ランチで訪れたい大徳寺周辺の名店!おすすめの10選

出典:みぬいさん

ランチで訪れたい大徳寺周辺の名店!おすすめの10選

京都市北区にある「大徳寺」は、20を超える塔頭を有し、京都でも有数の規模を誇る禅宗寺院として人気の観光スポット。そこで今回は、大徳寺の拝観後に訪れたいおすすめのランチスポットをまとめました。一度は訪れたい精進料理の名店や、京町屋を改装したおしゃれなフレンチやカフェ、和食などおすすめ店を紹介します。

記事作成日:2021/10/20

425view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる227の口コミを参考にまとめました。

大徳寺周辺でランチ!おすすめの和食店

3.67

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

五 - 二階のテーブル席

大徳寺南門の向かいにある「五(いつつ)」は、1870年創業の日本料理店「和久傳」の系列店で、「紫野和久傳 大徳寺店」の2Fにあるそば店です。

優美な佇まいの店内には、カウンター席とテーブル席が配されています。

五

「季節のセット」は、要予約のランチコース。

「和久傳」同様に、季節の食材や調味料までをも厳選して使った「季節の盛り合わせ」をはじめ、「温かもの」「手打ちそば」「お菓子」が味わえる、お得なコースメニューなのだとか。

五

北海道や長野、京都、鹿児島など、全国のそばの名産地から取り寄せ、すべて手打ちして提供しているとのこと。そばの風味が感じられるよう、最初は塩で味わうのがおすすめなのだとか。

名物の「鯖寿司」や季節のそばなど、単品での食事も楽しめるそうです。

・昼のおまかせコース
和久傳の味をカジュアルに頂けるお店としてはかなり推せます。特に八寸というのでしょうか?前菜の盛合せは今まで生きてきた中で忘れられない感激の味となりました。

出典: ゆきべさんの口コミ

・ざるそばとさば寿司
ざるそばは、まろやかな麺で、濃すぎないおつゆ・本物と思われるわさび・お塩もつきます。さば寿司は立派なお昆布にまかれた厚みのあるさばがまろやかな酸味。蕎麦湯はややドロッとしたタイプでおつゆと合わせると意外とさっぱりな仕上がりに。

出典: ほっこりまったりさんの口コミ

泉仙 大慈院店

3.50

夜の金額: -

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

泉仙 大慈院店

1963年より臨済宗大徳寺派の大本山「大徳寺」の境内で営む、「泉仙 大慈院店」。

代々伝わる伝統的な「精進鉄鉢(てっぱち)料理」を楽しむことができ、店内には160席が完備されています。

泉仙 大慈院店

鉄鉢とは、禅僧が托鉢で用いる丸い鉄の鉢のこと。この鉢を模した大小の朱塗りの器に、ゴマ豆腐や精進揚げなどの料理が盛り付けてあるのだとか。

食べ終わった鉢は重ねておくのがエチケットだそうです。

泉仙 大慈院店

ランチでは「ぼたん」「ゆり」「あやめ」の3種類のコースがあり、値段に合わせて品数が増えるとのこと。

抹茶と菓子から始まるコースは月替わりで、四季折々の味覚を盛り込んだ料理が味わえるそうです。

大徳寺の中にある精進料理。おいしい。お魚もお肉もないのにこんなにおいしい。このお皿は最終的には一つに重なるので否が応でも全部食べてやるって気持ちになりますよね

出典: pfeqさんの口コミ

ゆったり自然を感じながらお料理一品一品を楽しめるところが◎。一品ごとに提供されるため、自分のペースで食事をしつつ、温かい料理を頂くことができます。精進料理なので、魚や肉料理は出てきませんが、満足感がすごくあり、価格もリーズナブルで非常にお薦めしたいお店です。

出典: cielo7さんの口コミ

大徳寺一久

3.46

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥10,000~¥14,999

精進料理の名店として名を馳せる「大徳寺一久」。

大徳寺精進料理方として、500有余年ものあいだ勤めてきたという同店の精進料理。大徳寺の和尚より、辛甘鹹酸苦の五味の按排の秘法を伝授されたと言われています。

古から変わらない作り方で提供される「犠牲豆腐」や「大徳寺麩」「筏牛蒡」などの名物料理が味わえるとのこと。

「大徳寺麩」は濃い目の味付けが特徴で、肉の代わりとして楽しめるのだとか。

大徳寺一久 - 大徳寺納豆の試食

京名物登録商標の「大徳寺納豆」は、昔ながらの手法で作られるという逸品。

大豆を麹菌で発酵した保存食として親しまれ、醤油風味の香ばしさなのだとか。紙箱入もあるので、お土産に購入する観光客も多いそうです。

・大徳寺精進料理縁高盛
大徳寺麩、犠牲豆腐、筏牛蒡に大きな栗が鎮座した栗ご飯に、お吸いものは松茸が!大徳寺納豆は、裏ごしした栗の巾着の中にあり甘塩っぱかったです。とても目にも鮮やかな盛り付けでした。

出典: よぴのすけさんの口コミ

・大徳寺納豆
有名な「大徳寺納豆」もこちらが元祖とされており、中国の豆豉を思わせる味わいは京都にあって異国の香りを感じる調味料の一つ。僕は1654年に伝来された黄檗宗の黄檗普茶料理はかつて頂いたことがありますが、より古い精進料理を求めてこちらに伺いました。

出典: 辣油は飲み物さんの口コミ

そば鶴

3.33

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

そば鶴

大徳寺から大宮通を北へ歩くこと8分ほど、昔懐かしい商店街の一角にある「そば鶴」。

L字のカウンター10席のみのこぢんまりとしたそば店で、平日のランチ時には毎日満席になるほどの人気ぶりなのだとか。

同店で1番人気は「天ぷらそば」や「天ざる」など、天ぷらをあしらったおそばとのこと。

サクサクのかき揚げの上にはたっぷりの大根おろしがのっている「かき揚げ卸しそば」も人気メニューの1つ。一緒に出される甘いおろし汁も美味なのだとか。

こちらは、「胡麻酢そば」。大量のすりごまにお酢と醤油ダレを混ぜた、甘酸っぱい胡麻ダレで味わうとのこと。

レモンの爽やかな香りと、胡麻の風味がダイレクトに堪能でき、和風冷麺のような味わいが楽しめるそうです。

こちらでは大半が天ざるの注文が入る。またかき揚げ天ざる、そちらにおろしが入るメニューの天ぷら三極である。揚げ立てが天ぷらが人気の要因である。付け汁は京都好みの醤油にちょっと甘味が加わる。付け合わせには刻み葱とわさび、かつお節である。

出典: s.asa8080さんの口コミ

・胡麻酢そば
蕎麦に胡麻たっぷりのお酢の出汁。上には胡瓜、薄焼き卵、椎茸、紅生姜そして真ん中には海老天ぷらとレモンの輪切り和風冷蕎麦麺⁉️な感じ

出典: 千本桜はんひちさんの口コミ

ほり場

3.29

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

ほり場

大徳寺の東側、おしゃれなお店が次々とオープンする新大宮商店街にある「ほり場」も、2020年にオープンしたそば店。

ナチュラルでモダンな外観はカフェのような佇まいで、カウンター5席を含む13席のこぢんまりとした店内とのこと。

ほり場

メニューはランチ、ディナーともに同じで、5つほどのそばのラインアップが並んでいるとのこと。

ざるに盛られたそばは10割で、しっかりとコシがあり、歯切れの良さが特徴なのだとか。

ほり場

こちらは人気のサイドメニュー「おいなりさんセット」。

ごまやくるみが入った雑穀米を包んだお稲荷さんに、上品な甘味と塩味の一口だし巻き卵、香の物がセットになっています。

開店数か月で人気店になっているようで、ご近所さんからの評判を聞き、この日は開店直後にようやく立ち寄れました。ご夫婦で運営されているそうで、店内には4人掛けテーブル2つとカウンター5席。木を多く使うインテリアに、清潔さとほっとする佇まいを感じます。

出典: ほっこりまったりさんの口コミ

・ざるそばにおいなりセット
こんもり美しく盛られたお蕎麦は十割。とても細くて繊細なのにコシもあります✨山葵は注文が入ってからすり下ろして下さるので風味がとてもいいです。おいなりさんにはくるみと胡麻が入っていて出汁巻き卵はお出汁の味が優しくしっとりしています。

出典: konok409さんの口コミ

紫野 川はた

3.09

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

大徳寺から南へ徒歩3分ほど、北大路通り沿いにある「紫野 川はた」。京都の有名料亭や料理店で、長年修業を重ねた店主が営む日本料理店。

清々しい白木のカウンターとテーブルに各10席ほど、個室の用意もあるそうです。

ランチメニューの「お弁当」は手頃な価格で本格的な日本料理が味わえるとのこと。

「刺身3種の盛り合わせ」や「八寸」、「ワカサギの天ぷら」など多彩な料理が堪能でき、ランチから高い満足度が得られると人気なのだとか。

ランチはお弁当のほか、コース料理も楽しめるという同店。

ある日のご飯ものの「しじみの炊き込みご飯」。どの料理も季節の食材を存分に取り入れ、丁寧に作られた料理の数々に大満足との声が寄せられています。

お昼なら2500円のお弁当があるので入りやすい。お弁当といっても刺身3種類・ワカサギの天ぷら、手の込んだ八寸も煮物もしっか~り堪能できて大満足。白子ポン酢、サイコーやった。さすが、おだしや白米にはこだわりがあるのかめちゃくちゃ美味しくて感動でした。

出典: ほいほい824さんの口コミ

・コース
この内容で個室、3500円はかなりお値打ち!!大満足です。どれも季節の食材を取り入れられ、丁寧なお味。何より美味しい。器も美しい。両親も喜んでおり、私も嬉しかったです。最後の炊き込みご飯はお願いして下のおこげも取っていただき、お茶漬けに。香ばしくて美味しかったです。

出典: アフロblogさんの口コミ

大徳寺周辺でランチ!おすすめのフレンチ

bistro Chic

3.50

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥5,000~¥5,999

bistro Chic - 靴を脱いで上がる店内 ('19.7月下旬)

大徳寺から今宮通を経て、住宅街の路地裏にある一軒家レストランの「bistro Chic」。

1950年代の小民家をほぼそのまま利用した空間には、カウンター6席のほか、テーブル席など12席が配されています。

bistro Chic - 1.宇治抹茶マカロンとフォアグラテリーヌ/パテと自家製鹿サラミ/鴨のクロメスキ 自家栽培旬菊

ランチ・ディナー共に、コース料理での提供という同店。

ある日のアミューズは「宇治抹茶マカロンとフォアグラテリーヌ」「パテと自家製鹿サラミ」「鴨のクロメスキ 自家栽培旬菊」。坪庭のような世界観が素敵ですね。

同店のスペシャリテは、全国の山里から届く希少食材のジビエ。

京都・美山の鹿を使った赤ワイン煮や、フランス産の小鳩を使ったローストなど、繊細な野生の肉をシェフのフィルターを通すことで、新たな食の発見ができそうですね。

ジビエが売りですが、前菜やメインだけじゃなくパンにまで登場するとは。これだけ多岐に渡ると、その下準備がいかに大変かと思います。夏場も美山の鹿が登場するそう。ツキノワグマのステーキは冬場の夜のみだとか。奥様の接客は柔らかで丁寧で、とても感じ良かったです。最後シェフも出て来られ、ご挨拶いただきました。

出典: 食いしんぼりんさんの口コミ

メインは美山産鹿の赤ワイン煮、黒人参、タケノコのソテー、竹炭のマッシュポテト目立つのはカブの間引き菜です。濃厚に仕立ててあり、パンと赤ワインが必須。一皿で満足感があります。小宇宙です。

出典: 午後の憂鬱さんの口コミ

大徳寺周辺でランチ!おすすめのカフェ

CAFE DU MON

3.30

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

CAFE DU MON - 正面

「CAFE DU MON」は、大徳寺総門前にあるカフェ。

たくさんのグリーンがで迎える店先を入ると、店内はモスグリーンを基調とした空間が広がり、カウンターやテーブル席などが完備されています。

CAFE DU MON

ランチで人気の「バルサミコ チキン丼ぶりセット」。

鶏もも肉を、バルサミコ酢とニンニク醤油に漬け込んだ照り焼きのソテー。これまでにない、オリジナリティあふれる味わいが楽しめるのだとか。たっぷり盛り付けられた野菜も嬉しいですね。

CAFE DU MON

大徳寺納豆が入った「カヌレ」は同店の名物とのこと。

蜂蜜と洋酒の効いた風味豊かな甘みに、味噌や醬油を思わせる大徳寺納豆独特の塩味がアクセントに。甘いものが苦手な辛党の人にも好評の一品だそうです。

自然志向に感じる材料やメニュー構成など意外と気に入り、お天気の日にテラス席の利用で再訪しました。コロナ禍で始められたお弁当も品数豊富でかなりお値打ちです。

出典: ほっこりまったりさんの口コミ

・大徳寺納豆カヌレ
甘いカヌレの中に大徳寺納豆を細かくしたものを散らして焼き上げられています。甘さの中にわずかにしょっぱさを感じます。

出典: むーちゃんパパ(名古屋)さんの口コミ

Mebae

3.18

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

Mebae - テーブル席!!(^◇^)

大徳寺の東側、大宮商店街の一角にある「Mebae」は、京都・滋賀を中心に展開する「ふたば書房」が営む絵本カフェ。

京町屋をリノベーションしたという店内には、テーブル席のほか、小上がりにはカウンター席、その後ろに絵本がずらりと並んでいます。

Mebae - はらぺこあおむしのクロックムッシュプレート 

人気のメニューは「はらぺこあおむしのクロックムッシュプレート」。

ハムとチーズがたっぷりとのったクロックムッシュと共に、プチトマトと枝豆で作られたキュートなあおむしをイメージした飾りが添えられています。

素敵なカップに注がれたコーヒーは、鎌倉の「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」の豆を使っているとのこと。

深煎りのブレンドは、さらりとしたコクのある美味しさなんだとか。器やカトラリーなどは、店内で購入もできるそうです。

・はらぺこあおむしのクロックムッシュプレート
ほらカワイイ!!(´∀`σ)σ♡プチトマトと枝豆で作った小さなあおむし。ちゃんと手足触覚まで!もちろん可愛さだけではありませんよ、クロックムッシュとても美味しいんです。ふわっとしたパンにチーズとハム。とろっとして香ばしく軽食にぴったりの量です。

出典: sillybublyさんの口コミ

中に入ると土間に並んだテーブル席に、靴を脱いで上がるカウンター席。でも主役はものすごい数の蔵書!絵本が書店顔負けに並んでいます。スタッフさんも柔らかい雰囲気で、昔からここで営業されてるような完成度の高さ。どこを見渡しても、うっとりする空間です。

出典: そんじょそこらさんの口コミ

大徳寺周辺でランチ!おすすめのパスタ店

紫野 Anri

3.16

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

大徳寺から東へ徒歩2分ほどの場所にある「紫野 Anri」は、1993年創業のスパゲッティ専門店。

昭和初期の町家の雰囲気をそのままに生かしたこぢんまりとした店内で、テーブル12席が配されています。

日本の食材や調味料を厳選し、バリエーション豊かなオリジナリティあふれるスパゲッティを提供しているという同店。

好みのパスタが選べるランチメニューは、リーズナブルな価格で味わえるのが人気とのこと。

紫野 Anri - きのこと2種チーズのパスタ

パスタは「ペスカトーレ」や「カルボナーラ」など、スタンダードメニューは常時8種類ほどをラインアップしているとのこと。

他にも旬の素材を使った季節のスパゲティなど、全30種ほどのメニューが味わえるそうです。

食材の丁寧な仕事ぶりはプロ技!!唯、最近は素材の味時を活かした味付けが控えめなお店が多くなってきているのでたらこスパを初めて食べた時のノスタルジックさを感じました

出典: りん1025さんの口コミ

・きのこと2種チーズのトマトソース
種類が多くて本当に迷いました。私のはきのこが本当にたくさんで、チーズはゴルゴンゾーラと何だったかな…トマトソースも最後まで飽きないおいしさで、ところどころチーズがとろけて幸せ♪和風パスタの方は、お好みで、とカットレモンが添えられています。

出典: hikona122さんの口コミ

※本記事は、2021/10/20に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ