横浜・野毛を呑みつくし、食べ尽くす

横浜・野毛を呑みつくし、食べ尽くす

横浜一の呑み屋街 野毛。JR桜木町駅の反対側はおしゃれな「みなとみらい」だけど、呑んで、食べるなら野毛が一番。専らジモティが集っていますが、遠くから来るお客さんにもフレンドリー。昭和な雰囲気も味わえる、居心地の良い街です。

キーワード
おしゃれ
深夜営業
名物
肉料理

更新日:2017/01/16 (2015/03/29作成)

14118view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンもつ

ゴールデンもつ

野毛詣での暖気運転に最適な店。生ホッピーとモツ煮だけでハッピーな気持ちになれます。

第一亭

第一亭

野毛呑みの仕上げには、こちらでチートの生姜炒めとパタン。
生姜と酢の効いた塩ベースのあんかけに絡んだチート(豚の胃)は食感が柔らかく、レモンサワーのお伴にぴったり、パタンは、予め風味良い胡麻油のタレがかかった中太麺を、濃い目のラーメンスープに浸けて食する裏メニュー。ボリューム満点です。

あさひや

あさひや

昔は松原智恵子とみまごう美女だったと推測される女将が出すおでんは、とても優しい味です。

野毛末広

野毛末広

嫌煙家には居心地が悪いと思いますが、野毛の風情を楽しみながらいただく焼鳥は格別なものがあります。

焼肉 大衆 本店

コスパ最高の焼肉屋。煙に塗れながらいただく、ジンギスカン、カルビは最高。特にジンギスカンは300円とお値打ち。羊の臭みは全くありません。生ホッピーも味わえます。

洋食キムラ 野毛店

洋食キムラ 野毛店

野毛の洋食屋の老舗。ハンバーグステーキを食べているお客さんは約80%。デミグラスソースがコクがあり絶品です。

三幸苑

三幸苑

キタナミシュランでも紹介されたタンメンの店。後引く味が堪りません。

野毛ホルモンセンター

野毛ホルモンセンター

名物ペラペラ焼きは、ホルモンを辛ニラと一緒にいただくオリジナル。ホルモンの処理が巧く、脂が適度に落ちております。
臭みは皆無。今まで生のニラをいただいたことは無かったですが、辛味を加えてホルモンと一緒に食せば至福♫

もつしげ 野毛小路

もつしげ 野毛小路

絶品の塩もつ煮込みとホッピーがあればハッピー♫

魚とワイン はなたれ 野毛店

魚とワイン はなたれ 野毛店

画像で紹介する、のどぐろのアクアパッツァは2,980円と店の中でも値の張る料理でしたが、魚の旨味と脂の乗りが通常提供する金目鯛と雲泥の差。汁も残らず愉しみ尽くすため、自家製パンのお代わりまでオーダーしちゃったくらい美味しかったです。

鳥伊勢 桜木町店

鳥伊勢 桜木町店

奥久慈地鶏という触れ込みだけあり、ジューシーで肉の味の濃さはタレを必要としない旨さです。同じく塩で食べさせる鴨肉も程よい弾力、噛むにつれ肉汁が口の中に広がります。店に備え付けの京都・祇園 原了廓の黒七味は風味・辛さとも上品で、焼き鳥の味にパンチを効かせるマジック・スパイスです。

日本そば東京庵

日本そば東京庵

なんといっても午前11時から翌朝6時までの営業時間の長さ。深夜営業している店だから、酒、酒の肴も充実しています。

伸喜

伸喜

おしゃれなダイニングバーのような佇まいで焼鳥を食べることが出来ます。特にお勧めなのが、レバーとかわ。前者は最小限の焼きに止めているので、温めたレバ刺って感じ。タレは甘め控えめでキレがありますな。後者は表面パリッとしてて、噛めばジュワーと皮の脂が口一杯に拡がります。

※本記事は、2017/01/16に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ