徳島ラーメンを食べよう。

出典: あっかん兵衛さん

徳島ラーメンを食べよう。

私が子供の頃は徳島ラーメンという言葉はなく、中華そばって言ってたはず。 その頃のスープは黄色っぽく、肉はチャーシューでした。 いのたにさんが1999年に新横浜ラーメン博物館に出店して一気に徳島ラーメンという名称が全国に広まりました。 じゃあそれまでの中華そばと徳島ラーメンってどう違うの?

記事作成日:2019/10/30

272view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の思う徳島ラーメンは
①肉は甘辛く炊いた豚バラ肉であること。
②スープの色はこげ茶、赤茶で醤油が前面に出たもの。
この2つですね。
生卵のイメージもありますが、地元民はあまり生卵をラーメンに入れません。

徳島でお勧めできる徳島ラーメンのお店を紹介します。

中華そば 春陽軒

1993年創業の有名店。ここが一番旨いという人も多いです。

王者-23

有名店の王王軒で修業された若い店主が作る徳島ラーメンは徳島一の濃厚さを誇る。

支那そば たかはし

入田の名店たかはしが津田町にて復活。半チャーハンのボリュームにはビックリ。

支那そば 王王軒 本店

藍住の有名店。お店の近くに行くとものすごい豚骨臭。好きな人にはたまらないですね^^

中華そば やまきょう

春陽軒で修業された店主の作る徳島ラーメンは雑味が少なくスッキリとしたスープが特徴。

いのたに 鳴門店

有名ないのたにさんののれん分け店。本店より徳島ラーメンぽいです。

支那そば 名東軒

ここも徳島の有名店。個人的には麺固めコール必須。

お多福軒

地蔵橋のお多福軒。あまり有名ではないけど個人的にストライク^^

ラーメン東大 応神店

東大応神店。チェーン店の東大からのれん分けされたお店で昔の東大の味をキープ。黒コショウの効いたメンマが特徴。

銀座一福 本店

老舗の銀座一福本店。徳島でラーメンにバラ肉を使いだした最初のお店と言われてます。

※本記事は、2019/10/30に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ