浅草のカレーライス!本当に旨い店。

浅草のカレーライス!本当に旨い店。

▼浅草で生まれ育って半世紀!のカレー好きレビュアーが選んだ、本当に旨い現在(いま)の浅草カレー! ▼浅草へ来たら是非食べて頂きたい、グルメ本にも乗っていないディープでコアな店を多数載せました。

キーワード
ランチ
喫煙可
ケーキ
名物
肉料理
新店

更新日:2017/07/09 (2015/01/15作成)

20870view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浅草は意外と旨いカレーに出会える街!

●浅草には純粋にカレー専門店も在れば、インド料理、タイ料理、洋食店等でカレーライスが食べられる。
 しかしその他にも、食堂、蕎麦屋、喫茶店、ケーキ屋等、色々な場所でもカレーが食べられるのである。
●そんな、意外に知られていない「カレーの町」浅草にスポットを当てて本当に旨い店を紹介したい。。。
 ※本文に載せた順番は、お勧め順という意味ではないので御了承下さい…。

2ea9afdea576c394633c9b81beee175c

★ 『パスカレッソ』のポークカレー 900円

気ままなキッチン - 白飯のいつもピッカピカ!

●自家製のシフォンケーキを中心に、手作りの生パスタ等を出す「食べログ」でも上位人気の個人商店。取り仕切っている女将さんが手間暇かけて作るカレーの旨さは専門店にも負けない個性と味のカレーライスである!
●チキンカレーもあるが、ルウの状態は同じ。関東は「ポークカレー」が発祥なので是非ポークの濃厚な旨味を味わおう。。。
大量の玉葱と黒胡椒によるスパイシーな味わいは、此方独自のオリジナリティー溢れるレシピから成るものである。シフォンケーキの付くセットメニューもあって美味しい!!

気ままなキッチン

★『ニューダイカマ』のカツカレー 900円

ニューダイカマ - カツカレー¥900

●昔懐かしい昭和の黄色いカレー! 野菜も形のままゴロゴロ入ったオヤジ好きのするタイプであり、風味も優しいが中々にスパイシーである。トンカツは肉厚でサクサクと香ばしい。浅草を代表するカレーである。。。
●店は浅草のメイン通りからは離れ、吉原大門の先であるが、天丼の『土手の伊勢屋』と共にわざわざ此方の方まで足を伸ばして来る客は多い…。
●人気店であり、他にもナポリタンやミートソーススパゲティも美味しい!

ニューダイカマ - ニューダイカマ~

★ 『日正カレー』のカツカレー 850円

日正カレー - 見事な佇まい。ボリューム満点!

●此方も知る人ぞ知るディープな人気店! 場所も「ニューダイカマ」の直ぐ近くに在るので、ハシゴして両店の食べ比べする若者も多い。
●「ニューダイカマ」とは対照的にルウはサラサラで茶色い。甘味・旨味成分は全てルウの中に溶け込んでいるタイプであり、トンカツの無いプレーンなカレーを食べると何処か物足りない印象になる。。。因みに、中華メニューもある。
●店内には名物のお婆ちゃん女将が出迎えてくれる。彼女の話を聞きながら昭和を楽しもう!

日正カレー

★『辰巳庵』のカレーライス 700円

辰巳庵 - カレーライス(レギュラー)\700

●千束五差路のもっと先に在る蕎麦屋食堂。
多彩なメニューで地元民を飽きさせないが、蕎麦つゆの出汁とカレー粉に小麦粉…という典型的な「そば屋カレー」の代表格と言える程旨い!
●蕎麦やラーメンに付くミニカレーもあって、それも同じカレーなのでセットで頂く手もある。只「カレー丼」とは微妙に味も仕様違うので注意が必要である。。。
●作り手により、多少の味のブレが生じるのが玉に瑕だ…。

辰巳庵 - 店舗外観

★ 『河金 千束店』の河金丼 800円

河金 千束店 - 河金丼(カツカレー)¥800

●「河金丼」とは「カツカレー」のこと。入谷の「河金」と共に1918年に創業創業した超老舗であり、「カツカレー」の元祖店である!
●ほぼカウンター席しかない普通の狭い店内で頂く元祖カツカレーの味は又ひとしおである。薄めのロースカツを覆うカレーは優しい風味で、創業当時の懐かしい味を引き継いでいる。細かい鶏肉片がキーマカレーなんかとは又違う食感と風合いがあって旨い。。。歴史を背景に楽しみたい昔のカレーだ。重箱に入ったヒレカツの「河金丼」もある。

河金 千束店

★『TED'S SNACK』のポークカレー 700円

TED'S SNACK - ポークカレー  700円

●此方は千束小学校の前に在る喫茶店の主人が作る本格的なチキンカレー! インド風と欧風のいいとこ取りをしたオリジナルで、その甘くてスパイシーで奥の深い味わいは物凄い完成度の高さである。。。正直、専門店レベル!
●ランチ時はコーヒーとサラダが付いて800円なので、是非昼間の時間帯にセットで頂きたい。優しい風味だが、確りした旨味が有り暫くその印象の残り香に酔える一級品のカレーライスである。

TED'S SNACK - 店舗入口

★『ジムジュム』のマッサマンカレー 790円

ジムジュム - 世界で一番美味しいカレー「マサマンカレー」\790

●この店をナメてはいけない! タイ人女将が作る本格的で家庭的な素晴らしいカレーが頂ける。グリーンカレーも美味しいが、この「マッサマンカレー」は本当に芳醇な旨味を味わえる。銀座や新宿辺りのタイ料理専門店でも、この位のレベルのカレーはあまり出てこない。。。
●他のタイ料理も旨くて安い為ランチ時は混雑しているが、なにせ女将一人で切り盛りしているので、その辺を考慮して訪問されたし。。。

ジムジュム - 店舗は2階です!

★『東嶋屋』のカレーライス 660円

東嶋屋 - カレーライス 660円

●浅草(入谷方面)でも屈指の黄色いカレー! 
●如何にも「そば屋」のカレーであり、オーダー後にその都度作る、作り置きでないタイプである。具材は豚肉と玉ネギのみで、片栗粉でとろみの付いたカレーを皿いっぱいに並々と注がれる。辛味と同じくらい塩味の立つ味が好い感じに旨い。
●付属されるソースを掛けてもいいが、卓上の醤油も意外と合う。そして福神漬けも最高に合っている。。。

東嶋屋 - 店舗外観(冬のれん)

★『チャムチャム』のグリーンカレー 800円

チャムチャム - グリーンカレーセット\800

●浅草には『モンティー』や『イサーン』『ディーディー』等の実力店も在るが、入谷に近い此方の新店が素晴らしいクォリティで人気急上昇中である!
●ランチタイムでも人気の此方の「グリーンカレー」は具材の豊富さと新鮮さに加え、カレーの抜群の味の良さ、そしてジャスミンライスの美味しさが特筆出来る。でもそれだけではなく、オリジナル製作の4種のドレッシング等も地元マダムに密かに人気だ…。

チャムチャム - オープン当初の外観

★ 『ビストロ福昇亭』のカツカレー 1300円

ビストロ福昇亭 - ロースカツカレー 1300円

●浅草の裏路地に在るチョッと入りづらい洋食店。しかしこういう店に名店が在ったりするから侮れないのである。。。
●以前は『スカイライン』という屋号で、最近『ビストロ福昇亭』と改名した!
●大振りで揚げ立てザックザクの豚ロースカツ! 15mmはある分厚い肉が凄く、渋い褐色の本格的なフォンドボーカレーソースが一級品。下手に知名度のある高い洋食店なんかよりも数段美味しい!! 浅草には有名な洋食屋が多いが、その中でも屈指のクォリティを誇るカツカレーと言える。

ビストロ福昇亭 - 店舗入口(2016)

★『喫茶 Joy』のカレーライス 700円

ジョイ - カレーライス¥700

●此方も表通りから少し離れた場所にある昭和の喫茶店。店内は広く、照明も薄暗いが、懐かしい埋め込み式のTVゲームも置いてある地元民御用達の喫茶店である。
●店主が作るポークカレーは結構本格的な仕上がり! とろり&サラリの絶妙な粘度と上品な甘味を持つ素晴らしいクォリティのカレーである。喫茶店の一メニューでこれだけのカレーを出されると、専門店も正直嫉妬する位の出来栄えである…。
忘れた頃に食べたくなるカレーである。

ジョイ

★『福ちゃん』のカレーライス 450円

福ちゃん - カレーライス 450円

●東部線「浅草駅」の日本一古い地下食品街に在る「焼きそば&カレー」の店。居酒屋としても機能しており、昼間から焼きそばで一杯やっている輩も数限りない…。
●独特の歴史ある甘口のポークカレーは、蕎麦屋のカレーにも通ずる出汁の強い旨味を感じる何とも中毒性のある味わいだ。直ぐ並びに「立ち喰いそば屋」も在るが、そういう店で頂くカレーとは全くの別物である。。。
●焼きそばと共に長く値上げせず頑張っている!

福ちゃん

★『焼肉 玄』のビーフカレー(食べ放題メニュー)

玄 - 相変わらず旨いビーフカレー!

●浅草は『ROX』裏の韓国料理店!
昼間のランチが、どれもメインの定食にサラダバーとドリンクバー、そして食べ放題のこのカレーが付くというサービスである。
●焼肉を成形した時に出る切り落としの牛肉を利用してジックリ煮込んだ、いわば賄いカレーのようなものだが、そのコクと肉の旨味たるや尋常じゃない!そこらのカレー店で食べれば2000円は取られそうなクォリティのスパイシービーフカレーといえる。ランチでしか頂けないので要注意のカレーである!
●ランチも早めに行かないと細かいクズ肉が多くなる。。。

★『もんじろう』のスープカレー 980円

カフェ&バー もんじろう 浅草 すしや通り店 - スープカレー\900(2013)

●浅草の寿司屋通りに出来た新しいお店。
浅草では唯一のスープカレー専門店で、その味は本格的で年々グレードは上がっている!
●骨付きの大きなレッグチキンを筆頭に、丸ごと野菜がゴロゴロ入っている。。。
辛さも選べ、基本的にライスとサービスドリンクが付い来てこの価格である。
●店内は2階で、珍しい全席座敷スタイルなので、女性は入店するのにためらう内装である。逆に、じっくり座ってビールやワイン等を飲みながら味わいたいカレーである。

カフェ&バー もんじろう 浅草 すしや通り店

★『ニュープラシッダ』のキーマカレー 700円

ニュープラシッダ 浅草店 - キーマ&カレー

●浅草は隅田川寄りの旧猿若町の住宅街にポツンと存在する本格的な北インド料理店。浅草もここ最近インド料理店が増えたが、この店が一番浅草に馴染んでいるような気がする。。。
●此方は基本何を頼んでもハズレは無いが、「カレーライス」という縛りから言うと、やはりキーマカレーと黄色いターメリックライスのコンビが一番しっくり来る。比較的粘度のあるカレーにライスがよく合う! 因みにライスはお替り自由なので、お腹いっぱいにして帰宅出来るのも浅草的である…。

★『芳野屋食堂』のカレーライス 500円

芳野屋 - カレーライス¥500

●「浅草の昭和ラーメン」でも紹介した此方。戦後70年の歴史を眼でも舌でも味わう事の出来る貴重な店である。
●この安さにして女将さんにしか作れない本格的なレシピが存在し、こんな場所でこんな本格的な味のカレーが!?と誰もが驚くクォリティなのである。。。コレで500円!!!
よく煮込まれた欧風式カレーだが、何故か福神漬けが良く似合う仕上がりなのである。。。

芳野屋 - お店は田原町駅3番出口から歩いて10分弱のところにあります。

★『レストラン大宮』のチキンカレー 1080円

●浅草で有名な洋食店は、何処もカレーが比較的甘めに仕上げている店が多い。。。『ヨシカミ』も『ぱいち』も『アリゾナキッチン』『リスボン』も皆そういう傾向にある。此方のカレーも例外ではないが、その上でのスパイシーさや円やかさ、コク等のバランスが優秀である!
●有名な大宮シェフは、元来がソース造りの達人であり、こうした煮込み料理も得意なのがこのカレーで証明されている。ビーフやチキンカレーも旨い! ランチなら庶民でも食べられる価格で提供されている。浅草の高級店代表のカレーである。

レストラン大宮

★ 浅草『生駒軒』のカレーライス 600円

生駒軒 - カツカレー 850円

●中華スープをベースに作られた、昔懐かしい昭和の黄色い中華カレーライス!適度な粘度に溶け込んだカレー粉と小麦粉の旨味が良い塩梅である。半月状に切られた人参の姿にも哀愁を感じるし、何より味が好い。。。
●真っ赤なねっとり福神漬けも最高の相棒である!生活観満載の昭和タイムスリップな店内で食べるカレーライスは本当にノスタルジックな無力と旨さを堪能出来る…!!
女将さんと大将の人柄にも敬意を表したい。
(写真はカツカレーライス 850円)

生駒軒 - 店舗入口

★『一兆』のカレーライス 730円

一兆 - カレーライス 730円

●黄色いカレーではないがカレー粉を中華出汁で伸ばしたコクのある素晴らしい美味しさ。豚肉と細切り玉葱のみの、如何にも昭和中華のカレーである。
●最初の一口は甘いのだが、この甘さが全然嫌じゃない!果物系の甘ったるい甘味ではなく、出汁から来るようなコクの甘味である。スパイシーさは無く辛味も無いが、旨いカレーである。
●お約束の片栗粉も入っているし、福神漬けもたっぷり!白飯の量は多くないがルウは多めだ。正統派の「中華カレー」として是非又食べたいカレーライスである。。。

一兆 - 店舗入口

★『珠玉』のカレーライス 500円

珠玉 - カレーライス\500

●昼間1時間半しか営業してない幻の中華屋のカレーが又旨い!
●値段、ボリューム、味、どれもが合格のアメイジングなカレーライスである。。。基本的に肉はポークで、形で残っているのは肉しか無いのだが、たっぷりで滑らかなカレールウが満足度を上げてくれる。甘くなく爽快なカレーである! また、中華屋が造るカレーという事で、出汁の風味が独特で美味しいのである…。値段も最高!!

珠玉 - お店は平日のお昼しか営業していない!

★『まえ田』のカレーライス 650円

食事処 まえ田 - カレーライス 650円

●「100年食堂」といわれる浅草でも歴史ある食堂だが、3代目女将が調理場を仕切るようになってから全体的に健康志向の薄味になった店である。
●昔ながらの黄色い和風カレーで、大きな人参や玉葱が入っている。そして此方は鶏肉を使用!より油分もヘルシーな感じである。
●辛くなくライトで食べ易く、勿論スパイシーでもないのだが旨味とコクは確りと感じられるおふくろの味っぽい。。。浅草の老舗に来て期待を裏切られない昭和のカレーである!

食事処 まえ田 - 店舗外観

★『正直』のカレーライス 750円

正直 - カツカレー¥950

●吉原大門に近いソープランド街に位置するディープでマニアックな店! カウンター席だけの店内は洋食と居酒屋メニューが混在しており、昼間からガテン系の兄さんがで食べ飲んでいる。
●写真は「カツカレー 950円」。他にはチキンカレーとポークカレーが存在するが味は一緒! 溶け込んだフルーツの甘味と、香辛料によるワイルドさが混在する男っぽいカレー。カレー専門店でも洋食屋でも、喫茶店でも味わえない不思議なカレーである。。。

正直 - 外観全貌

★『ブロンデイ』のカレーライス 700円

ブロンデイ - カレーライス 700円

●浅草の歴史を見てきた創業60年にもなる老舗の喫茶店のカレー!円やかで優しい風味のビーフカレーで、全体にねっとり&まったりなルウがホームメード的でで好い…。
●ビートたけしも推薦する浅草カレーだし、伝統のブレンド珈琲も美味しいのだが、如何せん喫煙かが集まる店舗である。終始煙い店内で頂くのは覚悟の事である。。。
●クセの無い味に辛くない甘口の風味!
継ぎ足し継ぎ足し煮込まれた歴史のカレーは意外と家庭的である。。。

★『スミダリバーキッチン』の野菜ドライカレー  850円

スミダリバーキッチン - 野菜ドライカレー

●オープンしてまだ1年程のカレー&ダイニングバーである。日本人の若い店主が作るアジアン料理はどれもがおもてなしの心に溢れ、細かい気配りの薬味等に反映している。
●写真の「野菜ドライカレー」は沢山の野菜に囲まれ、生のカットトマトもトッピングされたフレッシュでヘルシーなカレーだ!
意外とボリュームもあるので男性も納得…。
●今流行りの酵素ジュース等も充実しており、女性客も意識したメニュー作りだ!
●東武浅草駅から直ぐ。吾妻橋を渡り切った場所に店は在る。。。

スミダリバーキッチン - 店舗入口

★『林檎や』の特製カレーランチ 1000円

林檎や - 一口カツのせカレーライス 1000円

●元向島の人気芸者さんがオープンさせた洋食居酒屋&BARのランチメニュー!
そんな女将さんの作るオリジナルレシピなのか、和風で家庭的な一面とスパイシーでプロの洋食の仕事も施された何ともワン&オンリーなカレーライスなのである。付属の小鉢や漬物・味噌汁も高次元に美味しく、食後のドリンクまで付くコスパの良いセットメニュー。。。

●こってり粘度で適度に甘くて、確りスパイスが効いたふり幅の広い素敵なカレーである。

林檎や - 店舗入口

★『KAMMO Curry』の浅草キーマカレー900円

KAMMO Curry+Cafe Asakusa - 2種のカレーのハーフ&ハーフ 1000円

●写真は浅草キーマカレーとチキンカレーの「ハーフ&ハーフ 1000円」である。
●カレーの業界では有名なオーナーシェフが浅草に根を下ろして始めた店舗である。。。柔らかい骨付きチキンが入ったカレーも美味しいが、個性的で肉粒に圧倒的な食べ応えがあるのが挽肉の「浅草キーマカレー」である!
インドやエスニックなキーマカレーとは一味違うスパイシーにしてあっさり系のカレー。徐々に浅草のカレーとして根付いて行くであろう…。

KAMMO Curry+Cafe Asakusa - 店舗外観(2Fのぽんぽこが目立ち過ぎ!)

★『くわまんカレーブラッキー』のBlackyカレー 800円

くわまんカレーブラッキー - Blackyカレー 800円

●吉原大門傍の路地裏に出来た新しいカレー店! タレント桑野信義氏の御子息がオーナーシェフらしい。。。
●「くわまん」というワードからは全く想像できない濃密で手の込んだカレーである。死ぬほど炒めたであろうオニオンや様々な果糖、ハチミツまでもが入っているような複雑で深い甘味!とてもマイルドなカレーだ。とてもユニークな存在!
●添えられたカラフルなピクルス&アチャール、付属のスープも美味しく、フライドオニオンが香ばしさもプラスしてくれる…。

くわまんカレーブラッキー - 店舗外観

※本記事は、2017/07/09に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ