【ラーメン】ラーメン好きは青森県弘前市に移住するべきというまとめ【桃源郷】

【ラーメン】ラーメン好きは青森県弘前市に移住するべきというまとめ【桃源郷】

煮干だけじゃない!今弘前のラーメン事情が熱い!!!

記事作成日:2015/01/22

26559view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる524の口コミを参考にまとめました。

3食ラーメン食べたきゃ弘前に住もう!!

ラーメン好きのエルドラドとは何処だろうか。やっぱり各地の味が集まり新しい物も生まれる首都圏?否、それは青森県は弘前市だ。ご当地の味から流行の味までバラエティに富んだ店の数々。しかもよっぽどの事が無い限り酷い行列もないとなれば、もうラーメン好きは住まいを構えるしかないでしょう!

たかはし中華そば店

3.69

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

たかはし中華そば店 - 大盛り

まずはご当地物を。青森県津軽地区では煮干を使った醤油ラーメンが全国的に有名だ。

だがココの煮干は度が過ぎている。
一時期より大人しくなったとはいえ度が過ぎている。

濁った豚骨と醤油のスープに煮干粉がキラキラしている見た目は、ドブ川に水銀が浮いている様。ついていけない人は確実にいるだろう。しかしこの煮干の押しの強さが1杯目より2杯目、2杯目より3杯目...とハマっていく中毒性がある。たかはしに通うために、移住を考えても良いだろう。

中華そば マル真

3.47

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

スタンダードな醤油が食べたい?お安い御用だ。

屋台出身の叩き上げ店主が作る丁寧なスープと2種類の自家製麺は、素朴ながらも間違いの無い美味しさ。煮干はほのかにアクセント。津軽中華そばの奥深さを味わっていただきたい。

ラーメン一文路

3.23

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

二郎系が食べたい?任せとけ。

ガッツリ野菜、ガッツリ背脂、ガッツリ煮豚。麺もオーション粉全開の自家製麺で正しく二郎系。背脂ベースのまぜそばもあり、ジャンキーラーメン好きには堪らない。

らーめん 井上家

3.15

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

らーめん 井上家 - 中盛り味玉

横浜家系が食べたい?合点承知。

六角家出身の店主が作り上げる高レベルな横浜家系ラーメン。そのこだわりはわざわざ東京蒲田の酒井製麺から、麺を取り寄せている事からも伺える。青森県でここまで完璧な横浜家系が食べれるとは、誰が想像できたであろうか?

麺や 幡 弘前店

3.31

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

麺屋 幡 弘前店 - つけ麺大

Wスープのつけ麺が食べたい?御意。

津軽地区で5店舗を展開する幡龍グループのお店。チェーン店とはいえ実力は申し分ない。噛むと香ばしさが広がる力強い全粒粉入り自家製麺に、濃厚豚骨魚介の王道Wスープ。期間限定の変わり種も完成度高し。

山岡家 弘前店

3.03

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

山岡家 弘前店 - 朝ラー

博多系豚骨は無いでしょ?あるんだなコレが。

と言ってもちょっとイレギュラーだが。全国で店舗展開をしている山岡家である。ココの5:00~11:00まで限定の朝ラーメンが、本場のそれにとても近いのだ。勿論替え玉もできるので朝からガッツリいってしまう。

中みそ

3.46

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

中みそ - 大

札幌味噌系を食べれるお店は、残念ながら無い。しかし代わりに弘前独自で発展した味噌ラーメンがある。百貨店のフードコートに鎮座するそれは"弘前市民のソウルフード"とも呼ばれる。

ショウガとニンニクが効いた甘めのスープにたっぷりの野菜。他の地方の味噌ラーメンと比べたら明らかに甘すぎるのだが、このバランスじゃないと成立しない黄金律。何れ「津軽味噌系」ジャンルとして全国に羽ばたいてほしい。

※本記事は、2015/01/22に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ