京都の「夏越しの大祓」に欠かせない水無月

京都の「夏越しの大祓」に欠かせない水無月

京都では 夏越しの祓いにあわせ水無月( 六月 )に「みなつき」という 和菓子を頂くのが習慣になっています。 ちなみに水が無い月じゃなく、水の月らしいですよ。

キーワード
甘い

更新日:2016/06/13 (2015/07/01作成)

4837view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月30日は夏越の祓ですね!

De6084bfe15a6d309817c0656d105792

八方焼本舗 小松屋

八方焼本舗 小松屋

婦人画報でも記事をお見かけしたことがある、八方焼きで有名なお店。
寺町商店街にあるのでご存じの方も多いはず。
こちらの水無月は美味しいですよ。
町のおまん屋さんなんで、1個から購入できます。

よもぎ 双鳩堂二条店

よもぎ 双鳩堂二条店

こちら山端にある双鳩堂さんの支店です。
店内で本店から毎日届く和菓子がリーズナブルな価格で頂けますよ。
鳩餅が有名なお店なだけに、水無月もさすがの美味しさ。
ぷるんとした外郎が美味しすぎます。

仙太郎 本店

こちらはキングオブ水無月♪
デパートにも出店されてるから、どこでも買えて安くて美味しい。
こちらの和菓子は外れなしですね。
オススメです。

五建 ういろ 本店

京都では珍しいういろのお店。
6月になるとエキナカなどでも販売され、知名度人気とも市内いちばんかもです。
2階の喫茶でも抹茶と一緒に頂けますよ。

京阪宇治駅前 駿河屋

京阪宇治駅前 駿河屋

京阪宇治駅前にある老舗のこちら。
やっぱり抹茶水無月はココ!

寿菓舗

千本鞍馬口を西に少し行ったところ
地味な外観のお店ですけど、どれを買ってもハズレ無し!
黒糖の水無月がオススメです。

朧八瑞雲堂

朧八瑞雲堂

新進気鋭の和菓子屋さんです。
白に小豆、うぐいす豆と黒砂糖、えんどう豆と抹茶の外郎
オリジナリティを感じる、豆が主役の水無月。
さっぱりとした爽やかな一品です。
ポーション大きめでビックリです。

茅の輪はくぐられましたか?水無月を食べて口福も味わいましょう。

※本記事は、2016/06/13に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ