新潟はカレー県!老舗からカフェまで地元で高評価の店10選

出典: あずにゃん*さん

新潟はカレー県!老舗からカフェまで地元で高評価の店10選

古町など昔から交通の要所として栄えた新潟県。言わずと知れた米処でもあります。そんな新潟県はカレー消費量がトップクラス。最近では「カレー県」と呼ばれています。今回はそんな新潟で、カレー専門店、洋食店、そば店のカレー、カレーラーメンなど、様々なジャンルで人気のカレーをまとめました。

キーワード
ランチ
おしゃれ
デート
食べログまとめ編集部
名物
肉料理
テイクアウト

記事作成日:2020/02/14

38view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる915の口コミを参考にまとめました。

専門店のカレー

欧風カレー食堂 jizi ジジ

3.50

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

新潟駅より徒歩5分のとこにある、欧風カレーの専門店。新潟在住の食べログレビュアーから高評価を受けるお店なんだとか。

店内はカフェのような優しい雰囲気。カウンターとテーブル席合わせて13席の、こぢんまりとしたお店です。

こちらのカレーは、野菜の甘みを活かしたまろやかでコクのある味わいとのこと。

チキンやポテトなどの具材にも手間がかけられていて、カレーとの絡みを存分に楽しめると言います。

基本のチキンカレーの他、茄子とチーズのカレー、エビとホタテのカレーなど、いろんな組み合わせを楽しめます。

単品のトッピングメニューも充実。写真の「ふわとろオムレツ」は、特に人気のトッピングだそう。

カレーソースは別皿。円やかさを損なわないように、一度に全部かけないで食べる分を少しずつかけるのが良いそうです。辛さがダイレクトに来る感じじゃないです。玉ねぎの甘みと生クリーム感が強いマイルドなカレーですね。

出典: ラーメン・オタク・キングさんの口コミ

チキンは先に焼いて香ばしさを出してカレーと煮込んであるみたいだ。手間が掛かっている感じ。ポテトもカリカリ感が残っており美味だ。カレーに合う。

出典: sallo671さんの口コミ

VOVO

3.35

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

新潟市古町エリアの本町通り沿いにあるカレー屋さん「VOVO」。こちらのお店は、東京の中目黒と学芸大学にも出店している実力派です。

黄色い窓が目印。店内も明るくてかわいい雰囲気だそう。

こちらのカレーは、多彩なスパイス使いが特徴。個性的なスパイスの風味に虜になる人が多いのだとか。

一番人気は、スパイシーなビーフカレー。優しい味わいのやさいのカレーやバターチキンカレーとコンビにして楽しむ人が多いそうです。

カレーは単品で注文することもできますが、常連は「2コンビネーションカレー」が基本とのこと。

全く味わいの違う2種類のカレーを一皿で楽しめるなんて、贅沢ですね。

・やさいのカレー
フルーティーで甘さもあるけも、甘いだけじゃない。こっちも美味しい…。実は、ごはん残すつもりが余りの美味しさに、ペロリとたいらげてしまいましたー!!サラサラのルウに、パラパラの米の相性が良かった!

出典: メン女子さんの口コミ

・ビーフカレー
一口パクッといくと、一瞬普通に舌を転がるんですが、後から強めの辛味がやってきます。唐辛子だけではなくコショウでしょうか。刺激がかなりありますが、ただ辛いだけではなくてしっかりとスパイスがまとまっていて、辛い物好きはトリコになる本格的な味わい。

出典: JM@Fujitoraさんの口コミ

ミヤウチショウガカレー研究所

3.43

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

新潟県長岡市の宮内駅から徒歩で2分のところにある、その名も「ミヤウチショウガカレー研究所」。研究を重ねたこだわりカレーが食べられそうですね。

店内は写真屋をリノベーションしていてレトロだと、新潟のオシャレっ子にも人気なのだそう。

カレーメニューは「ショウガカレー」のみ。生姜やスパイスの辛味だけでなく、酸味や甘みも感じる豊かでバランスのいい味わいなのだとか。

スプーンで添えられたピクルスを、お好みで混ぜながら食べるそうです。

味の微調整にも対応してもらえるそうで、スパイスやクリームの量をお好みにできると言います。

がっつり食べたい人は、100円で大盛りに。また、テイクアウトもできるそうです。

ここのカレーはインドや欧風でもなく、ましてや家庭で食べる市販ルーの一般的なものとは全く異なるコクの効いた日本風オリジナルカレーである。来店前に気になっていた生姜については突出することなく、味のバランス(甘味・酸味・辛味・苦味・旨味)がとれたものだった。

出典: ウツワキチさんの口コミ

食べてみるとショウガというよりもトマトの酸味が際立ってなかなかの美味。辛さは思ったよりも…あっ!やっぱ辛い…。でも適度な辛さなので激辛ではございませんのでご安心を。ちなみに辛いのが苦手な方には生クリームを増してくれるみたいです。逆に辛さが物足りない方はスパイス増しもしてくれます。

出典: 旦那マンさんの口コミ

洋食店のカレー

クッキングフォレスト

3.48

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

越後石川駅から徒歩25分、新潟駅から車で約15分のところにある洋食店。豪快な盛り付けのメニューが多く、地元の食いしん坊に親しまれているそうです。

ランチのみの営業で、日曜が定休日とのこと。

人気メニューは「チーズハンバーグカレー」。思わず写真に収めたくなる見事な「カレー山」ですね。

じっくり煮込んだカレーはコクがあり、ジューシーなハンバーグとの相性は抜群だそう。

写真は「カツカレー」。揚げ物の定食もあるお店なので、丁寧に作られた美味しいカツがのっていると言います。「この肉質でこの価格は良心的」との声も。

その他、定食メニューが豊富で、“マンガ飯”のような大盛りご飯が好評とのこと。

DXチーズハンバーグカレー大盛りはでかいです!早速実食。ハンバーグは柔らかく、とろけたチーズもあいまっておいしさが増します。カレーもご飯も多く、美味しくて大満足でした。

出典: ノリチェンコさんの口コミ

柔らかくてジューシーなハンバーグで単品でも口の中に含みますと肉の旨味がすぐに広がりますが、カレーとチーズと一緒に食べますと更に旨味が凝縮されて桁違いの美味しさになりました。

出典: ウサギのミミーさんの口コミ

レストラン ナカタ

3.48

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

JR長岡駅から徒歩15分、長年地元で愛される洋食店です。「長岡でカレーと言えばここ」という常連さんも多数だそう。

昭和の風情が残るレトロな店内は、あたたかみのある雰囲気とのこと。

カレーのルーは、とろみの強いイギリス風の「ポークカレー」と、さらっとしたインド風の「チキンカレー」、写真の「牛すじカレー」、「キーマカレー」と種類が豊富。

ポークとチキンを両方楽しめる「2色カレー」も人気です。

こちらは「ビーフカツカレー」。ビーフカツとハンバーグのダブルトッピングをオーダーする常連さんも多いのだとか。

辛さは1倍から50倍まであり、その日の気分で選べるのも好評だそう。

カレーソースはチキンを選び、辛さは3倍。ご飯は普通盛りでオーダー。カレー容器が別ってのがいいですよねえ。キュウリのピクルスは苦手なんだけど、ここのは旨かった。ご飯にカレーをかけると、スッと沈む。コレコレ、このタイプを食べたかったのよ。3倍だと私にとっては適度な辛さ。

出典: くわもちじんぺいさんの口コミ

まずは一口。いいなあこの味。とにかく好きですねいいお味。カレーって感じ。辛さ10倍にしたので、食べ進んでいくと、やはり辛くなってきます。でも、美味しのでいけるいける。食べきった満足感が染み渡ります。ごちそうさまでした。

出典: のび犬さんの口コミ

Cafe Winds

3.53

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

長岡市寺泊野積の国道402号線沿いにある、カフェ・レストラン・宿が集まった施設の中にある「Cafe Winds」。

海沿いでとても気持ちのいい場所だそうです。ログハウス風の建物もいいですね。

海の近くらしく、魚介類のカレーが多いこちらのお店では、「シーフードカレー」が人気とのこと。魚介の出汁がカレーに溶け込んでいて、深い味わいなのだとか。

ルーは惜しみなくたっぷりかけてくれるのも、お客さんのうれしいポイントだそうです。

カレー以外にも、パスタやピザ、スキレット料理など、カフェらしいメニューがたくさんあります。

特におすすめなのが、新潟では珍しい本格的な「ダッチベイビー」。フチの焦げ目はカリッと香ばしく、中はモチモチの食感だそうです。

牡蠣のカレーは思いのほか多くの牡蠣が入っていて、仕上げの生クリームも相まって生臭さが無い牡蠣の旨味だけがきわ立ちますね。シーフードカレーはチョットピリ辛の磯の風味の美味しいカレーで中々満足ランチでしたら。

出典: ayaya855さんの口コミ

装飾の全体的な感じもログハウスの造りを生かした木のぬくもりに包まれた趣き。入口からテーブルにお手洗いに至るまで随所に雑貨屋やオブジェが飾られ、落ち着いた癒しの空間が広がっています。

出典: ガトー・クラシックさんの口コミ

インド料理店のカレー

ナタラジャ

3.50

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

JR越後線の寺尾駅から徒歩で約20分のところにあるインド料理レストラン。本格的な味わいでファンが多いお店だと言います。

店内は天井が高めで開放的な雰囲気だそう。

スパイス使いの多彩さに驚く食べログレビュアーが多数だとか。辛いだけじゃなく、甘味やコク、苦味など、味の広がりを堪能できるそうです。

オーソドックスなチキンカレーの他、キーマ、ほうれん草、季節の食材を取り入れた特別カレーなど種類が豊富。

ランチタイムには、本格的インドカレーがお得に食べられます。テイクアウトも可能とのこと。

タンドリーチキンやサモサなど、カレー以外の一品料理も充実。スパイシーなおつまみで一杯やるのもいいですね。

・ラムチョップカレー
ブラックペッパーの刺激が強めですが、辛いだけじゃなく色々なスパイスの香りが豊かに感じられます。圧力釜を使わずじっくりと煮て柔らかに仕上げているんだそうです。ウマイです。

出典: 黒ぽめあんこさんの口コミ

南インド風魚のカレーセットと、マトンカレーを単品で注文。半年ぶりのこちらのカレー。一口食べて、やっぱり凄い。今回のフィッシュ、マトン、共に変わらぬ絶妙っぷりで、それぞれまったく違うスパイスの香りが楽しめます。これ本当に凄いんです。一口食べて、凄い!んです。

出典: 僕1108さんの口コミ

プルニマ

3.45

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

新潟バイパス(国道8号)の女池インターまたは桜木インターから車で約5分、ネパール料理・インド料理のお店「プルニマ」です。

プルニマはヒンディー語で「満月」という意味だそう。

日本人の好みも考えられたカレーは、東南アジア料理に馴染みのない初心者でも食べやすい味だそうです。

スパイスを利かせつつ、甘味やコクも感じる味わいとのこと。

写真はランチセットの「ナスとチキンのカレー」。

大きなナンも「甘味のあって美味しい」と好評。追加料金で、チーズ・ポテトキーマ・ガーリックなど、さまざまな味のナンが楽しめるそうです。

写真は「チーズナン」と南アジアのクラッカー「パパド」。

・バターチキンカレー
バターのコクとほど良い辛さに、スプーンを持つ手が止まりません。無理だと思われた山盛りご飯をぺろりと平らげてしまいました。

出典: smilectionさんの口コミ

ナンはもちもちで、ほんのり甘い。いわゆるプレーンです。食べ応えあります。カレーはインド・ネパール料理の看板どおり、本格インドカレーです。具も大きくこれまたボリューミー。さらに嬉しかったのは、チキンティッカの味付けが絶妙で香辛料、塩加減がばっちりで美味しかったです♪

出典: こけこっきぃさんの口コミ

そば店のカレー

名物 万代そば

3.53

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

新潟駅から徒歩7分、新潟万代バスセンター内にある立食いそば店です。

「新潟県民のソウルフード」と言われるお店で、そば・うどんとともにカレーが有名とのこと。新潟の方には、“バスセンターのカレー”と呼ばれているそうです。

立食いですが、女性客もよく利用するお店なんだとか。

名物のカレーは、昭和世代にはたまらない、レトロな黄色いカレーです。見た目は懐かしい感じですが、味は意外にもスパイスとコクが効いていて絶品だそう。

大人気のカレーはレトルト商品化され、こちらのお店でも購入可能。新潟土産にもいいですね。

そば店なので、もちろんそばも美味しいそうです。半そばとミニカレーをセットで注文するのもおすすめ。

カレーそばやカレーうどんを楽しむ人も多いと言います。出汁とカレーが溶け合って、味が一層増すのだとか。

ここは昔から蕎麦よりもカレーが名物で、最近ではTVでも取り上げられる位に有名になってきた。って言うか学生時代にここで蕎麦を食べた記憶がない(笑)。という位にカレーが名物なのだ。

出典: まんぷく左衛門さんの口コミ

誰もが好む味というか、間違いないというのか。美味しい。それはもう当たり前なんだけど落ち着くっていう例えが当てはまるかな。にんまりしながらスプーンを続けざまにすくっては食べます。

出典: つらさんの口コミ

野菜天ぷらそばも味見してみたが、やはりココは立ち食い蕎麦屋と納得できる一杯。野菜中心の掻揚は数種類の野菜が入り、カラリとした揚げ具合。有料のトッピングと見間違うばかりの刻み海苔がデフォで乗り、お得感満載。

出典: 偽舌タケちゃんさんの口コミ

カレーラーメンが人気の店

バルム食堂

3.54

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

新潟市東区の越後石山駅から徒歩13分、ハンバーグ、カレー、ラーメンが食べられる食堂です。

店内は、白を基調としたさわやかな雰囲気。リラックスできて気軽に立ち寄れるお店とのことです。

お店の名物は「カリ〜ら〜麺」。18種類のスパイスを調合した自家製のカレー粉と、すりおろし野菜を煮込んだスープは、コクがあってクリーミーなのだとか。

麺は「東京浅草開化楼」の麺を使用しているそうです。

ご飯と食べるカレーもあり、「野菜と味玉のカレー」が平日ディナーのみオーダーできます。

もうひとつの名物は「ハンバーグ」。国産牛100%の手ごね製で、ミディアムレアで提供されるとのこと。熱した石で好みの焼き加減にして食べられるそうです。

スパイスもバシっと効いており、まろやかさもかもしだしていて美味しいです。辛さも普通・辛口・大辛から選べ、麺も細麺と太麺が選べます。ランチタイムはライスも無料なので、最後はスープカレーも楽しめます。今回初めてチーズトッピングをしましたが、メッチャあいますね。驚きです。おすすめです。

出典: うさこ☆彡さんの口コミ

雰囲気はちょっとオシャレな町の洋食屋さんという感じです。お昼は明るい感じだし、夜は間接照明があったりして落ち着いた感じで、デートにも良い感じ。客層はファミリー・カップル・老夫婦まで幅広い感じ。ただ土日のお昼時は結構混みます。

出典: seikoutouteiさんの口コミ

※本記事は、2020/02/14に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ