早稲田のカフェ9選!おしゃれで雰囲気も使い勝手も◎なお店

出典: あじこめかためさん

早稲田のカフェ9選!おしゃれで雰囲気も使い勝手も◎なお店

活気あふれる学生街、早稲田。今回は、そんな早稲田で人気のカフェまとめました。ドリンク休憩やランチにスイーツなど、様々なシーンで便利なカフェを集めています。オムライスが自慢のおしゃれカフェや静かな老舗喫茶店、やさしい自家製スイーツのカフェやブリュレフレンチトーストのお店など、個性豊かな8店です♪

キーワード
ランチ
女子会
フレンチトースト
おしゃれ
お一人様
デート
甘い
人気
テラス
食べログまとめ編集部

更新日:2019/09/27 (2017/04/26作成)

11164view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる265の口コミを参考にまとめました。

カフェ GOTO

3.47

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

【カフェ GOTO】は、手作りケーキが美味しいカフェ。ケーキは色々な種類があり、オーダーに迷ってしまいます。

どれも手作りならではの上品でやさしい味で、学生だけでなく大人たちからも支持されています。静かで落ち着いた雰囲気なのも魅力。

どのケーキもシンプルな見た目。ひと口食べると、やさしい甘さが口いっぱいに広がります。

店内は落ち着いた雰囲気。ゆっくりコーヒーやスイーツを楽しめそうですね。

お店の場所は、早稲田駅からすぐ。ビルの2階にあります。奥まったところに入口があるので、見落とさないようにご注意ください。

タルトタタンは厚めの底の生地に、甘み控えめで大きくカットされたリンゴがゴロゴロのっています。まだ温かくて、タルトタタンには緩めの生クリームが添えられていて、いいアクセントになっています。

出典: ホクホクさんの口コミ

焼きたてのケーキが何種類も並べられたケース、そこにも入りきらずに机にもケーキが並べられています。ケーキ、コーヒー。紅茶の良いに香りが店内に漂っています。コーヒーや紅茶も店主さんのこだわりが感じられます。

出典: zooshoさんの口コミ

カフェ・ソウセキ

3.31

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

「カフェ・ソウセキ」は、早稲田駅から徒歩10分ほど。

小説家・夏目漱石が晩年を過ごした場所に建つ、新宿区立漱石山房記念館にあるカフェです。静かな住宅街にあり、ゆっくりすごせるそう。

店内はテーブル席のほか、カウンター席もあります。

店内や食器など、いたるところにキュートな猫の絵が描かれていて、猫好きな方からも支持されているようですよ。

夏目漱石にちなんだメニューがあり、ここへ訪れたならぜひ食べてみたいですよね。

こちらの「空也もなか」は、銀座の老舗和菓子店「空也」の名物。香ばしい皮の中に入っているほどよい甘さの粒あんが美味しいと評判です。

「空也」は創業明治17年の老舗で、こちらの「もなか」は昔から東京土産の定番だったが、最近は予約しなければ購入できないほどの人気。店舗は戦後銀座に移ったが、漱石はこの店が池之端の在った時分に贔屓にしていたそうで、こちらの和菓子は「吾輩は猫である」の中にも登場している。

出典: 蓼喰人さんの口コミ

大きな窓から太陽の光が注ぐ館内。テーブルなどが並んでおり、そちらでいただきます。夏目漱石の本が並んでおり自由に読んでいいとのこと。ちょっと気取って、カフェをいただきながら読書なんてことを。

出典: クロドベーズさんの口コミ

ディースタイル トーキョー

3.34

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

【ディースタイル トーキョー】は、早稲田大学そばのケーキ屋さん。シンプルな見た目のしっとり美味なケーキが多数揃っています。

早稲田大学の帽子の形の「カクボウケーキ」が名物なので、来店の際はぜひお試しください!

ホールケーキや焼き菓子もあるので、お土産にもぴったりです。店員さんの接客もあたたかくて素敵。

こじんまりとしたお店ですが、カフェスペースもあります。どの時間帯も混み合っています。

早稲田駅からスグ。お店の周りには、スイーツのあま~い魅惑的な香りが立ち込めています。

おばさまたちも御用達の昼時ランチの食後のデザートと女子学生ばかりの早めの夕食の後のデザートにと利用しました。この時はあとは帰るだけだったのでお土産に焼き菓子やケーキを買って帰りました。以前なかった新しいメニューも楽しめました。

出典: 食べるAさんの口コミ

・シュバイン 490 (濃厚なチョコレートケーキ)
チョコレート好きなら是非一度食べて欲しいケーキです!!一番のお気に入り♪

出典: 如月ノン☆さんの口コミ

Le Cafe RETRO

3.24

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

【Le Cafe RETRO】は早大生ご用達のおしゃれカフェ。ふわとろ卵がたまらなきオムライスが看板メニューです。

オムライスのソースは数種類から選べて、どれも美味!学生街だけあって、ランチもスイーツもドリンクもお財布にやさしいお値段だそう。

夜遅くまで営業しているので、おしゃれに夜カフェがしたくなったらこちらへどうぞ!

お店の場所は早稲田駅から3分ほど、早稲田大学の目の前にあります。土日祝日も営業しているので便利。

1階と地下1階が店舗になっていて、地下はおこもり感があって雰囲気よし。女子会やデートにもぴったりです。

飲物はどれも安い。カフェラテが¥380と、かなりリーズナブル。食後のドリンクをつけて¥1000程度で食べられるようです。

出典: esora24さんの口コミ

・オムライス
卵の火の通り加減はフワトロで絶妙だし、なかのチキンライスもちゃんとした味付けがなされていて、デミグラスソースとマッチしています。

出典: happy-westernさんの口コミ

ユニカフェ125

3.27

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

早稲田駅から徒歩5分ほどの場所にある、「ユニカフェ125」。早稲田大学のシンボル・大隈講堂の脇にあるカフェです。

目の前には大隈庭園があり、テラス席も50席と多め。天気が良い日は外で緑を眺めながらお茶するのもよさそうですね。

店内ではこの地でぜひ味わいたいメニューも。早稲田大学と京都大学が共同開発した、3種類のビールが飲めます。

こちら「ブルーナイル」は、コリアンダーを使用したビールで、爽やかな香りが楽しめるそう。

軽い食事をしたいなら、ランチボールがおすすめ。6種類あり、中でもハッシュドビーフ丼が人気があるようです。

大隈講堂を囲む銀杏は美しく色づいた上に、秋の陽射しを浴びてその色を透明に透かしています。そこに現れたカフェテラス。パラソルストーブもあるということは、通年テラス席なのでしょうか?目の前は大隈庭園の豊かな木々が生い茂っています。なんて!ステキなテラス!

出典: オーバンズさんの口コミ

早稲田大学の創立125周年を記念して、周知活動の一環と2002年4月4日にオープンしたオフィシャルグッズショップ&カフェです。店名に含まれている125は125周年のことなのだそうです。オープンデッキもあるなかなかおしゃれなカフェです。

出典: バラキさんの口コミ

アララカララ

3.30

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

【アララカララ】は、早稲田で長年愛されている、ゆっくりとした静かな時間が流れているカフェ。

サラダが付きで、お得なカレーのランチセットが人気メニューです。

大きめのサラダが付く人気のカレーランチ。シンプルな食器類にも歴史を感じますね。

使いこまれたインテリアが、いい味を出しています。スイーツを食べながらゆっくりと読書なんていかがですか?

聞こえてくるのは店内に流れるジャズだけ。いつものように静かです。ランチセットとして、ポークカレーを頼みました。ミニサラダとお新香が付いて、800円。食後にブレンドをいただきました。

出典: BWV988さんの口コミ

チキンカレーは手羽先を使ってあり、よく煮込まれてあるため味に深みが有る。 ルー自体も野菜やフルーツを大量に使ってあるのか、甘みがあってそれが旨味にも繋がっている。 辛さもかなり控えめで、甘さも有るため辛口を頼んでも普通の人なら問題ないと思う。

出典: タノ@ビール大好きさんの口コミ

ぷらんたん

3.17

夜の金額: ~¥999

昼の金額: -

早稲田南門の近くにある、ノスタルジックな建物のカフェ【ぷらんたん】。

1階はペットを連れて入っても良いそうですよ。

コーヒーは自家焙煎しているとのこと。扉を開けた瞬間、香りが漂ってきそう。

写真は、香り高いコーヒーと、まろやかな生クリームの相性が抜群のウィンナコーヒーです。

こちらは、ベーコンのトマトソーススパゲッティ。

粉チーズを、たっぷりかけて味わいたいメニューですね。

コーヒーは自家焙煎だそうです。マイルドブレンドは、酸味の少ない柔らかい苦味のコーヒー。ハムトーストはハムが2枚、マヨネーズとともに挟んでありました。再訪時に食べた玉子トーストには、玉子焼きがマヨネーズとともに挟んであります。

出典: kanamilkさんの口コミ

アイスコーヒーを注文。香り高く、ほろ苦さが立つなかなかの味。ストレートならすっきりな苦味を味わい、ガムシロを入れたら甘味に連れられてか深いコクが活きてきた。コクは有れど後味は良し。

出典: きたろーさんの口コミ

フロム・ハンド・トゥ・マウス

3.13

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

【フロム・ハンド・トゥ・マウス】は、かわいらしいパンが評判のカフェ。

ランチタイムにはパンだけでなく、お食事クレープやカレーなどのセットもあります。自家製のスイーツも種類豊富に揃っているそうですよ。

しっかりと食べたいときにぴったりなカレーランチには、パンが付きます。

女子にちょうどいいボリュームで心も満たされそう。

メトロと都電両方の早稲田駅からほど近い場所にあり、平日は20時と遅めの時間帯まで営業しています。

熱々焼き立てのクレープは茶色っぽい皮です。これは蕎麦粉でなくて全粒粉を使用しているから。ひとつのクレープにはミートソース。トロリとチーズがとろけてきました。

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13000052/dtlrvwlst/B115760226/

・パン
香ばしく焼き目がつくまでトーストしてくれます。サクサク食感で風味もとてもいいです。オニオンベーコンのおかげで旨味も十分。

出典: noble_mindedさんの口コミ

ForuCafe

3.12

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

【ForuCafe】は、フレンチトースト専門店。日本初のブリュレフレンチトーストが味わえます。

外はパリパリ、中はふわとろのブリュレフレンチトーストは、スイーツ好きなら絶対食べておきたい1品。チーズやティラミスなど、色々なフレーバーがありますよ。

丁寧に飾られたブリュレフレンチトーストはとってもフォトジェニック。一度食べたら虜になってしまいます。

外国風のかわいらしい内装。カウンター席もあるので、おひとりさまも気軽に入れます。

お店までは、早稲田駅から徒歩5分ほどで到着。女性だけでなく幅広い年齢層のお客さんから人気を集めています。

・ティラミスブリュレフレンチトースト
噂通りブリュレしてあって、外はパリって中はつぅるんっとしたトロトロの食感。甘過ぎず程よい感じで美味しかったよ。

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13159901/dtlrvwlst/B120437208/

・ティラミス
ティラミスアイスがたっぷりとトッピングされ、ハートのパイとベリーたちが脇役です。食べられるお花がトッピングされています。表面をバーナーで焼いているので、カリカリ感を楽しみながらもしっとりとしたフレンチトーストを味わえます。

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13159901/dtlrvwlst/B133986371/

※本記事は、2019/09/27に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ