福山市で味わいたい名物グルメ!尾道ラーメンや鯛料理などおすすめ17選

出典:まこたけさん

福山市で味わいたい名物グルメ!尾道ラーメンや鯛料理などおすすめ17選

広島県の最南東に位置し、かつて城下町として栄えた福山市。瀬戸内海の中心にあり、食材が豊富で、広島県の中心都市から離れていることから、独自の食文化が発展してきたといわれています。そこで今回、福山市の名物が堪能できるお店を料理ごとにわけてまとめました。

記事作成日:2022/05/13

149view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる1330の口コミを参考にまとめました。

福山市で名物を!尾道ラーメンが楽しめるお店

尾道ラーメン 一丁

3.62

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

尾道ラーメン 一丁

JR福山駅から徒歩2分ほど、飲食店の多いエリアの一角に「尾道ラーメン 一丁」があります。白色と木目調がスタイリッシュな外観ですね。

福山市の名物である、尾道ラーメンの専門店だそう。券売機で食券を購入するシステムのようです。

濃い色のスープと、大きめの背脂が浮いた「ラーメン」。まさに福山市名物の尾道ラーメンといった見た目をしているそう。

豚の背脂で動物系の重さがありつつも、魚介の香りと甘辛い醤油風味によって後味はさっぱりしているとか。

パラパラでながら、しっとり感の強いという「チャーハン」は、ラーメンに負けないくらい美味しいと評判。シャキシャキとした玉ねぎの食感と、やさしい甘みが良いアクセントだそう。

注文後に白米を炒めて作るそう。見事なフライパンさばきは必見、という声も。

・ラーメン
背脂も浮きまくっており油膜もあるので結構なコッテリっぷりかと思いきや、そんなことがないのが不思議。魚介が香り動物系もズシッとくる都内では出会えないタイプのスープ。会社の近く(御苑)に壱番館という尾道ラーメンのお店がありますが、全然味わいが違います。少し甘さもあり、そこは西日本っぽい感じ。

出典: モンチッチさんの口コミ

・ラーメン
いやぁやっぱりうまいなぁ。魚介背油醤油。尾道ラーメンと言われるラーメンは、濃い醤油のスープ。これが良い。またこちらは麺が良いですね。ストレートでしっかり歯応え。ぷっつり切れる、断面が長方形の中太が若干かためのゆで加減。チャーシューもお味は、ちょうど良い塩梅。しかもたっぷりの食べ応え。

出典: activatorxさんの口コミ

中華そば そのだ

3.57

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

「中華そば そのだ」は、JR福山駅から5分ほどのところにあります。福山市名物である尾道ラーメンのほかに、台湾料理も食べられるとのこと。

お酒にあう一品メニューもあるので、料理と一緒にお酒を楽しむ人も多いそうですよ。

中華そば そのだ - 中華そば

「中華そば」が、福山市の名物である尾道ラーメンにあたります。やや透明感のある醤油スープは、醤油がガツンとくるパンチがきいた味わいなのだそう。

赤身の多いチャーシューと、脂身のあるチャーシューの2種類が入っているとのこと。

写真は、ラーメンと同じくらい人気があるという「シウマイ」です。スープに浸っていて、みずみずしさを感じますね。

タレや薬味をつけなくとも、しっかりとした味わいだそう。「中華そば」のスープとの相性も良いのだとか。

・中華そば
中細ストレート平打ち麺、固めの茹であげ。プチンッとする歯応えが心地良い。濃いめの魚介醤油スープ。ちょっぴり酸味と背脂のコクも相まって、これは美味しい!もちろん、熱々スープ。飲み干したらダメなのに、完飲してしまう悪魔のスープ。

出典: mods35_2さんの口コミ

・中華そば
固めに茹でられた麺は小麦の味がガツンとしてとっても美味しい〜。醤油が立ってるしょっぱいスープは背脂の甘さと仄かな魚介の風味がしてます。スープの表面を覆った脂が全くスープを冷まさないで、最後まで熱々。背脂が好きなんで、それをちびちびと食べながらレモンサワーで脂を流すの繰り返し。

出典: senchan2929さんの口コミ

朱華楼 東深津店

3.55

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

朱華楼 東深津店

車で訪れる人が多いという「朱華楼 東深津店」は、福山市東深津町にあります。お店が並んでいる通りの一角にあり、赤いテントと暖簾を目印にすれば分かりやすいとのこと。

メニューは「中華そば」と「いなり寿司」だけの、シンプルなお店だそう。

醤油が強く、塩辛いといえるほどの濃いスープが味わえるという「中華そば」。揚げた背脂によって、独特の香ばしさと食感を楽しめるそう。

尾道ラーメンのなかでも強い個性があるラーメンとの声も。尾道ラーメンの新たな可能性を知りたい人にもおすすめだそう。

1個ずつ注文できる「いなり寿司」は、一口サイズで頼みやすいとのこと。お酢とみりんの甘さが感じられ、昔ながらの懐かしい味と好評です。

塩辛く濃い「中華そば」と比べると優しい味わいで、箸休めにちょうどよいとか。

・中華そば
見た目のまま、濃厚醤油。久しぶりに味わう、このカエシの濃さ。強めの酸味、塩っぱさ、これもまた良し。濃いだけでなく、鶏の旨味もしっかり伝わる鶏油を纏い、熱々でオイリーのスープ。尾道ラーメンといえば、半固形の背脂。カリッと揚げてあり、ほぼ固形これが絶品!香ばしさがたまらない

出典: mods35_2さんの口コミ

・中華そば
とにかくここのラーメンの最大の特徴は見るからに醤油辛いスープがホントに醤油辛く、これ以上の塩辛さはムリというギリギリを攻めている事だろう。少なくともここ以上に醤油が立ったスープを今のところ知らない。

出典: zuzuzuzuさんの口コミ

つたふじ 福山店

3.51

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

つたふじ 福山店 - 外観

「つたふじ 福山店」は、福山市神門町の住宅街にあるお店です。ばら公園を目印にすれば、行きやすいとのこと。

本店は尾道市にあるそう。ともに地元の人から愛されているお店なのだとか。

つたふじ 福山店

「中華そば」は、福山市名物の尾道ラーメンでありながらも、すっきりとした味わいが特徴だそう。もちっとやわらかな麺は、とくに女性に人気なのだとか。

食べやすい味で、尾道ラーメンを初めて食べるという人にもおすすめのラーメンだそうですよ。

つたふじ 福山店 - 餃子 五個

こんがりと焼かれた小ぶりな「餃子」も、人気メニューのひとつ。ジューシーな肉の甘みと、ニンニクの風味が絶妙とのこと。

あっさりとした味わいが好きな人には、「水餃子」がおすすめだそう。柚子の皮が入った酸味のあるタレで、ペロリと食べられるとか。

・中華そば
歯応えあるほど「固形」の背脂。コク深さは、コレのおかげ。スープの熱さも、同様にコレのおかげ。最後まで熱々で食べられます。見た目ほどの醤油辛さ、酸味はなく、スッキリした味わいの、清湯醤油スープ。中細ストレート麺は、加水率低め。ちょい硬めでベストな食感。

出典: mods35_2さんの口コミ

・中華そば
届いた中華そばをみると、背脂にチャーシューにメンマにねぎ。→いわゆる尾道ラーメンです。食べた感想としては、麺とメンマがやわいが、スープと背脂が非常に美味しい中華そばでした。まずは「スープ」が醤油ベースで激旨。醤油が尖った味ではなく、なんともいえない美味しさ。

出典: 元消防団部長さんの口コミ

定食・中華そば 万ぷく食堂

3.46

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

定食・中華そば 万ぷく食堂

車で訪れる人が多いという「定食・中華そば 万ぷく食堂」。福山市沼隈町の山に囲まれた場所にあります。

ラーメンのほかに定食メニューが充実していて、昔ながらの大衆的な料理が楽しめるお店だそう。

「中華そば」は、福山市名物である尾道ラーメンだそう。たっぷりと浮いた背脂が見えますが、あっさりとしたスープなのだとか。

尾道ラーメンの特徴である醤油風味は、ガツンと強い主張ではなく、出汁と調和してまろやかとのこと。

写真は、たくさんの定食メニューのなかで、一際目を引くという「大アジフライ定食」。大きなアジフライに、たっぷりのタルタルソースがかかっていますね。

ソース用にスプーンがついてくるそう。タルタルソースをたっぷりとつけて食べられるとのこと。

・中華そば
ラーメンはほかに叉焼そばがある程度で基本1本立て。あっさり醤油味のスープに背脂を浮かべて油感を出したスープ。味は今風のわかりやすい魚介味ではなく、地味なオールドタイプの魚介味で、甘香ばしい感じ。麺は中細ストレート麺でつるつる弾力があります。いわゆる尾道ラーメンですが、その味わいはライト。

出典: N氏さんの口コミ

・中華そば
スープは醤油とダシのバランスが丁度いい塩梅でイリコだしが入ってる?みたいで、背脂の塊も太郎の好きなトロけるタイプで飲みだすと止まらない。麺は細い平打ちストレート麺。茹で方はちょっと柔らかめ〜?ぷにゅぷにゅで弾力がありしかもツルツルなのでスルスルとススリ易くススリだすとこれまた止まらない。

出典: ラーメン★太郎さんの口コミ

福山市で名物を!鯛料理が楽しめるお店

鞆の浦 魚処 鯛亭

3.51

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

鞆の浦 魚処 鯛亭

「鞆の浦 魚処 鯛亭」は、鞆鉄道バス「鞆の浦停留所」から仙酔島へ向かう途中にある鯛料理のお店。

リーズナブルに福山市鞆の浦の鯛が食べられると、地元の人だけでなく観光客からも好評のようです。

鞆の浦 魚処 鯛亭

鯛を堪能したいという人におすすめという「鯛飯デラックス」。お吸い物と刺身、おひつに入った鯛飯の膳とのこと。

刺身は脂がのって歯ごたえのある鯛を、鯛飯はふんわりと炊かれ、甘さを感じられる鯛を楽しめるそう。

鞆の浦 魚処 鯛亭

「煮付け」も、人気メニューのひとつ。大きな鯛の頭がのった様子は圧巻ですね。

長時間煮た鯛の身は、口のなかでほろほろとほどけるようにやわらかいのだとか。甘いタレはご飯が進み、大きな兜もぺろりと食べられるのだそう。

・鯛飯デラックス
鯛のお刺身はキラキラとしていて弾力もあり、鯛の味のしっかりとしていました。やはりスーパーのお刺身とは全く違います。鯛めしはおひつにいれたものが提供されました。蓋をあけると鯛とお出しの良い香りが広がります。こちらも鯛の風味がしっかりとしており、味付けも丁度良い感じでした。

出典: 3羽のことりさんの口コミ

・煮付け
オススメなのが、 煮付けです!!これまで多くの人をこの店に接待でお連れして、全員に激うまとの評価を頂いています。煮付けと言えば塩っぱい味付けのものもありますが、ここの煮付けは甘く煮ていて、他のお店では味わえないものです。

出典: nority2011さんの口コミ

魚鮮

3.46

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: -

魚鮮 - 福山駅徒歩5~6分

JR福山駅から徒歩3分というアクセスのよいところに、「魚鮮」があります。地酒も多く、お酒好きの人からも人気のお店とのこと。

鮮度がよくないと提供できない魚も食べてもらいたいと、店内には大きな生け簀があるそうです。

福山市の名物である鯛を甘辛く煮付けた「鯛かぶと煮」。出汁がしみこんだ身は、触れるだけでほろほろとほぐれるやわらかさだとか。

目の周りのとろっとした食感やほほの部分の肉の厚さなど、部位によって異なる食感と味を楽しめるそうですよ。

魚鮮

淡白でやわらかい鯛は、フライにして食べるのもおすすめとのこと。衣はかりっと、中はふわっとした食感という「甘鯛の唐揚げ」は、人気メニューのひとつ。

高温で揚げることで、鯛がもつ甘みをぐんと引き立たせているそう。

・鯛かぶと煮
甘辛く煮付けられた鯛のあら炊き。鯛そのものの味はもちろんのこと、その土地その土地の醤油があるので、それぞれ味の違いを楽しめますね。魚の身の中で一番うまい、魚のほほ肉をほじくる様にして味わう。良く動く部分なので、身の引き締まった歯ごたえが、たまらなく美味い…(๑╹ڡ╹๑)ウマィ!

出典: たこやきくんさんの口コミ

・鯛のあら煮
新鮮な鯛なので、ほろほろと身がほぐれて食べやす~い!鯛ももちろん美味しいけど、一緒に炊いてあるお豆腐や牛蒡が、これまた美味しいんですよねぇ~。「鯛は30センチ前後が最高」って言われるけど、瀬戸内育ちのあたしは、もう少し小ぶりなサイズで、キュッと身が締まって、身が濃厚なのが好き♪

出典: 艶女ミホさんの口コミ

よりしま多幸半

3.44

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

よりしま多幸半

JR福山駅から徒歩10分ほど。「よりしま多幸半」は、寄島漁港から毎朝直送されるという魚を使った料理が食べられるお店とのこと。

職人の技が見られるという、写真のカウンター席が人気。和モダンな店内で、福山市の名物を堪能したいものですね。

よりしま多幸半

「瀬戸内産天然鯛めし御膳」では、ふんわりとやわらかな鯛の身を味わえるとのこと。

鯛の味を引き立たせるために、ご飯への味付けは最小限にしているそう。出汁と鯛が混ざりあった香りに、食欲をそそられるとか。

よりしま多幸半

福山市の名物である鯛を、刺身で食べたいという人も多いそう。鯛と旬の魚の刺身盛り合わせは、福山市の海の幸を堪能するのにぴったりだとか。

醤油につけると、脂が浮かぶほどのジューシーな鯛の刺身を味わえると評判です。

・鯛の味噌汁(松花堂弁当)
味噌汁は鯛の身が入っていて少し山椒も感じる。味噌の味には深みがあります。

出典: よっしー♫さんの口コミ

魚の鮮度は良好で、魚介類をただ焼いただけ、揚げただけの料理だけではなく、工夫された料理もあり美味しかったです。鯛茶漬けなどは臭みがある店が多いのですが、こちらのは全く無かったです。

出典: ruru16さんの口コミ

千とせ

3.42

夜の金額: -

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

千とせ

鞆の浦に浮かぶ弁天島を眺めながら、食事ができるという「千とせ」。国道福山鞆線22号線から小道を入ったところの、階段の上にお店があります。

料理に使用されている出汁は、すべて鯛の頭からとったものだそうですよ。鯛の一品料理も多いとか。

千とせ - 鯛づくし会席

さまざまな趣向を凝らした鯛料理が味わえるという「鯛づくし会席」。刺身、鯛飯、兜煮がそろった膳で、福山市名物の鯛をまるごと1尾堪能した気持ちになりそうですね。

どの料理も、鯛の味わいを活かしたやさしい味つけなのだとか。

千とせ

「鯛茶漬け御膳」は、あたたかい茶漬けか、つめたい茶漬けを選べるそう。さっぱりと食べたいときは、つめたい茶漬けにするとサラサラと食べられるとか。

鯛の天ぷらもついているので、天丼や漬丼など茶漬け以外の食べ方もできて嬉しいとの声も。

・鯛づくし会席
鯛の煮付けは兜付きで迫力満点。薄い醤油味で味付けされているので、意外とあっさりとしたあら煮でした。それゆえに、身の甘さをダイレクトに感じられる料理になっているように思いました。兜のまわりのゼラチン質の身も、トロトロ感が絶品で美味しかったです。

出典: 大哉心乎さんの口コミ

・鯛茶漬け御膳
冷たいのは冷や汁をかけて食べる。冷や汁にはきゅうりなんかも入ってていかにも夏!熱いのは鯛のお出汁をかけて食べる。こちらも熱い出汁をかけると鯛のお刺身が半生状態になって脂も出て美味しい。天ぷらもお茶漬けに乗せれば天茶にもなります。何通りも味わえとても贅沢な食べ方ができました。

出典: ちゃんちゃら・kさんの口コミ

福山市で名物を!うずみが楽しめるお店

御舟宿 いろは

3.46

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

江戸時代からある町家を改装してつくられたという、「御舟宿 いろは」。食事処と宿をかねているそう。鯛を使った料理が提供されるとのこと。

やわらかな陽の光が差し込む店内は、歴史を感じられますね。ゆったりと食事を楽しめそうです。

御舟宿 いろは

「うずみ重膳」では、鯛のそぼろご飯が味わえます。そぼろにすることで、鯛の豊かな風味をふんわりとやさしい味わいで楽しめるとのこと。

卓上で温めた出汁をかけると鯛の味がひきしまり、食感もに変わるそう。

写真は、鯛漬けがメインの「いろは御膳」。酒と昆布などで一週間以上漬けこんだ鯛漬けは、熟成された濃厚なうまみが特徴だそう。わさび醤油に付けたり、出汁をかけたりと、食べ方は自由とのこと。

口に入れると酒の風味と、鯛の旨味が口いっぱいに広がるとか。

・うずみ重膳
ご飯の下には蒸した鯛、玉子焼きが入ってます。鯛はほぐしたものもありあっさりした味付け。口取りはいろんな具材があります。おくら、ごぼう、こんにゃく、もずく、にんじん、さつまいも、厚揚げ田楽、厚焼き玉子、染み豆腐。それぞれ丁寧に別々に調理されていてこちらもあっさりした素材を活かした味付け。

出典: よっしー♫さんの口コミ

・うずみ重膳
見た目は、卵焼きが2切れのった寂しい料理ですが、別のお皿にある鯛の刺身をのせて食べ、次に醤油をかけて食べ、最後にダシをかけて食べれるので、3段階楽しめるお店です。それだけでなく、実はご飯の下に具がたくさん入っているので、豪華な御膳です。

出典: プリウス☆さんの口コミ

魚勝

3.37

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ~¥999

魚勝 - 魚勝 内観

「魚勝」は、瀬戸内海でとれた魚介を使ったお寿司屋さんです。小魚料理も多く、さまざまな調理法で瀬戸内海の魚を堪能できると人気です。

カウンター席だけでなく、テーブル席や座敷もあるとのこと。人数を気にせず、来店できますね。

魚勝

提供される「うずみ」は、伝統にしたがった料理と評判です。かつおの出汁をかけて混ぜると、海や山の幸がたくさん出てくるそう。

四季の食材が入っていて、訪れるたびに中身が異なっているとか。何が入っているのか、わくわくしますね。

魚勝

醤油につけて食べることが多いという「しゃこ」を、酢漬けで食べられるとのこと。

酢漬けにすることで甘みが引き立ち、あっさりとした味わいながらも後引くうまみを堪能できるそうですよ。

・うずみ
具材が埋まっているのは分かっているが、ビジュアルは寂しい(逆にそれが良く出来ている証拠なんだが・・・)出汁をたっぷりかけて、レンゲでグチャラグチャラと混ぜ返す。焼いたタイ、アナゴや、茹でてサイの目サイズに整えたレンコン・ゴボウ・枝豆などが底から出てきます。あっさりして美味しいですね~。

出典: いか.さんの口コミ

・うずみ
かける出汁が美味しいこと。埋もれている具がなくても、白飯とこの出汁だけでドンブリ飯が食べれちゃいそうなほど、素朴ですが美味しかったです。うずみは瀬戸内海の食べもののため、本来はいりこ出汁ですが、好き嫌いが激しく出てしまうのであえてカツオ出汁を使用しているそうです。

出典: kia_tigersさんの口コミ

たんと

3.15

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: -

たんと

JR福山駅から徒歩5分ほど、元町通りの路地を入ったところにある「たんと」。地産地消にこだわっているお店で、広島県の名物を食べられるそう。

とくに瀬戸内でとれた海鮮が多く、観光客には馴染みのない魚料理が多いとの声も。

福山市名物のうずみのメニューが豊富とのこと。うずみ焼きや天ぷらなど、お店のアレンジがきいたうずみ料理が食べられるそうですよ。

締めにおすすめなのは、「うずみご飯」。瀬戸内でとれた魚がたっぷり入ったご飯に、出汁をかけて食べるとのこと。

たんと

写真は、広島名物の「がんす」という揚げかまぼこをもう一度揚げたもの。魚のすり身のコクと玉ねぎの甘さが口に広がったあと、唐辛子のピリリとする辛さが感じられるのだとか。

広島ではメジャーな揚げかまぼこで、お土産にもおすすめだそう。

・うずみ
福山の郷土料理となる、海鮮の具が入ったお茶漬け風のご飯もの。タコや白身魚がご飯の下にうずまっており、お茶ではなく淡くて旨みあるダシでいただきます。具とダシの効果ゆえか、見た目よりもボリュームがあって食事の締めだとお腹一杯になります。

出典: セシモテレビさんの口コミ

地魚をいくつか頼んでくれていたのですが、それがまた結構、美味しい(#^^#)ねぶとの唐揚げは地元でしか出回らない小魚だそうで揚げ方も良いのか、メチャハマる♪がんす(?)のから揚げというのもハムカツみたいな練り物になっていてそれをハサミで切って食べました。これも美味しい。

出典: gropopさんの口コミ

衣笠

3.18

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

衣笠

福山市鞆町にある「衣笠」は、福山市の海の幸や旬の野菜を使った和食が食べられるお店。風情を感じる、落ち着いた佇まいですね。

水揚げされたばかりの天然ものの鯛が食べられるお店としても評判です。

福山市の名物である、鯛とうずみを同時に堪能できるという「鯛うずみ」。青しそととろろがのったご飯の下に、漬けにした鯛の身が入っているとのこと。

出汁をかけて茶漬け風にするなど、2種類の食べ方で鯛を味わえるそう。

写真は「鯛めし膳」。グリンピースがアクセントになっている鯛めしは、鯛のうまみを強く感じられるそう。あっさりとした味わいとか。

近くの海でとれた旬の魚を使った一品ばかり揃い、福山市の海の幸が堪能できる膳として人気のようです。

・鯛うずみ
鞆の浦といえば「鯛」という事で鯛うずみを注文。山芋に隠れて鯛の醤油漬けがあり、そのまま食べても良し、味変で出汁をかけても良しと2度楽しめます。体に優しく、美味しい郷土料理です。

出典: プリウス☆さんの口コミ

鯛の切り身をご飯で覆い、その上に山芋とろろをかけたシンプルなもの。これに出汁をかけてサラサラといただく。ガイドブックには鰻のひつまぶしのように、3種類の食べ方(①そのまま②薬味を載せて③出汁をかけて)と紹介していたが、お店のおかみさんは、「出汁をかけてどうぞ」とさりげない。私もちゃずけ風に頂いた。

出典: だれやみおじさんさんの口コミ

福山市で名物を!その他福山名物が楽しめるお店

自由軒

3.72

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

JR福山駅より徒歩5分ほどのところに「自由軒」があります。大衆食堂のような、レトロな雰囲気を感じさせる店内ですね。

洋食からおでんまで豊富なメニューが揃っているのが特徴だとか。写真は1階のカウンター席で、2階には座敷もあるとのこと。

福山市名物である「キモテキ」は、お店の人気メニューなのだとか。カリッと揚げ焼きにした豚キモを、ケチャップソースで味付けした料理とのこと。

ケチャップの酸味とコクで、豚キモのクセがおさえられているとか。さっぱりとした味わいだそうですよ。

「ねぶと」というテンジクダイの唐揚げも、福山市の名物のひとつ。テンジクダイとは、ほのかに甘みのある5cmほどの白身魚とのこと。

もっちりとした食感の魚をサクッと揚げることで、甘みが引き立ち絶妙な食感になるのだとか。

・キモテキ
キモテキの味はやっぱり昔と変わらない。こちらの味は少しケチャップ強めの酸味が立つ味です。にんにくダレとかをベースに炒めているので食欲も増します。ご飯がかなり大盛だけど、この濃いめの味でペロリと平らげてしまいました。

出典: 呑助さんの口コミ

・キモテキ定食
こちらのお店の名物「キモテキ」の定食。豚レバーを揚げるように炒め、ケチャップソースで味付けしてあり、しっかりした味付けなのでご飯もすすむし、お酒もすすむ。完全なB級グルメなのですが、これが癖になる味。

出典: 自己満さんの口コミ

吉甲

3.42

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

吉甲

福山東I.C.から車で10分ほど、スーパーや飲食店が並ぶ一角にある「吉甲」。大きな駐車場があるため、車で訪れるのもおすすめとか。

福山市で、広島風お好み焼きを食べられるお店とのこと。もやしが入っていないため、備後府中焼きに近いという声も。

吉甲 - スーパーカスタムシングル(そば1玉)1180円

写真は、「カスタムシングル(そば玉)」。すべての具が入っているメニューで、注文に迷ったときにおすすめだそう。

広島焼き特有のカリカリに焼かれた薄い生地の上で、とろんと溶けているという餅。味だけでなく、食感も生地と相性抜群だとか。

吉甲 - 私のそばミックス+ピリ辛そば

福山市ではホルモンを使った料理も人気。「そばホルモン玉」は、地元の人に好評のメニューです。甘辛のホルモンの旨味で、コクと風味が増すのだそう。

そばを唐辛子入り麺に変えると、キャベツの甘みがぐっと締まって大人の味になるとか。

いやぁ〜、旨かった〜!!!生地、麺、キャベツ、卵、全てが一体化してて、完璧な焼き加減。麺は外カリ中モチでホント完璧。生地も甘みがあって美味しい。キャベツの甘さも素晴らしい。

出典: 秋山 具義さんの口コミ

挽肉とホルモンが入って、そばが鉄板の熱でパリパリとした食感に変化していくのが府中焼きの醍醐味。甘さを抑えたカープソースに、七味唐辛子と胡椒を振りかけると酒のアテにも合いますな。想像を超える美味しさに、思わず感涙しそうになりました。素晴らしい逸品です!

出典: 赤丹。さんの口コミ

やまもと商店

3.41

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

やまもと商店 - みんなでくつろげるお座敷もありますよ^^

「やまもと商店」では、福山市の隠れた名物を食べられるそう。ばら公園から徒歩5分のところにあるため、散策の際に訪れるという人も。

自家製麺を使用した焼きそば専門店とのこと。焼きそばのソースは、福山市ブランドに認定されているそうですよ。

写真は、福山市の名物「関東煮おでん」の「やまもと商店名物串」。ホルモンを甘辛いタレで煮込んだ料理とのこと。

簡単に噛み切れるまで煮込まれたホルモンには、タレがたっぷりと染み込んでいるそう。ガツンとくる甘みは、ヤミツキになるとか。

福山市のソウルフードと名高い「ぶちうま!備後焼きそば」。国産もち麦をブレンドしたもちもちの自家製麺は、鉄板の上で焼かれることで表面がカリッとするそう。

うどんとそばの中間のような自家製麺は、このお店でしか味わえない独特の食感なのだとか。

・関東煮おでん 串
甘く煮込まれた豚ホルモン??の串です。独特の甘い味付けなので、一味をかけて辛さを調整します。子供でも噛みちぎれる硬さです。めちゃんこ美味しいんですよ〜(。>∀<。)

出典: 柚子胡椒姫さんの口コミ

・関東煮おでん
関東煮を食べました^^写真がうまく撮れなかったから載せれないけど味がよく染み込んでておいしかったです。

出典: のぁりさんの口コミ

阿も珍川口店

3.40

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

阿も珍川口店

福山市内に5店舗あるという「阿も珍」。こちら「阿も珍川口店」は、多治米町一丁目東の交差点の近くにあります。

地元の人からも人気だという、福山市の名物料理が食べられるお店だそう。店内の卓上に置かれた、「ゆず塩辛」をぜひ食べてほしいという声が多いようです。

阿も珍川口店

「ちーいか天刺身定食」が人気メニューとのこと。ちーいかとは、福山市の海でとれる、ザルですくうほどの小ささのイカだそう。

甘辛く浅煮にしたイカは、ねっとりとした味わいが特徴とのこと。食べやすいサイズ感だという声も。

福山市の名物である、ネブトを使った「ネブト南蛮漬」もおすすめとのこと。夏期限定メニューだそうです。

クセのないネブトを南蛮漬けにすることで、よりさっぱりと旨味を楽しめるそう。お酒が飲みたくなる味だとか。

・ネブト南蛮漬
ネブト南蛮漬けは糸唐辛子、人参、玉ねぎ、青ネギがネブトと一緒に盛られていて綺麗です。酸味も程よく、野菜の歯応えがあり良いです。ネブトはしっかり味が染みていて骨は気にならず、衣はしっとり美味しい。夏の肴にピッタシです。

出典: 食べるメガネさんの口コミ

・ちーいか天刺身定食
お目当てのちーいか天を抹茶塩で一口ぱくり。熱々で美味い。抹茶塩との相性も抜群。あ~あちーいか天ってこんな味なんだ。天ぷらにするといかの旨味が倍増します。想像よりも柔らかくねっとりほくほくです。これは食べてみないと体験出来ないですね。

出典: ドンキー361さんの口コミ

※本記事は、2022/05/13に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ