大阪の絶品メガハンバーグ店

出典: 解答ルパンさん

大阪の絶品メガハンバーグ店

食欲をそそる溢れ出る肉汁!大阪の絶品メガハンバーグ店を厳選。従来の評価を完全に無視しゼロベースで大阪のハンバーグ店を食べまくって得た結果の集大成。肉汁チェックの写真も掲載。これを読めばあなたもきっと好みの店が見つかる。写真はダイニングレシピの400gハンバーグ。2017年5月25日改訂。

キーワード
食べ歩き
肉料理
駅前・駅近

更新日:2017/05/25 (2017/05/19作成)

1901view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンバーグはサイズ、肉汁、ミンチ感が大切。

ハンバーグは店にとってはこま切れ肉を有効活用できる、客にとっては比較的安価に肉を食べることが出来、嫌いな人があまりいないと店、客双方にとってウィンウィンの関係の食べ物。しかしこれまでのまとめでは有名洋食店やチェーン店の羅列が多く、ちゃんとしたまとめは少ない。そこで今回神の舌を持つと有名料理人から恐れられている(笑)私が、ゼロベースで大阪中のハンバーグ有名店を食べ歩きまくり評価した。

客観的な基準で評価するために今回はメガハンバーグ中心に評価した。①美味しさ、②ボリューム、③肉汁、④ミンチ感、⑤付け合せの美味しさの5点満点で評価し、4点以上をまとめに掲載した。今回食べ歩いて解ったことは、肉汁が少なくても美味しいハンバーグがあるという事。ハンバーグの肉汁は牛脂、豚肉の割合、ハンバーグの種の練込具合、などにも左右される。

1ポンドハンバーグと言ってもハンバーグダブルでそれを達成している店もあるが、美味しければそれも採用した。どのメガてん店も小さ目の普通のハンバーグも当然用意しているのでこのまとめを参考にすればきっとあなたに合ったハンバーグ店が見つかると思う。 

中寺2丁目ハンバーグ さんたべ

地下鉄谷町線谷町九丁目駅から北北西に行ったところにあるさんたべ。基本のハンバーグは150gだが、最大225g×2まで選べる。ハンバーグは美味しいだけでなく、肉汁たっぷりで、ミンチ感もある。付け合せのポテトサラダ、ナポリタンも美味しい。詳細はhttps://tabelog.com/rvwr/000898221/rvwdtl/B265932900/

四ツ橋カフェ

オリックス劇場の近くにあるカフェ。フードメニューはハンバーグのみ。サイズは最大200g×2まで選べる。佐賀県の伊万里牛のA5ランクを用いて作ったハンバーグは味がいいだけで無く、肉汁たっぷりでミンチ感もある。サイドメニューやドリンクも一切手抜き無し。詳細はhttps://tabelog.com/rvwr/000898221/rvwdtl/B266782966/

BOSTON 昭和町本店

地下鉄御堂筋線昭和町駅出口すぐのところにある人気ハンバーグ専門店。店内はクラシックアメリカン風。ハンバーグは最大300gまで選べる。ハンバーグは美味しいが肉汁はやや少なめ。ミンチ感はある。付けあわせも美味しい。詳細はhttps://tabelog.com/rvwr/000898221/rvwdtl/B268160454/

カフェ・ラルーン・ド・エスト

JR関西本線加美駅から徒歩5分ほど西にいった道路沿いにあるカフェ ラルーン ド エスト。名前はモダンだが外観は喫茶店風。ハンバーグは200g×2の量で味噌汁、サラダ、大盛り御飯付きで980円は驚異のコスパ。ミンチ感がすごくある硬めのハンバーグだがそれなりの肉汁は出ている。詳細はhttps://tabelog.com/rvwr/000898221/rvwdtl/B268729401/

ロマン亭 心斎橋店

心斎橋北商店街にある熟成肉を提供するステーキ店。ここでは1ポンドのハンバーグをステーキを焼く鉄板で丁寧に焼き蒸しあげた後、炭火で炭の香りを付けて提供。ワサビや岩塩でハンバーグを味わった後、デミグラスソースを付けてオン・ザ・ライス。肉汁はそれなりだがミンチ感はかなりある。詳細はhttps://tabelog.com/rvwr/000898221/rvwdtl/B268875215/

グリル太平

近鉄今里駅を南へ。今里新地というかなりディープな場所にある。ミシェランビブグルマン店。店の奥にある特別室には2000本の希少ワインが貯蔵。ハンバーグの大きさは330g。挽肉と玉ねぎを卵白でコーティングして焼く。肉汁はそれなりだが、ミンチ感はあり、さらさらのデミグラスソースと共にオン・ザ・ライスすると至福の時が待っている。詳細はhttps://tabelog.com/osaka/A2701/A270306/27001081/dtlrvwlst/B269033696/?lid=unpickup_review

ダイニングレシピ

地下鉄千日前線北巽駅近くにある知る人ぞ知る洋食店。店主はフランスのミシェラン3つ星レストラン、ジョルジュ・ブランで修業。時間のある時に作ってくれる400gのメガハンバーグはラッキョウを使った甘めのソースと合う。ナイフで切ると溢れ出る肉汁。ミンチ感もありパーフェクトな美味しさ。詳細はhttps://tabelog.com/rvwr/000898221/rvwdtl/B269289403/

フジヤ

松屋町筋から1本東の道沿いにある洋食店ふじや。店主の藤原氏は3代目で大阪洋食界の重鎮。ハンバーグはタマネギの輪切りをセルクル代わりにした目玉焼きが上に載っており美しいビジュアル。肉汁たっぷりでミンチ感もあり美味。1個200gだが頼めばダブルで作ってもらえる。詳細はhttps://tabelog.com/rvwr/000898221/rvwdtl/B269752480/

さん源

地下鉄長堀橋駅から1ブロック北西に行った所にある高級洋食店。夜は6人体制で営業。店内はゴージャスだがカトラリーはシンプル。黒毛和牛と豚肉を7対3の割合で使用してじっくりと火入れしたハンバーグは肉汁たっぷりでしかもミンチ感もあり美味しい。詳細はhttps://tabelog.com/rvwr/000898221/rvwdtl/B269940864/

Revo 新町店

地下鉄西大橋駅近くにあるRevo。黒毛和牛を使う洋食店。岸里にある本店から数えて3店舗目だ。店内は男性2人で営業。鉄板でじっくり焼かれた黒毛和牛のダブルハンバーグ360gは分厚く肉汁たっぷりでミンチ感も申し分ない。詳細はhttps://tabelog.com/rvwr/000898221/rvwdtl/B270149075/

メガハンバーグでお腹も心も満たそう!

※本記事は、2017/05/25に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ