【川崎区その他】懐かしき定番の味『醤油ラーメン』 5選

【川崎区その他】懐かしき定番の味『醤油ラーメン』 5選

醤油ラーメンを表現する際、『昔ながらの中華そば』と言いますが、その『昔ながら』には、懐かしさが含まれているものと思います。 味をより美味しく感じさせてくれるスパイスのような『懐かしさ』を感じさせてくれる日式中華料理店の醤油ラーメンを紹介します。

キーワード
ランチ
醤油ラーメン
美味しい
定番

記事作成日:2016/07/12

6888view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノスタルジーを感じる懐かしき味わい

街の中華料理店は、中国からの料理が経営するお店が増加中で、日本人が経営する日式中華は減少傾向です。
昔は、ひとつの街には2〜3店舗はあり、時には出前で家族の団欒を、時にはお店で昼食にラーメンをすすったものです。今では貴重となった街の中華料理屋さんですが、工業地帯で下町の川崎ではまだまだ元気!多くの中華料理屋さんがあるなかで、ノスタルジックを感じるお店のちょっぴり素朴で美味しい醤油ラーメンを紹介するまとめです。

やまと

赤いテントに白地に赤で書かれた「ラーメン」の文字。見事なまでに昭和の香りが漂う中華料理店です。

お店も優しい女将さんがひとりで切り盛りし、温かい雰囲気でお客さんを迎えてくれるお店です。

優しい女将さんの愛情いっぱいの醤油ラーメン

特筆すべきは、その安さで、何と1杯450円です。
それでいて、量はちゃんと一人前です。
具も、チャーシュー・メンマ・海苔、そして、なるとがノスタルジックな印象を与えてくれますね。

また、このラーメンに野菜炒めや餃子がセットとなったお得なメニューもあり、胃袋を満たしてくれますね。

来々軒

川崎が誇る、ノスタルジック系日式中華料理店です。
建物はビル形式であるものの、赤い暖簾も雰囲気があり、屋号も『来々軒』という典型的なお店です。

出前もこなし、街の胃袋を満たしてくれるお店ですが、リーズナブルな価格が魅力のお店です。

強めの醤油は、労働者の街の味

こちらも『やまと』と同じくラーメンの価格が450円という昭和な価格で提供されているのが魅力です。

醤油が濃いめのスープは、労働者の多い川崎らしいテイスト。自家製のチャーシューや色の濃いメンマ、そして、なるとが載るラーメンは、昔ながらの中華そばの手本のような完成度。

やまこ亭

商店街の端にひっそりと佇むお店ですが、地元で愛される名店です。

昼は中華だけでなく、カレーやオムライスもあり、ボリュームメニューでガッツリ食べています。
夜は、キリンラガービールのお供に餃子を注文して晩酌する人でいつも混雑しています。
時には、家庭のお茶の間のような、奥の座敷でちょっとした宴会が開かれていることもある、街の人が集う中華料理店です。

街の人気店の醤油ラーメンは、生姜が香る

鶏ガラベースの醤油ラーメンは、生姜が効いた元気になる味わいです。
厚切りのチャーシューもお得感あり、海藻類が海苔とワカメの2種類が入ってちょっと健康的なラーメンが500円とお得な価格でいただけます。

五十番

こちらの屋号は、『五十番』これも、昔ながらの中華料理店の典型的な屋号ですね。

多くの中華料理店が、赤色のテーブルを使用していますが、こちらは、もうひとつの中華カラーの黄色いテーブルを使用している珍しいお店です。

メニューに親子丼・カツ丼・豚汁と和食の比率も高いのもこちらのお店の特徴です。

マイルド&ソフトな味は、もはや和食の味わい

今までに紹介した醤油ラーメンと異なり、醤油も尖らず、生姜も香らない不思議なラーメンです。それでいて、味気ないわけではありません。
穏やかで繊細な調和を図るラーメンのスープは、もはや和食のような味わいで、このお店らしい個性を発揮していますね。

その分、具はしっかりしており、チャーシュー3枚になるとと動物性のものが多く載りますね。

天狗

川崎でも駅から遠く、工業地帯のすぐ近くにある街の中華料理店です。

中華料理店でありながら、大衆食堂・大衆酒場の雰囲気もあり、メニューには冷奴や枝豆などの料理もあり、昼からでも1杯ヤル人がいるお店です。

老夫婦の優しさに包まれながらいただく、穏やかな味わいの醤油ラーメン

穏やかな老夫婦が作る醤油ラーメンは、味も穏やかで優しい味わいです。
食べる人の健康を気遣ってか、具の種類が多いのですが、その中でも最も個性的なのは、丼の中央に盛られた玉子焼きです。

隠し味は、『人情』と『優しさ』

どのお店も、安さや味もさることながら、お店の人たちの優しさが伝わってくるお店です。
特に安さは、お客さんを喜ばせたいという、優しさ溢れる気持ちからのものでしょう。
夏は、流した汗と涙の分だけ強い塩気が身体にしみます。
冬は、丼とお店の温かさが、心も温めてくれます。
そんな下町情緒が、工業地帯川崎の中華料理店には残っています。

※本記事は、2016/07/12に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ