修学旅行生にオススメの横浜中華街8選

出典: miyach23さん

修学旅行生にオススメの横浜中華街8選

4月から6月にかけて横浜は、全国から修学旅行生がやって来ます。お昼はやはり、中華街でしょう。横浜中華街にある中華料理店は数百店。一見さんにはどこがいいかわかりません。修学旅行生の記憶に残るお店をご紹介します。

キーワード
ランチ

記事作成日:2018/06/17

1687view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポイントは「リーズナブル」で「記憶に残る」

 4月から6月にかけて横浜は、全国から修学旅行生がやって来ます。
 横浜で見るところは色々とあるでしょうが、お昼はやはり、中華街でしょう(笑)

 一見さんは、知らないと「食べ放題」や「看板が目立つ」お店に入ってしまいがちですが、そういうお店は玉石混交。「なんだこんなもんか」という残念な思い出になりかねません。
 そこで、修学旅行生の記憶に残るお店をご紹介します。ポイントは「リーズナブル」で「記憶に残る」。

9c385e8a5bd299aa30d63ce41a104927

横浜中華街 梅蘭 新館

Clear

 まずは、有名店から。
 広東料理の梅蘭です。色んなところに支店があるので、結構知っている人が多いかもしれません。横浜中華街でも何店舗もあります。

 あえてそこじゃなくてもと言われるかもしれませんが、食べたことがなければなかなか驚きであろう、あの梅蘭焼きそば。是非食べていただきたい。見たことのない焼きそばがそこにあります。

 本店で食べてみるという楽しみ方もありますね。

オススメは梅蘭焼きそば

重慶飯店 横浜中華街 新館1F

Clear

 次も老舗。横浜中華街でも随一の老舗、重慶飯店の新館です。
 ローズホテルという重慶飯店直営ホテルのレストランです。

 ホテルレストランな雰囲気の中、ほどほどのお値段で食べられます。
 本格四川料理を食べたことがなければ、衝撃を受けるでしょう。
 勿論、辛くないメニューもたくさんあるので、みんなで食べられます。

中華街のホテルランチ

京華樓

Clear

 続けて四川料理の名店、京華楼です。

 ここでは横浜中華街でも12を争う旨くて辛い麻婆豆腐が食べられます。
 辛いものが苦手な人にはお勧めしませんが、ここの麻婆豆腐は本当に旨い。

 他には、刀削麺も有名です。ランチでも食べられるので、チャレンジして欲しい。

中華街随一の四川麻婆豆腐

中華第一家 杜記

Clear

 四川料理が3連発で申し訳ないです。
 こちらはそれほど古いお店ではないですが、中国人が食べに来る、比較的現地に近い料理が食べられるお店。
 何となく、中国の屋台にいる錯覚に襲われます。店内は、スパイスの香りでいっぱい(笑)

 特に、四川風白身魚の煮込みを食べていただきたい。
 これも辛いのが苦手だと厳しいけれど、間違いなく旨い。オススメです。

 ちょっとお店が狭いので、人数が多いと厳しいかな。

本場の雰囲気

翡翠楼

Clear

 ここからは、見た目のインパクトで攻めてみましょう。
 広東料理の老舗、翡翠楼です。

 ここではなんと言っても、炒飯。翡翠炒飯を食べていただきたい。
 なんだこれはという翡翠色の炒飯は、見た目のインパクトもさることながら、お味の方も旨いです。
 海鮮あんかけになっていて、結構お腹にも溜まります。みんなでシェア。

驚異の翡翠色の炒飯

景珍樓 新館 大通り店

Clear

 広東料理の老舗で、中華街の外にも店舗を構えていますね。

 こちらも色シリーズ。ここでは黒炒飯がオススメ。
 本当に真っ黒な炒飯は、これまた凄いインパクト。見た目に反して、味はそんなに濃くはないです。
 パラパラでコクがあって食べ応えがある。そんな炒飯。

XO醤の黒い炒飯

中華料理 龍鳳酒家

Clear

 こちらも広東料理の老舗。

 広東式パイコー飯で有名ですが、今回オススメしたいのは、金曜日限定のカレー。
 修学旅行で金曜日ってないのかなあ。でも、もし金曜日であれば、ここのカレーはオススメです。
 中華街まで来てカレーかよと思われるかもしれませんが、中華スープで作るカレーはひと味違いますよ。
 キングサイズまで大盛り無料。

金曜限定の中華カレー

牡丹園

Clear

 最後は、インパクト勝負ではなく、みんなで食べるのにオススメのお店。
 広東料理のお店で、横浜ベイスターズの選手が通うことでも有名なお店です。

 ここで有名なのは牛バラですが、ランチメニューはどれも大皿で提供されるので、みんなでシェアして食べるのに最適。
 それぞれ違うメニューを注文して、分け合って食べる感じ。オススメです。

 以上、修学旅行生にオススメの中華街のお店でした。

大皿料理をみんなでとりわけ

※本記事は、2018/06/17に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ