【兵庫県の名物、明石玉子焼、アンバサダーの教える、これが本当のお勧め9店】

出典:harachi-さん

【兵庫県の名物、明石玉子焼、アンバサダーの教える、これが本当のお勧め9店】

兵庫県明石市の名物と言えば一番に思いつく明石焼き。地元明石では玉子焼と言われます。テレビや雑紙など メディア露出では分からない本当の口コミ、本場を食べ歩いたアンバサダーが厳選したお店を教えます。

更新日:2021/01/24 (2020/12/26作成)

1401view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる2425の口コミを参考にまとめました。

明石が誇る地元名物玉子焼、本場のお勧めはこの9店で間違いない!

明石名物明石焼、地元では玉子焼と呼ばれます。月に何度もその時の食べたい感覚でお店を選び、観光客が知らない本当の玉子焼の美味しいお店を教えます。これで一見でも地元民に近づき自分のお気に入り店が見つかる筈。明石玉子焼アンバサダーが選り抜いた9店がこちらです。

いづも

3.49

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

いづも

魚の棚商店街西側を出たすぐにあるお店。
観光客よりも地元客が多い人気店。
庶民的なお店が入りやすくて食べやすい。

待ちは、キャパがあるので
平日昼時でもスムーズに入れ、
休日でも10分程度の待ちなので入門的お店。

玉子焼き1枚15個、
焼き手専任、
焼きしっかり、
生地ふわ、
付け出汁熱い、
掛けソース有。

生地も味もしっかりしていて、
ちゃんと箸でつかめる固さがある。
玉子焼き初めての方でも美味しい。
付け出汁は一つ\100と、
玉子焼1枚をシェア出来るのも嬉しい。

たこ磯

3.52

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

たこ磯

魚の棚商店街で一番の人気店。
もちろん行列も一番多いです。
観光客も地元客も多いので当たり前ではあるが。

待ちは、
平日昼時で~30分程度、
休日昼時1時間程度、
あまりの行列に途中で参加する方も・・

玉子焼1枚15個
焼き手変わる、
焼き多め、
生地ふわとろ、
付け出汁熱い、
薬味三つ葉付き。
ソース有。

タコの玉子焼が一般的だが、
ここにはタコと穴子のミックス焼きがある。
二つの味が混ざるとデラックスな玉子焼に。
赤板ではなく黒板で登場し満足度大!

あかし多幸

3.46

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

あかし多幸

明石魚の棚商店街中央付近にあり、
マスコミ露出が多い。
観光客に人気のお店。
店内、店先、テイクアウトと万能型店舗。
玉子焼と一緒に、
タコ飯、タコ料理、穴子料理などに対応。
キャパも多く、
店先のテーブル席で食べられます。

待ちは
平日昼時で30分程度、
休日の待ち時間は~1時間程、
お昼時外すと案外と入れます。

玉子焼1枚15個、
焼き手変わる、
焼き深め、
生地ふわとろ、
付け出汁熱い、かつを多め。
薬味、三つ葉付き。
掛けソース有。

この店お勧めは抹茶塩、掛けると味変して更に旨さが増します。

よふけ

3.38

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

よふけ

明石駅、魚の棚商店街よりも西側、
明石郵便局近く浜国沿いにあるお店。
観光客が来ることのないエリアで穴場店。
寿司屋とハイブリット店であり、
メインは鉄板焼きでかなり通な店。

待ちは、
平日、休日共になく、
鉄板テーブル席2卓の先着となる。

玉子焼1枚20個、
焼き手専任、
焼き多め、
生地ふわとろ、
付け出汁熱め、かつを多め、
ソース有。

地元のお客さんが多いので、
一見で行くと驚くかも知れないが、
味は人気店以上に美味しい玉子焼。
20個で\680と破格の値段も魅力です。

明石丁

3.35

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

明石丁

明石駅から銀座通りを南に歩き浜国沿い。
斜め前に同業の行列店があるが、
地元客にはこちらの方が人気がある。
地味な店構えなので隠れた名店である。

待ちは、
平日はスムーズに入れ、
休日でもほとんど待ちなし。

玉子焼1枚15個、
焼き手専任、
焼き浅め、
生地ふわふわ、
付け出汁熱い、かつを強め、
薬味三つ葉付き。

地元のお客が多く持ち帰り多い、
玉子焼専門店なので集中して食べられる。
ここでしか食べられない、
餡の中に入ったあんかけ玉子焼は名物。

今中

3.73

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

今中

数年前に魚の棚商店街近くに移転し、
人気店も目立つようになった。
玉子焼で五本の指の一つに数えられる名店。

待ちは、
平日昼時でタイミング次第、
休日昼時は~30分程度はあるかも。

玉子焼1枚15個、
焼き手専任、
焼き多め、
生地ふわとろ、
付け出汁熱い、カツを強め、
薬味三つ葉付き、
掛けソース有。

ふわふわとろとろの玉子焼は見事、
生地が美味しいので冷めても旨い。
玉子焼専門店なので集中して食べられる。
誰もが認める味は一度は食べてみて。

玉子焼専門店 松竹

3.48

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

玉子焼専門店 松竹

明石駅前ビルのパピオスにある名店。
再開発前から駅前にあり老舗で有名。
ふなまちがキングオブならば、
松竹はクイーンな玉子焼と言われる。
つまりは横綱級というところか。

待ちは、
平日昼時で~30分程度、
休日昼時は1時間というところか。

玉子焼1枚15個、
焼き手専任、
焼き普通、
生地ふわとろ、
付け出汁熱い、
薬味三つ葉付き、
ソース有。

ここではせっかくなので特別玉子焼を。
卵多め、タコ多めで、
具が多いので箸でしっかり掴めて、
贅沢な玉子焼を味わえます。
老舗の名店ならでは雰囲気もいいです。

明石玉 十三味

3.43

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

明石玉 十三味

ここは明石駅ではなく唯一西明石駅のお店。
創作玉子焼が地元で人気のお店。
8種類の味の違う玉子焼きを、
テイクアウト、ネット販売、通販など対応。

待ちは、
平日昼時はタイミングで、
休日昼時外すとスムーズに入れる。

玉子焼も他店より大きめサイズで8個。
焼き手専任、
焼き多め、
生地しっかり、
付け出汁ぬるめ、かつを多め、
薬味ねぎ付き、種類によって変わる。

日本一卵を使った玉子焼は濃厚で、
食べ応えもある逸品。
焼穴子と大葉の明石玉は\900と高級だが、
かなりの美味しさで地元ファンも多い。
西明石の隠れた名店であり、
通販などで全国に発送している。

ふなまち

3.66

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

ふなまち

地元明石でもダントツ人気の名店。
そして量と安さのコスパも抜群のお店。
本場明石で1番なので、
もちろん日本一の玉子焼となる。
ふなまち=キングオブ・玉子焼と称される。

待ちは平日が約1時間程度、
休日ともなると30人超並び2時間超は覚悟。

玉子焼1枚20個。
焼き手専任、
焼き浅め、
生地ふわとろ、
付け出汁は熱い、かつを風味強め。
ソース有。

詳しい説明よりは、一度食べたら分かる。
ここの玉子焼がスタンダードと言われる。

裏技は電話注文でのテイクアウト。
時間告げて注文し行くとすぐ受け取れる。 

※本記事は、2021/01/24に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ