竹の子の里・西田地区(富山県)。

出典:Hannibal Barcaさん

竹の子の里・西田地区(富山県)。

西田地区には、4月から5月上旬に6軒の竹の子専門店が営業します。 西田地区の竹の子は粘土質の土壌で育つため、柔らかく、歯ごたえが良く、アクが少ないのが特徴です。国泰寺周囲に竹林が生えていたため 参詣者に筍御飯と味噌汁をもてなしたのが始まりと言われてます。朝掘りならではの新鮮な竹の子は格別です。

更新日:2022/04/29 (2021/05/10作成)

2397view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる23の口コミを参考にまとめました。

竹の子専門店ゆえに、新鮮な竹の子が手に入る4月~5月の営業です。

竹の子家

3.13

夜の金額: -

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

竹の子の里、西田地区の一番奥に、古民家の竹の子家があります。
たけのこ定食(3300円):竹の子の味噌煮、竹の子ご飯、天ぷら、酢の物、辛子和え、味噌汁と、たけのこ尽くしの定食です。テーブルの上には、竹の子ご飯のお米以外は、ほぼ竹の子しか乗っていないという凄い光景です。(今は定食に天ぷらが入りました)

竹の子の味噌煮。

主役は、直径約15cm、厚み約2cmのどーんと大きく分厚い竹の子の味噌煮(2枚)。人の顔が隠れるサイズです。柔らかく煮られた竹の子は、味噌がしっかりと入っていて美味しいです。もう、竹の子ステーキのイメージです。他の竹の子料理も美味しいですが、このサイズの味噌煮はここ以外ではなかなか食べられないものでしょう。

竹の子の天婦羅。
竹の子が柔らかくジューシーです。

竹の子の味噌汁。
竹の子がサクサクと楽しいです。

竹の子の辛子和え。
辛いのでちょこっとずつ頂きます。

竹の子の酢の物。
クセのない竹の子が柔らかくもシャキシャキしてます。

竹の子ご飯。

竹の子の刺身。格好良い。

山下家

3.12

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

山下家は西田地区の奥から2番目、お寺の参道の隣にあります。ちょっと旅館風。

山下家は日本家屋の個室。畳にテーブルとイスをセットしてあります。

五品定食(3300円):竹の子ごはん・竹の子味噌汁・竹の子の煮物・竹の子の酢の物・竹の子の和え物の定食。新鮮な竹の子は柔らかくもサクッとした食感が心地良く、美味しいです。

竹の子の煮物 :直径10cm以上、厚さ1cmと分厚い竹の子の節部分ですが、凄く柔らかく煮られてて美味しく、それでいてシャクシャクした食感が楽しいです。

竹の子の酢の物:サクサクとした竹の子の薄切りを酢の物にしてあって、生姜が程良く効いて良い感じです。

竹の子の和え物:賽の目状に刻んだ竹の子のゴマ味噌和えで、味の濃さも程良く良いおかずです。和え物は、山下家のが一番好きかも。

竹の子料理 山口家

3.08

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: -

奥から3番目、お寺の手前にある寺尾太助さから左折して、3軒隣が山口家です。何となく、地主さんの家の様な雰囲気です。

廊下。

竹の子料理 山口家

部屋。

竹の子 天ぷら定食(4400円):竹の子尽くし(天ぷら、酢の物、胡麻和え、味噌煮、ご飯、味噌汁)とデザート、コーヒーの定食。全体的に、味付けが工夫してて程良く美味しかったです。

竹の子料理 山口家

天ぷら :揚げ立ての新鮮な竹の子がジューシーで、ズッキーニ、ナス、山菜なども良い揚げ加減でサクッと美味しいです。甘目の出汁も良く合います。

竹の子料理 山口家

酢の物 :薄く細目の竹の子は柔らかく、これとワカメと一緒に和えてあり、微かに柚子の風味がします。
酢の物は、6軒の中でも、ここのが好きです。

竹の子料理 山口家

竹の子の刺身:要予約。軽く茹でてからスライスしてあるのかな?青臭さなどは全く無く、竹の子の自然な甘さがスッキリと美味しいです。山葵とも凄く合います。

北丸家

3.01

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: -

竹の子料理店が並ぶ真ん中の交差点に北丸家さんがあります。外観から和食屋さんです。

北丸家

店内も清潔な和食屋さんです。

北丸家

竹の子刺身定食(3600円):竹の子刺身、竹の子ご飯、若竹汁、竹の子煮物、酢の物、ごま和え、からし和えの定食。全部竹の子です。

北丸家

竹の子田楽:軽く茹でた竹の子に、柚子味噌や赤味噌をつけて頂きます。

寺尾太助さ

3.08

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

西田地区の真ん中辺りにあります。

民宿っぽい見た目です。

たけのこ定食(3300円):竹の子ごはん、竹の子味噌汁、煮物、酢の物、ピーナッツ和えの5品定食。

お店お勧めのピーナッツ和えは柔らかくもさくっとして美味しかったです。

たけのこブッコロ(770円):四角く切ったタケノコを揚げて 醤油餡で絡めたもの。ご飯が進みます。

揚げ立ての竹の子の天ぷらがジューシーでとろけるようでした。

竹の子の天ぷらは、6店の中でも、ここのが好きです。

たけのこ料理 兼松

3.16

夜の金額: -

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

竹の子の里の入口付近にある、日本家屋が兼松さんです。

焼き竹の子(800円):竹の子の柔らかい先っぽの部分に、皮が付いたまま甘い味噌を塗って焼いてあります。これが竹の子の風味が味噌に負けない位しっかりして美味しかったです。

定食(3000円):煮物、天ぷら、酢のもの、マヨネーズあえ、たけのこご飯、若竹汁の6品です。

竹の子ご飯:薄くスライスした竹の子をたっぷり炊き込んでます。干し椎茸の出汁も程良く、竹の子ご飯は、このお店のが西田で一番好きです。

たけのこしんじょ(800円):これは定食に入ってないので単品です。蒸したての熱々。柔らかい食感のなかに、たけのこが入ってます。

席は畳にテーブルと座布団です。

※本記事は、2022/04/29に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ