銀座駅周辺でおすすめのカレー11選!老舗から新店まで

出典: *あんこ*さん

銀座駅周辺でおすすめのカレー11選!老舗から新店まで

「GINZA SIX(ギンザ シックス)」などの商業施設がオープンするなど、進化を続けている街・銀座。銀ブラと呼ばれていた頃のノスタルジーさが薄れているのかと思いきや、銀座のカレー店に昭和の空気が感じられました。今回は老舗から新店まで、銀座駅周辺でおすすめのカレー店をまとめました。

キーワード
ランチ
女子会
老舗
デート
おすすめ
食べログまとめ編集部
名物
新店

更新日:2020/01/06 (2016/03/17作成)

11533view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる4869の口コミを参考にまとめました。

ダルマサーガラ

カレー百名店TOKYO2019選出店

3.87

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

東銀座駅から徒歩1分ほど、体に優しく、どこかホッとする南インド料理が食べられると評判の【ダルマサーガラ】。

東京を代表する南インド料理の名店との呼び声も高く、化学調味料不使用であるなど素材も厳選されています。

大きな窓からは、東銀座の街並みが一望できますよ。

また平日は夜11時(ラストオーダーは午後10時)まで営業していますので、夜景も期待できそうです。

テーブルや椅子、そして銀食器などは、インドやネパールへ出掛けて発注したオーダメイド品。

店内にはインド音楽が流れるなど、異国情緒たっぷり。

ラッサムが美味しいミールスは、どれも秀逸で外れがありません。(中略)全体的に辛さを感じますが、味付けやスパイスはとても美味しい!油使用が少ない南インド料理いいですね!

出典: 代々木乃助ククルさんの口コミ

かなりインド料理を満喫してきました。普段あまり味わうことのない料理ばかりでしたので、新鮮でしたし、全体的に美味しかったと思います。

出典: micro79さんの口コミ

アーンドラ・ダイニング 銀座本店

カレー百名店TOKYO2019選出店

3.78

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ~¥999

銀座一丁目駅7番出口から徒歩2分ほど、平成24年にオープンした【アーンドラ・ダイニング 銀座本店】。

南インドのアーンドラ・プラディッシュ州料理という、日本にはあまり馴染みのない地域のインド料理が食べられるということで注目されているのだとか。

食べログレビュアーさんから寄せられた情報によると、夜に食べられる羊料理や、土日限定のビリヤニも見逃せないとのこと。

何度も訪れてみたくなる仕掛けが盛り沢山!

このようなガラス張りのオープンキッチンになっていると、料理が届くまでの待ち時間も楽しくなりますよね。

とても清潔感のある店内で、デートにもピッタリ!

このチャパティがまた美味しい。豊潤な小麦粉の香りが感じられます。流石。目の覚めるインド料理、ごちそうさまでした。

出典: トリプル銀座さんの口コミ

ラッシーに塩やスパイス、レモンが入ったスパイシーラッシー。これ、すごく清涼感があって美味しい!!今まで飲んだスパイス系のラッシーの中で断トツに美味しかった。

出典: ぺねろぺ☆さんの口コミ

京橋屋カレー

カレー百名店TOKYO2019選出店

3.82

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

京橋寄りの立地ですが、銀座一丁目駅から徒歩3分の場所にある【京橋屋カレー】。

3種類のカレーから2つをチョイスできる「ツインカレー」がおすすめ。伊達鶏カレーやキーマなどを組み合わせることができます。

カレーの味がかなりスパイシーとのことなので、ミニカップのサラダとヨーグルトが付いているのも嬉しいところ。

口の中をひと休みさせることができますね。

店内において、料理以外の写真撮影は禁止となっており、たばこや香水のにおいがする人も入れません。

しゃべりながら食べるのもダメということで、香り高いカレーへじっくり集中できるお店。

ホール担当の女性がシッカリと店内を仕切っていて居心地は悪く無い。テキパキとした接客と目配り・気配りは、全くバタバタ感も無く非常にレベルが高い。厨房の店主も、真剣調理の合間にもホール側をしっかり見ているしね。

出典: やっぱ塩が好きさんの口コミ

ぷりっとした海老の乗った「ときえカレー」は、キャベツの甘みにバランスの良いスパイス、ハーブの香りが個性的なカレー。美味しい

出典: Tokiyaさんの口コミ

デリー 銀座店

カレー百名店TOKYO2019選出店

3.77

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

銀座駅C2出口から徒歩5分ほどの場所にある、昭和31年創業の老舗カレー店【デリー銀座店】。銀座だけでなく、東京を代表するインドカレーとも言われています。

その中でも、タンドーリチキンは大人気!

スパイスとヨーグルトに、2日間漬け込んだ鶏肉は絶品なのだとか。

種類はかなり豊富であり、色の濃くて激辛なカシミールカレーは、お店の代名詞になっています。

辛さの中に感じる、味の深さに感激したという食べログレビュアーさんも。

こちらのお店のカレーは、日本人の口に合うよう仕上げているとのこと。

そのため、お米は石川県産コシヒカリを使用するなど、親しみやすい味になっているのだとか。

店内は仏像などもあり、異国情緒たっぷりの空間の中でカレーを味わえるそうですよ。

昔から変わらぬ美味しさで、久しぶりでしたがあらためて美味しいと思いました。私にとって本格インド料理の基準点のようなレストランです。若いお客も結構いたので、この味は変わらず支持されているのでしょう。長く続くのには理由がありますね♪

出典: bestsellerさんの口コミ

デリーカレーは、あまり辛くないけどカレーパウダーが結構入っているチキンスープカレーという感じ。コルマカレーは飴色ソテーオニオンがたっぷり入った甘辛カレー。日本人にも食べやすいかも。

出典: yut666さんの口コミ

グルガオン

カレー百名店TOKYO2019選出店

3.77

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

銀座一丁目駅から徒歩2分ほど、見るからに濃厚さが伝わってくる、伝統のバターチキンカレーを提供しているお店【グルガオン】。

実は口にしてみると、意外にあっさりとしていて、食べやすかったとの口コミも寄せられました。

カレー以上に大評判となっており、絶品・必食などと賞賛されている「チーズクルチャ」。

中には溢れるほどたっぷりチーズが入っていて、これを食べるために訪れる人も。

「ラム肩肉のバラカバブ」など、タンドール料理やドリンクメニューもかなり充実しているので、女子会や食事会を開くのも良さそう。

ディナーコースやパーティー料理もありますよ。

こちらのお店は安心して頂ける本格インド料理なんだと再認識しました。突出したスパイス使いではないものの、安定的に美味しい。サービスも非常に良く、心地良く過ごせるお店です。

出典: 辣油は飲み物さんの口コミ

チーズクルチャの美味しさは絶品で、単体で食べながらワインも合う様な気がしました。焼きたての生地とトロトロなチーズに恍惚感さえ覚えてしまう様な美味しさ。

出典: sakana_さんの口コミ

ハレギンザ

カレー百名店TOKYO2019選出店

3.75

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

銀座駅から徒歩2分ほど、イエローカレーやグリーンカレーなど6種類を取り揃えている【ハレギンザ】です。

マレーシアンカレーをベースとした「マサマンカレー」といった東南アジアカレーを、日本風にアレンジしているのだとか。

カレーに野菜や揚げナスなどのトッピングを加えれば、選択肢の幅が広がります。

メンチカツや魚フライなどを盛れば、ボリュームたっぷりのカレーに大変身!

あれ?ここはバーだったのでは…と思った方、その通り!昼はカレーのお店で、夜はバーという2つの形態で営業しているお店なのです。

昼・夜ともに訪れてみたくなりますよね。

ランチタイムは会社勤めのカレー好きが、ディナーはカレーとお酒をこよなく愛する方が集まるお店。銀座という敷居が高い街でアットホームな居心地の良い空間はなかなかないかと思います。

出典: まさモアさんの口コミ

スープカレーよりもとろみのある、ココナッツミルクベースのカレー。アジアンな感じだ。一口食べてみると、ココナッツミルクの甘みが広がる。なんだ、やっぱり辛くないじゃん。と思ったのもつかの間、時間差でじわじわ辛くなってくる。

出典: 山崎ジロさんの口コミ

ナイルレストラン

カレー百名店TOKYO2019選出店

3.75

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

昭和24年創業で、日本最古の印度料理専門店だという【ナイルレストラン】。

お皿から零れ落ちそうなほど、たっぷりとルーが盛られた「ムルギーランチ」。全て混ぜ合わせて食べるのが流儀なのだとか。

店内のガラスケース内には、ズラリと本が並んでいます。

料理が提供されるまでの間も、店内をぐるっと見回して何が置かれているかチェックしてみてください。

真っ赤なアーチ型のテント部分が、銀座の街中で目立っています。

とても可愛い外観ですね。地下鉄の東銀座駅から徒歩1分とアクセスもバツグン!

鶏もも肉は、お店の方がナイフで丁寧に身をとりはずしてくれますよ。この手さばきがお見事!ナイフを入れた瞬間にほろっと身が崩れるほどに柔らかく煮込んであります。身をとりおわると店員さんがひとこと、「カンペキニマジェテ(混ぜて)タベテ!」と。

出典: ハツさんの口コミ

7時間煮込んだというルーはそのままでもスパイシーかつ深みがありますが、岩手産の鶏肉をTVでみたように混ぜて食べると絶品です。

出典: ほねつきかるべさんの口コミ

カーンケバブビリヤニ

カレー百名店TOKYO2019選出店

3.77

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ~¥999

銀座駅A2出口から徒歩5分ほど、バスマティ米とカレーソースを何層にも重ねていき、じっくりと仕上げるビリヤニが名物の【カーンケバブビリヤニ】です。

サフランが香るインド風炊き込みご飯は、スパイシーさも感じられて絶品なのだとか。

店名に「ビリヤニ」と付いていますが、カレーもシーフードやチキン、ラムに野菜と種類がかなり豊富に揃っているそう。

ナンやパロータ(バターパン)も、色々な味付けがなされており、その組み合わせは無限大と言えるかも。

店内は高級感漂う造りとなっており、外の景色も一望できます。

つい長居をしたくなってしまうほど、居心地の良いレストランだそう。

店内に入ると意外と窓が多いせいか明るく、インド料理やさんの割には、開放感があり、高級な洋食屋さんのイメージであった。店員さんもスマートな感じである。インド人ばかりであるが。日本語は十分。

出典: PESCHEさんの口コミ

サムンダリカザーナ:お気に入りのシーフードカレーです。こちらはさらに粘度が高くなって、粘土のようなぼってりしたカレーですが、やっぱり魚介の深みとほどよい甘さがいいです。

出典: かくがくさんの口コミ

はるかなるカレー

3.62

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

銀座駅から徒歩3分ほど、【はるかなるカレー】は数寄屋橋裏手にあり、ディナータイムはスナック、ランチタイムのみカレーが食べられるお店。

ちょうど仕込み始めの時など、タイミングが合わないと提供までに時間がかかる場合があるとのこと。

訪れる際は、時間に余裕があるときのほうが確実だそうです。

提供するカレーは1種類のみ。使用している野菜は7種類以上とのこと。

サラッとしたスパイシーなスープカレーは、もはやサラダランチを食べているような感覚になるほどの、野菜たっぷり感が嬉しい、という口コミも寄せられました。

野菜だけでも具だくさんですが、追加トッピンうでは、温玉、もみのり、大山鶏手羽元、野菜倍量などもできるそうですよ。

お腹が空いているときなどは、試してみてはいかがでしょうか。

バターや小麦粉未使用の、15種類以上のスパイスが利いたスパイシーな風味。7種類以上の野菜・季節具材が日替わりで登場。自然の恵みが豊かな街・新潟県長岡市の、野菜・米は実家の畑で育ったものを使用しているのだそう。

出典: 福山麗子さんの口コミ

そして出てきたカレー、大きなお皿に綺麗な彩の野菜たっぷり!(山菜、トマト、蓮根、茄子、カボチャ、水菜)。カレーはサラッとしたスパイシーなカレーで重たい感じは全くありません。もはやカレーが野菜を食べるためのドレッシングのような役割になっている感じです。

出典: ゆーこゆーこさんの口コミ

ニューキャッスル

3.69

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「辛来飯」と書いて何と読むか分かりますか?これで「カライライス」と言います。

銀座駅から徒歩5分ほど、昭和21年創業の老舗であり、一度閉店したものの復活を遂げた【ニューキャッスル】。カレーにのったキレイな目玉焼きが特徴です。

メニュー名がカレーの量によって「川崎」や「蒲田」など、地名になっているのも面白いですね。

カレーだけでなくコーヒーの評価も高いお店。

このコーヒーの味も、昔からのファンを喜ばせる一杯です。

以前の特徴的な外観のお店から、移転した先はビルの地下1階。

昔、銀座を歩いた時に食べた「カライライス」が思い出となっている方、こちらで復活していますよ!

ここのカレーは、はじめて食べたらおそらく誰もが驚くことと思います。濃厚なルー感があり、豚骨スープと野菜を長時間煮込むソースをベースにしている深い味わいと、絶妙な香辛料の配分による高い香りと辛さは独特の味わいを持っています。

出典: 虎穴に入らルンバ♪さんの口コミ

カレー好きな人で知らない人はいないであろう有名なお店。以前は銀座一丁目駅に近かったんだけど、建物の老朽化等に伴い惜しまれつつ閉店。しかし、あらたな担い手により、装いも新たに復活しているのだ。

出典: 酔うさん@酔酔どうでしょう?さんの口コミ

銀座ブラン亭

3.14

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

カレーにのった目玉焼きが、どこか懐かしく感じられますね。

【銀座ブラン亭】では、二種類のカレーを780円というリーズナブルな価格で食べることができ、さらに味が本格派というカレーファン必見のお店。

食後の「チャイ」は、スパイスの量を自分で調節するスタイル。

最初から少しマサラが入っているとのことですが、さらにプラスして濃厚な一杯に仕上げてもOK。

ビルの地下にあるお店ですが、そこはカレーのオアシスとも言われる優しさに満ちた空間なのだとか。

サラリーマンの止まり木と評する人もいて、スタッフの方との会話を楽しむ人も。

ご飯を中心に据え、両側にルーが注がれた。レーズン、らっきょうだけでなく、ライムの調味料など、多様な味付けを自ら楽しめる。味は程よい辛さで、とても美味しい。インド本場のカレーを知るマスターのこだわりカレーである。

出典: yoheidoさんの口コミ

すべてにママの優しさを感じる大人の空間。カレーBARのようなカウンターで食べる時間と、優しい優しいカレーに気持ちがほっこり

出典: 森に住んでるさんの口コミ

※こちらのお店は下記へ移転致しました。口コミなどの情報は移転前のものです。

※本記事は、2020/01/06に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ