本、最後に好きなにぎりを1貫選べて、なんと3,500円!

江戸前寿司をリーズナブルに味わえると、大評判のようです。

そんなに食べられない…という方は、少しボリュームが少なめですが、大トロ入の「勝どき握り」(写真)がおすすめ。

「店長おまかせ」が人気ですが、アラカルトで好きなネタを注文することもできます。

写真は、「生タコの刺身」。包丁が入っていてやわらかくて美味しかったそう。塩やすだちが添えられているので、さっぱりと色々な薬味で楽しめますね。

寿司の前にお酒を一杯、そんな時にぴったりな一品です。

場内で大人気で今は豊州に移転した「寿司大」とは別のお店。豊洲へ移転した「寿司大」は相変わらずの人気でかなり並ぶにしても数時間待ちとハードルが高い。こちらの「すし大」はタイミングによっては並ばずに入れる。

出典: 鳥野郎さんの口コミ

・店長おまかせ
いくらと雲丹は好きな方を選べるのですが、究極の選択過ぎるなあと激しく悩みました。悩んだ末に選択したいくらは、美味しいに決まっていました。

出典: モンチッチさんの口コミ

麺処 銀笹

ラーメンTOKYO百名店2019選出店

3.78

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

築地市場駅A3出口から徒歩6分ほどの場所にある、「麺処 銀笹」。

一番人気の「塩ラーメン」をはじめ、「白醤油ラーメン」や「塩つけめん」など、このお店ならではのこだわりのグルメな一杯を提供すると評判のラーメン店。

「食べログ ラーメン 百名店 TOKYO」にも選出されています。

「塩ラーメン」は、和出汁のような澄んだ上品な味わいのスープに、加水やや低めで少しウェーブがかかった細麺が相性抜群なのだとか。

丼いっぱいにはいった大きなチャーシューと、鯛のつみれも、スープ同様上品な味付けで美味しいそうですよ。

こちらのお店で人気なのは、ラーメンと一緒に「鯛めし」を頼んで、お茶漬けのように食べるスタイル。

ラーメンのスープをごはんにかけて食べると、最後まで美味しく味わえるそうですよ。



恐らく鶏ガラ・豚骨・節・煮干・昆布だろう。ただ動物系は控えめで、魚介と昆布が骨格の和食のような出汁。塩ダレは塩分がやや強めだが尖りはない。仕上げの鶏油も少しコクや風味を強める程度。美味しいスープだと思う。

出典: 「一期一食」さんの口コミ

・塩ラーメン(880)、大盛り(100)
塩のスープといっても、かなり濃いめで、そのままつけ麺のスープにも使えそうです。麺はストレートの細麺で、スープの個性を引き出す感じ。チャーシューが大きくて柔らかかったです。小皿に海苔がついて配膳されるのですが、これをいれるとキレイに仕上げたスープがかなり野性的に海の風味が加わり、違う個性が引き出されます。

出典: Meeeeechanさんの口コミ

築地 布恒更科

3.76

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

築地駅から徒歩3分、「築地 布恒更科」は自家製粉石挽きう手打ちそばが味わえるお店です。

そばはもちろん、つまみも充実。そばを食べる前にちょっと一杯、という時にもぴったり。

テーブル席は6卓と多めなので、何人かで築地グルメの食べ歩きをしに行った時のランチなどにもおすすめです。

日本酒にぴったりな酒肴が色々揃っていますよ。

「小海老とごぼうのかき揚げ」、「鴨の柳川煮」、「そばみそ」など、そば屋で飲むのが好きな方にはたまらない一品ばかりですね。

布恒更科と言えば一番濃く辛い汁と言うのが代名詞。漆黒の汁をのぞき込めばほんに真っ黒くろすけである。(笑)蕎麦はやや太打ちでしっかりしたタイプ。この漆黒の汁ただ濃く辛いだけでは当然ない。汁にそばを1/3程度漬け一気に空気とともに啜れば、汁の旨味とそばの風味が口に広がりこの上ない幸せ。

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13007659/dtlrvwlst/B421995112/

もちろん定番の「もり」などが美味しいのはもちろん、個性派グルメが楽しみたい方は「季節の変わりそば」がおすすめ。

中でも、真っ黒のビジュアルがインパクト大!という「胡麻切り」は、一口食べるとごまの風味と香りが広がり美味しいそうですよ。

胡麻切りが出されました。驚きました。お蕎麦が真っ黒です! 横長の朱色のせいろに黒いお蕎麦が三山盛られています。印象としては真っ黒ですが、顔を近づけてよく見ると透明感のある黒い更科そばです。切りはせいろと同じように太目で切りが明確です。

出典: Shisuiさんの口コミ

鳥めし 鳥藤分店

3.75

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

鶏肉の卸店直営の【鳥めし 鳥藤分店】です。

質の良い鶏が揃っており、親子丼はもちろんのこと、コラーゲンたっぷりのスープやチキンカツ丼などメニューも豊富とのこと。

毎月7日だけ食べることができるという「とりそば」。

ダシにこだわって前日から仕込み、納得できなければ販売しないこともあるのだとか。

「鳥」の文字が、あちらこちらに書かれています。

グルメ店がしのぎをけずる築地で、自信を持って提供しているからこそ、多くのレビュアーさんから高い評価を受けているのですね。

ぼんじり丼に関しては、コレはもう不味いハズが無い、という心に響く味の取り合わせです。文句なく美味い。濃いめの甘辛に煮付けられたぼんじりは、あのジワッとした脂感がたまりません。

出典: りとはふさんの口コミ

親子カレー:醤油でも塩でもなく、カレー味の親子丼と呼べるでしょうか。不思議な感じは最後までありましたが、悪くはありません。新しい発見となりました。

出典: mopuさんの口コミ

多け乃

3.73

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

築地周辺では“路地裏グルメ”と呼ばれる、路地裏の美味しいお店の食事を楽しまれる方も多いそう。

築地駅から徒歩8分ほど、美味しい魚が味わいたいなら「多け乃」がおすすめ、という口コミが多数寄せられていました。

店内にはずらっとメニューが貼られていて、選ぶのも楽しみですね。

魚料理は、刺身、煮付け、天ぷらなど様々なスタイルで味わえます。

中でも人気は、魚の煮付け。「キンキの煮付け」は大小好きなサイズから選べるそう。

ランチで寄るならおすすめは、ボリュームたっぷりの魚グルメが味わえる定食。

写真の「まぐろのぶつ切り定食」は、しっとりとした舌にまとわりつくようなきめ細かいマグロが美味しかった、という口コミがありました。

定食にもう一品追加して、ボリュームアップすることもできるそうですよ。

・アジフライ定食
2枚下ろした鯵を薄めの衣で仕上げた一品。ピンと反り返った身からも、鮮度が伝わります。必要最低限のさっくりした衣の食感の下には、ほっこりとした身の鯵が。おそらく、刺身でも十二分に使えるであろう鯵を使ったフライは絶品です!!

出典: 湊屋猫助さんの口コミ

・キンキ煮付け
大小あり小さい方で。煮汁は濃く見えますが、塩分はほどほどで色々な魚の出汁、コクがたっぷり出ています。ホロリと崩れる身にこの煮汁が良く絡み絶品。やはりキンキは旨いですね。

出典: クリント東木さんの口コミ

きつねや

3.73

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

築地といえば海鮮グルメのイメージですが、肉系グルメな人気店も見逃せません。

築地駅、または築地市場駅から徒歩5分ほど、「きつねや」は名物グルメ「ホルモン丼」を求めて連日たくさんのお客さんが訪れる人気店。

席はカウンターのみで5席と少ないですが、路上のテーブルで立って食べられるそうですよ。

メニュー、250円で味わえる「焼きどうふ」(単品注文不可)から、800円の「ホルモン丼」まで5種類。

一番人気は「ホルモン丼」は、八丁味噌ベースの味噌煮をごはんにかけたもの。

ホルモンはしま腸がベースで、独特な食感、脂がのっているのもよいのだとか。

「ホルモン丼」のほか、「牛丼」も人気。生卵を追加で注文して、途中から黄身をまぜると、一つの丼で色々な味わいを堪能できるそう。

また「ホルモン煮」や「肉どうふ」などの単品メニューは、ごはんやビールなどと合わせてであれば注文可能。

別々に食べると、また違った味わいも楽しめそうですね。

築地に行くとどうしても海鮮系が食べなくなりますが、それを我慢してでも食べたいお店!きつねやがその店です。ここで食べるべきはホルモン丼。大鍋でじっくり煮込まれたホルモンが絶品。ご飯と本当によく合う味付けで、思わずおかわりしたくなる美味しさです♪

出典: イシュランガイド【Masato】さんの口コミ

・ホルモン丼 (850円)
白ネギが色味と食感にアクセント、味噌ベースでじっくりと煮込まれたホルモンが、白米の上に乗っかっています。ホルモンは一切の臭みが取り除かれ、旨味の凝縮感が抜群です。丼に口付け、一心不乱にかきこめば、自ずと訪れる至福の時。

出典: 彩葉 遼さんの口コミ

魚竹

3.75

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: -

カツオのたたきや鮪中とろ刺盛などの、魚介系メニューが絶品という【魚竹】。

ランチの定食は絶対にはずさない!というレビューがありましたし、夜の呑みも安定感があるので、同僚や知人を誘って訪れたいお店です。

アオサがたっぷりと浮かんだ味噌汁は、呑んだ後のシメにピッタリとのこと。

もともとは魚屋さんだという事で、魚が特徴。種類はふんだんという感じではありませんが、それぞれが大変美味しく、酒がすすみます。

出典: ハギーさんの口コミ

酢の物、漬物は塩分控えめで好みでした。味噌汁は丁寧にダシが取られた奥深い味わい。この味、とても好みです。

出典: ぴーたんたんさんの口コミ

やまだや

3.70

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥6,000~¥7,999

日本酒好きの人にぜひ訪れてもらいたい、という声が寄せられた【やまだや】です。

「自家製豆腐の味噌漬け」や「やまがたやベーコン」など、お酒にピッタリの肴が多く、ステキな時間を過ごせそう。

日付ごとに手書きのおすすめメニューが用意されるようです。

初めてお店に訪れた人も、料理をチョイスしやすいですね。

炊き込みご飯は、ますの骨とかあらのスープでお米を炊き込んでいるそうです。焼いたますの身をほぐして、ご飯を混ぜ合わせています。ちょっとスモークの香りがしました。

出典: N+Kさんの口コミ

カツオ藁で炙るのに、目の前でファイヤーしてました♪眼で見て、香りがして、舌で味わい、五感で愉しめました。

出典: 粉パンダさんの口コミ

長生庵

3.69

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

天然の本マグロと、選びぬかれた日本酒を楽しむならこのお店!という口コミもあった【長生庵】。

こちらのお店の魅力は、料理が充実しているところと、料理に合わせて日本酒をセレクトしてくれるところだそう。

そばは、細いけれどもコシが強いと評判。甘辛のそばつゆともマッチしているのだとか。

旬野菜天ぷら盛り合わせ:南瓜、茄子、万願寺唐辛子、オクラ、とうもろこしかき揚げ等。茄子はみずみずしかったです。とうもろこしの甘いこと、甘いこと。

出典: chinekoさんの口コミ

決して派手なお店ではありません。作りは街場のどこにでもあるお蕎麦やさん。でも良心的な価格で真摯に営まれている名店じゃとワシは思います。

出典: Wine, women an' songさんの口コミ

かつ平

とんかつ百名店2019選出店

3.71

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

たまにはガッツリと、とんかつを食べたい!という気持ちになることがありますよね。

【かつ平】のとんかつは、ボリュームのあるロースに良コスパのヒレと、どれを注文してもアタリです。

カツカレーも食べてみたい一品。ルーはサラサラとした感じで、タマネギがしっかりと煮こまれています。

サクサクのカツを邪魔しないように作られたルーなのかもしれない、との口コミも寄せられていました。

僕個人的には、ヒレカツorヒレ海老が好きです。最初の一切れは塩でいただいて、次は辛口ソース。キャベツは甘口ソースでいただいています。白飯も大きなガス釜で炊くので、炊き上がりにあたると美味しいです。

出典: k846さんの口コミ

最初に真ん中を何も付けずに食べる。次に左端の脂身の方を塩で食べる。続いて右端の赤身の方を塩と七味で食べる。あとは醤油または甘口ソースまたは辛口ソースをお好みで付けて食べる。

出典: さんどがささんの口コミ

備長炭火焼 じげ 築地店

3.68

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

備長炭が敷かれた七輪で食材をじっくりと焼いて食べられる、【備長炭火焼 じげ 築地店 】。

ランチタイムには、名物となっている「鮪かま炭火焼」と、刺身や鶏炭火焼丼とのセットが味わえます。鮪のかまは「小」を注文しても、驚きの大きさだったそうです。

要予約となりますが、テーブルにドンと置かれた鮪の中落ちもおすすめの一品。

これをハマグリの貝殻ですくって食べていくのだそうです。これは見るだけでインパクト大ですね。

トロは口の中でとろけるおいしさ!直に身がついているからでしょうか?!表面が食べ終わったら裏面は巻物かなめろうかユッケにしていただきます!

出典: ゆうしのさんの口コミ

東銀座〜築地方面で美味しい和食を食べたかったらオススメのお店。美味しくコスパの良い定食が食べられる。

出典: にゃんちゅう@さんの口コミ

本種

3.62

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

お皿をクルリと取り囲むように並んだ寿司は、コストパフォーマンス抜群と評判の【本種】です。

このボリュームであれば誰もが納得するのでは?ネタも新鮮で、築地に来たという実感が得られます。

お店の外観も築地ならでは、という雰囲気ですね。

カウンター席はわずかですが、お店の裏手には大きなテーブルが置かれた席もあるそうです。

素材はどれも美味しいです。小肌の〆加減とか海老の茹で加減とかも良い感じ。そして酢飯が美味しい。酢加減も温度も良いです。

出典: 馬事公苑さんの口コミ

なんせ雰囲気良いお店です。お客様との会話のキャッチボールに心が和みます。

出典: スーパーバイヤーさんの口コミ

つきじ天辰 本店

3.58

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

まぐろの漬け丼、何だかこんもりしていると思いませんか?

【つきじ天辰 本店】では、何とごはんの下にかき揚げが隠れているのです。両方を味わえる画期的なメニューですね。

「のっけ定食」も名物メニュー。

かき揚げ丼だけでなく、別皿に天ぷらが盛られており、ごはんに乗せて食べても良いですし、天つゆにくぐらせて味わうのも美味しそう。

かき揚げはづけ鮪の下に隠れていて、ドンブリを持って、づけ鮪とたれの絡んだかき揚げを全部一気にかきこめるようになってます。この食べ方がまたイイんです!う~ん江戸っ子ですねぇ。

出典: domdom東十条さんの口コミ

気さくな店長さんが、お話してくれながらも手はしっかり作業を進めていて、目の前で揚げてくれた揚げたてのかき揚げ、さっくさくで美味しかった~!

出典: 粉パンダさんの口コミ

東銀座 羅豚

3.50

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

霧島黒豚の豚しゃぶを求めて来店する人が多い【東銀座 羅豚】です。

ネギをたっぷりとそばつゆに入れて、豚しゃぶを浸すと美味しいそうです。最後は残ったおつゆでそばを味わうそうですよ。

ランチタイムの御膳では、ごはんと豚汁がおかわり自由なのだとか。

この豚汁だけでごはんが進みそうですね。3杯おかわりしたレビュアーさんもいました。

東銀座、比較的新しい立派なビルの一階にある豚しゃぶを売りにしたレストラン。内装はシックでオシャレな感じ、どちらかというと豚しゃぶというよりワインバーの設え。

出典: ゆきひこ8さんの口コミ

そばつゆとしゃぶしゃぶ??これ、意外とあうんです。。うんまい。ねぎを絡めて食うと。。。ますますうんまい。

出典: とりとりおんさんの口コミ

竹富屋

3.39

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

沖縄料理と泡盛で、銀座にいながら旅行気分が楽しめる【竹富屋】です。

海ぶどうをはじめとする沖縄の特産物が揃っています。ソーキそばやゴーヤチャンプルが絶品だった、という口コミもありました。

ねぎ塩チャーシューや、肉味噌島豆腐、そしてミミガーベーコンなど、沖縄のお酒・泡盛と合わせてつまみたい料理が揃っています。

また、このお店では「やきとん」も名物なのだとか。

お店の入口に掲げられた赤ちょうちんにも、「沖縄料理」とともに「やきとん」と大きく書かれています。

嬉しかったのは、料理よりも、飲み放題に泡盛が何種類も用意されていること。古酒でも、菊之露、久米仙、瑞穂、等々があって、ずいぶん飲みました。これはかなり感激物です。

出典: とんちゃんさんの口コミ

”ラフティ”をまず食す。各面10cmに達しようかという、その豚の角煮は脂処理がきっちりされ、脂分は少なく良質なコラーゲンと言う感じ。

出典: 満腹幹事さんの口コミ

麺処 銀笹

ラーメンTOKYO百名店2019選出店

3.78

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

京の串 ひいらぎ

3.28

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

オリジナルスパイスの「鶏もも香味揚げ」が人気を集めている【京の串 ひいらぎ】です。

ボリュームも満点で、歯ざわりや塩加減も最高とのこと。これはご飯が進みますね。

ランチタイムにも串揚げを味わうことができます。

7本セットになっていますので、どれにしようか迷ったら色々味わえるこちらがよさそうですね。

京都の串揚げだけでなく、台湾の料理も出されるそう。

お酒を呑みながら、色々な料理が味わえるのは嬉しいものですね。

鳥もも肉の香味揚げが出てきた。衣が厚いタイプの、とても大きな唐揚げ。揚げたあとにまぶしていたスパイスは中華風で香ばしい。

出典: さんどがささんの口コミ

お値段も、あの味でこんなにお安くっていいの?って正直思いました。付近のビジネスマンの方がいらしてるのか、場所柄、客層がいいですね。

出典: マック花子さんの口コミ

健康中華庵 青蓮 東銀座店

3.06

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

キャノーラ油を使用したり、上品な味付けにすることでヘルシーな中華を実現した【健康中華庵 青蓮 東銀座店】です。

点心から麻婆豆腐といった定番メニュー、そしてヘルシーサラダなど幅広いラインアップとなっています。

「健康中華」と書いてあれば、何だか気になってしまいますよね。

食べログレビュアーさんの口コミによると、気軽に入ることができる雰囲気なのだけれども、味は本格的で驚いたとのこと。

値段も東銀座にあってはリーズナブルで、良心的な店だと思うよ。お客さんは女性が多かったな。ちょっとだけはずれた場所にあるだけに、いつでも座れる穴場的ないい店だった。

出典: そばおさんの口コミ

最も美味しかったのはよだれ鶏。(中略)鶏にはしっかり味が染み込んでいるしカシューナッツを砕いて入れているからかクリーミーでかなり辛いのにまろやかに味付けされている。

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13147746/dtlrvwlst/B113150259/

※本記事は、2019/11/29に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ