「何度でも通いたいカフェのこと」山梨県カフェまとめ

「何度でも通いたいカフェのこと」山梨県カフェまとめ

1週間は7日だけど、もしも特別に過ごせる8日目があったなら…。そんな空想と一緒に浮かんでくるのは、大好きなカフェのこと。イチオシの「何度でも通いたくなるカフェ」をご紹介します。

キーワード
ランチ
フレンチトースト
個室
テラス
ケーキ
インスタ映え
テイクアウト

記事作成日:2019/08/23

187view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だいすきな場所へだいすきなあのひとと・・・

参照:https://www.chusma.jp/books/chusma201907/HTML5/pc.html#/page/22

pamonirupuff+yamanecoya(パルモニルパフ ヤマネコヤ)

右:こだわり野菜たっぷり&ボリューム満点な無国籍料理:週末プレート¥1,100- (土・日12:00~限定)左:香ばしくてモチモチなバケットに、フレッシュ野菜と生ハムをサンドしたバケットサンドプレート¥880-

カフェ+美容室+雑貨 3つの個性と調和が両立する自由な空間。オーナーは「お店をやる場所じゃないかも」と笑うも、この地で8年。古民家をセルフリノベーションしたカフェ&美容院。素材にこだわった目にも美味しい料理やドリンクの他に、目移り必至のハンドメイド雑貨や帽子、器の販売も有り。お気に入りの1点モノに出会えるかも。

自家製シロップで作る桃ソーダ¥500-、ソルダムソーダ¥500-

桃ばたけをぐんぐん抜けた先…広々とした空間で、いつもより少しだけ「のんびり まったり おいしい」時間を。住み慣れた土地の新たな魅力に出会って。

cafe織水

仕込みにかかる時間は7〜8時間!売り切れ次第終了の織水カレー。

1907年から水の流れと人の行方を見てきた通称めがね橋のすぐ側に、2019年8月にグランドオープン。独自に研究を重ねて完成させたオリジナル スパイスチキンカレーは、繊細で驚くほどクセがない。

季節ごとに用いるフルーツが変わる自家製の酵素ドリンクはソーダで割って爽やかに

明治時代の落合水路橋も一望できる360度水の流れる世界

川沿いに淡水色の建物があり、「open」の木看板を見つけてここが目的地だと気付く。ガラス越しの景色に、思わず声が漏れる。「空間と窓越しからのロケーションをご堪能下さい」と店主。一年かけてリノベーションしたという建物とアートのように活かされた廃材が輝きを放つ。水と時間と人を紡ぐカフェ『織水』の物語は始まったばかり。今夏(2019年8月)のグランドオープン時に定休日の変更があるので、訪れるさいは公式instagramをチェック。

CISCO COFFEE

サンフランシスコで焙煎した豆を使用、ハンドドリップコーヒー各種¥480- / model:Saiyai

車のキー片手にラフに訪れてテイクアウトしたり、マグ傍らに手帳に書き込んでいたり。様々な国の言語が聞こえる『CISCO COFEE』には、多様な時間が流れている。「大好きなサンフランシスコで、サードウェーブコーヒーに衝撃を受けて」とオーナーの宮下さん。

お好みでフレーバーをチョイス

バターを使っていないので、大きいけれどさっぱり。ナッツの歯ごたえとクリームチーズの爽やかな甘みがクセになるハミングバードケーキ¥450-

“アメリカ西海岸”が香るコーヒーとケーキ、そして旅人の心地を満喫できる河口湖畔で穏やかな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

miu's cafe

アプリコットソーダ¥580-

「犬と一緒に訪れられるカフェ」として、関東圏で抜群の知名度と人気を誇る同店。アメリカンポップな店内は、照明に、椅子に、あちこち散りばめられたトイに…オーナー夫妻の「好き」が全開。「飽きないでもらいたいし、ゆっくりしていってもらいたい」と店主。料理はもちろん、雑誌、音楽、Tシャツ、ロケーションなど様々な角度から楽しめるのは、旅さながら!

定番人気のご飯メニューたち。食堂のフードメニューをイメージ / バジルライス¥920- / ロコモコ¥980- / ミウズライス¥920-

看板犬とカルチャーがお出迎え、ポップアートに元気をもらう!

gris tea&pastries(グリ ティーアンドペストリー)

大粒のダークチェリーがたっぷり。洋酒をつかった深い味わいのダークチェリーパイ ¥700-(税別)

やさしさ、おいしさ、うつくしさ。センスと笑顔と人柄に惹かれる。4月にオープンしたパイと雑貨のお店「gris」。グレーとホワイトで統一された洗練の空間で、河口湖を眺めながらずっしり重厚感のある手作りパイと軽やかなクロワッサンを味わいながらリラックスを。カウンター越しに見える調理器具も、店内にならぶお手製のテーブルも、どのアングルを眺めても絵になる同店。オーナーのセンスと愛を随所で感じて。

カフェインフリーの鮮やかなフルーツティ香りの庭 ¥550-(税別)

オーナーがセレクトした可愛らしい雑貨が並ぶ

cafe cotogoto

右:オレンジのタルト(8月上旬まで)左:シャインマスカットのタルト(8月上旬より開始予定)

かわいいと美味しいが揃った『cafe cotogto』。安心安全の食材を用いたフード&ドリンクは、女の子を笑顔にしてくれる。夏のオススメは、オレンジ風味のサワークリームを用いた甘さ控えめのタルト!

シャインマスカットモヒート ¥1,100-(8月上旬より開始予定)

爽やかなミントソーダにフレッシュなシャインマスカットを粒ごと使用した果実を味わう贅沢なドリンク。

CAFE LA PAIX(カフェラペ)

ブルーベリーバナナ生クリームフレンチ ¥1,050-

やわらかなオレンジの照明や風合いのある白い壁、インテリアから温もりを感じられる店内。卵、牛乳、砂糖のバランスが絶妙な「アパレイユ」を染み込ませたバケットのフレンチトーストは五感がときめく一品。

季節の生フルーツソーダ ¥550-

Carpe diem(カルペディエム)

右:いちごクリームクレープ ¥550-、左:夏季限定チョコミントクレープ ¥550-

注文を受けてから焼き上げるという生地のもちもち感と季節を感じさせるフレーバーが『Carpe diem』の特長。「心に笑顔を届けたい」をコンセプトに、仲良夫婦でお店を営んでいる。

奥:エディブルフラワーウォーター ¥300-

栄養価が高く美容にも効果的な食べられるお花入りのすっきりとしたフレーバーウォーターはこの夏のおすすめ。

FLOWERBARN lesmyrte(フラワーバーン レミルト)

左:まるで宝石箱のような見た目にも可愛いハーブティーに合う焼き菓子 / 右:国産有機栽培の良質なハーブのみを使用したハーブティー

花とハーブに囲まれた小さな小屋に“ひとめぼれ”。2回目の夏を迎える『FLOWERBARN lesmyrte』は、気取らないハーブとの向き合い方の発信地。今夏のオープンは5回。富士吉田市の自社農園で生産される良質なハーブで作るオリジナルティーも味わえる、ハーブにまつわるワークショップを開催予定。カジュアルで新しい、ハーブの生かし方を体感して。アイテムはオンラインでも販売中♪

品質の良いアロマオイルを使って作るチンキやバームの作り方も学べる

今夏のオープン日:7/14、8/3、12、31、9/29。※9/29にはワークショップを開催。不定期営業のため、HPやインスタグラムで最新情報を要チェック!

かげろう珈琲

木のぬくもりを感じる店内で飲むコーヒーの美味しさは、格別。もちろんテイクアウトも可。

一杯のコーヒーから始まる関係、知識と地域性を生かした店づくり。環境保護団体で活動したあと「地元の生態系調査と保護を」とUターン。もともと好きだったというコーヒーを学び、今年2月に自家焙煎珈琲の店をオープン。

「豆の個性がかぶらないように」とこだわって仕入れているシンプルで美味いコーヒーに会話もはずむ。

豆は常時10種。季節ごとの限定ブレンドも用意。夏は、ブラジル・コロンビア・パプアニューギニアの豆をミックスした「アイスブレンド」がおすすめ。コーヒーが苦手な人も飲めるすっきりとした口当たりだ。

月に数回、ハンドドリップや自然にまつわるワークショップを開催中

toe BAR & RESTAURANT

左奥:熱帯夜にぴったりの一杯。モヒート¥550- / 左:フィッシュ&ポテト¥700- / 右:

ゆらゆらゆらぐ、熱い夜、旅人と町人が交錯するカフェ。「toe bar&restaurant」には、夕方から夜が深くなるまで様々な国の言語のおしゃべりが飛び交う。深い味わいのコーヒーやデザートのほか、アルコールに合うフードメニューも充実。前菜からデザートまで一人一皿ずつサーブされるコースも人気。建物の趣と料理の味に圧倒されて。写真の季節のフルーツを使用したフルーツサラダはメニューには載っていない夏のイチオシ!内容についてはスタッフに確認を。

岩塩と一緒に味わうガトーショコラ¥400- / 本格的なラテまで楽しめる

Café まるげ

「冷やして美味しい赤ワイン」や「夏に飲みやすい白ワイン」などワインメニューも豊富

美味しいだけじゃ終わらない、遊びゴコロにくすぐられて。人が店を育てたり、店が人と人との関係を育んだり……。「スタッフやお客さんと作ってきた店」と聞かせてくれる店主。築100年を超える和風建築にデザイナーズチェアが存在感を放ち、薄明かりの照明も合間ってどこかロマンチックで艶めいた雰囲気の同店。美味しい食事はもちろん、本格的なカクテルにもトライを!「行ってみたいお店がある」の切り札は、ココで決まり。

ルッコラのソースで味わう仔牛のグリル ¥864-

キューバ・ミント(イエルバ・ブエナ)を使った本格的モヒート!ヘミングウェイが愛した味で夏の夜を彩って¥648-

特別な夜に利用したいヒミツの個室 もあり!※季節によりクローズになるため予約必須

※本記事は、2019/08/23に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ