【東京】中華料理店の高級な冷やし中華 4店舗

【東京】中華料理店の高級な冷やし中華 4店舗

東京の中華料理店の高級な冷やし中華です。1600円~1730円と超高価な割に納得できるものが少ないのですが、赤坂の樓外樓飯店のバンバンジー冷やし中華は納得できる美味しさです。

キーワード
冷やし中華
高級

記事作成日:2015/08/08

4252view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

樓外樓飯店 ★3.8 バンバンジー冷やし麺 1730円

Clear

赤坂のエスプラナード赤坂通りを赤坂通りを越えて進んだ先の赤坂からす亭ビル1階に57年3ヶ月前の1958年5月にオープンし3年11ヶ月前の2011年9月に破産し4年1ヶ月前の2011年7月に復活し赤坂2-12-8より移転オープンした中華料理店です。

★3.8 バンバンジー冷やし麺 1730円

バンバンジー冷やし麺は、透明で丸く大きな深底の器に透き通ったさっぱり出汁がと細麺を入れ、ゴロゴロした冬瓜、地鶏、クラゲを盛り特製ピーナッツだれをたっぷりかけ、プチトマト、かいわれを添えて提供されます。頂いて見るとほぐした地鶏の柔らか食感、塩分が効いたクラゲのコリコリ感に濃厚な特製ピーナッツだれのコクが相まって深みある旨さで、さっぱりしたゴロゴロ冬瓜とプチトマトがアクセントになりとても美味しいです。

中国飯店 六本木店 ★3.3 五目のせ冷麺 1600円

Clear

西麻布の六本木ヒルズの向かい六本木通り沿いのオリエンタルビル1階、2階にある創業34年余の中華料理店です。

★3.3 五目のせ冷麺 1600円

五目のせ冷麺は、一部青色の曇り皿に細麺をもり、トマト、鶏肉、ブロッコリー、角切り豚チャーシュー、椎茸、海老、木耳、錦糸玉子をトッピングして、胡麻ダレ、醤油ダレの2種類を別皿で添えて提供されます。醤油ダレは定番の甘酸っぱさで箸が進んで美味しいです。胡麻ダレは胡麻の風味がしながらも、定番の甘酸っぱさも併せ持っていて、胡麻のコクが効いて抜群に美味しいです。豪華なトッピングと相まって美味しく完食しました。

孫 六本木店 ★3.3 トマトの家庭風冷麺 1404円

Clear

六本木の外苑東通りを東京ミッドタウン向かいで脇道に入った先の喜楽ビル地下1階に7年11ヶ月前の2007年9月に赤坂2-15-10 花柳ビル1Fから移転オープンした孫 成順(ソン セイジュン)の中華料理店です。

★3.3 トマトの家庭風冷麺 1404円

トマトの家庭風冷麺は青色で深底の大きな陶器に細麺とトマトベースのスープをたっぷり入れ、トマト果肉、海老5個、スクランブルエッグ、パクチーをトッピングし、大量のキュウリの千切りを別皿で添えて提供されます。頂いて見るとたっぷりのトマトふんだんに使った優しい味わいの贅沢なトマト冷麺で、良く冷えていて美味しいです。ただ、トマトに甘みはあまりなく、1404円という価格の割には物足りないです。

チャイナ 三丁目 ★3.1 冷やし中華 1600円

Clear

西麻布の六本木通りを少し脇道に入った先の円柱状の建物1階、2階に中国飯店の料理長と支配人が独立して3年3ヶ月前の2012年3月にオープンした中華料理店です。

★3.1 冷やし中華 1600円

透明な皿に細麺を盛り、錦糸玉子、キュウリ、ハム、トマト、豚チャーシュー、鶏肉、くらげをトッピングして辛子、胡麻ダレを別皿で提供されます。目の前に置かれた瞬間、えっ?1600円なのにこんだけ?と戸惑う程にシンプルなビジュアルです・・・胡麻ダレは中国飯店 六本木店 五目のせ冷麺 1600円の胡麻ダレの味わいに近く胡麻の風味がしながらも、定番の甘酸っぱさも併せ持っていて、胡麻のコクが効いて抜群に美味しいです。

※本記事は、2015/08/08に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ