下北沢のおすすめグルメ20選!カレーやラーメンの名店多数

出典: *あんこ*さん

下北沢のおすすめグルメ20選!カレーやラーメンの名店多数

若者から人気が高い下北沢。人気作品が上演される本多劇場やライブハウスなどもあり、音楽やアート文化の発信地としても知られているほか、カレーやラーメン、カフェなど様々なグルメスポットも多数あります。そんな下北沢ならではの、個性豊かなグルメをまとめました。

キーワード
ランチ
おしゃれ
子連れ
おすすめ
テラス
深夜営業
食べログまとめ編集部
お土産
テイクアウト

更新日:2019/12/06 (2015/09/25作成)

14816view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる3577の口コミを参考にまとめました。

旧ヤム邸 シモキタ荘

カレーTOKYO百名店2019選出店

3.88

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

下北沢のグルメと言えば、カレーを思い浮かべる方も多いのでは?

【旧ヤム邸 シモキタ荘】は、今や全国的にも知られる有名店。大阪スパイスカレーのブームを牽引する、人気店の東京唯一の支店となるそう。

「食べログ カレー 百名店 TOKYO」にも選出されています。お店の場所は、下北沢駅から徒歩7分ほど。

古民家風の内装も、とても落ち着く空間とのこと。

カレーメニューは、月替りのキーマカレー3種類のみ。

2種類の「あいがけ」または、3種類の「ぜんぶがけ」を選び、ライスは、玄米・ジャスミンライス・ターメリックライスから選びます。

人気店で行列が耐えないけれど、並んでも食べたい絶品カレーなのだとか。

今回注文したのが、全部がけ(¥1,350)です。このカレーは、3種類に加え、それぞれをあいがけして食べる方法、そして最後スープをかけることによりまた味が変わるという何通りもの味の楽しみ方をすることができます。しかもそのどれもが美味しいんです!!

出典: guistarさんの口コミ

毎月変わるキーマカレーは基本的には同じメニューを出すことはなく毎回新作。クミンやカルダモン、コリアンダーなどのインドカレーでお馴染みのスパイスだけでなく、豆板醤やXO醬といった中華食材や、椎茸や豆腐、梅干しなどの和食材など、カレーの固定概念を覆すような食材の組み合わせ。

出典: sanokuniさんの口コミ

新台北 下北沢本店

3.68

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

【新台北 下北沢本店】は、下北沢駅南口から徒歩2分の場所にある台湾料理店。

本場台湾で食べているような、雰囲気とグルメな味わいを満喫できるそう。

深夜2時まで営業していることで、遅い時間に一杯飲みたい、という時にもぴったり。リーズナブルな値段も、若い方を中心に利用しやすいと人気です。

色々少しずつ、お酒と一緒につまみたい時にぴったりな小皿料理が種類豊富。

中でも、腸詰とネギを一緒に食べると美味しいという「香腸」は人気メニュー。

台湾ビールなどと一緒に、ぜひ味わってみたいですね。

今宵はシモキタで台湾料理です。本多劇場向かいにある台湾料理のお店新台北に行ってきました。休日の6時前と早い時間帯でしたので席は空いてましたが、やがて満席になりました。ここはリーズナブルなお値段で台湾料理がいただけます。

出典: 怪しいグルメ探検隊さんの口コミ

こちらは台湾屋台風という説明もありますが、メニューを見ると家庭料理も含めた現地風といった感じ。銀むつ、牛肉、ビーフン、おこわ、青菜と注文。どれも味良し。特に銀むつが美味しい。ビーフンもかなりのボリュームでお腹いっぱい。コスパも素晴らしい!

出典: 村上夏樹さんの口コミ

マジックスパイス 東京下北沢店

3.67

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

下北沢駅から徒歩6分ほどの場所にある【マジックスパイス 東京下北沢店】は、北海道グルメを代表するスープカレーのお店。

札幌、大阪、名古屋にもお店がある中、東京はここ下北沢にお店があります。

真っ赤な壁色に不思議な雰囲気で、ド派手なインテリアも人気の理由のよう。

カレーはメインとなる具や辛さ、トッピングなど、かなり種類豊富なタイプの中から選んでオーダーできます。

写真は、チキンカレーで、7段階あるうち辛さは5番目の極楽だそう。

キレのあるスパイシーさで、一度食べると間を開けずに食べたくなる病みつきの味わいなのだとか。

店内はインド密教における曼荼羅の世界?スタッフもインドっぽい民族衣装で不思議な雰囲気の店内は結構広い。日当たりの良い(良過ぎる)窓際席に案内され、これも曼荼羅風の立派なメニューに目を通す。基本はチキン、ポーク、ビーフのスープカレーらしい。目を引くのは辛さ表示。辛さは「覚醒」から「虚空」まで 7段階。

出典: mmatさんの口コミ

一応辛さの段階でいうと、下から2番目の“瞑想”以上には挑戦できずです…。今回もチキンカレーの瞑想をいただきましたが…あれ?いける!前回よりも少し慣れてきたかもしれません。思ったより大丈夫でした。こうやって少しずつ辛さがレベルアップしていくんでしょーか!?

出典: ナスとトマトさんの口コミ

みん亭(珉亭)

3.62

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

1964年創業と歴史ある【みん亭(珉亭) 】は、下北沢で町中華の名店として知られるお店。

また有名芸能人が昔働いていた店としても、注目されています。

1階はカウンターとテーブル席、2階は何人かで行ってワイワイ楽しむのにぴったりな、小上がり席となっています。

人気メニューは、このお店独自の紅い「炒飯」と、昔ながらの中華そば「江戸っ子ラーメン」。

「炒飯」は、食紅に漬け込んだチャーシューを使っているためこういう色になっているのだとか。

半チャーハンでも、かなりボリュームが多いそうですよ。

ラーメンは細麺で、醤油は控え目でスープの出汁がしっかり出てます!ここにキムチを乗せると江戸っ子ラーメンになるそうです。そして餃子。これも結構いけますね!少し大きめサイズでジューシーです。お肉と野菜のバランスもいい感じです!

出典: Inner_circleさんの口コミ

下北沢にある街の中華のお店。「1番旨いのはオフクロの味。2番目に旨いのはオヤジのスネの味。3番目はみん亭のそばの味。」とお店に書かれています。お店の雰囲気は昔からあるような中華のお店。1階はカウンターを中心としていて、2階は座敷になっています。

出典: yoshimin+さんの口コミ

小笹寿し

3.69

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: ¥10,000~¥14,999

ネタが大ぶりで、お好み握りが楽しめる【小笹寿し】です。

こちらのお店はファンが多いようで、何度も通い続けている人がいました。毎回絶品の寿しが味わえて、感動できるそうですよ。

「アナゴの生地焼き」は脂が乗っていて絶品とのこと。

ふっくらと焼き上げられており、口の中でとろけるような甘さがあります。

このお店は親方の自然な接客がとてもいい。飲み物の種類は少ないが、それはそれでいい。ネタは相変わらずデカイ。

出典:http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13001397/dtlrvwlst/6175897/

車海老ボイル、ウニ、トロ、アジ、マゴカレイなんかを握ってもらい、玉子をいただいて締め。穴子の折を1つ包んでもらって帰宅です。超絶的においしかった。

出典: パドルグラムさんの口コミ

カイソ

パンTOKYO百名店2020選出店

3.71

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

一個一個にまで、職人さんの目が行き届いた愛情あふれるパンが販売されている【カイソ】です。

生地がもっちりでずっしり「豆パン」や、ゴマがたっぷりとかかった「ハムチーズ」などのパンがあります。

種類はそれほど多くなく、少数精鋭のパンたちが売り場を飾っています。

下北沢ならではの、オシャレさが伝わってきますね。

やはりマルゲリータ美味しい!。ふっくらとして食感はもちっと。噛めば噛むほど味わい深い。トマトソース、チーズとのバランスがとにかく良いですね。多すぎず、少なすぎず。パン自体もしっかり味わえます。

出典:http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131812/13129587/dtlrvwlst/4582764/

店内に椅子が置いてあり、そこで食べている方もいらっしゃいました。パンを入れてあるアルミトレーや店内は懐かしい感じですが、扱っているパンはブーランジェリーを使っているパン屋さんの商品のようです。

出典: Hakoiriさんの口コミ

クオーレ・フォルテ

3.68

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: -

オーガニックのビオワインと、料理が最高に美味しいという【クオーレ・フォルテ】です。

料理の作り手から熱い思いが伝わってきたそうですよ。ワインにピッタリの料理が並びます。

自然派のワインが揃っているこちらのお店。スッキリ・ドロッ・重厚・高級感と、様々なワインを楽しめたそうです。

若い店員さんたちの質の高さが魅力、との声もありました。

フラッと立ち寄りたくなる、イタリアのバールのような雰囲気のお店。

これなら一人でワインを楽しんでも良いですし、仲間と盛り上がるのにも良さそうですね。

絶対食べたかったポルケッタは、皮つき豚バラ肉。見た目ラーメンに乗っているチャーシューっぽいけれど、違いますっ!外側がパリッと焼かれていて、しっかりした味のお肉です。

出典: ランチ会好きさんの口コミ

八丈島のジャージー牛で作られた一品はとても美味、こんな美味しいモッツァレラははじめてかもしれない

出典: サプレマシーさんの口コミ

バサノバ

3.71

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

ここはカレー屋さん?ラーメン屋さん?と悩んでしまいそうな【バサノバ】です。

まろやかさと動物系のコクを兼ね備えたカレースープは、麺との相性バッチリです。

お店の外観を見たら、ますます何のお店か分からなくなってしまいますね。

「豚濁ソバ」や「トムヤムソバ」といった麺もありまして、食べてみたくなるメニューばかりです。

机の上のトッピングも投入。辛いキクラゲのようなものが歯ごたえも辛さもアクセントに!食が進みます。

出典: pureberryさんの口コミ

スパイスや、粘度、麺との絡みなど、どれを取っても死角なし‼︎こちらのお店の底知れぬセンスを垣間見ました。

出典: 我武者羅ダディさんの口コミ

クスクス ルージール

3.65

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

小麦粉から作る粒状のクスクスは、色々な料理とマッチします。秀逸なクスクスを提供している【クスクス ルージール】です。

海老の甘さが食欲を刺激する「エビパン」にも人気が集まっていました。

えっ、真っ黒!!と驚いてしまう「バナナタルト」です。

完熟したバナナとお酒、そして黒糖を長時間鍋で煮詰めると、このようなタルトに仕上がるそうです。まったりと甘くその濃厚な香りは、カカオやコーヒーに似ています。

子羊はストーヴで炊かれて出てくる。アツアツのスープ仕立て。ニンジンや玉ねぎなど野菜たっぷり。クスクスにかけていただく。子羊はグリルしてあり、香ばしくかみごたえがあり旨みがたっぷり。塊で二つごろんと入っている。見た目が豪快。食べてもおいしい。

出典: おか丼さんの口コミ

何と言っても素晴らしいのは、オーナーご夫妻と女優もしているスタッフの醸し出す雰囲気だ。この雰囲気と会話を楽しむために、料理を食べなくても通いたいほどだ。

出典: アリス・フォーンさんの口コミ

Rojiura Curry SAMURAI. 下北沢店

3.67

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

野菜がたっぷりと盛られた器、サラダかな?と思ってしまいますよね。こちらは何とスープカレーなのです。

【Rojiura Curry SAMURAI. 下北沢店】のスープカレーは、カレーというより野菜を食べるためのスープと捉えているレビュアーさんもいました。

こちらのお店で見逃せないのが、皮がパリパリとしたチキンです。

スプーンでスッと身が骨から離れるほど煮込まれていて、食べやすいとのこと。

カレー店の多いシモキタですが、この美味しさは間違いなくリピートしそう。小上がり席もあるので、今度は子連れできてみようかな。

出典: negifafaさんの口コミ

やってきたスープカレーはボリュウムがあります。ええ、スープカレーって野菜の量が多いものですが、ここのは特に多いです。これが人気の理由かな。

出典: felice1010さんの口コミ

一龍

3.65

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

懐かしさが感じられ、ホッと一息つけるようなラーメン店【一龍】です。

中華そばには珍しい、紅しょうがが乗っており良いアクセントになっています。

チャーシューで丼が埋め尽くされた「チャーシューめん」。

薄切りではありますが枚数が多いので、麺を口にするたびに一枚ずつ食べ進めることが可能です。

ひと口ひと口、くっきりとした旨みがキュッと刺すように感じられますが、毎回スパッとキレるので、どんどん箸を進めたくなります。

出典: あほあほのさかたさんの口コミ

暖簾をくぐると広がるカウンターのみの世界。カウンターの中に店主のおじいちゃんテレビからは野球中継。昔懐かしの昭和感全開でお出迎えしてくれます。

出典: maachoさんの口コミ

打心蕎庵

そば百名店2019選出店

3.76

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

古都を思わせる門と庭、そして素晴らしい雰囲気の中で食べる蕎麦は格別という【打心蕎庵】です。

蕎麦はよくしめられており食感が良く、つゆは鰹の味がかなり感じられ、少し甘めだそうです。

こちらは冷やした「すだち蕎麦」です。見た目も香りも爽やかで、しっかりとした旨味が感じられる逸品です。

毎年訪れて注文をしているレビュアーさんもいました。

九条ねぎ蕎麦は、まず見た目の緑が目に涼しげ。汁も濃くなく、鰹の薫りが感じられる品のある仕上がりだ。ここの蕎麦と良くマッチしている。

出典: アリス・フォーンさんの口コミ

海老と野菜の天ぷら盛り:熱々で美味しかった☆エビが肉厚で旨味があり粗塩で頂くと幸せです。お汁も付きます。

出典: プニプニ51さんの口コミ

白髭のシュークリーム工房

3.67

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

ジブリ公認のトトロシュークリームが大人気となっている【白髭のシュークリーム工房】です。

表面は固めでパリっとしており、中にはクリームがぎっしりと詰まっています。原料は国産にこだわっているそうですよ。

お持ち帰り用にシュークリームを箱に詰めてもらい、開けてみるとトトロたちの視線が集まります。

「早く食べて!」と言わんばかりの、意味ありげな表情です。

お店の外観もジブリ作品に登場しそうな味のある雰囲気です。

気持ちの良い風が吹く日は、こちらのテラス席でカフェタイムを過ごしてみたいですね。

シューパイはしっかりした硬さで、サクッと食感がいいです。中のカスタードクリームは甘さ控え目で、濃厚です。バニラエッセンスの香りが最高です。ストロベリーなどもあるので、次はお土産に買って帰ろうかなーなんて思ってます。

出典: マーヤパパさんの口コミ

大きな木のあるお家の1階部分が白髭のシュークリーム工房さんで、2階はトロ コーヒーアンドベーカリーさんです。雨の夜に訪れた時、トトロがふと現れてきそうな雰囲気がありました。

出典: Hakoiriさんの口コミ

ヒロキ

お好み焼き百名店2019選出店

3.57

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

下北沢で広島鉄板焼きと言えばこのお店、というレビューが集まった「ヒロキ」です。

エビやイカそしてホタテが乗った広島焼きは、魚介類のサイズに驚かされますね。生地を覆い隠すようにトッピングされています。

目の前の鉄の上で、次々と広島焼きが仕上がっていきます。

せっかくなら箸ではなく、本場広島のようにヘラで食べて欲しいと、レビュアーさんからオススメされました。

大ぶりの具材がお好み焼きの上にてんこ盛りの大迫力。麺入りお好み焼き。大ぶりのイカ、海老、帆立の圧倒的存在感。鉄板がステージだ舞台だ。熱々ホフホフ旨い。ネギだけでなくキャベツも甘い。

出典: さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメさんの口コミ

使用する麵はソバかウドンが選択可能だがソバにした。目の前で作るところを見れるのは楽しい。見ていて知ったのは大葉が何枚か使用されていること。

出典: ぽんた1964さんの口コミ

にしんば

3.57

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: -

下北沢で居酒屋といえばココ!というレビューが見られた【にしんば】です。

新鮮なお刺身がウリのお店で、パスタなどのメニューも美味だったそうですよ。下北沢で一番魚が美味しいのではという意見もありました。

日本酒の品揃えもよく、役者やミュージシャンのグループが酒宴を開いていることもあるのだとか。

少人数の呑み会にピッタリの良店だそうです。

手作り感ある温かみのある内装。トイレには演劇・音楽系のポスターがぺたぺたと。客と店員の一体感に下北沢らしいカルチャーを感じさせて、居心地は悪くない。

出典: 浮かれ三亀松さんの口コミ

特に天ぷら(魚系と野菜の組み合わせ)がおすすめです。旬の素材の味を活かしつつ、サックサクに揚げてくれます☆

出典: margaret08さんの口コミ

ルミエルネ

3.55

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: -

野菜たっぷりのメニューと、自然派ワインがウリとなっている【ルミエルネ】です。

メニューの中には「30種の季節の温野菜」というものがありまして、周りのソースにも野菜が使われているとのこと。

店内の至るところに置かれたワインボトル。

レビュアーさんによれば、ワイン選びのセンスは抜群であり、大人のフレンチビストロとして愛用しているそうです。

カウンターだったのでシェフが作ってくださっているライブ感がとっても素敵で。またシェフお1人、ソムリエさん1人の2人体制。にも関わらず本当に動きがスムーズでかっこよくて。

出典: karin☆さんの口コミ

店内にはいるとダークブラウンのウッディ調なテーブルに程よい照明、音楽はノラジョーンズやリッキーリージョーンズなどかかっていており、かったるさとムーディさが漂います。

出典: lua brancaさんの口コミ

フェーガト・フォルテ

3.54

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: -

イタリアの自然派ワインが充実しており、ツウたちが通う大人ワインバーの【フェーガト・フォルテ】です。

ワインの種類の多さはピカイチで、他店では味わえないような珍しいワインも揃っているそうです。

こちらは「ピスタチオのパスタ」。ピスタチオを一度茹でて、一粒一粒甘皮を剥いて仕上げたという手の込んだ料理です。

ワインの美味しいお店は、料理にもこだわりがあるのですね。

ワインが好きであれば誰でもウエルカム。1軒目でも2軒目でも気軽に使えるカウンターメインの店内は、カジュアルな雰囲気で居心地は抜群ですよ。

出典: lua brancaさんの口コミ

穴蔵のような店の中で流れる時間はゆっくりで まるで俺もワインと一緒に熟成を重ねているような気持ちに。

出典: まてぃすさんの口コミ

うまいもの 楽味

3.53

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: -

下北沢で美味い和食を頂くなら【うまいもの 楽味】、というレビュアーさんからのオススメがありました。

どの料理にもこだわりがあって、感動したそうですよ。自家製からすみや、ふぐの白子が絶品です。

〆にピッタリなのが鯵寿司です。

新鮮な鯵を細長く作った棒寿司のスタイルで、複数のレビュアーさんが注文していました。

「半人前ずつでも構いませんよ」との優しいご提案。お刺身なんかは少量ずつ盛ってくれる(要は刺し盛り)お店も少なくないですが。こちらはお野菜系メニューなんかも半々に盛ってくれるみたいです。うーん、こういうの大好き。

出典: フラキンさんの口コミ

落ち着いた店内。大人のカウンター割烹です。これだけの料理をそこそこの値段で食べられるのはとてもリーズナブルでしょう。実はランチもやっていて、こちらも重宝しています。

出典: Min^2さんの口コミ

ラ・ベファーナ 下北沢店

3.54

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

イタリア製の石薪窯で焼き上げたピッツアを堪能できる【ラ・ベファーナ 下北沢店】です。

生地がモチモチカリカリとしていて、口の中に香ばしい小麦の香りが広がります。他店では食べることのできない絶品ピッツアだそうですよ。

木片に白字で大きく書かれた「やってます」が目印となります。

チェーン展開をしているお店なのですが、レビュアーさんによると雰囲気が全く異なっており、下北沢らしさが感じられるようです。

お冷がわり?のあのお茶?なんでしょう。何かすごくおいしかった。サーブを担当していたお姉さんは取り皿とかお茶のおかわりとか、どんどん気づいてやってくれます。

出典: あほあほのさかたさんの口コミ

最初に皿一杯のサラダがでてきます。酸味の爽やかなドレッシングをまとう野菜が美味。身体が喜ぶ最初のご馳走に感激です。

出典: ゆうごはん万歳さんの口コミ

かつ良

3.51

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

ゆったりと過ごせると評判の、地下にある老舗のとんかつ店【かつ良】です。

国産銘柄というひれカツは流石の食感であり、ご飯は白飯かシソご飯のどちらかを選べるそうです。

最初に4種類の漬物が登場します。もちろんご飯のお供としてピッタリですし、お酒を飲む人にはツマミにもなります。

とんかつが届くまでの口寂しさを、漬物が和らげてくれますね。

そして、なんと言っても、こちらのホールの男性の気配りが半端ない!(笑)ものすごく丁寧で腰が低く、感じが良いんです。笑顔も優しそう~^^

出典: ***smile***さんの口コミ

広い店内で、どの席もゆったり座れる感じ。(中略)アンティーク貴重のテーブルや椅子は段々風格が出てくる。こういった老舗は、今もお店があることに感謝。

出典: BLANYさんの口コミ

旧ヤム邸 シモキタ荘

カレーTOKYO百名店2019選出店

3.88

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

※本記事は、2019/12/06に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ