うなぎを食べるなら新宿で間違いなし!おすすめのお店9選

出典: さくもぐさん

うなぎを食べるなら新宿で間違いなし!おすすめのお店9選

新宿は日本でも有数の繁華街。和食を代表するうなぎですが、実は新宿にはうなぎ料理の隠れた名店が多いのはご存知でしたか。秘伝のタレが絡んだ蒲焼をご飯と共に頬張るうな重、職人技で炙った串焼きまで、様々なうなぎ料理を味わうことができます。今回はそんな新宿のうなぎ料理店をまとめました。

キーワード
ランチ
おしゃれ
個室
食べログまとめ編集部
名物
肉料理
テイクアウト

記事作成日:2021/01/14

139view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる1307の口コミを参考にまとめました。

新宿駅周辺でうなぎがおすすめの店

新宿うな鐵

3.77

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

新宿うな鐵

日本各地から厳選した日本酒や焼酎と共にうなぎを堪能できると人気、新宿のうなぎ料理専門店「新宿うな鐵」。

新宿駅東口から徒歩4分ほどの場所にあります。

1階は、うなぎが焼かれる様子を間近で見られるカウンター席、2階は和風の内装の座敷席となっています。

ふっくらとした関東風のうな重、香ばしく焼き上げられた串焼きなど、様々なジャンルのうなぎ料理が食べられます。

「うな重 特上」は、絶妙な火加減で焼かれたうなぎに、甘めのタレ、ご飯の三位一体の味わいが絶品と言われているそう。

新宿うな鐵

日本酒の肴として人気という、うなぎの串焼きもおすすめです。

うなぎの背中の部位を使用した「くりから」は、パリッとした皮とふっくらとした身のアクセントが魅力とのこと。

初めにレバー。こちらの店ではレバーは肝臓、肝はこの他の臓器ということだそうです。そして塩。もう香ばしくてうまい\(^o^)/普通の鰻屋の肝吸いや煮物とは違って香ばしい苦味のあるうまさです。次はうざく。きゅうりに入れられた包丁が細かくて甘めの酢がよく絡みます。

出典: 101218さんの口コミ

午後2時くらいから入れる店という事で訪問。とりあえず串とつまみを順番に頂く。個人的には白バラなど山葵醬油やしおで頂くのが好きです。私の場合、その日の空腹具合によって、重にするか、白焼きでしめるか変わりますが、タレご飯に串でミニうな丼を食べてもいいですね!お昼から呑みたい時はいいお店です。

出典: bunhachiさんの口コミ

カブト

3.69

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

うなぎの頭から尻尾まで味わい尽くせるという、うなぎの串焼きを主役としているお店「カブト」。

新宿駅西口から徒歩2分ほど、新宿思い出横丁内にあり、お客さん同士の距離感が近い、昔ながらの飲み屋を思わせる雰囲気となっています。

カブト

うなぎ1匹から取れる部位を余すことなく使用し、紀州備長炭でじっくりと火が通された串焼きが評判だそう。

「肝」や「レバー」などのメニューも豊富で、焼き鳥感覚で気軽に注文することができますよ。

「ひれ焼き」をはじめ、串焼きはどれもうなぎの旨味が凝縮された逸品だそうです。

5種7本の串焼きを一度に楽しめるコース料理の「一通り」も、是非オーダーしてみてください。

こちらは一本ずつでも頼めそうでしたが、一通りオーダー。この日は「エリ(頭)」「マル(首)」「ヒレ(しっぽ)」「キモ(肝)」「カバやき」+「向こう骨」の6本で1,500円。それに日本酒を燗でいただきました。ウナギの様々な部位の変化をじっくりと堪能。特にねっとり濃厚な「キモ」は口福の至り。

出典: タマ496さんの口コミ

せっかくのなのでセットで注文。常連さんが多いせいか対象とも話を交わしながら手際よく焼かれています。肝心なお味ですが、うなぎは結構食べてきましたが、串で食べるうなぎも美味しかったですね!!!特に部位ごとでこんなに味が変わるなんて初めて知りました(大将が部位ごとの説明も簡単にしてくれます)。

出典: とし75624さんの口コミ

小ばやし

3.54

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

小ばやし - 新宿ど真ん中のうなぎ専門店!

新宿駅東口から徒歩2分ほど、明治時代の1905年に創業した、格式あるうなぎ料理店「小ばやし」。

昔ながらの雰囲気が漂う、落ち着いた内装だそう。座席も2階まであるので、新宿での食事時でもスムーズに入店することができますよ。

小ばやし - うな重 松

ホロリと崩れるような口当たりと、繊細な脂の甘味を楽しめるという「うな重」は必食とのこと。

料金も非常にリーズナブルで、気軽に伝統のうなぎ料理を堪能することができます。

小ばやし

また、特選黒毛和牛を使用した「すき焼き鍋」もあります。コク深い割り下で煮込まれた、やわらかな霜降り牛肉は絶品とのこと。

うなぎ料理とどちらを注文するか迷ってしまいそうですね。

“鰻丼”には吸い物、香物が付いている。うなぎ、タレ、炭の香ばしい薫りが漂っている。絶妙の火加減で焼かれた【うなぎ】は身が解れやすくホロッと口の中で溶け出す。米も炊きたてで甘味のある秘伝のタレが絶品である。肝は入っていないものの心に染み入る“吸い物”もこれまた絶品である。

出典: ymhro776さんの口コミ

今回は「う巻き」と「白焼き」を注文。「う巻き」は卵を何層にも重ね、ほんのり出汁の味が効く一品。肉厚な鰻を山葵醬油で頂く「白焼き」は文句無しに美味。お昼時は焼き手の方は一名、次から次へと来店するお客さんの注文に応じ黙々と鰻を焼き、料理を作る。そんな職人さんの技も楽しめる良いお店です。

出典: keputrenさんの口コミ

赤坂 ふきぬき 新宿タカシマヤタイムズスクエア店

3.54

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

赤坂 ふきぬき 新宿タカシマヤタイムズスクエア店

新宿駅新南口から徒歩2分ほどの場所にある、大正12年創業のうなぎ店の味を新宿で楽しめる「赤坂 ふきぬき 新宿タカシマヤタイムズスクエア店」。

全50席の広々とした店内で、14階から眺める新宿の街並みは絶景なのだそう。

1度に3つの食べ方を楽しむことができる、ランチ限定メニューの「ランチひつまぶし」。

最初はうな重として味わい、次に薬味を添えて食べます。最後に出し汁をかけて、お茶漬けとして味わう食べ方がおすすめとのこと。

赤坂 ふきぬき 新宿タカシマヤタイムズスクエア店

ランチタイムでは、ひつまぶしはもちろん、「ランチうな重」も人気を誇るメニューだそう。

ふっくらとやわらかい蒲焼に、甘辛いタレがマッチした絶品なのだとか。お吸い物と香の物が付くのも嬉しいポイントです。

ランチうな重1980円を注文。うなぎはふっくら柔らかく、箸がすっと通ります。味付けは醤油ベースで、甘みが少なくスッキリした味わい。お吸い物とお漬物がついてきました。1000円台のランチとは思えないクオリティでした。窓から外が見え、14階からの景色は見晴らしが良くて気持ちがいいです。

出典: whitesmokeさんの口コミ

この日はランチひつまぶしをいただいたのですが、さすが長く新宿で営業しているだけあり、鰻は良く蒸されており鰻独特のクセもなく、鰻単体で食べても非常に食べやすかったです。しかも、お櫃からよそうごとに入れる薬味も絶品で至福の時を過ごせました。

出典: ぶーぶー0718さんの口コミ

うなぎ 菊川

3.54

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

うなぎ 菊川

食材選びから蒸し、味付けに至るまで、ひとつひとつの工程をこだわり抜いたうなぎ料理を提供しているお店「うなぎ 菊川」。

木目の質感が心地よいテーブル席や掘りごたつ席、6名まで利用できる完全個室席があります。

愛知県三河産などの国産うなぎに、お米は魚沼産コシヒカリを使用した「鰻重」。タレは、創業以来注ぎ足している家伝のタレを使用しているそうです。

鰻重には香の物とお吸い物がセットとなり、昼限定の「竹」から高級な「蘭」まで用意されています。

ディナータイムには、ワンランク上のうなぎ料理をコースで味わえる鰻懐石料理もおすすめとのこと。

一番人気のコース「菊」では、メインの鰻重に一汁五菜、半尾の白焼き、デザートが楽しめます。

落ち着いた雰囲気のお店で、1階と地下に席・お部屋があります。結構ランチもディナーも混んでいる印象です。ランチでは鰻重の特上を食べましたが、ふっくらしていてとても美味しいです。ディナーでは懐石料理があるので、接待等にも使えるお店です。お店の方々もしっかりした接客だと思います。

出典: mcocokiさんの口コミ

こちらでいただいた鰻は、これまで体験したものとやや趣の異なるもので、蒲焼きでありながらタレのしつこさを感じないのものです。塩焼き風の鰻に控えめなタレが絡む感じで、甘みが少なくやや塩味の効いたさっぱりした味を楽しめました。フレッシュな鰻を使っているのがわかる、丁寧に仕上げた鰻でした。

出典: 二口ニロさんの口コミ

新宿三丁目駅方面でうなぎがおすすめの店

串打ちジビエと鰻串 新宿寅箱

3.52

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

串打ちジビエと鰻串 新宿寅箱

うなぎ料理はもちろん、珍しい季節のジビエ料理も提供しているお店「串打ちジビエと鰻串 新宿寅箱」。新宿三丁目駅C7、C8から徒歩1分ほど。

バーを思わせるおしゃれな内観となっており、個室風の小上がり席もあります。

串打ちジビエと鰻串 新宿寅箱

天然鰻を使用した白焼きから、「うな重」といった締めのご飯ものまで、豊富なうなぎ料理が揃っています。

また、「本日のジビエ串」や「エゾ鹿ロース炭焼き」などのジビエ料理も見逃せません。

タレ・塩で味わうことができる写真の「鰻の蒲焼き」は、お酒との相性が抜群とのこと。

少し奮発したい時には、うなぎとジビエ、旬食材を使用した料理を存分に楽しめる「寅箱堪能コース」もおすすめです。

鰻の串は、皮・肝・エリの3部位を選べます。鰻なんて、丼でしかほぼ食べたことが無かったのでこんなに部位があるのも初めて知りました!おばんざいは一回限りの盛り放題で、積み上げ方のセンスが問われます。鰻の蒲焼きと玉子焼きが具で入っている、うな玉サンドは締めにぴったり!

出典: 食べログ歌人◢魚籃坂46さんの口コミ

コースを注文しても、他にも単品料理が注文できるところが嬉しいポイント!場所は新宿三丁目から徒歩数分、路面店です。店内はカウンター席とテーブル席があり、目に飛び込んできたのはセルフ飲み放題。お酒好きにはたまらない、オシャレなのに赤提灯要素もあって楽しい♪

出典: あさイチさんさんの口コミ

つきじ宮川本廛 伊勢丹新宿店

3.52

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥5,000~¥5,999

つきじ宮川本廛 伊勢丹新宿店

築地で明治26年の創業以来受け継がれてきたという、焼きの伝統技術と深みあるタレが織りなすうなぎを楽しめる「つきじ宮川本廛 伊勢丹新宿店」。

お店の場所は、新宿三丁目駅から徒歩3分ほど、店内はカウンター7席とテーブル44席が並ぶ、おしゃれな空間だそう。

備長炭で丁寧に焼き上げ、ふっくらと仕上がったうなぎをお得に味わえる、平日限定の「ランチうな重」。

仄かな甘みがあるという脂がのったうなぎは、熱々のご飯とも絶妙にマッチしているそうです。

つきじ宮川本廛 伊勢丹新宿店

名古屋名物であるひつまぶしをアレンジした、「宮川風ひつまぶし」もおすすめの料理のひとつです。

ねぎや山葵といった薬味を使ったり、出し汁をかけて食べたりと、一品で様々な味わい方ができるのが魅力だそう。

つきじ膳竹なるものをオーダー。一人4000円代。待った甲斐がある。うなぎは美味しい、ふっくら。たれは醤油味がはっきりしたたれです。やや甘めが好きな私には大人味。山椒はいつも使わないのが私流。煮物などの小鉢がついています。フルーツはグレープフルーツのシロップ付け。

出典: 憩17さんの口コミ

・ランチうな重
可愛らしいサイズのうな重・肝の山椒煮・お麩と蒲鉾入りお吸い物・浅漬けのセットです。粉山椒が小さな袋なのはコロナ禍だからでしょうか。うな重は、ふっくら柔らかい蒲焼・固めの炊き加減のご飯・甘辛く程良いお味のタレで、美味しいです。肝の山椒は、思わずビールが欲しくなりますね。

出典: ピンクサファイア♪さんの口コミ

登亭 新宿店

3.47

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

登亭 新宿店 - 目立つ黄色の看板!

本格的なうな重から一品料理、テイクアウト用のうなぎ弁当まで、様々なシーンでうなぎを楽しめるお店「登亭 新宿店」。

新宿三丁目駅から徒歩2分ほどの場所にあり、鮮やかな黄色い外観が目印です。店内はテーブル席が並ぶ、アットホームで過ごしやすい内装だそう。

登亭 新宿店 - オススメ 鯉のぼりセット竹3990円(税別) 鰻一尾鰻重、鯉のあらい、鯉こく、漬物。

お店いち押しとされているのが、こちらの「鯉のぼりセット 竹」です。

うなぎを丸々一尾使用したうな重をメインに、鯉のあらいに鯉こく、漬物まで付いた充実の内容となっています。

登亭 新宿店 - うなぎ白焼き

甘いタレが絡んだ蒲焼きとはまた違う美味しさがあるという、こちらの「白焼き」も試してみてください。

余計な調味料を使用せずに直火焼きした白焼きは、うなぎ本来の繊細な甘さを感じられる、通好みの味わいだそうです。

つまみに「肝焼」648円を2本と、「蒲焼ハーフ」、「白焼ハーフ」各1,620円を注文した。話は次第に盛り上がり、もう一本、酒を追加する。「肝焼」の苦みとタレの甘味に調和する山椒は欠かせない。自分は「白焼」を口にして、淡泊ながらも鰻特有の旨味を楽しむ。二人で6,000円程度の会計で済んでありがたい。

出典: まいうぜさんの口コミ

やっぱり出来立てはおいしいです。甲州街道を通る度に、目につく黄色い看板の登亭。今日、新宿経由で用事があり家族で鰻。みんな久しぶりです。思い切って、松をオーダー。鰻巻きも。肝吸いもプラスで。鰻がほどなくして到着!鰻の香り、ふっくらした食感にタレの絡み具合とご飯のマリアージュが最高です。

出典: ポッキー2010さんの口コミ

鰻将本店

3.36

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: -

新宿三丁目駅から徒歩4分ほど、名古屋名物ひつまぶしから、地酒と共に味わえるうなぎ串焼きまで、うなぎ専門店ならではの豊富な品揃えが魅力の「鰻将本店」。

酒瓶がずらりと並ぶ店内は、ローカルな居酒屋のような落ち着いた雰囲気に包まれているそうです。

備長炭による綺麗な焼き目が付いた定番料理、「うな重」。松、竹、梅の3種類が用意されており、全てにお吸い物と香の物が付いています。

他にも、うな丼にだし巻きがのった「鰻玉丼」、ほっと一息つけるという「鰻茶漬け」もあります。

本格的な食事メニューはもちろん、気軽にうなぎの美味しさを堪能できる一品料理も目白押し。

だし巻き卵の中にうなぎを加えた「う巻き」、淡白で上品な味わいという「白焼き」もおすすめとのこと。

鰻串盛り合わせは、くりから、ばら身、短尺、ひれ、串巻、肝。くりからは塩で、やっぱりこの食べ方がうまい。ばら身は剝き身で、やや硬め。短尺はたれで焼いたもの。ひれは背びれをニレと巻いてある。串巻はくりからのタレ版ということだったが、これは尾の身だな。たれはさっぱりで、さくっと食べられる串焼だ。

出典: Légumeさんの口コミ

この日は一人でカウンター。どれも美味しいので、食べたいものを食べたいだけ食べたいだけ(^^)鰻重は、松・竹・梅と選べますが、梅でも十分贅沢です!二人以上で行く時は、必ずレタしゃぶを注文します。スープがとても美味しい。レタスをこんなに美味しく感じられるお料理はなかなかないです^ ^

出典: s.lizさんの口コミ

※本記事は、2021/01/14に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ