淡路島ならではの美味しいランチ!訪れてみたい人気店16選

出典:drkckさん

淡路島ならではの美味しいランチ!訪れてみたい人気店16選

瀬戸内海の東部に位置する淡路島。自然を満喫できる兵庫県立淡路島公園や道の駅など、観光名所が盛りだくさんです。玉ねぎや淡路牛が特産品として知られ、島内の飲食店にて自然を眺めつつ味わえるのだとか。今回は淡路島の人気ランチ店をまとめました。淡路島を構成する、淡路・洲本・南あわじの3市から選出しています。

記事作成日:2022/06/27

381view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる1619の口コミを参考にまとめました。

淡路市内にあるランチがおすすめのお店

淡路翁

3.66

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

淡路翁

まるで絵画のような美しい農村の風景が、大きな窓から拝めると人気の「淡路翁」です。ランチのそばを堪能しつつ、いつまでも眺めていたくなる光景だそう。

アクセスは北淡インターチェンジから車で約15分、駐車場は10台分以上あるそうです。

淡路翁

こちらのお店は、冷たいざるそばの専門店。自家製粉したそばを一番美味しく味わってもらいたいという思いが込められているそうです。

「鴨せいろ」をはじめ辛味大根で食べるそばや、製粉する時に甘皮を多めに入れた曜日限定の「田舎そば」も扱っています。

そばと一緒に楽しむお酒も厳選しているのだとか。せっかく淡路島を訪れたのなら「AWAJI BEER」のレッドエールがおすすめです。

本格的な味わいのクラフトビールで、アルコール度数は高め。ランチタイムに、ほろ酔い気分で過ごすのも良いですね。

・ざるそば
色が白めで、のどごしがよくツルツルした麺で、いい香りがしました^^ 出汁も薬味のネギもバランスがよく、このお蕎麦によく合ってましたねー。何がどうこうといえる舌は持っていませんが、いい素材と高い技術でこのざるそばが提供されてるのだなあと納得☆

出典: 真由パンダさんの口コミ

店内は静かで落ち着いた雰囲気。奥のテーブル席から見える景色は最高でした。細身のお蕎麦で、噂通り美味しかったです。あまりにも美味しかったのでおかわり!大満足だったのでまた立ち寄りたいと思います(^o^)

出典: keboyan877さんの口コミ

淡路島 鼓や

3.56

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

淡路牛をはじめとする、淡路島産の食材をふんだんに使った「淡路島 鼓や」です。

カウンター席とテーブル席のほか、2階には10名まで利用可能な個室を完備。津名一宮インターチェンジより車で7分、駐車場は最大12台分設けているとのこと。

淡路島 鼓や - 舌鼓!淡路島定食

淡路島産たこを使用したコロッケや自家製の淡路島牛乳豆腐など、淡路島の魅力を詰め込んだランチが「淡路島定食」。伝統の手延べ麺「淡路島ぬーどる」のミニサイズも付いています。

季節によっては、淡路島産の生しらすの丼ぶりが登場することもあるのだとか。

淡路島 鼓や - 鉄板焼牛丼

熱々の鉄板の上でジュージューと焼く「淡路牛鉄板焼き牛丼定食」。何とスタッフの方が、目の前で調理してくれるそうです。

お肉系の料理では、自家製淡路牛のローストビーフと淡路島産玉ねぎを合わせた「淡路牛ローストビーフユッケ丼」が魅力的だそう。

・淡路牛ローストビーフユッケ丼
ローストビーフも柔らかくて美味しかった♡ 他に蛸の唐揚げや鱧の料理も食べてみたかったなぁ。淡路島の山の幸、海の幸を堪能したいならこちらの鼓やさんはオススメです♡ ごちそうさま(๑´ڡ`๑)

出典: おざりえ☺さんの口コミ

店に入るととてもアットホームな笑顔で迎えてくれます。しばらくして料理が運ばれるとわぁー!色鮮やか!食欲そそります。そして口にするとどれも丁寧で他にないお味もあり美味しく、新鮮でした。淡路に来る時はこれからはここにまた来たいと思いました。

出典: みうら一夜干しさんの口コミ

miele

3.49

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

miele

イタリア語ではちみつを意味する「miele」は、淡路島の西海岸に位置するおしゃれなカフェ。

海に面したテラス席で、とても優雅なランチタイムを過ごせるようです。北淡インターチェンジから車で約10分、駐車場は60台分完備。

淡路牛と淡路島産の玉ねぎがタッグを組む「ミエレ 淡路牛プレミアムグルメバーガー」。特製のデミグラスソースとエッグタルタルソースが絶品とのこと。

パティとチーズが2倍量の「ミエレ 淡路牛Wバーガー」もあり、それぞれポテト付きだそうです。

miele

こんもりとしらすが積み上げられた「淡路島産しらすピッツァ」。ストップ!と声をかけるまで、スタッフの方がしらすをのせ続けてくれます。

店名が意味するはちみつにちなんだ、玉ねぎのせ放題の「はちみつマヨナーラピッツァ」もありますよ。

・はちみつマヨナーラピッツァ
ベースのピザはこちらも素朴ですが、具材には小海老がコロコロ乗っていました。たっぷりの玉ねぎの味わいをベースに、まろやかなチーズとソースにプリプリ食感のエビ。そしてフワッとはちみつの風味が広がり、とてもマイルドな口当たりです。

出典: 大阪めんまさんの口コミ

子連れで伺いましたが、店員さんには終始丁寧な対応をしていただき、雰囲気、食事共に楽しい時間を過ごせました。かなりオススメのお店です!淡路島に行った際は是非行ってみてください♪

出典: mnmy577さんの口コミ

おさかな共和国 えびす丸

3.48

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

ランチタイムに旬の海鮮丼が食べられる「おさかな共和国 えびす丸」です。

テラス席は、明石海峡大橋が見える絶好のランチスポット。淡路インターチェンジより車で5分、「道の駅あわじ」内に出店しており駐車場は92台分設置しています。

左奥は様々な海鮮食材をのせた「THE海鮮丼」で、右手前は淡路産の鯛ご飯に卵をかけて食べる丼です。後から卵をまとわせることで、まろやかな味わいへ変化するのだとか。

外で食べる海鮮丼は、爽快な気分が味わえそう。屋根の付いた席も用意されています。

おさかな共和国 えびす丸

丼ぶりのレパートリーは約10種類ほどあるようで、中でも「まぐろユッケ丼」は幅広い年代から支持されています。

生しらすやハマチのシーズンには旬の丼ぶりが登場し、たこの天ぷらとカレイの唐揚げを組み合わせ船の帆に見立てたような丼ぶりも。

・淡路の鯛ご飯たまごかけ
淡路といえばタコか鯛なイメージがありませんか?(^^) まずは玉子をかける前に、そのまま鯛とご飯だけで。うんうん、美味しいです!!このぶりっとした食感♪ しかもご飯を覆い尽くすこの鯛の量、これは嬉しいです♡ 

出典: らんらん☻さんの口コミ

とにもかくにも晴天の下、海を眺めながら食べる海鮮丼は雰囲気も満点!下から見る明石海峡大橋も迫力がありよかった。時間が許すなら高速から降りてのんびりしてみるのもありですよ。

出典: sleep292さんの口コミ

あさじ

3.46

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

あさじ

明治初期よりあなごの網元を営み、現在は昔ながらの製法で炭焼きあなごを提供しているという「あさじ」。

イートインオープン時ならやテラス席などで、あなごを堪能できるそうです。北淡インターチェンジから車で約8分、駐車場は25台分設けているとのこと。

あさじ

「あなご丼」は並盛と大盛の2種類を販売しているみたいです。テイクアウトもしくはギフト用に、中・大中・大・特大と4サイズの炭焼きあなごも扱っているのだとか。

厳選したあなごだけを使用し、炭火で焼くことによりふっくら仕上がっているようです。

あさじ

ランチ後の観光中に持ち歩きしやすいあなごを使った「おにぎり」のほか、淡路島土産として購入したい肝煮・しぐれ煮も販売していると聞きます。

旅行の思い出を振り返りながら自宅で淡路島の地酒を飲みつつ、あなごを堪能するというのも良いですね。

・あなご丼
シッカリとした身ながら柔らかくGOOD☆ 噛みシメる程に〜淡路島名物!?地魚あなごの旨みがお口に広がりタマリマヘン・:*+.:+ 続いてスモーキーフレーバー&サラサラとしたあっさり系タレ味がやって来て..・ヾ( ๑´.д`๑)ツ 鮮度良いあなごを存分に味和えNICEかな.。.:*☆

出典: MASA⭐️RUさんの口コミ

あなご弁当並を2つ購入し、夫婦で外のパラソル席で頂きました。販売する場所に無料のお茶があったり、ティッシュやゴミ箱も席の近くに常備されていて、感心しました。店の横に屋根があるスペースがあり、そこも自由に座って食べられるようで、いろいろ工夫されていると思いました。

出典: miyumunoさんの口コミ

カフェ・スコーラ

3.38

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

元小学校をリノベーションした施設内に出店している「カフェ・スコーラ」です。

ペット同伴で過ごせるテラス席と、小学校の名残を感じる店内席という構成。北淡インターチェンジより車で10分、「のじまスコーラ」の1階で駐車場は80台分完備しています。

ランチタイムのメイン料理は、おおまかに分けてカレー・パスタ・スペシャルの3種類。それぞれ淡路島産の採れたて野菜のビュッフェが付いています。

「淡路牛すじカレー」は中辛で、ハッシュドビーフやグリーンカレーとの2色カレーも用意されています。

「淡路牛の焼肉丼」は数量限定のメニューで、おしゃれに盛り付けてありますね。ハンバーグプレートも数量限定です。

パスタでは、生パスタを用いた「淡路玉ねぎとベーコンのアマトリチャーナ」や季節のパスタなどを提供。キッズメニューもありますよ。

・淡路玉ねぎとベーコンのアマトリチャーナ
淡路玉ねぎとベーコンのアマトリチャーナを食べました!ローマの伝統的なソースをトマトと淡路島産の甘い玉ねぎでつくってるそうです!サラダもついてきました!味もおしいくすぐ完食してしまいました。次来る時は他のものも注文したいと思いました!

出典: kai91314さんの口コミ

まずびっくりしたのが野島小学校を廃校にしてそこをリノベーションし、綺麗なカフェにしていたところ!ちゃんと学校の雰囲気も残しつつカフェのおしゃれな雰囲気もあり始めての感覚でした!またサラダのバイキングもあり淡路島の特産品の野菜が盛り沢山で特に淡路島の玉ねぎはすごく甘くびっくりしました!

出典: 自由な旅人2さんの口コミ

洲本市内にあるランチがおすすめのお店

いたりあ亭

3.61

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

いたりあ亭 - 素敵な店内

おしゃれなイタリアン料理が食べられる、その名も「いたりあ亭」です。混雑時のランチタイムは2部制を採用しているのだとか。

テーブル席やテラス席のほか、完全個室も設けています。洲本インターチェンジから車で5分、駐車場は9台分設置。

いたりあ亭

3種類のメイン料理から好きなものを選べる「Aランチ」。こちらは「地鶏のポワレ」で、本日の鮮魚やハンバーグも候補に挙がっています。

自家菜園で採れた淡路島の野菜サラダのほか、自家製焼きたてパンやパスタが付いた豪華なセットです。

いたりあ亭

注目すべき料理は「生雲丹のスパゲッティー」。メディアで取り上げられている高級料理なので、予約をしてから訪れた方が良いでしょう。淡路島近海で獲れた生雲丹を、板一枚分のせてくれます。

トマトソースのスパゲッティーやボロネーゼも扱っているとのこと。

・Aランチ
3人で行ったので全種類を注文。ハンバーグ、淡路鷄、鯛。ハンバーグはフワフワジューシーで美味。鷄は皮はカリカリ肉厚ジューシーで美味。鯛は身がしまって淡白だけどソースに抜群に絡んで美味。

出典: hiro-471748さんの口コミ

2時頃に伺いましたら満席とのことで時間をずらしての訪問です。島外からもお客様が来られるとのこと、かなりの人気店ですね♪ 落ち着いた雰囲気の綺麗な店、接客も丁寧ですね。これは料理も期待できます。

出典: いちょうさんさんの口コミ

平野パン

3.56

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

観光旅行中の持ち歩きに便利な、テイクアウト用のパンを販売しているという「平野パン」です。

イートインスペースが設けられており、ランチタイムにパスタなどを味わえるのだとか。洲本インターチェンジより車で約5分、駐車場を設けてあるそうです。

この日の「特製ランチ」は、豚肉をメインとした構成。パンの食べ放題が付いているみたいで、満足度高めなランチタイムが過ごせることでしょう。

2種類のパスタセットやスープセットを扱っており、ミネストローネもしくはドリンクの追加も可能だと聞きます。

平野パン - パン⑤

棚には、淡路島特産の玉ねぎを使用したパンやスイーツ系など多種多様なパンが並んでいるようですので、複数個購入した上でドリンクと一緒に楽しむという手も。

食べ放題のパンも含め、気に入ったものがあれば購入して帰りたいですね。

・パスタセット/ミネストローネ
ミネストローネですが、トマトが濃くてすごく美味しかったです。パスタはトマトソースにしましたがこれもやはりトマトが、美味しいので絶品です。パスタの量も十分でした。パンも店頭に並んでるものも出てくるし、焼きたても出るので満足できました。

出典: くいしんぼーゆうゆさんの口コミ

カントリー調のおしゃれな外観。入口には花や木の観葉植物が飾られていてあたたかい雰囲気のお店です。駐車場は広めのスペースがあるので安心。店内はパンの販売と奥にカフェが併設されていて、ちょうどランチ時だったので美味しそうでしたよ。

出典: おざりえ☺さんの口コミ

淡路ごちそう館 御食国

3.46

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

淡路ごちそう館 御食国

かつて、淡路島から朝廷へ海産物を貢いだことから呼ばれるようになったという、「御食国」。その名を残す「淡路ごちそう館 御食国」です。

レンガ造りの工場をリノベーションしたお店。洲本インターチェンジから車で約15分、近隣駐車場のサービス券を発行しています。

淡路島の名物といえば淡路牛。そのお肉を贅沢に120g使い「淡路牛ステーキ丼セット」として味わえます。味噌汁と香の物付き。

淡路産の牛肉・玉ねぎ・お米を組み合わせた牛丼もおすすめ。ジューシーな「淡路牛メンチカツセット」もありますよ。

淡路ごちそう館 御食国

お肉だけでなくお魚料理も要チェック。「海鮮丼セット」は特製のワサビダレを用いた漬け丼に仕上がっています。

牛丼・海鮮丼を含め、サラダ付きのメニューはオニオンスライスのお代わりが自由。淡路島のクラフトビールや地酒も扱っています。

・淡路島牛丼セット
牛丼、香の物、味噌汁、薬味のセットです。牛肉も玉ねぎもお米も淡路産、こだわりの丼です。お肉は柔らかくて旨みがあります、玉ねぎは肉厚で甘いです。やはり淡路の玉ねぎは美味しいですね、お肉との相性は抜群です。

出典: 夏ミカンさんの口コミ

昔の工場(鐘紡洲本工場)の赤レンガ造りを改装した建物で雰囲気も良いです。また、立地も良いので、休日のランチタイムは開店前からかなりの行列が…。でも、店内は広く席数も多いので、比較的待ち時間は少なくてよさそう。

出典: Baggieさんの口コミ

たまご屋さんちのたこ焼

3.36

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

観光中にペコペコになったお腹を、ランチ時にしっかり満たしてくれそうなたこ焼きが食べられる「たまご屋さんちのたこ焼」です。

島の牛乳を使用したジェラートも食べられるのだとか。洲本インターチェンジより車で約16分、駐車場を完備しているそうです。

たまご屋さんちのたこ焼 - 玉タコ(税抜400円)

ボリューミーなたこ焼に、シャリシャリ食感の玉ねぎスライスをのせた「玉たこ」です。たこ焼が見えないほど、たくさんの玉ねぎがのっているとのこと。

まずは王道の品ということなら、「名物たこ焼き」がおすすめ。たまごをたっぷりと使っているみたいです。

たまご屋さんちのたこ焼 - たこ唐たこ焼き(税抜650円)

インパクトを感じるビジュアルの「たこ唐たこ焼き」。大ぶりな地だこを使用しており、たこ焼きから足が飛び出ているかのようです。

「たまご屋さん」という店名ならではの、こだわりのたまごや、エッグタルトなどたまごを使った料理も種類豊富に揃っているとのこと。

・玉たこ
タマネギがたっぷり載ったタコ焼きです。フタを開けた途端タマネギの香りがすごい!こちらに入ってるタコは普通サイズながら、タマネギが合う!生タマネギだけど辛くないです。さすがにこれは淡路島産だろう。もぐもぐ。いやーうまい…。香りも歯応えも合う…。

出典: しぇるふさんの口コミ

・たこ唐たこ焼き
少し甘めの生地に、甘めのソース、もんげーフワッフワのたこ焼きです!外側カリッ、内側フワッで、とろけちゃいます(//∇//) もんげー美味しいです!

出典: maxぱんこちゃんさんの口コミ

しあわせ島ごはん まどみ

3.36

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

しあわせ島ごはん まどみ

商店街に出店している「しあわせ島ごはん まどみ」です。地元の漁師さんが厳選した地魚を扱っているのだとか。

温かみを感じる照明が灯った、おしゃれな店内です。洲本インターチェンジから車で約13分、駐車場はコインパーキングを利用とのこと。

しあわせ島ごはん まどみ - おおよろこび定食

刺身や焼き魚といったメインの魚料理が2品並んだ「おおよろこび定食」。何だか嬉しくなるネーミングですね。

「しあわせ島定食」や、週末限定の「まんぷく定食」と、魅力的なランチの定食名ばかり。もちろん、料理内容も充実しているみたいです。

日替わりで用意されるという「まどみ定食」。牛しゃぶや豚肉の炒め物など、お肉料理が並ぶようです。

定番メニューとして、特製の唐揚げがメインを張る「唐揚げ定食」も提供していると聞きます。地魚のお造りやミニスイーツを付けたセットも。

・しあわせ島定食
地魚の香草フライで、あじやたいなどの地魚のフライ盛り合わせのようです。牛しゃぶも香味野菜もあっさりしているので味噌ダレがちょうどいい。小鉢のごぼうとこんにゃくの甘口の煮物、水菜の胡麻和え物、きゅうりとわかめの酢の物と、それぞれが家庭の味でご飯に良く合います。

出典: tomoseipapaさんの口コミ

店先には、手書きのメニュー看板が立ち並び親しみやすい佇まいです。カウンターも数席ありますが、テーブル席がメインで、地元の方々も多くいらしています。気取りが無くて、ホッとする雰囲気ですね。

出典: りょんこさんの口コミ

南あわじ市内にあるランチがおすすめのお店

あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン 本店

3.49

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン 本店 - テラス席

ご当地バーガーのコンテストで上位を占めた名物料理が食べられる「あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン 本店」。海に面したテラス席があります。

淡路島南インターチェンジから車で約5分、「道の駅うずしお」に出店しており60台分の駐車場を設置。

「あわじ島オニオンビーフバーガー」の主役は、厚さが約8mmもある淡路島産の玉ねぎカツ。甘辛く仕上げた淡路牛ものっています。

濃厚なプレミアムトマトソースをかけて、隠し味にからしマヨネーズ。「スパイシーオニオンビーフバーガー」も扱っています。

同じく玉ねぎカツが主役の「あわじ島オニオングラタンバーガー」。淡路鶏と淡路島牛乳を使ったオニオングラタンソースがポイントのバーガーで、オニオンフォンデュ入りです。

「あわじ島前略、道の駅バーガー」という不思議なネーミングのバーガーも。

・あわじ島スパイシーオニオンビーフバーガー
さすが名産の玉葱、存在感抜群 玉葱がカツになってるのね。まさにメイン!それにあわじ島牛の肉が合わさり、スパイシーなソースがまとめてます。旨辛(辛いの好きにはオススメ)で玉葱とバンズの甘みがバランスを取ってて美味い。玉葱カツも厚いのでボリュームもあります。

出典: good-byeさんの口コミ

あわじ島オニオンビーフバーガーあわじ島オニオングラタンバーガーあわじ島牛バーガーを頂きました!!!、、お味もコスパも最高!この日の最後に、、絶景で絶品のハンバーガーで、、良い思い出になりました!(`_´)ゞ

出典: たけ1025さんの口コミ

絶景レストラン うずの丘

3.49

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「淡路島と共に暮らすレストラン」を目指している「絶景レストラン うずの丘」。たしかに大きな窓から絶景が拝めますね。

店内には玉ねぎをモチーフとした可愛いシートも。淡路島南インターチェンジより車で約3分、130台分の駐車場を設けています。

絶景レストラン うずの丘

赤うにと黒うにをシーズンごとに扱うことで、通年で提供される「淡路島絶品生うにの海鮮ひつまぶし」。まずは海鮮丼のように食べて、最後に出汁をかけてお茶漬けに仕上げます。

数量限定で、淡路牛を用いた「うにくひつまぶし」も提供していますよ。

ランチとしては高級料理に該当するものの、食べずにはいられない「うずの丘海鮮うにしゃぶ」。うにを溶かしたスープに刺身の串をくぐらせる料理で、最後は雑炊が楽しめますよ。

タジン鍋で調理する「島のうま玉」は、皆でシェアする料理として最適。

・淡路牛!うにくひつまぶし/島のうま玉 〜淡路牛みそ添え〜
桶にたっぷり詰められた淡路牛の美味しそうなこと!厚めにカットされた淡路牛は、歯ごたえが良く、牛の旨味満点!最後は付け合せの出汁をかけてお茶漬け風にして完食!うま玉の方は専用のミニ土鍋で焼き蒸しにされて甘みたっぷり。

出典: 今夜の夕食はチョコモナカジャンボさんの口コミ

カップルや子連れのファミリーも高齢の方も皆んな笑顔になってました。個室のような玉ねぎシートもあり、ちびっ子は絶景より玉ねぎシートに座りたいと玉ねぎシートが埋まってました。ウニが好きな方は是非行ってみてください。

出典: mariy184さんの口コミ

ひらまつ食堂

3.44

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

ひらまつ食堂 - 店内①

海のすぐ近くに位置する「ひらまつ食堂」。味自慢と書かれた暖簾が吊るされたお店で、レンガ模様の外観が特徴です。

店内はアットホームな雰囲気。福良バスターミナルより徒歩10分、車の場合は近隣の駐車場を指定してもらえます。

ひらまつ食堂 - おさかな定食

漁港のそばというだけあって、新鮮な魚介類を活かした料理が登場。「おさかな定食」は、刺身や天ぷらが並ぶ豪華なセットメニューです。

造り・天ぷらそれぞれをメインにした定食に加え、鶏の唐揚げや淡路牛の陶板焼きといったお肉系料理も提供。

ひらまつ食堂 - 黒メバルの活け造り、ご飯とお味噌汁

店内の短冊に「活黒メバル造り」の文字が。今にも泳ぎだしそうな迫力が感じられる活き造りを出してもらえます。

その他の短冊には、淡路島サクラマス造り・活ウマヅラハギうす造り・活あなご造りなどが並んでいました。どれも一度味わってみたくなりますね。

・おさかな定食
その日に獲れた鮮度抜群の魚料理の数々。今ここでしか食べられないものばかり・・・。淡路島サクラマスの握り・カンパチ・イカ。カンパチから・・・歯を跳ね返すようなコリッとした歯ごたえ、そして、口の中に広がる甘味。この鮮度は、さすがとしか言いようがありません。

出典: たこやきくんさんの口コミ

渦潮を見に行ったあとに寄ったお店。親父さんの愛想がとてもよくて気持ちよくなります。お料理はおさかな定食が、絶品!!天ぷら、お刺身、小鉢、赤だし等々、すべておいしかったです。漁港なのにお肉もとてもいいものを使っていますね。すべて美味しくて、大満足。

出典: michi997さんの口コミ

淡路島南パーキングエリア下りフードコート

3.32

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

マイカー・レンタカーで淡路島を巡るなら、ランチ時に「淡路島南パーキングエリア下りフードコート」へ立ち寄ってみませんか。淡路島にちなんだ料理を扱っているそうです。

淡路島南インターチェンジに併設されており、インターチェンジへ流出時のみ利用可能。

おすすめだという「淡路玉ねぎ牛とじ丼」は、ミニ讃岐うどんをセットにできるとのこと。淡路島の玉ねぎは、お肉・卵と相性が良いと聞きます。

玉ねぎがたっぷりのった牛丼や、釜揚げした淡路島産しらすといった丼ぶりも提供しているのだとか。

中央に玉ねぎが鎮座している、その名も「丸ごと玉ねぎ塩ラーメン」。添えられたのりには、大きな橋や玉ねぎのイラストがプリントされているようです。

「淡路玉ねぎ丸ごとカレー」という、同じく玉ねぎをドンと置いたカレーもあるみたいです。

・淡路玉ねぎ牛とじ丼
やっぱり淡路の玉ねぎは甘くて美味しいなぁ。牛肉を卵でとじた贅沢な丼です。神戸や関西では「他人丼」として知られる組み合わせです。子供のころから大好きでしたが、甘みがあって美味しいしボリューミーです。

出典: tomoseipapaさんの口コミ

淡路島南PAに立ち寄り、フードコートを利用させてもらうことにしました。比較的広々したスペース。窓際には景色を望めるカウンター席、ファミリーに使いやすいテーブル席もたくさん設けられてます。まだ新しいのか、清潔感のある施設ですね。

出典: だっちん。さんの口コミ

ふくカフェ

3.33

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

ふくカフェ

築100年以上という古民家をリノベーションして、カフェに仕上げた「ふくカフェ」です。

ゆっくりくつろげる癒しの空間を提供しており、あちらこちらにフクロウグッズが。洲本インターチェンジより車で約10分、駐車場は10台分完備しています。

ふくカフェ

ドン!と玉ねぎが丸々1個鎮座している「炙りチーズ丸玉淡路島カレー」。何だか迫力がありますね。

プレミアムな玉ねぎを1個使った、独自スパイスブレンドの「淡路島カレー」は甘み・旨み・辛味と3段階で味が変化していく本格派のカレーです。

ふくカフェ

オーブンで「淡路島カレー」をグツグツと焼いた「焼きチーズカレー」は、まろやかな味わいに仕上がっています。

生卵やエビフライ、かぼちゃコロッケにロースカツといったトッピングも可能で、お子様ランチやお子様向けのカレープレートも用意されています。

・淡路島カレー/生卵
淡路島の新たまねぎでじっくり煮込んだカレーを注文。味はスパイスも程よく、玉ねぎの甘みも感じられ、ご飯の量も丁度よく、美味しかったです。。卵入れると、味がまろやかに、更に美味しくなりました。。

出典: Y・H☆0725さんの口コミ

池の端の雰囲気のある道を少し歩くと古民家カフェ登場!ふくろうの可愛い看板が導いてくれます♪ 靴を脱いでスリッパに履き替えて上がります。本当におうちに遊びに来たみたい!入ってすぐのフローリングのフロアはいっぱいだったのでその奥の縁側を通って入る和室に通されました。

出典: キッシュが食べたいさんの口コミ

※本記事は、2022/06/27に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ