前橋市・もう一度食べたい極旨とんこつラーメン#ウルトラセブン♡(山形県民旅情編)

前橋市・もう一度食べたい極旨とんこつラーメン#ウルトラセブン♡(山形県民旅情編)

群馬県は何故か豚がうまい!トンカツはもちろん、ラーメンに欠かせないチャーシューも絶品♡当然ながら本場九州にも負けない豚骨ラーメンがたくさんあります。

キーワード
とんこつラーメン

記事作成日:2016/04/30

5261view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

博多一番

Clear

ラーメンは店名の通り、懐かしき大好物の博多ラーメン。とろとろしたマイルドな博多スープ!やや薄いとの評価もありますが、久留米ならともかく本場博多はこれくらいでもやや濃い目。むしろ東日本豚骨系は豚骨感を強調しすぎで余計に濃すぎる。博多ラーメンなら最初から胡麻や紅生姜を入れてほしいとの意見もありますが、モーパパとして願ったり。博多ラーメンに条例は不要、自主規制。必要最小限の衣のみをまとった可憐な乳白色肌の美少女に押し付けの飾りは不要!必要に応じてこちらの望む衣をまとわせて堪能する事こそがコスプレ道の真髄!麺はややウェーブ感のある極細麺。あっというまに食べてしまいましたので、替え玉120円を追加!固めで…うますぎてこれもあっというまに完食!替え玉してもスープの味は薄まらず美味しく頂けました。中毒性は高い。

博多ラーメン

麺屋しのはら 三日月食堂

Clear

お店の紹介によりますと「二日間炊いた豚骨スープにニンニクやタマネギなどの野菜、煮干し、サバ節などを加えじっくり煮込んだ濃厚豚骨魚介スープ。仕上げに野菜ペーストを加えるので濃厚ながらすっきりしたスープに、更に煮干しスープを加え魚介風味を効かせた豚骨魚介ラーメン。麺量150g。」と。スープはなかなかのドロポタ系のスープ。間違いなくうまい。節系の風味もガッツリきいた豚骨魚介。濃厚なのに食べやすいスープです。麺は全粒粉を使用した自家製のストレートの太麺で、これも間違いなくうまい!全粒粉使用の野趣溢れる風味は濃いスープに負けてません。全粒粉使用太麺はこういう濃厚ドロポタ系にはナイスマッチング。チャーシューはほろほろとほぐれて、トロトロと柔らかく麺を絡めてうまい!刻み葱と一緒に刻み玉葱も入っていてシャキシャキと美味しい!

味玉ラーメン

味楽留

Clear

スープはしっかりと濃厚な豚骨がきいています。それでいて臭みがそれほどでないのは余程丁寧に処理しているのだろうというのが感じられました。麺は細麺ですが気のせいか純粋博多麺よりも気持ち太い気がします。おかげでボリュームもあって満足感も高いです。久しぶりのキクラゲの食感も涙が出るほと嬉しくなりました。

みらくるラーメン

骨のzui

Clear

スープはややざらつきが感じられるくらいの濃厚な豚骨、マー油の漕がし風味が豚骨馬鹿の食欲を掻き立てます。麺はストレートの細麺。博多物ではない地元製麺所の麺らしいが十分に美味しいです。トッピングに綺麗に盛られた茹で野菜が豚骨スープに馴れた舌を上手くリセットしてくれて麺を迎え入れる唇の勢いを衰えさせません。ウマウマです。こんがりバーナーで焼き目をつけた替え玉を残り少ないスープにひたしからめて堪能。焦げた麺の香りに食欲を増進させつつ食感の違いも楽しみながら一滴残さず完。濃厚豚骨をみっちり味わわせてくれる豚骨好きにも大満足の一杯。

まっ黒まー油のとんこつらー麺

一合舎 前橋店

スープがとにかく美味い!豚骨好きにはバッチリ!!濃厚がっつり!麺は中太ストレート、これも美味い!こしあり、がっつり系!!具にほうれん草がバッチリ過ぎてにくい!ほうれん草をトッピングする店は多いですが、コッテリ系ラーメンに安易に味付けて使うとない方が良かった、なんて事もよくあるので、さりげないですがお店のセンスの良さが分かります。トータルでとても満足!

豚骨醤油

九州麺酒房 響

Clear

響らぁめん/戦闘編Vol.4…ふざけまくったクチコミ♡参考になりません。
*****
「九州豚骨発祥の地、久留米を源流とした豚骨100%の呼び戻し濃厚スープ。」「初めての方はまずこれからいってみて下さい!」スープの豚骨は中々に効いているが、久留米ほどのどぎつさはない。飽くまで美味しい豚骨ラーメン!具材は群馬豚のチャーシュー!山形三元豚・金華豚より旨いと認めるのはくやしいが、なぜか群馬の豚は旨い!

響らぁめん

食彩麺酒房響

Clear

「こくうまひびきらぁめん800円・関東太麺・コクと魚介の香りが主張!熱々を追求した豚骨醤油魚介ラーメン・魚介和風出汁と豚骨スープのWスープ」
スープはどろりとした濃厚系…麺は中太、予想よりも細い!意外に旨い!…こちらのクチコミも参考にはなりません。でも、本当に美味いです。

こくうまひびきらぁめん

※本記事は、2016/04/30に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ