マイベストラーメン新店<都内2020年オープン>

出典:デイルス・マイビスさん

マイベストラーメン新店<都内2020年オープン>

2020年の印象に残った都内のラーメン新店20選です。 時系列です。 なお、個人ブログには都内以外、移転・リニューアル・復活のお店も載せていますのでお暇であればご覧ください。 http://blog.livedoor.jp/dalesmivis/archives/1078173736.html

記事作成日:2020/12/31

298view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる1251の口コミを参考にまとめました。

中華そば 堀川

ラーメンTOKYO百名店2020選出店

3.90

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

新たな評価を求めて2020年1月大阪から東京自由が丘に移転。
TRYでは「いりこそば」がめでたく「にぼし」新人部門1位となってます。
僕は「醤油そば」を食べましたが、元が関西だからか独特な旨さでした。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki

3.66

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「紫くろ㐂」に感銘を受け、鴨に特化して一燈から独立。
現時点でも旨いですが、更に良くなる可能性を相当感じます。

らあめん あじるく

3.51

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

和食店が二毛作で昼飲みラーメンを提供。
出汁の取り方がキレキレな煮干しラーメン系と違い、優しくアダルト向けな旨さです。

あさひ町内会

3.65

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

「三ん寅」同様、「すみれ」出身の本格札幌味噌ラーメン。
横浜の「すみれ」より隅々が整っている気がします。

麺創庵 砂田

3.67

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

「渡なべ」で修業した本場よりどっしり太い白河手打ちそばで、フリークの予想通りTRY新人賞「しょう油」部門1位。
同じく「渡なべ」で修業した「きつね」より断然好みです。

LABO麺

3.53

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

フレンチの店主がレシピを作ったラーメン。
異業種からのラーメン参入も多いですが、ここは味の構成が独自かつちゃんと「ラーメン」。
満足度高いです。

らぁ麺や 嶋

3.92

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「支那そばや」出身でストレートにそれ系の味わい。
TRY新人賞「総合」1位・「しょう油」2位・「しお」2位・「つけ麺」4位と総なめなお店です。
TVでも少なくとも2回紹介されており、「支那そばや」ブランドの強さを感じます。

○惠中華そば

3.60

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「Japanese Soba Noodles 蔦」跡地に「恵本将裕」店主のお店がオープン。
レトロでアッサリな塩清湯に極上の焼豚が、ある意味新しいです。

麺屋 我論

3.49

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

新宿ゴールデン街のバーがコロナの影響もあってかお昼にラーメンの二毛作。
しかし気合の入った旨い無化調で、プロの手ほどきも感じる侮れない旨さです。

つけ麺 麦の香

3.62

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「らぁ麺 やまぐち」3号店で場所は本店斜め向かいの「やまぐち」創業の地。
クラシカルな路線で「つけ麺」も凄く旨いのですが、「べんてん」リスペクトな「ラーメン」が更に強烈に凄いです。

麺笑 巧真

3.62

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

西八王子「吾衛門」店主子息が柴崎亭系列「いしかわや」店長を務め独立。
柴崎亭系はプロデュース?も含め増えていますが、ここは味も接客も個人店ならではの温かさを感じます。

ニッポン ラーメン 凛 トウキョウ

3.65

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

札幌の「Japanese Ramen Noodles Lab Q」プロデュースで厳選素材の「飯田商店」ライクな旨い清湯。
これが東京駅構内で食べられてしまうとは、凄い時代です。

粉麺小屋

3.51

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

中野の「武蔵野うどん」店が手打ちラーメンに業態変更。
うどん店らしい和出汁に武蔵伊らしいコシの強い麺が、不思議とラーメンになっています。

麺屋鈴春

3.82

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「麺屋 一燈」でも地鶏系の限定を出している様ですが、ここはデフォが地鶏系。
元幹部らしくさすがの出来栄えで、エッジの立った味わいです。

ねいろ屋 豊洲店

3.32

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

豊洲市場の商業施設にあるのでそれなりと思っていましたが、えらく旨い煮干し出汁。
荻窪の本店は「ミシュランガイド東京2021」でミシュランビブグルマンに選出されました。

麺処 図鑑

3.60

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

出自は明らかにしていませんが色々経験積んでると思われ、初っ端から間借りとは思えない完成度高い一杯に驚き。
スープも具の鴨も凄く美味しかったです。
「図鑑」の名のとおり色々なラーメンを出すらしく、現在は「牡蠣」です。

ぱたぱた家

3.49

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

中野「五丁目ハウス」同様の系譜によるニューウェーブ系なマイルド家系。
直系の様な醤油の強さではなく、トロリとした動物系に極上チャーシューな一杯です。

覆めん 花木

3.53

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

がんこ系「覆麺 智」で5年修業し、独立オープンした若い店主のお店。
「がんこ」系らしくパンチの効いた出汁があまりにも美味しく、超久々に修業元の「覆麺 智」にも伺ったくらい好みです。

黄金拉麺 鶏のおかげ

3.41

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

名店「饗 くろ㐂」監修の資本系ラーメン店。
資本なので若干それなりかと思っていたら、バリバリ「くろ㐂」でした。
黒木店主が関わるからには、一切手抜きは無いという証明です。

えどもんど

3.50

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

大門「いずる」2号店は「富士丸」リスペクト。
国産豚とアブラが上質で、スープも優しく食べやすい。
お店の雰囲気やスタッフの接客も良く、緊張せず食べられるお店です。

※本記事は、2020/12/31に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ