早稲田でランチするならココ!おすすめの人気店11選

出典: ぴーたんたんさん

早稲田でランチするならココ!おすすめの人気店11選

早稲田といえば早稲田大学をはじめ、高校や受験予備校も近隣にあるので、早稲田駅周辺は学生でにぎやか。ランチスポットも学生の街ならではの、安くて美味しいコスパ抜群のお店がズラリ。中華、ビストロ、食堂など、ひとりでも友達とでも楽しく食事ができるお店を紹介します。

キーワード
ランチ
塩ラーメン
醤油ラーメン
おしゃれ
人気
食べログまとめ編集部
名物
肉料理

更新日:2019/09/19 (2017/04/26作成)

18789view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる1471の口コミを参考にまとめました。

多彩な味が楽しめる早稲田のランチ

学生街としてにぎわう早稲田エリアには、数多くの飲食店が立ち並びます。学生向けのリーズナブルなお店から、老舗の人気店まで、ジャンルもさまざま。若者はもちろん、どの世代でも思わず入ってみたくなるお店が揃い踏みですよ。まずはランチを味わいに行ってみては?

【ラーメン】自家製中華そば としおか

ラーメンTOKYO百名店2019選出店

3.88

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

地下鉄早稲田駅より徒歩6分、ランチタイムのみ営業のラーメン店【自家製中華そば としおか】。

店主は、今は閉店した高田馬場のつけ麺の有名店「べんてん」で修行したのだそうです。

白い暖簾をかけたシンプルな外観。味で勝負する自信が感じられますね。

「つけめん」のつけ汁は、ややサラリとしているけれど、香り・コク・塩味が効いているとのこと。

自家製麺はモチモチとした弾力で、つけ麺にぴったりだそうです。

麺の量は、基本の並盛は250g、中盛(350g)までが無料。大盛り(650g)も追加200円で味わえますよ。

メニューはつけ麺の他、ラーメン、塩ラーメンもあります。

数量限定の「新・塩ラーメン」は、最後にかけられる焦がし油のオイリー感が合わさって、塩ベースだが濃厚な味わいだそう。

豚・鶏・魚介などの豊かな香りが口いっぱいに広がるとのことです。

つけ汁はドロリと濃厚では無くシャバ目で、節の風味が香ります。麺、つけ汁ともに久々に食べて真っ先に思ったのが、「ああ、高田馬場時代のべんてんだ」。醤油の立ち方からスープ割りまで、まさに高田馬場を思い出します。

出典: デイルス・マイビスさんの口コミ

最後に掛けられる焦がし油のオイリー感も合わさって、かなり濃厚に感じます。それであっても、スッキリとさせてくれる刻み生姜の効果が発揮されます。重厚感がありつつ、最後まで美味しくいただける丁寧さを感じるそんなスープです。

出典: 黄金のマスクさんの口コミ

【ラーメン】ラーメン巌哲

ラーメンTOKYO百名店2019選出店

3.83

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

大阪の名店・麺哲出身の店主が作り上げる、個性派メニューの店として知られる【ラーメン巌哲】。「食べログ ラーメン 百名店 TOKYO」選出店です。

場所は、都電早稲田駅から徒歩2分、東京メトロ東西線「早稲田」駅から徒歩10分のところにあります。

すっきりとした透明なスープの「醤油ラーメン」は、「麺哲のDNAを感じる」というラーメン通も多数。

大きなチャーシューが2枚のった「肉醤油」も人気です。

看板メニューは「鮪塩」。しっとりとした食感と繊細な味付けの鮪チャーシューが絶品とのこと。

ランチタイムからガッツリ食べたい方は、「ラーメン+丼」もおすすめ。

「豚マヨ丼」は、細かく切ったたっぷりのチャーシューとマヨネーズ・九条ネギがのった、食欲をそそるメニューなのだとか。

ラーメンと交互にかき込めば、無限に箸が進みそうですね。

何より美味しかったのが鮪チャーシュー?!めっちゃしっとりしてて味付けは薄めなんだけどなんでこんな美味しいんだ?!

出典: ななぞぅさんの口コミ

微塵切りにしたチャーシューに程良い量のマヨネーズが食を進めます。九条葱に出汁醤油をまぶしているようにも思え、芸の細かさが魅力です。ラーメンの方も同様ですが、具材のカッティングを意識されている点は凄いと感じました。

出典: 辣油は飲み物さんの口コミ

【スープカレー】東京らっきょブラザーズ

3.64

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

【東京らっきょブラザーズ】は、東京メトロ東西線早稲田駅から徒歩1分という、抜群のロケーションを誇る人気スープカレー店です。

鶏がらと豚骨、野菜でだしをとったスープは、無添加のやさしい味とのこと。

平日のランチタイムは、ライスの大盛りもお替りも無料というからびっくりですね。

野菜たっぷり、ボリューム満点のスープカレー。本店は本場札幌のお店とのこと。

パイ包みのカレーと普通のスープカレーのセットになった、ハーフ&ハーフも選べます。

早稲田で広く知られるスープカレー店です♪ランチでぜひ行ってみたいですね。

カレールーには、野菜がたっぷり。南瓜、ブロッコリー、茄子、蓮根、人参、おくら、じゃが芋等々。どれも大振りのカットで食べ応えがあります。それぞれの野菜に合う下ごしらえがされていて、丁寧な仕事がうかがえます。

出典: りょんこさんの口コミ

1人で行ったのですが、ハーフ&ハーフにできるセットがあったのでそちらで2種類のスープカレーを。なぜかご飯に海苔が乗ってて不思議だなーと思ったのですが、スパイスの香りと海苔の香りが意外と合ってたりして不思議だったな。

出典: ちぇりさんの口コミ

【カレー】ダルシムカリー

3.62

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

個性的なインドカレーがリーズナブルに味わえると人気の【ダルシムカリー】。

お店の外観から不思議な雰囲気が漂い、どんなカレーが食べられるのか、お店に入る前からワクワクしてきそうですね。

都電早稲田駅から徒歩2分、地下鉄早稲田駅からは9分です。

カレーは様々なトッピングのバリエーションのほか、辛さやライスの量も選べます。より自分好みのカレーが味わえそうですね。

おすすめは「鶏豚ミックスカリー」。鶏と豚を一緒に食べられる、お得感のあるカレーです。心地良いスパイスの刺激がたまらないそう。

せっかく【ダルシムカリー】に来たら、ぜひトッピングを楽しみたいですね。

チーズ、パクチーなど単品のほかに、ジャンク、イタリアンなど数種類の具材を合わせたトッピングセットも人気。

職場や学校が近い方は、ランチで通っても色々なカレーを味わえそうです。

まずは焼いた豚バラをいただくが、これがGOOD。そして鶏もGOOD。カレーも適度にインド系スパイシーでターメリックライスと相性が抜群。パクチーも一緒に混ぜて食べると更に美味しくなる。また大好きなカレーのお店が出来てしまいました。

出典: Tokyo Rocksさんの口コミ

黄色いターメリックライスと、コイツら全てを銀河のように混ぜ合わせ最後の一口までおいしく完食でした。久しぶりのダルシムのカレー。しあーせー。

出典: 厚木あんちちさんの口コミ

【ラーメン】メルシー

3.58

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

昔ながらの雰囲気ただよう、学食並に安いと早稲田で有名なラーメン店がこちらの【メルシー】。

早稲田近辺の学生のみならず、サラリーマンにも絶大な人気を誇るあっさりラーメンを筆頭に、チャーハンや、オムライスもおすすめとのことです。

400円の「ラーメン」に20円でもやしをトッピングすると「もやしラーメン」に。

スープは煮干しが効いた濃いめの味で、トッピングのコーンの甘みとの相性が抜群なのだとか。

ボリュームが控えめなので、「チャーハン」とのセットもおすすめ。両方注文しても千円以内で済むのがすごいですね。

玉子が冷やし中華のように、短冊状にトッピングされた「チャーハン」は490円。

パラリと仕上がっていて、この値段でこの味が食べられるとは、と称賛の口コミが多数投稿されていました。

飽きないシンプルなラーメンは素晴らしいです。誰もが満足しているでしょう。値段が安いだけでは、こんな人気店にはならないです。いつもながら、感心します。ご馳走様です。

出典: satotsujiさんの口コミ

昔ながらの中華そばのスープのベクトル。鶏ガラ等の動物系に煮干しをブレンドしているとの印象。表面は脂がありけっこうオイリー。時代の中での変化しているのだろうと感じる。特に煮干しの香りが印象的。

出典: ForestSpringWaterさんの口コミ

【フレンチ】モンテ

3.53

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

ボリュームにも味にも定評のある、フレンチ・ビストロが【モンテ】です。

おしゃれな雰囲気に癒されそう!素敵なランチタイムを過ごせそうですね。

前菜とメインからなる、ランチメニューは1,100円からで前菜・メイン共に4種類から選べます。

写真は、メインかと思うほどのボリュームがある前菜。

メインは魚料理または肉料理から選べます。人気は豚バラ肉の赤ワイン煮込みだそう。

デザートも絶賛の声が多数。追加525円で、飲み物とデザートのセットも追加できますよ。

デザート、ドリンク共に数種類用意されています。この値段でこれだけのカスタマイズ自由なランチが味わえるのは、かなりお得ですね!

料理は前菜だけでもメインと思えるくらいのボリュームでした。今回頼んだテリーヌはしっかりめの味付けでお肉、スパイスそれぞれがうまく調和されていて美味しく頂きました。

出典: Czescさんの口コミ

メインの豚のハンバーグも、しっかりとした肉の旨みと軽めのソースのハーモニーが良い具合である。中にプルーンが入っていたのも面白い。素晴らしいコスパのビストロランチ。早稲田の学生に人気があるのも頷ける。

出典: 華麗なる一族さんの口コミ

【カレーライス】ヤミツキカリー 早稲田店 (YAMITUKIカリー)

3.52

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

都電荒川線・面影橋駅から徒歩5分、東京メトロ早稲田からは13分。スプーン印のポップな黄色い看板が目印の【ヤミツキカリー 早稲田店】。

ランチタイムのみの営業ですが、15時45分までとランチとしては長めです。

一番人気は「完熟トマトとほうれん草のチーズカリー」。まろやかなコクの中に、トマトの甘みと酸味が効いているそう。

また、トッピングが種類豊富で、「ニョキニョキ竹の子」や「嫁に食わすなナス」など思わずほっこりするネーミング。辛さも5段階から選べます。

お得なランチセットは、3種類のカレーからセレクト。ライスとサラダが付いて730円と、リーズナブルです。

写真は、「具だくさんチキンカリー」。竹の子やジャガイモがゴロゴロ入って、食べ応えのあるカレーだそう。

完熟トマトの甘味と酸味、チーズのまろやかさとコクがあわさったカレー。辛さは控えめで、スパイスもそこそこ。ココナッツミルクが入っているので、非常にまろやかでした。インパクトはあまりないものの、食べやすく人気が出るだろうな〜と思わせる味でした。

出典: ラーメソマンさんの口コミ

ココナッツミルクの効いたソースはコクがあり、辛さは穏やかながら各種スパイスがしっかりと嗅覚を刺激し、タイのグリーンカレーを食べやすくした様な味わいが楽しめます。

出典: ハシ・キクさんの口コミ

【食堂】キッチン ミキ

3.47

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

「さすが学生の街にある食堂」という感じのレトロな外観。【キッチン ミキ】は、リーズナブルなランチが食べられると評判の食堂です。

場所は、都電荒川線・早稲田駅から徒歩4分、地下鉄早稲田駅から8分ほど。

チキンカツ・メンチカツ・カレーなどの盛り合わせ「ミキランチ」は、なんと500円。

揚げ物やケチャップ・マヨネーズなど、若者が大好きな味が詰まっています。

「このボリュームでこの値段はありえない!」と、学生たちに大好評なのだとか。

濃厚なデミグラスソースがかかっていて、肉の旨味がギュッと詰まっているという「ハンバーグ」も人気。

さらにコクをプラスしたい常連さんは、「チーズハンバーグ」をオーダーするのだとか。学生街の食堂らしい、ほっとする味わいとのことです。

早稲田大学生なら、絶対知ってる!というキッチンらしいです。バカ美味でボリューミーで、何も言えねぇ〜、でした。

出典: fuji_minekoさんの口コミ

ハンバーグ・生野菜・マカロニ・ライスがワンプレートに乗っています。濃厚なデミグラスソースにまろやかなチーズ、旨味のあるハンバーグとシンプルながらも安心感のある美味しさです。コスパ抜群です。

出典: 誠意って何かね??さんの口コミ

【食堂】ふじや

3.44

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

東京メトロ東西線・早稲田駅から徒歩5分ほど、ボリュームのある美味しい定食が食べられる食堂【ふじや】。

店内は、木目の壁にグリーンのテーブルクロスのくつろぎ空間です。

ランチの人気は、「豚ロース味噌焼定食」。

肉、野菜など上質な素材を使い、丁寧に調理されているそう。ジューシーに焼かれた豚ロースに、特製の味噌ダレがからんで絶品だそうです。

なめこと、三つ葉たっぷりの味噌汁も評判なのだとか。

野菜不足が気になる人には、「肉野菜炒め定食」が人気。ソースベースの懐かしい味わいとのこと。

てんこ盛りの肉野菜炒めを食べたら、ランチの後の仕事や学業にも頑張れるのだそう。早稲田っ子の強い味方ですね。

その他、オムライスやかつ丼なども提供しています。

豚ロースはやわらかくてジューシー。キャベツの千切りには紫たまねぎが彩りを添え、ドレッシングがかけられている。つけあわせのスパゲティーサラダはなめらかで、キャベツとよく調和。

出典: piropediaさんの口コミ

食べ終えると、お腹いっぱい、たっぷり野菜を食べた充実感。またここに通える嬉しさも加わり、満足の一食でした!ご馳走様でした。合掌。また来ます。

出典: 出藍之誉さんの口コミ

【食堂】キッチンオトボケ

3.46

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

早稲田駅から徒歩2分ほどのところにある、食堂【キッチンオトボケ】。「お腹いっぱい食べたい!」という学生や会社員で、いつもにぎわっているそう。

一面がガラス張りの店内は、ランチ時はとても明るくさわやかな雰囲気です。

一番人気は、ボリューム満点の「カツカレー」。大盛りにしても650円と、学生のお財布にも優しい価格設定です。

揚げ立てのカツはサクサクで、噛むと肉の旨みが口いっぱいに広がるのだとか。

こっくりとしたルーとのバランスも良く、「完璧なカツカレー」と称賛する常連さんもいるほどです。

揚げ物や肉の、がっつり系の定食メニューが種類豊富。全てが揚げ立て・作り立てなので、忙しい合間のランチでも大満足できるそう。

写真の「カニクリームコロッケ」は、食堂らしいシンプルでクリーミーな逸品と評判です。

その他、揚げ物や肉のがっつり系定食が食べられます。全てが揚げ立て・作り立てなので、忙しい合間のランチでも大満足できるそう。写真のカニクリームコロッケは、女性に人気。食堂らしいシンプルでクリーミーな逸品とのことです。

出典: でゅえろうさんの口コミ

私はカニコロッケ。このお店のクリーム感が好きです。贅沢な具が入っているクリームコロッケでは無いので逆に昔ながらの懐かしい味が楽しめる感じです。

出典: 如月ノン☆さんの口コミ

【かつ丼】奏す庵

3.40

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

ソースカツ丼発祥の地として知られる早稲田。

発祥の店はすでに閉店してしまいましたが、今でも早稲田でソースカツ丼を食べられる店として知られるのが、この【奏す庵】です。

場所は、東京メトロ東西線・早稲田駅から徒歩8分ほど。

お店の名物は、うすカツ3枚・あつカツ2枚がのった「ワセカツ丼」。

衣のサクサク食感が楽しいうすカツと、肉の旨味を楽しめるあつカツ。

個性的な2つのカツを交互に頬張れば、最後まで食感も楽しみながら美味しく味わえるそうですよ。

特製ソースは別添え。衣の食感を殺さない、心憎い気遣いですね。甘みがあり、カツによく合うソースなのだとか。

ソースカツ丼と言えば、今では福井県が主流。ですが、もともとは早稲田創業のお店の店主が、出身地の福井に持ち込んだのだそう。

そのため【奏す庵】でも、福井の食材を積極的に使用しているとのことです。

甘辛いウスターソースをかけた薄いカツは食べやすく、上品な味でした。セットの味噌汁はシャキシャキキャベツと赤味噌を使っていたので、甘辛いソースカツとの相性が良かったです。

出典: deeeeersn555さんの口コミ

最初に出てくる福井梅に、ごはんは福井のコシヒカリ。福井のお米っておいしいんだよね。私の大好きな晴山でも、いつも福井米使っているもの。味噌汁の味噌は、永平寺御用達の米五の味噌使用、塩分は控えめ、野菜たっぷりが嬉しい。

出典: saltさんの口コミ

※本記事は、2019/09/19に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ