「おすすめの昭和居酒屋」 北千住ならこの5店!

「おすすめの昭和居酒屋」 北千住ならこの5店!

このところ後継者不足による閉店が相次ぐ昭和居酒屋ですが、 昭和を感じさせる居酒屋を駅ごとにまとめました。 中には平成創業の店や食堂もあるかも知れませんが大目に見てね。

キーワード
お一人様
おすすめ
お酒
名物

更新日:2015/01/08 (2014/12/30作成)

12851view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北千住

千住という街は古くは宿場町として栄え
1689年には松尾芭蕉が奥の細道へ旅だった地として知られます。

落語の演目の「もう半分」は居酒屋が舞台ですが、
千住大橋付近の居酒屋という設定だとか・・

大はし

大はし - 肉とうふ

1877年に肉屋として創業、
戦後に牛肉の切れ端で作る煮込みが評判となり
居酒屋を始めたとか・・・
かつては千住大橋のそばに店舗があったところから店名がついた、
老築化のため平成15年に店舗は改装されている。
東京三大煮込みの店としても有名。

千住の永見

千住の永見 - 千住揚げ

創業は昭和初期、元は酒屋だった「千住の永見」
店名の永見とは店主の名前から。
店で見られる親爺のイラストに書かれているのは先代の店主。
店の名物、揚げたての「千寿揚げ」が美味しい。

酒屋の酒場

酒屋の酒場 - シメ鯖

魚系料理のCPが高いお店。
料理のボリュームがあるのでグループ利用がお勧めですが、
2時間制なのでのんびり話しているとあっという間です、気をつけましょう。
昭和32年創業。

徳多和良

徳多和良 - 赤なまこ酢

魚系が旨い立ち飲み店、
こちらはお一人様向けの量なので、
一人でも色々な料理を楽しむことが出来ます。
人気店のためか1時間制と立ち飲みフロアが狭いのが難。

天七 本店

天七 本店 - ニンニク

店主が関西で修行して開業した立ち飲み串揚げ店
関西スタイルの串揚げを東京の下町で味わえます。
灰皿がなく床に投げ捨てるスタイル・・・
もしかして修行したのは梅田の「松葉」なんでしょうか??

【その他にもこんな店】藤や

藤や - 串煮込み

ちょっと箱が小さいので次点にさせてもらいました、
常連さんが多いですが、初めての客にも優しいお店。
牛モツの串を鍋で煮込むスタイルです。

※本記事は、2015/01/08に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ