茨城はグルメの宝庫!名物料理を楽しめるおすすめ店12選

出典: gunmadontistさん

茨城はグルメの宝庫!名物料理を楽しめるおすすめ店12選

観光地としても人気の茨城県には、季節の花々が美しい国営ひたち海浜公園や、圧巻の景色が広がる袋田の滝など、自然あふれるスポットが充実。また、常陸牛、常陸秋そば、あんこう料理など、わざわざ足を運ぶ価値のあるグルメも豊富です。そこで今回は、茨城県の名物料理を楽しめるおすすめ店をまとめました。

キーワード
ランチ
おしゃれ
個室
ビュッフェ
テラス
食べログまとめ編集部
名物
肉料理
駐車場あり
駅前・駅近

記事作成日:2020/03/26

28view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる1491の口コミを参考にまとめました。

あんこう料理の人気店

山翠

3.61

夜の金額: -

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

あんこう料理や納豆料理など、茨城の名物料理を楽しめるお店です。水戸駅から赤塚駅行きバスに乗り、泉町1丁目で下車し、徒歩1分。

目の前に板前さんが立つカウンタ―や、ゆっくりと寛げる個室、バリアフリー席など、さまざまな席が用意されています。

写真は「あんこう鍋」。あん肝をすり込んだ地味噌を炭火で炙った、焼き味噌の香ばしい味わいが特徴だそう。

また、5月~10月は鍋の下に氷を敷きつめた「あんこうの氷鍋」があります。冷製の出汁で、身が引き締まっているのだとか。

2名からあんこう鍋、あんこう共酢、あん肝、あんこう柳焼などを味わえる、あんこうのフルコースも楽しめるとのこと。

中でも「あんこう柳焼」は、一番美味しい部位とされるほほ肉を焼いたもので、数に限りのある貴重な料理だそうです。

・山海の氷鍋(あんこう、しゃも鷄、ぶな豚)
こちらで夏あんこうの一番の売りとされている、氷鍋。インスタ映えする様な良いビジュアルで、色んな薬味や味わい方があるので試しながら楽しめる一品です。

出典: natsu-kingさんの口コミ

あんこうは何度が食べていますが、こちらで戴いた身はちょうどよい歯ごたえと出汁の旨みがベストマッチで今まで食べたどのあんこう鍋よりもうまかったです。わざわざ東京からこの鍋を食べに来た甲斐はありました。

出典: えのもとらぴすさんの口コミ

五鐵 夢境庵

3.58

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「五鐵 夢境庵」は、茨城の食材を使った名物料理と銘酒を揃える郷土料理店です。

中でも、常盤沖で獲れたあんこうや、茨城県北部の大自然で育った奥久慈軍鶏など、高級食材にこだわっているのだとか。

お店は水戸駅北口から徒歩9分。すべて個室です。

元は漁師料理だった、どぶ汁から生まれた、旨味たっぷりのあんこう鍋。

その他、茹でてほぐした身を冷蔵庫で一晩置いた「あんこうの共酢」など、茨城名物のあんこう料理を楽しめます。

「五鐵 夢境庵」では、奥久慈軍鶏を使ったすき焼き、串焼き、丼ものなども楽しめます。

ランチタイムには、奥久慈軍鶏の親子丼が人気だそう。濃厚な卵の味や、プリプリの鶏肉を楽しめるそうですよ。

北茨城の郷土料理である、あんこう鍋のどぶ汁仕立てと、共酢で食べ尽くすあんこうの全て。水戸駅前の旧市街中心という街中にありながら、この時期大洗沖で獲れる太平洋の旬を地元茨城で楽しめる使い勝手抜群の店。

出典: 葡萄党幹事長さんの口コミ

・奥久慈軍鶏 親子丼
木製のスプーンで頂くと、第一印象はとても玉子の味が濃いです。どうやら、奥久慈軍鶏の有精卵を使っているらしいのですが、黄身の味がコッテリ濃いです。また、味付けの方は、甘さ控え目で醤油感はちょっと強めの味。うん、いい味ですね。

出典: 又 三 郎さんの口コミ

ちゅう心

3.58

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

大洗や那珂湊漁港で獲れた鮮魚を使った、魚介・海鮮料理を食べられるお店です。大洗駅からは徒歩20分ほど。車でのアクセスが便利です。

1Fにカウンター席、2Fに個室があります。店内は和風で落ち着きのあるおしゃれな雰囲気なのだとか。

こちらのお店では、あんこう好きにはたまらない、あん肝をたっぷり使ったクリーミーなあんこうのどぶ汁鍋が食べられます。

通常のあんこう鍋に入る白菜が入っておらず、大根と葱がたくさん入っているそう。

あんこうどぶ汁鍋は、予約限定です。

茨城の各地に卸し業も行っている魚屋さん「魚忠」が営む飲食店とあって、魚の鮮度は抜群だそう。

鮮魚は定食や海鮮丼、握りなどで楽しむことができます。

あんこう料理は冬季限定。茨城名物のひとつでもある新魚は、そのときの旬物を食べられます。

・あんこう鍋
ベースとなる出汁はそれだけで口にすると思っていたより味が濃く、淡白な身に味が染みてちょうど良くなる感じでした。あんこうの身は部位によって食感が様々なので、一口一口食べる楽しさがあります。お野菜はもう少し量があると嬉しいな、、という感じでした。

出典: 食いしん坊★隊長さんの口コミ

・お造り膳
前菜はどれも日本酒にとってもあいそうな逸品で、あん肝は 半分以上相方の肴に奪われてしまいました。造りはどれも鮮度が良く、刺身のかどが立っている素晴らしいもので、さすがお魚屋さんといった感じ。

出典: Zone777さんの口コミ

大浜丸 魚力

3.55

夜の金額: -

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

木目の温もりあふれる空間から、太平洋を眺めることができる「大浜丸 魚力」。茨城名物のあんこう料理や、海鮮料理などを楽しめるとのこと。

JR大津港駅からタクシーで5分、常磐自動車道北茨城IC・勿来ICから約20分の場所にあり、駐車場完備です。

魚力では、出汁を使った「どぶ汁風あんこう鍋」が食べられます。あんこうの身や皮に加え、野菜がとにかく多く、ボリュームたっぷりなのだそう。

〆には雑炊かうどんを楽しむこともでき、これも美味しいと好評です。

あん肝が美味しいことでも評判の魚力。蒸したての温かい状態で提供されるそうですよ。

あん肝は生臭さがなく、口の中いっぱいに風味が広がるのだそう。あんこう料理の中でも、人気の一品です。

・あんこう鍋
まず一口 いやー肝の濃厚なスープがおいしい。普通のアンコウ鍋では この濃厚さが出ませんよね。でもくどくないんですよね~ いい処理をしていますよね。野菜もたっぷりで 栄養満点 これは答えられませんな~。そして 鍋の〆は もちろん雑炊・・・。肝の濃厚さと味噌の味が 雑炊にしみ込んでいます。

出典: ZENKOさんの口コミ

・あん肝
温かい鮟鱇に肝のみそときゅうり、わかめ。これものすごく美味しい!!あん肝の濃厚な味わいと蒸して時間がたっていない暖かさは初体験です。みそ・きゅうり・わかめと一緒に食べるとその味が際立ちました。うまーーーーい。

出典: ネコねこさんさんの口コミ

地産地消料理の人気店

炎神

3.58

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ~¥999

水戸駅南口から徒歩5分。茨城の名物食材を使った、地産地消の四川料理を楽しめるお店です。

食器や酒器、BGM、インテリアなどにもこだわった、チャイニーズモダンな落ち着いた店内で、異国の雰囲気を味わえるそうですよ。

農業大国としても知られる茨城各地の農家から、野菜ソムリエの資格を持つオーナーが直接野菜の仕入れを行っています。

茨城で育った野菜、奥久慈軍鶏や常陸牛といった茨城の名物食材の、素の味を活かした四川料理が人気です。

茨城の銘柄豚であり、国内には100頭前後しかいないという希少な品種「梅山豚」を使った料理も楽しめます。

写真は、ランチの梅山豚レバーを使った野菜炒め。臭みが少なく、肉のようなしっかりとした食感だそう。

いつ行ってもビジネスマンで賑わう名店。担々麺はかなり辛めだがかなり本格的なもの。茨城では頭一つ抜ける存在と言っていいかも。

出典: onashiさんの口コミ

ランチなので他のお料理は分からずなんとも言えませんが、お洒落な店内にいい雰囲気のカウンターにはお酒もたくさん並んでおり、夜飲みなど中華をお供に頂くも良さそうです。美味しく頂きました。

出典: kyu-ri7272さんの口コミ

常陸野ブルーイング水戸

3.57

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

常盤線水戸駅、水戸駅ビルエクセルみなみ4Fにあるおしゃれなビアバー。

茨城県那珂市を拠点とする蔵元から仕入れた、「常陸野ネストビール」が飲めます。

木目を基調とした店内は、アットホームな雰囲気だそう。

フードメニューにも、茨城の名物食材を多数使用しています。

常盤牛のバーガーや、ネストビールを衣に使ったサバのフィッシュ&チップスなどが人気だそう。

チップスも、茨城産のレンコンを使っているとか。

常盤野ネストビールは、1823年から続く日本酒の蔵元、「木内酒造」から誕生したビールです。

飲み比べでは、一番人気のアンバーエール、ホップの軽快さを楽しめるラガー、爽やかでやわらかない喉越しのホワイトエールの3種を楽しめるそうですよ。

・ホワイトエール
色も綺麗な明るい色で、苦味が少なく、見た感じ通り、爽やかなお味。食事の時にソフトドリンクのように飲めるビールと感じます。私は3種類の中で、香りが一番好きなビールです。

出典: 又 三 郎さんの口コミ

接客も良く美味しい地ビールとアテとともに、久しぶりに解放感溢れるとてもいいフリータイムを過ごすことができた☆

出典: みゅうささんの口コミ

慈久庵

そば百名店2019選出店

3.85

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

「慈久庵」は、バンジージャンプの名所、竜神大吊橋の近くにある江戸前そばの名店です。レトロな店内で、名物の石臼挽き手打ちそばを楽しめるそう。

常磐自動車道日立南太田I.Cより30分、水郡線常陸太田駅からバスで40分、タクシーで20分です。

「慈久庵」のそばは、店主が自ら栽培、製粉、手打ちを行っています。野を焼き、炭を肥料にする伝統的な畑農法でそばの実を作るそう。

無農薬のそばは旨味たっぷりで、加水率の高いみずみずしいそばだといいます。

山菜料理も豊富な「慈久庵」。

中でも、「野草の天ぷら」はお店もおすすめの一品。七草がゆにも使われるナズナや、身近なタンポポなど、さまざまな山菜を提供してくれるそう。

やや細切りの蕎麦になります。風味が強く、みずみずしさ、歯ごたえどれも噂通りですね。待ち時間がかなりありますので、テラスで大自然を満喫したり、隣りにあります、自家畑を見たりして暇をつぶせます。新鮮な空気と、マイナスイオンで満たされた感じにもなれます。長閑な大自然を満喫できます。

出典: オールバックGOGOGOさんの口コミ

蕎麦の香りは抜群で、粗挽きがゆえの歯ざわりや喉越しも抜群。出汁はきりっと辛めだが、風味は全く損なわれることはありません。むしろつゆをつけずに食べたほうが蕎麦を楽しめます。

出典: ミトミえもんさんの口コミ

常陸秋そば・うどんの人気店

鬼怒川 竹やぶ

そば百名店2019選出店

3.75

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

新守谷駅からバスで守屋高校入口停留所下車、徒歩10分ほどの場所にあるそば屋さんです。

落ち着いた雰囲気の古民家で、お店の側には鬼怒川が流れ、とても景色が良いのだとか。店内には個室も用意されています。

「鬼怒川 竹やぶ」では茨城、北海道、富山の玄そばを粗めに製粉しているそうで、香りの高い上品な味わいが特徴だといいます。

人気の「天せいろそば」は、そばの風味を特に味わえる一品なんだとか。つゆを付けずに食べると、そばの甘味を感じられるそう。

そば粉をそのままお湯で溶かしたような、濃厚なそば湯もこちらの名物だそう。トロッとしており、ポタージュのような感覚なのだとか。

あまりの美味しさに、最後の1滴までそばつゆを飲み干してしまうといいます。

せいろそばはほんのり緑がかって見るからに美味そう。コシ、喉ごし、香りとも文句なし。汁は濃いめ、江戸蕎麦の系統だ。

出典: men党さんの口コミ

最後は蕎麦湯。濃厚でドロッとしたトンコツスープみたいな蕎麦湯。蕎麦の味が濃ゆい蕎麦湯。お替りをお願いしたい衝動に駆られる蕎麦湯。感動します。最高の蕎麦湯ですがな。

出典: Merfolk Kingさんの口コミ

鯨荘 塩町館

そば百名店2019選出店

3.70

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

明治時代に建設された茨城の地方銀行、太田銀行の建物を再利用した「鯨荘 塩町館」。常陸太田駅より、タクシーで5分ほどの場所にあります。

茨城の人気そば店、「慈久庵」のお弟子さんが営んでいるそば屋さんです。

茨城名物の常陸秋そばを使用し、「せいろそば」や「納豆ぶっ掛けそば」など豊富なメニューが並びます。そばの風味を楽しめる絶妙な塩加減のそばつゆも評判。

冷水で締めたそばは、細めながらしっかりとコシがあり、のど越しが良く、風味も楽しめるそう。

写真は「地葱の天ぷら」です。そばとの相性が良いそうで、美味しいと評判の一品。「葱天ぷらそば」は、温・冷用意されています。

他にも、そばがきやデザ―トなどが付いた塩町館コースや、うどんのメニューもあります。

蕎麦は本当に美味しい。香りもコシも、蕎麦の味、付け合せのワサビも質が良い。非常に完成度が高い素晴らしい蕎麦でした。

出典: グルメ大家さんさんの口コミ

蕎麦は店主のこだわりから通常よりも麺は細いです。冷水で締められた秋蕎麦は風味がありとても喉越しのいい蕎麦でした。お蕎麦は9:1とのことです。また、うどんはやや濃いめの醤油ベースに柔らかくてコシのある麺がマッチして、食べやすく美味しかったです。

出典: a2929さんの口コミ

地酒と饂飩 たらいうどん椛や

3.59

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「地酒と饂飩 たらいうどん椛や」は、窓から茨城の大自然を眺めることができると評判の、レトロな古民家レストラン。

駅から少し離れ、JR常盤線内原駅から徒歩30分ほどの場所にありながら、行列ができることもある人気のうどん屋さんです。

茨城では、そばに並んでうどんも名物のひとつ。手打ちうどんは噛み応えがあり、のど越しも良く美味しいと評判です。冷たいほうが、麺の食感や風味が引き立っているとか。

メニューは、天ぷらがとにかく大きくコスパが良い「椛やセット」が人気です。

フランスの冷菓をアレンジした「お豆腐で造ったブラマンジェ」は、小豆抹茶、黒蜜きな粉、マンゴーソースがかかった和洋さまざまな豆腐スイーツです。

接客も評判が良く、いつも子供から大人まで、幅広い世代で賑わっているそう。

おすすめは断然椛やセット!ちなみに1,760円かと思ってたらデザート無しだと1,380円なんだって。たっぷりサイズのお豆腐・うどん(釜揚げかざる)・天ぷらがついたものなんだけど、いちいち量が多くて笑います。笑。

出典: のーぱん刑事さんの口コミ

それにしても、全体を通してこの椛やセットは凄いボリュームでした。周囲には食べきれずにパックに詰めて持ち帰っていく奥様方も数多く見受けられます。自分としてはお腹いっぱい食べれてとてもうれしかったんですがね。結論としては、味もボリュームも雰囲気も万事満足のいくお店でした。

出典: ジョン・ドゥさんの口コミ

異国料理の人気店

コジコジ

カレーEAST百名店2019選出店

3.66

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

実は異国料理店も多い茨城。「コジコジ」はスリランカ料理を振る舞う人気店です。店内は異国情緒漂う中にも、落ち着きがあるといいます。

国道123号線経由で、車で5分。水戸駅からは車で12分ほどの場所にある、茨城大学近くのお店です。

写真はお店の名物メニュー、「スリランカプレート」。

肉や魚のカレー、野菜のカレー、副菜が色鮮やかに盛り付けられた、見た目にも楽しめるプレートだそう。好きなように混ぜて食べましょう。

お店は日本人夫婦が営んでおり、日本らしい繊細な作りが特徴だといいます。食材の風味や食感を引き立て、本格的でありながら日本人向けの味付けに仕上げているそう。

タイ米はおかわり自由など、人情あふれる嬉しいサービスもあります。

・スリランカプレート
見た目に反して結構ガツンと辛さがあってご飯がすすんじゃいます。ご飯に比べておかずの量も多いですしね( *´艸`)お腹に余裕がある人は、ご飯はセルフサービスでおかわり出来るのでもりもり食べれちゃいます。

出典: *あんこ*さんの口コミ

全体を通して共通する点は、スリランカ料理離れした塩と油の使用量と言う点。極めて繊細であり、これは日本人らしいコントロールだと感じました。大阪のスリランカ人のスリランカ料理店とは異なります。また、野菜の火入れが良く、食感を立てている点も特徴。

出典: 辣油は飲み物さんの口コミ

バナナリーフ

3.57

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

JR常磐線荒川沖駅から徒歩20分の「バナナリーフ」。都内で開催されるスリランカフェスにも出店したことのある、人気のスリランカ料理店です。

スリランカ人シェフが作る、本格的なカレーや一品料理を楽しめます。

お店では、スリランカカレーの醍醐味、混ぜながら楽しむワンプレートスタイルのカレーや、バイキングを楽しめます。

肉のカレー1種、野菜のカレーが3種に、サラダやドリンクなどが付いた「バナナリーフセット」が定番人気。

「バナナリーフ」のカレーは、スパイスの使い方が絶妙なのだとか。

単品ではもちろんのこと、混ぜて食べたときのマッチング具合は、さすが本場の味と思わせる出来だそう。

皿に一緒盛りにするワンプレートスタイルがスリランカスタイル。サフランライスに、数種類のカレーを盛っていただきますが、これがビックリするほど美味い!!当たり前なんだけど、スパイスの使い方が素晴らしい。辛味も本場の辛さだから結構辛いんだけど、これが実に良い感じ。

出典: しみしの 7r744889さんの口コミ

食べる席も広く、カレーも日本人でも食べれるような味。スパイスもきいていて、久しぶりに美味しいカレー屋に出会えました。会計1200円。食べ放題だったので腹一杯食べれて 美味しい。大満足です。

出典: フジ(エフ)さんの口コミ

※本記事は、2020/03/26に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ