徳島で日本料理をきちんと味わえる3店

徳島で日本料理をきちんと味わえる3店

徳島において,京都の日本料理店のような季節感も含めてきちんとした料理を味わえる店は少ないのですが,そのなかでも選りすぐった3店を紹介します。

更新日:2015/03/07 (2014/12/27作成)

6499view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虎屋 壺中庵

店主の岩本光治さんは吉兆の亡湯木貞一さんの薫陶を受けており,未在の石原さんとともに吉兆京都嵐山本店にいらっしゃたかたです。
車海老の真丈(しんじょ)はフワフワとしており、こういう素晴らしいしんじょは初めてです。箸を入れるとお椀の中で溶けていく絶品でした。真丈(しんじょ)の出汁など、塩味に関しては、塩分の使い方が、美味しいのと味が無いと感じる感覚が、ギリギリの境と言いますか、店主が食材本来の味を引き出すためにここまで薄味にした理由が伝わってくるだけに、文句のつけようがないものです。その一品、一品の料理の出し方と合わせかた、全体の料理の出す流れがとても考え尽くされています。
ただ,ブランド高級食材や接客や調度品などを求める方には合わないと思います。

東條

Clear

店主 東條裕之さんは吉兆京都嵐山店など京都吉兆系の5店舗を経験され,富田町の しまだ で料理長をされていたかたです。特にお気に入りで食べてみたい割烹はどこでしょうか?季節感があり美味しい日本料理の店はどこですか?と尋ねられたら 迷わず日本料理 富田町 東條さんをオススメしたいと思います。

素材の固体差を見抜く力量、素材の合わせかたの巧さ、きれいで高級感のある器、凛とした雰囲気がいいですね。

夏見

Clear

昔,徳島市鷹匠町にあった青柳・婆沙羅が絶頂期の頃、東京の虎ノ門青柳や溜池山王に婆沙羅を進出するときに、小山さんが一番任せたい料理人が夏見さんだったのですが、夏見さんは店を持ちたいということで独立をされました。
都会の有名店みたいに,盛りつけ方等の演出に派手さはありませんが、1品1品が丁寧な心のこもったお料理であり,ごはんや漬物まで手抜きは無く,味の加減もぴったりだと感じます。

※本記事は、2015/03/07に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ