ウナギの生産量日本一クラス!鹿児島で味わうウナギ20選

出典:毎日外食グルメ豚さんさん

ウナギの生産量日本一クラス!鹿児島で味わうウナギ20選

桜島や種子島宇宙センターなど、有名な観光スポットがたくさんある鹿児島。実は意外にも、ウナギの生産量が日本一としても知られているのだとか。鹿児島へ旅行に行くのなら、高級食材であるウナギも、ぜひ本場の味を堪能したいですよね。そこで今回は、鹿児島県内でウナギが美味しいお店を、エリア別にまとめました。

記事作成日:2020/06/22

2602view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる612の口コミを参考にまとめました。

鹿児島県鹿児島市にあるおすすめのウナギ店

うなぎの美鶴

うなぎ百名店2019選出店

3.90

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

開店前から行列ができるという名店、鹿児島県鹿児島市下福元町にある「うなぎの美鶴」です。カウンター席では、店主がウナギをさばく姿をずっと見ていられるそうですよ。

山の中にあるので、タクシーで行くのがおすすめとのこと。

うなぎの美鶴 - 鰻丼 2700円(税込)

ご飯を覆い尽くさんばかりにのせられた、見事な「鰻丼」。大きさはもちろん、厚みも素晴らしいのだとか。一口一口、食べ応えがある食感なのだそうですよ。

素材の良さが全面に出た、ワイルドなウナギが楽しめるとのこと。

うなぎの美鶴

「鰻重」を頼むと、自分で自由にウナギをのせて楽しめます。

ウナギはぷりぷりで、食べた瞬間口の中に旨味があふれるのだそう。あまりの美味しさに、食べ終わるのがもったいなく、ずっと食べ続けていたくなるのだとか。

・鰻丼
皮目のパリパリ感と焼魚らしい鰻の香ばしさが広がり、次に身の弾力と旨味が来て、最後にふっくら感と関西風ながらも少し濃い目のタレの味がわかります。これは確かに美味しいですね。関東風のようなとろっとした食感は皆無ですし、関西風のパリッとした味わいとも違う、正に産地ならではの豪快な一品です。

出典: mickandcindyさんの口コミ

小気味良い連携プレーをカウンターから全て眺めることができます。目の前で鰻丼や鰻重が徐々に出来上がる様子は、とてもありがたい。とても素晴らしいものを拝見させていただきました。

出典: ハッピー80801さんの口コミ

うなぎの末よし

3.66

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

天文館にあるウナギの名店、鹿児島県鹿児島市東千石町の「うなぎの末よし」。ウナギは松竹梅に小と、4段階のグレードがあるそうです。

一番上の「松」でも2,820円で、名店ながら、こんなに安くていいのかと驚く人も多いのだそうですよ。

うなぎの末よし

こちらのウナギは、香ばしく焼かれてやわらかく、ほわほわとした食感が楽しめるとのこと。

ご飯が美味しく、ウナギに合わせるためだけに炊かれたかのような、絶妙な固さなのだとか。

うなぎの末よし - うな重 (竹) ¥2,080-

こちらの人気メニューはやっぱり「うな重」。写真は竹のサイズです。ご飯とウナギは、別々に楽しめるのが鹿児島流とのこと。

ウナギはもちろんタレまで香ばしく、ご飯に肝の味噌汁も含めて、全ての完成度が高いのが魅力なのだとか。

・肝串焼、白焼
こちらのうなぎは、蒸さない直焼き。「きも焼き」は甘辛いタレが焦げたきもに合って、つまみに最適。「白焼き」はサクサクの歯触りを醤油・わさびでいただくのですからお酒がすすみます。

出典: spiritoso_expresivaさんの口コミ

・うな重(松)
うな重のうなぎはふっくら、トロッとしていて柔らかいです。蒸されているのでしょうかね。炭火の香ばしさと、少しだけ甘めのタレが食欲をそそります(^^)タレはサラッとしているのでしつこくない甘さですね。

出典: おおちゃん880さんの口コミ

籠ノ島

3.45

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: -

籠ノ島

鹿児島県鹿児島市中央町、屋台村の中にある居酒屋さん「籠ノ島」。鹿児島をもじったネーミングどおり、鹿児島の郷土料理や名産のウナギなどが楽しめるとのこと。

美味しいウナギをアテに一杯呑みたい時、ぴったりだそうですよ。

籠ノ島 - 鰻のかば焼(竹)  2500円

見るからにお酒かお米が欲しくなると評判の、「うなぎの蒲焼(竹)」。ふっくらとしていて、タレも甘すぎず美味しいのだそう。

カウンター越しにお店の人と話しながら、楽しい時間を過ごせるそうですよ。

「黒豚もちなん」は、こちらのお店の人気商品。あぶってあり、中にはゼリーのような軟骨が入っているそう。歯に絡みつくような、独特の食感が楽しめるそうですよ。

「ここへ来たら絶対食べるべき」という人もいるのだとか。

・鰻のかば焼(竹)
鰻は大隅産らしく有名な産地です。志布志のあたりでしょうか。にしても、国産の鰻が松竹梅の竹でこの値段とは……嬉しいかぎりです(^〇^)身はふっくらとしていて柔らかく、タレもちょうどいい甘さ。これはたまりません。

出典: akatsubameさんの口コミ

ココのウナギ、臭みを感じない。焼き方もカリッと焼いてる部分とフワッとしてる部分がわかれていて、2回楽しめます。また岩塩でいただくので、タレとはまた違うウナギを堪能出来ます。

出典: trustsparkleさんの口コミ

うなぎの松重

3.35

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

うなぎの松重

地元の人が、旅行客におすすめすることもあるという、鹿児島県鹿児島市下荒田にあr「うなぎの松重」。昔からあって、地元の人たちもよく出前などで利用するのだとか。

半個室や個室があって、ゆったりとくつろげるのが嬉しいとのこと。

うな重は、一番安いものなら2,250円、一番高い「極」を頼んでも4,500円と、驚くほどリーズナブルです。写真のように、うな丼でも「極」を楽しめるとのこと。

ウナギがこれでもかというほど入っているので、ご飯を大盛にしてもらうのもおすすめなのだとか。

うなぎの松重

ウナギはパリッと焼かれていて、かつ、関東風に蒸しが入っているためとてもやわらかいのだそう。

ご飯もぴったりのかたさに仕上がっていて、隅々まで美味しく楽しめるそうですよ。

・殿様丼
鰻の質はやや脂身が多めでしたがふっくら、ホッコリと箸入れした際の身の「解れ」も大変よろしく。タレも甘くもない、ご飯の炊き具合もそのタレとのマリアージュに於いて適度の柔らかさという、素晴らしい鰻丼でした。鰻の質が良いので次回は「志ら焼き(白焼き)」も頂きたいお店です。

出典: アキバのうりぼうさんの口コミ

・うな丼(特)、きもの味噌汁
うなぎの大きいのが3枚も入ってて、ご飯大盛りにすればよかったと後悔笑。外はカリ、中はフワっとしててタレもちょうどいい甘さで、人気なお店なのがよくわかりました。また行きたいです。

出典: にゃんこ大好きはるちゃんさんの口コミ

うなぎのやまげん 加治屋店

3.26

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

鹿児島県内に、いくつかの支店も出しているほど人気、鹿児島県鹿児島市加治屋町にある「うなぎのやまげん 加治屋店」です。小料理屋さんのような雰囲気で楽しめるのだそう。

テーブル席にお座敷、個室など、席の種類が豊富なのも魅力だそうですよ。

こちらのウナギは肉厚で、特に蒲焼が絶品とのこと。関東風でふっくらとしながらも、歯ごたえが楽しめるのだとか。

上のランクのメニューなら、肝吸いも堪能できるそうですよ。

うなぎのやまげん 加治屋店 - 鰻丼(竹)@うなぎのやまげん

写真は「うな丼(竹)」。こちらのお店では、少し奮発して上のメニューを頼むと、ボリュームがあっておすすめとのこと。

それでもリーズナブルなので、満足の口コミが多いのも頷けます。

ウナギ屋というよりはちょっとした料理屋のような建物で、広々として明るい。一階にテーブル席、二階にはお座敷がある。個室もあるようだ。お座敷では、大きなテーブルにゆったりとくつろぐことが出来る。地方都市はこれが魅力なのだ。

出典: 信楽の置物さんの口コミ

・うなぎ定食(竹)
大振りでもない全体に身の締まった鰻で皮の張りもブヨブヨせず、かと言って痩せてもいない私の好きな感じの鰻です。タレはかなり甘めと感じます、しかも多目です。

出典: アキバのうりぼうさんの口コミ

うなぎの川常

3.21

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

うなぎの川常 - お店

天文館通駅からほど近い、鹿児島県鹿児島市千日町にある「うなぎの川常」。昔懐かしい雰囲気で、優しい接客が心を温かくすると評判です。

お昼にはランチメニューとして、うな丼をリーズナブルに楽しめるのも嬉しいとのこと。

うなぎの川常 - お昼のサービス うな丼(上) 1500円

「うな丼」と「うな重」で悩む人も多いかもしれませんが、タレが好きなら「うな丼」がおすすめとのこと。甘辛いタレが、たっぷりとかかっているそうですよ。

ウナギも大ぶりで身が締まっていて、歯ごたえが楽しめるのだとか。

うなぎの川常 - うな重 昴

うな重をたっぷり堪能したいのなら、「うな重 昴(特上)」がおすすめです。たっぷりのウナギで、お腹もいっぱいになれるそうですよ。

ご飯も美味しく、甘すぎないタレとの相性が抜群とのこと。

・うな重 昴(特上)
うな重 昴は、鹿児島式の別仕立て。最初のお重がうなぎ、下がご飯。関東風に蒸した蒲焼は、食べやすくおいしい。甘み控えめのタレで、うなぎも柔らかすぎなくてよい。何より、この昴のお重が3000円しない価格で提供されていることに驚き。

出典: Légumeさんの口コミ

お店の雰囲気もちょっと昔風のままで、お店のかたが自然体で優しい対応でお話もしてくれて実にいい。要するに、馴染みやすく居心地がいい店。鰻はもちろん安くて満足度は最大。どうして、こんなに安いのか、本当に嬉しくなる。

出典: 温芯の味さんの口コミ

うなぎのふじ井

3.07

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

うなぎのふじ井

鹿児島県鹿児島市荒田で、行列ができると人気のウナギ屋さん「うなぎのふじ井」。あまりに人気だったため、店舗を移転したのだとか。

地元の人にも「美味しいうな重のお店は?」と聞くと、迷わず「うなぎのふじ井」と返ってくるそうですよ。

ウナギの焼き方は、関東風と関西風から、好きな方を選べるとのこと。

ウナギにはつきものの「肝吸い」も、吸い物と味噌汁から選べるそうですよ。味噌汁という発想が鹿児島らしく、面白いですね。

「うな重(松)」はまるまる1匹分はあるかという、たっぷりのウナギが堪能できるセットとのこと。

甘さ控え目のタレやかたいご飯など、ウナギ以外の部分もしっかりと考えられていて、相性が抜群なのだそうですよ。

大通りに面することもなく、住宅街に溶け込むようにあるのですが…お店へ着いた時には開店を待つお客さまが列を作っていまして、ちょっと心配したのですが、ギリギリ1巡目で坪庭を臨むことができるカウンター席をいただくことができました。

出典: koutagawaさんの口コミ

山椒軽めに楽しんでざっと1尾ちょっとの鰻様ご堪能〜これかなり高得点!皮目の焼きはもう少し強くても良いかな?けどかなり旨いよ♡・・・本場の鹿児島鰻やっぱり旨いね♡

出典:https://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46014050/dtlrvwlst/B425437048/

鹿児島県霧島市にあるおすすめのウナギ店

うなぎの尾方

3.20

夜の金額: -

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

重厚でおしゃれな店構えが目印の、鹿児島県霧島市国分福島にある「うなぎの尾方」。お客さんがひっきりなしに訪れるという名店です。

車でのアクセスが中心のため、駐車場は20台ほどは止められそうな、広いものが用意してあるそうですよ。

うなぎの尾方 - うなぎ定食

お店にはうな重はもちろん、白焼き、ひつまぶし、肝吸い、肝串、うざくなど様々なうなぎ料理があり、選ぶのが楽しいとのこと。

テイクアウトにも対応しているのが嬉しいのだとか。

ウナギは脂がのっていて、臭みも気にならず、食べやすいのだそう。蒲焼き以外に、写真の「キモ串」も絶品だそうですよ。

少し苦みのあるキモに、相性抜群のタレが絡んでたまらないのだとか。お酒もついつい進みそうです。

・うな丼(桜)、キモ串
鰻の身は厚く香ばしい。サックリとした食感もいいですね。鹿児島県産の鰻だそうで。セットのサラダはゴマドレッシングで。コクのある鰻丼と相性がいいです。お吸い物も上品。キモ串のほろ苦さはお酒が欲しくなる美味しさ。

出典: utchy0702さんの口コミ

店員さんも気さくな方で、お茶も美味しい。レディース向けのメニューがあったりなによりうなぎを使ったお料理が多くて選ぶのに時間がかかってしまいました。でも、何を選んでもとても美味しい(^ ^)

出典: 食べ歩きの豚さんの口コミ

いちもり

3.08

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

いちもり

鹿児島県霧島市隼人町西光寺にある「いちもり」は、ウナギや鯉、マスなどの川魚料理を楽しめるお店です。

個室が用意されているので、旅先でゆっくりと過ごしたい時や、大事な人と過ごす時にぴったりだそうですよ。

いちもり

こちらのウナギは分厚い身で、噛み切れないくらいの弾力が楽しめるのだとか。長く噛んでいても全く臭みを感じず、脂ののった身を堪能できるそうですよ。

気に入ったら、お弁当をお持ち帰りできるのも魅力です。

いちもり

透き通るような身が印象的な「鮎の洗い」。鮎と言えば塩焼きの印象が強い魚ですが、生で食べることで、意外な美味しさに出会えるのだそう。

他にも、人数分姿造りで用意してくれる、「鯉の活き造り」などもあるそうですよ。

もうね、最高ですわ。ウナギってこんなに美味かった!?皮を噛みちぎれないぐらいのこの弾力、なんぞこれ!!

出典: 呉の春さんの口コミ

・うなぎ蒲焼
うなぎの皮は生臭くなく、ちょっと弾力のある感じです。身の方はふっくらとして分厚く、脂が乗っています。タレも甘過ぎず辛すぎず、うなぎとのバランスがちょうど良かったです。美味しかったです。

出典: ケーキ好き隊さんの口コミ

田代鮮魚

3.09

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

田代鮮魚 - 店頭

鹿児島県霧島市隼人町嘉例川にある「田代鮮魚」は、ウナギや鯉など様々な川魚を扱うお店です。川魚だけでなく、まぐろやサーモンなどの、定番のお刺身も扱っているのだそう。

こちらで好きなお刺身をテイクアウトして、宿に持ち帰り一杯やるのが最高とのこと。

田代鮮魚

店内に入ると、なんとウナギが、目の前で泳いでいるところを見られるのだとか。そのウナギを蒲焼にしてもらえるそうですよ。

店先ではウナギを焼くいい匂いがして、ついつい足を踏み入れてしまうとのこと。

田代鮮魚 - 鯉の洗い(*´ω`*)

こちらのお店で人気なのが「鯉の洗い」。辛子酢味噌で食べると美味しいのだとか。

川魚は臭みが苦手、という人でも、全く臭みを感じず、ぺろりと平らげてしまえるそうですよ。

私は旨いものは食べ終わるまで一言も発せずに一気に完食してしまいます。ここで買った天然鰻を食べた時に初めてそんな経験をしました。寒い時期の鰻、しかも天然もの、やはり、「昔ながらの日本」はいいです。

出典: カゲ散歩さんの口コミ

店の前の水槽に天然鮎と天然鰻が、もつれあうように泳いでいる。俄然、興味がわき店内へ。川魚の他に鹿児島で獲れた海のもの、地鶏の刺身、お惣菜なども取り扱っている。しかし蒲焼の香りに魅せられて、他は目に入らない。

出典: emisi1960さんの口コミ

鹿児島県志布志市・鹿屋市にあるおすすめのウナギ店

うなぎの駅

3.32

夜の金額: -

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

ウナギの養殖業をしている「山田水産」が経営する、鹿児島県志布志市志布志町にあるウナギ店、「うなぎの駅」。養殖ウナギ特有の、とろけるような、やわらかい身が楽しめると好評です。

券売機のあるセルフサービス式のお店で、気軽に行けるとのこと。

うなぎの駅

写真は「うな丼」。肉厚の身がたっぷりとのっているそう。もちろん臭みなどもなく、ご飯がどんどん進むのだとか。

蒲焼など単品での注文はできないとのことですが、ビールなどのお酒類もあるので、一杯やるのも楽しそうです。

ウナギはリーズナブルで、タレや山椒もセルフで好きなだけかけられるのだそう。

店内に売店があって、持ち帰り用に、冷凍パックされたウナギの蒲焼などが置いてあるそうですよ。気に入ったら買って帰るのもおすすめです。

美味い。焼き加減は普通ですが、素材が良い。臭みゼロ。口の中でうなぎが溶けます、とろけます。絶滅危惧種とはわかっていても、やめられない。日本人だったらうなぎは食べねばならん!!

出典: COOLTIMEさんの口コミ

こちらはすでに工場で加工されたものを使っているのですが、このタイプの蒲焼としてはかなり美味しいと思います。蒸しているのでふんわり柔らかで、雑味や臭みは全くないしちゃんと炭で焼いてます^^

出典: :+:あげもち:+:さんの口コミ

うなぎの川豊

3.11

夜の金額: -

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

落ち着いた雰囲気の中食事を楽しめると人気、鹿児島県鹿屋市の 「うなぎの川豊」です。

お昼にはランチメニューもあって、こちらのもう1つの名物である、鶏料理も楽しめるようですよ。

こちらのウナギは弾力があり、肉厚なので、ジューシーな食感が楽しめるとのこと。焼き加減もよく、香ばしい風味がたまらないそうですよ。

タレもご飯がどんどん進む味なのだとか。

うなぎの川豊 - 鰻重 大盛

チキン南蛮やそばなど、たくさんの料理がありますが、それでも人気No.1は「うな重」なのだとか。写真は通常のうな重で、より豪華な「特上」もあるとのこと。

ご飯もたっぷりと入っていて、ボリュームも満足なのだそうですよ。

・うな重
鰻、弾力が半端ないです。タレの甘さも丁度いいです。ご飯が進みます。ご飯の量はこの量が私にはベストのようです。里芋の煮物、漬物、小鉢の脇役も美味しいです。

出典: 0871さんの口コミ

・チキン南蛮定食

鶏もも肉がムニュっとした食感♪
しっとりジューシーでおいしい。タルタルは酸味控えめ。見た目よりボリューミーでお腹いっぱい。夜のメニューにもチキン南蛮定食あり。しかも値段一緒。良心的だね。

出典: 邪悪ちきん。さんの口コミ

滝の茶屋

3.07

夜の金額: -

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

鹿児島県鹿屋市の山奥にある、隠れ家風の雰囲気も人気だという「滝の茶屋」。窓からは色とりどりの鯉が泳ぐ様子や、豊かな自然が眺められる、風情たっぷりのお店です。

席もゆったりとしているので、他人の目を気にせず楽しめそうですよ。

写真は「ミニ丼定食」です。たっぷりと脂ののったウナギが絶品とのこと。焼きウナギ独特の食感が楽しめるそうですよ。

鯉の南蛮漬けなど、鯉料理も一緒に堪能できるのだとか。

こちらのお店では「鯉の洗い」が大人気なのだそう。ウナギ目当てでも、ぜひ食べておきたい一品です。素材の良さが際立って、お酒がぐいぐい進むとのこと。

酢味噌が甘く、それだけでも美味しいのだとか。

・ミニ丼定食
うなぎ食うのは久しぶり。ミニなのでうなぎは小ぶり。でも、適度な弾力と脂の乗りでめっちゃ旨~い♪焼いた感じ。柔らかく蒸したのより、ちょっと弾力のある焼いた方が個人的には好み。甘めのタレでご飯も進む♪

出典: 邪悪ちきん。さんの口コミ

魚料理を中心とした料理が自慢のお店で、静かな集落の一角にお店があります。夜は川のせせらぎを聞きながら食事を楽しむことができる雰囲気がとても良いです。オススメの料理は川魚を中心とした料理で、特にウナギで、脂の乗ったウナギは絶品でした。

出典: syobeeさんの口コミ

その他鹿児島県内にあるおすすめのウナギ店

うなぎ専門店 尾方屋

3.21

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

鹿児島県姶良郡にある、「うなぎ専門店 尾方屋」。朝8時から営業しているので、朝ごはんから贅沢にウナギを堪能することもできますよ。

お昼時にはコーヒーのサービスもあるのだとか。テイクアウトにも対応しているとのこと。

こちらのウナギは肉厚で、ふっくらとした食感が楽しめるそう。何もかけずに食べてみても、十分美味しいそうですよ。

こちらのウナギは白焼きに近い風味だそうなので、特に白焼きが好きな人にはおすすめとのこと。ウナギのお刺身もあるようですよ。

うなぎ専門店 尾方屋

こちらの「うな重」は、ご飯が見えないくらい、たっぷりとのったウナギが印象的です。ウナギの弾力がすばらしく、お値段以上の味を堪能できるそう。

タレも、自分で調節できるのが嬉しいとのこと。

・うなぎ蒲焼
蒲焼はタレ焼きでも白焼きに近く薄味、肉厚な鰻です。見た目の仕上がりも他店とは少し違い 焼き魚?的な様相です。肝串は良心的なお値段で、すぐに売り切れます(汗)に比べて蒲焼は 結構なお値段、しかしこのクオリティなら納得です。リピありです(笑)ご馳走様でした★彡

出典: ダイヤモンド鰻さんの口コミ

・上うな重
ふたをあけるときにワクワクしました。まずは、タレも山椒もつけず、一口。ふっくらしてて、香ばしく、おいしー‼︎タレも自分でかけるタイプだったので、子どもはタレだけでご飯をもりもり食べてました。そして、こちらのお店、なんといってもリーズナブルでした!

出典: たまたまたまこざさんの口コミ

太郎寿司

3.14

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

太郎寿司 - お店

鹿児島県阿久根市にある「太郎寿司」。実は鹿児島県では、お寿司屋さんでうなぎを扱っていることが多いのだとか。定番のお寿司はもちろん、うなぎの蒲焼きも楽しめるそうですよ。

いろいろなネタを楽しみたい時にぴったりのお店です。

太郎寿司 - うなぎの蒲焼き

こちらがお寿司屋さんの作る「うなぎの蒲焼き」です。蒸したタイプでやわらかく、甘いタレが絡んでとても美味しいのだそう。

お寿司屋さんのうなぎは専門店のうなぎとどう違うのか、食べ比べてみるのも楽しそうです。

太郎寿司 - いせえび

こちらはなんと、「伊勢海老」のお寿司です。透けるような身に目を奪われる方も。

こちらのお店では伊勢海老を生簀に入れていて、好きな調理方法で楽しめるのだそう。

新鮮だからこそできる、お刺身なども美味しそうですよ。

・うなぎの蒲焼き
このあたりでは、居酒屋や寿司屋でうなぎを扱っているようだ。蒲焼きは、蒸しが入って柔らかく、タレは甘い。

出典: Légumeさんの口コミ

・お刺身定食
7品ほど切っていただきました。
きびなごのお刺身はさすが鹿児島ですね。濃厚なカツオもたまりません。締め鯖も良い塩梅ですね。さすがお寿司屋さんのお刺身です。お酒が欲しくなりますね。

出典: ショテマエさんの口コミ

湯之元食堂

3.08

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: -

湯之元食堂

「湯之元食堂」は、鹿児島県薩摩郡にある川魚の専門料理店です。お店で食べられる魚は、なんと店主が自ら釣ってきたものもあるのだとか。

焼き物やから揚げ、味噌汁に至るまで、様々なかたちで川魚を堪能できるとのこと。

肉厚のウナギが楽しめる「白焼き」は、素材の味が素直に分かると好評です。

こちらのお店では、時期によっては天然のウナギも食べられるのだとか。電話で事前に時期を確認しておくのがよさそうです。

湯之元食堂 - 川エビのから揚げ(天然)800円

「川海老の唐揚げ」は、見た目のインパクトが好評の一品です。海老の香ばしい香りがふわりと漂い、色も鮮やかで食欲を刺激されるのだそう。

味も絶品で、えびせんのように楽しめるそうですよ。

・鮎の塩焼き
店主が獲ったという生き鮎、凄まじかった。食べた瞬間に笑いが出ましたよ。 なんだこれって。内臓が美しすぎます。トロッとした官能的な内臓、綺麗なコクのある味わい、身は柔らかく繊細で、今年一の鮎でした。衝撃的でしたね。火入れは柔らかく入ってました。

出典: ぴんころ地蔵さんの口コミ

・うなぎの蒲焼き
弾力のある身で一切の臭みは無く、養殖うなぎとはまったく異なる味わい。地元のお客さんでもにぎわうさつま町の老舗の料理屋さん、また機会があれば訪ねたいお店です。

出典: つーきちさんの口コミ

大勝うなぎ

3.13

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

大勝うなぎ - テーブル席

地元の人からも愛されているという、鹿児島県大島郡龍郷町にある「大勝うなぎ」。席の間隔が広いので、ゆったりと過ごせるのが魅力なのだとか。

旅行中の慌ただしく移動が続く中でも、ほっと一息入れられる素敵なお店だそうですよ。

大勝うなぎ - うな重(並)

こちらの「うな重」は、ご飯とウナギが別々になっているので、自分で好きにタレをかけたり、載せたりしながら食べられるのが嬉しいとのこと。

ウナギは食べると弾力があり、素材のよさがしっかりとわかるそうですよ。

大勝うなぎ - みそ鰻定食

意外なウナギの食べ方としては、「みそ鰻定食」もおすすめとのこと。ウナギをみそ仕立ての鍋で楽しめるのが魅力です。

ウナギの出汁がたっぷりと染みた汁と、つやつやごはんとの相性は、言うまでもありません。

畳でいただくウナギと家庭的な小皿。テレビからは地方ニュース。ああ~おばあちゃんちみたい。くつろぐ~。食べ終わってからもお茶飲みながらのんびりしちゃいました。

出典: つーきちさんの口コミ

・うな重
奄美大島の龍郷町 大勝地区に昔からある老舗の鰻専門店です。鰻は腹開き、タレはアッサリで甘辛、蒲焼きはフワフワ系ではなく歯ごたえアリ系、しっかりと焼かれて香ばしく絶品!お値段もお安くオススメです。

出典: ダイヤモンド鰻さんの口コミ

うなぎ 和光

3.07

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

鹿児島県奄美市にある、風格たっぷりの店構えが特徴の「うなぎ 和光」です。美味しいウナギが食べられるので、ピークタイム以外でもお客さんがよく入っているのだとか。

ウナギが美味しいのはもちろん、ごはんの炊き加減も絶妙だそうですよ。

こちらのお店では、「特上うな重」を頼んでさえ、2,000円せずに食べられるというコスパのよさも魅力とのこと。

味も申し分なく、ふっくらとした身が堪能できるそうですよ。

うなぎ 和光 - うな丼

写真は「うな丼」。ウナギは蒸さずに、焼いてあるのが特徴とのこと。厚みがちょうどよくて、食べやすいのだそうです。

追加でタレを好きなだけかけられるのも嬉しいとのこと。タレが濃厚で、ごはんにぴったりなのだとか。

8月中は、鰻が安いようで、100円引きになっていました。養殖の鰻でしたが、味は普通に美味しかったです。

出典: 出張親父さんの口コミ

・特上うな重
うなぎはふわふわで、美味しい♡なかなか食べられないからか、とっても上品な味がしました。ただ、少し小さいかなーと思いましたが、お店で食べた記憶がほとんどない私が言うのはどうかな…と(・_・;でも、味は大満足でした!

出典: ●○yuuu○●さんの口コミ

三昌亭

3.07

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

三昌亭

鹿児島県奄美市の、住宅街にひっそりとある「三昌亭」。風格ある店構えに、初めての人でも思わず足を運んでしまうのだとか。

肝吸いが付いた、持ち帰りメニューもあるとのこと。

店内の水槽にはウナギが泳いでいて、その場で捌いて蒲焼にするので、新鮮なウナギが楽しめるそう。

関東風の焼き方をしたウナギで、ふわふわの食感が堪能できるそうですよ。

三昌亭 - うな重(上)  2400円

大ぶりのウナギがたっぷりと楽しめると評判の、「うな重(上) 」。ご飯と蒲焼きが別々になっているので、甘めのタレがご飯に染みすぎないのが嬉しいとのこと。

自分で好みにタレをかけられるそうですよ。

・鰻丼
鯖焼きは背開き、フワフワサクサク、鰻がテカって見た目も美味(笑)流石です。街はずれの住宅地にひっそりとたたずむ様は老舗鰻屋の貫禄と風情たっぷり。また来ます!ご馳走様でした★彡

出典: ダイヤモンド鰻さんの口コミ

鹿児島からフェリーで鰻を活きたまま仕入て、店の水槽で元気に泳いでいる鰻をさばいて蒲焼きにしてくれます。持ち帰りもできます。1900円で肝のスープ付きです。いわゆる関東風の焼き方です。タレもくどくなくちょうどよい塩梅です。白焼きやうまきなども美味しく、日本酒飲みながら鰻を堪能できる素晴らしいみせです。

出典: tetsu.kojさんの口コミ

うなぎ太郎

3.09

夜の金額: -

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

鹿児島県曽於郡にあるウナギ屋さん「うなぎ太郎」。ウナギはもちろん、可愛らしいネーミングも評判のお店です。

お持ち帰り用の蒲焼きやお弁当メニューなどもあります。お土産に買うのもおすすめですよ。

関西風でオーダーすると、蒸さずに焼いたウナギが楽しめるとのこと。ウナギの肉の食感が、ダイレクトに伝わってくるのがたまらないのだそうですよ。

タレが甘めで美味しいのだそう。

こちらのお店では、「うな丼」や「うな重」はもちろん、「うなぎ定食」なども用意されています。

肉厚のウナギがたっぷり堪能できるのに、驚くほど価格が安いのも魅力だそうですよ。

・うな丼(上)
鹿児島のうなぎは関東風ではなく、焼きうなぎです。蒸さないため、うなぎの肉質がストレートに伝わってきます。やや甘めのたれで飴色に焼き上げられたうなぎは、やはり美味しい。蒸しでいただいたらどんな具合かと思いますが、本場のうなぎを使用しただけあって美味しいと思います。

出典: M・N・ドラッカーさんの口コミ

・うな丼(上)
タレは甘め、香ばしい感じです。1500円の鰻丼上、肝吸いまで付きます。なんともCPが良すぎ(苦笑)

出典: ダイヤモンド鰻さんの口コミ

※本記事は、2020/06/22に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ