【石川県】金沢のご当地グルメ20選

【石川県】金沢のご当地グルメ20選

北陸新幹線で盛り上がる金沢。 いつまでブームが続くのかは?ですが、今のうちに皆さんに色々知っていただきたい! ということで、A級B級にこだわらずご当地グルメを並べてみました。 地理的に東京・京都と両方の影響を感じますが、やはり京都の影響のほうが強い気がします。

キーワード
ご当地グルメ
B級グルメ

更新日:2018/07/23 (2015/10/04作成)

253285view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿司

Clear

金沢といえばやはり寿司が有名。
県民一人当たりの消費量は
全国トップなのだとか。
寿司は別にまとめを作りましたので
そちらもご覧ください。
こちらは中心部にも近い乙女寿司。
ちなみに回転寿司も全国的に有名。
海鮮丼は意外と地元の方は食べません。

日本料理

Clear

京風と江戸風が入り組んだ独特な食文化と
なっていますが、京風のほうが強め。
これからは東京の影響も強く
出てくるかもしれませんね。
掲載したのは金沢最古の料亭・つば甚さん。

和菓子

寿司、日本料理と並んで和菓子も有名。
多すぎるのでひとまとめにさせて
いただきました。
お菓子は別にまとめを作ったので
そちらをどうぞ。
今回はきんつばの中田屋さん。

加能がに

Clear

越前がにに対して石川県で獲れる
ズワイガニは「加能がに」と呼びます。
雌の香箱がには小さいですが内子、
外子が非常に美味。
運が良ければ紅ズワイとのハイブリッド、
黄金ガニに出会えるかも?

能登牛

年間出荷頭数はわずか600頭ほど。
脂肪の甘さ、美味しさが特徴で、
和牛のオリンピックといわれる品評会で
「脂肪の質賞」
を受賞しました。

治部煮

日本料理から独立させました。
コースのお店だと出ない事も多いですから。
小麦粉をまぶした鴨等の肉を甘辛い汁で
煮込み、とろみをつけた料理です。
一品ものを提供する小料理屋や居酒屋の方が
食べるチャンスがあるかも。

かぶらずし

鰤の身をかぶらで挟み麹に漬け込んだ郷土料理。
なれ寿司の1種で、大根で挟んだ大根寿司もあります。

加賀麩

Clear

加賀麩も有名。
すだれ麩、車麩等独自のお麩もあります。
今回は宮田さんをご紹介。

加賀棒茶

香り高い加賀棒茶も有名。
茎まで焙じ上げたほうじ茶です。
こちらは昭和天皇に献上された丸八製茶さん。

金沢カレー

いつの間にかこんな名称が付きましたが、
昔から市民権を得ていた金沢B級グルメの雄。
分かりやすく濃厚な味わいは嵌る方には
強烈に嵌るかも。
多分好き嫌いを選ぶB級グルメです。

金沢おでん

金沢においておでんは居酒屋みたいなもの。
なので特定のルールはありません。
強いて挙げれば金沢ならではの具材で、
梅貝、車麩、かに面があるくらいか。

第7ギョーザ

ホワイト餃子がとにかく有名。
こちらがオリジナルだと思っている方も。
書くまでも無く本店は千葉県野田市。

どじょうの蒲焼き

意外と知られていない金沢のご当地グルメ。
お父さん達の晩酌のお供。
開いて骨をつけたまま串に刺して焼きます。
出来立てが骨感を感じずにより美味。

笹寿し

祭りの際にはよく作られていた郷土料理。
笹の葉で包んだ押し寿司です。
芝寿しさんでも販売されていて有名。

河豚の卵巣の糠漬け

猛毒のはずのふぐの卵巣を塩蔵→糠漬け。
するとあら不思議、毒が抜けて珍味の完成。
これが出来るまでに一体何人が。。。
ともかく、世にも稀な奇跡の珍味です。
同じく河豚の身の糠漬けも定番。

とり野菜鍋

石川県民にとって鍋=これ。
みそで煮るタイプと鉄鍋で炒め焼くタイプが
ありますが、一般的なのは前者。

ハントンライス

ケチャップライスの上に薄焼き玉子、
マグロ、白身等のフライ、
タルタルソースをかけたB級グルメ。
が、意外と若い世代は知らなかったり。

宇宙軒食堂

Clear

これも庶民のB級グルメ、トンバラ。
鉄板で焼かれた薄切り豚肉を、
特製のたれにつけていただきます。

うどん

Clear

結構知られていないのがうどん。
金沢は元々うどんの文化でした。
(福井:そば、富山:ラーメン)
柔らかく茹でられた優しいうどんです。
コシに拘る方には向かないかも。

8番らーめん

「なんでやろ」
という位、何故か食べちゃうソウルフード。
経験上、県外の方に理解されない率№1。
今日も野菜ラーメンを
「なんでやろ」
と言いながら食べるのです(笑)。

初めて見るものも多いかと思います。また加賀野菜も有名です。こちらは様々なお店で出ていますのでこちらも是非。

※本記事は、2018/07/23に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ