日本橋のグルメなお店はココ!ランチからディナーまで20選

出典:りりたさん

日本橋のグルメなお店はココ!ランチからディナーまで20選

東京の都心において、歴史の変遷を見てきた日本橋。初代の橋は江戸時代初期に架けられました。このエリアには歴史ある名店のほか、世界各地の料理店が集結しています。今回は、日本橋のおすすめグルメ店をまとめました。人気ランチ店のほか、ディナー店は予算金額に応じて選べるよう、多くのお店をピックアップしています。

記事作成日:2020/07/17

1295view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる9540の口コミを参考にまとめました。

日本橋にあるランチのおすすめ店

たいめいけん

3.78

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

たいめいけん

メディアでよく取り上げられ、全国的にも有名となったグルメ店の「たいめいけん」。

1階はカジュアルな雰囲気で、2階は本格的洋食レストラン。メニューも一部異なります。ニーズに合わせて階を選びましょう。東京メトロ・日本橋駅のC1出口から徒歩1分。

たいめいけん

美しい色をした「タンポポオムライス」。チキンライスの上にオムレツがのっています。

オムレツに切れ目を入れると、半熟状態の中が見えてチキンライスを覆うという仕組み。丁寧に開いてから食べ進めましょう。

たいめいけん

「ボルシチ」と「コールスロー」は、とてもリーズナブルな価格(50円)で提供されているため、注文しないと損をしてしまうという声が聞かれました。

「ボルシチ」には「ボリウム満点」、「コールスロー」には「天下一品」という文字が添えられています。

・タンポポオムライス
オムライスのライスにはハム、タンポポオムライスの中はチキンライスです。またタンポポオムライスは半熟の玉子をライスの上で割って完成させます。玉子はとろとろで美味しいですが結構なボリューム。王道の洋食屋としてオススメのお店です。

出典: curuさんの口コミ

こちらで忘れてはいけないのが、50円と言うお値打ち価格で提供されるコールスローとボルシチ。今日はコールスローをいただきましたが、メニューにも書かれている通り天下一品のレベルですね。

出典: koutagawaさんの口コミ

日本橋海鮮丼 つじ半

3.66

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

日本橋海鮮丼 つじ半 日本橋本店

SNS映えする豪華なグルメ丼が、日本橋の地で好評を博している「日本橋海鮮丼 つじ半」。

カウンターに12席分、座席が設けられているので、職人の腕前をじっくりと見ることができますよ。東京メトロ・日本橋駅のB3出口から徒歩2分。

日本橋海鮮丼 つじ半 日本橋本店

「ぜいたく丼」一本勝負のお店で、松・竹・梅に加えて特上バージョンがあるそうです。

山のように盛り付けられたマグロやミル貝入りのタワーには、イクラが添えらえています。鯛の刺身が別に提供され、最後にお茶漬けが楽しめますよ。

日本橋海鮮丼 つじ半 日本橋本店 - いくらが雪崩てる!

竹や松とグレードが上がるにつれて、うにやカニといった高級食材がプラスされていくそうです。

また、トッピングとして「いくら増し」や「うに増し」も可能で、雪崩を起こすかのようにたっぷりと盛り付けられるのだとか。

9種の具材をで形成したネギとろタワーに、いくらの雪崩と大きな雲丹をのせて完成!締めの鯛だし茶漬けがこれまた最高。ぜいたく丼は価格帯別で「松竹梅+特上」から選べる。行列してでも食べて良かった、また食べたい!と思える一杯。

出典: ★*さんの口コミ

ぜいたく丼を注文して、海鮮のタネの混ぜ具合が素晴らしく半端では無く美味しい。タレの絡みはなんとも言えずグット。鯛の刺身とタレが別小皿で出てきて、丼を5割程度食べたら、出汁を入れてお茶漬け風となります。そのお茶漬けがたまらなく美味しい。値段も抑えられているので、コスパ最高です。

出典: katoe98531さんの口コミ

玉ゐ 本店

3.62

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

玉ゐ 本店

あなご専門店の「玉ゐ」。重箱に入っているとウナギに見えるけれど、あなごも立派な江戸のグルメ。

こちらの本店は、昭和28年に建てられた風情のある日本家屋。東京メトロ・日本橋駅より徒歩3分です。

玉ゐ 本店

小・中・大とサイズがあり、こちらの「中箱」は、あなごを煮たものと焼いたもの、両方をのせています。

食感や味の違いを堪能して、再訪時はどちらか片方のみ選ぶのも良いでしょう。三匹のあなごを使用した「いかだ箱めし」もあります。

玉ゐ 本店 - ランチ丼(平日30食限定)

ランチタイムにリーズナブルな価格で、ということなら「ランチ丼」をおすすめします。平日限定で30食のみ。

あなご丼に加えて、お刺身も付いたお得なセット。別売ではあるものの、あなご出汁をかけてお茶漬け風にするのも良さそうです。

・中箱(合いのせ)
まずは焼きから。肉厚のあなごは表面はパリッとして身は柔らかすぎずに良い食感。普通に食べたらうなぎかと思ってしまいそうなほど。焼きあなごがこんなに美味いとは。そして煮穴子。こちらはふっくらとすぐにほぐれる柔らかさ。これほど柔らかいにも関わらず,型崩れなく盛られているのはさすが。

出典: 鳥野郎さんの口コミ

・ランチ丼
穴子丼も お刺身も両方楽しめる、嬉しいランチセット??人気の【穴子】は、ふっわふわで柔らかくて、たれも良い感じです。追加200円で【お出し】も頼めます。お出しをかけて食べると味も少し変わって、鰻の櫃まぶしの様な食べ方ですね( *´艸`)

出典: catherine.yさんの口コミ

日本橋 天丼 金子半之助 本店

3.56

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

日本橋 天丼 金子半之助 本店

日本和食会の重鎮と言われる金子半之助氏、その秘伝の江戸前の丼たれレシピを元にオープンした天丼店です。

そのような逸話を聞くと、グルメな人は訪れたくなるのでは。テイクアウトも行っています。東京メトロ・日本橋駅より徒歩4分です。

こちらがその「江戸前天丼」。丼ぶりからはみ出すほど、たくさんの天ぷらがのっています。豊洲市場から新鮮な魚介類を仕入れ、高温の油で揚げているとのこと。

あなごやエビが苦手な人は、キスに変更できるそうです。好みに合わせてくれるのは嬉しいですね。

あなごとエビ2尾、かき揚げやシシトウの天ぷらが入った「天丼弁当」。

価格は980円とリーズナブルなので、コスパが良いと評判です。数量限定で「がりごぼう」や「いぶりたくあん」といった添え物(各180g)も販売しています。

・江戸前天丼
大きな穴子、海老、半熟玉子、獅子唐、海苔、烏賊小柱のかき揚げ。はみ出す量の天婦羅が丼に乗っております。高温で揚げた天婦羅のサクサク感、秘伝の丼たれ、ご飯、これは天丼の完成形ですね、まさに三位一体。やや濃いめのタレが美味しさを更に増して頂けます。

出典: オールバックGOGOGOさんの口コミ

江戸情緒を感じさせる場所で、和の風情を感じさせてくれるしつらえの天ぷら屋さん。海外からの旅行者に人気が出るのも当然だと思います。座ると、低めのカウンターはスペースが充分で、隣席も気にならずに気持ちよく食事を楽しめます。

出典: kisetsuさんの口コミ

日本橋 お多幸本店

3.54

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

日本橋 お多幸本店 - 店内

ボリュームの割にヘルシーさが際立つグルメ「とうめし」。これを食べられるのが「お多幸本店」です。

創業は大正12年で、関東風のおでん店として営業。1階のカウンター席のほか、2階にテーブル席があります。東京メトロ・日本橋駅のB5出口から徒歩1分。

「とうめし」は、出汁がじゅわっと染み込んだ大きな豆腐を、茶飯の上にドンとのせる料理。豆腐を少しずつ崩しながら、茶飯と一緒に食べ進めます。

ランチタイムには定食として提供されていますので、味噌汁や小鉢も付きますよ。

「おでん定食」も要チェック!18種類から、3品もしくは4品を選べるシステムです。おまかせにすることも可能なので、何が届くかワクワクしながら待つのも面白そう。

18種類の中には、名物グルメの「とうめし」で使われる豆腐も含まれているそうですよ。

・とうめし定食
「とうめし」とはなにか。それはご飯に豆腐がのっている。ただそれだけなんです。でもこれが意外と食べれちゃうんです。固めで出汁がしみ込んだご飯に、これまた甘辛出汁がたっぷりしみ込んでプルンプルンな豆腐がドン。これだけでごはんがいけるんですね。

出典: しゃいにんまりさんの口コミ

・おでん定食
定番の豆腐の他に糸こんにゃく、ガンモ、ちくわ。同僚のを見ると、豆腐以外は違うものが載ってました。湯気は立ってないのですが、ガンモなどは火傷しそうなくらいの熱々。見た目でご飯はちょっと多いかなと思いましたが、濃厚、ジューシーなおでんなので一緒に食べるとご飯が進みます。

出典: アビー1998さんの口コミ

ピッツェリア ダ チーボ コレド日本橋店

3.44

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

ナポリスタイルのピッツア専門店「ピッツェリア ダ チーボ」です。

店内に設置された石窯は、ピッツァを焼く際に400度もの高温になるのだとか。お店がある「コレド日本橋」は、東京メトロ・日本橋駅に直結しています。

ピッツェリア ダ チーボ コレド日本橋店

トマトソースベースの「マルゲリータ」。その生地はイタリア産と国産の小麦をブレンドさせ、一日かけて発酵させているそうです。

モッツァレラベースのピッツアもあり、全部で30種類ほど。色々な味を食べ比べてみたいものですね。ランチタイムはサラダ付き。

パスタも数種類、揃っているそう。例えば、ダ・チーボ特製の「自家製ミートソースのスパゲッティ」。こちらもサラダ付き。クリームソースベースのパスタもあります。

ドリンクセットやデザートセットにもでき、好みの組み合わせを楽しめるお店です。

注文が入ってからピッツァを作り高温の窯で短時間で焼き上げるピッツァは、ナポリ風らしく外はカリっと中はもちもちの縁(コルニチョーネ)がしっかりできています。日本にいながら本格的ピッツァをお手頃価格でいただけます。

出典: maidoさんの口コミ

出て来たピザが好きなナポリピザでした♪店内をよく見るとピザ窯があるのを発見!ちょっとテンションがあがります。以前はピザ窯で焼いたピザが頂けるお店は少なく、COREDOのような商業施設に入っているお店でピザ窯があるとは驚きました。

出典: caco_さんの口コミ

シロッコ

3.30

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

スパニッシュにイタリアン、南米テイストまで盛り込んだ、新しいタイプのグルメ店「シロッコ」。

カジュアルダイニングバーというスタイルで、ランチタイムも営業しています。東京メトロ・日本橋駅に直結した「コレド日本橋」の4階です。

シロッコ

イベリコ豚のパンチェッタにフレッシュトマト、パルメジャーノチーズを使用したペペロンチーノなど、様々な要素を組み合わせたグルメなパスタ。

いずれのパスタも具材が料理名に盛り込まれているので、料理を選択する際に分かりやすいですね。

シロッコ - パエリア

「鶏肉と魚介のパエジャ」やタコス、スープカレーにアクアパッツアと、様々な国の料理が勢揃い。

このお店なら、一緒に訪れた仲間の好みをしっかりと満たしてくれそうですね。平日限定で、スパニッシュ/イタリアンのランチコースもあるそうですよ。

店名のシロッコ(SCIROCC)は、アフリカのサハラ砂漠から 美しい地中海を越え、ヨーロッパへと吹く南風。大江戸日本橋に大陸かあ、おもしろい。カジュアルだけどおしゃれ、上品なダイニングという意味で雰囲気はこのへんでは最高。

出典: parisjunkoさんの口コミ

こちらはイタリアン&スペイン料理のお店なのですが、店内がとてもオシャレ★店内に入ってすぐバーカウンターがあり、頭上には大きなシャンデリアが。奥に進むと、ダイニングテーブルが並ぶフロア。こちらは天井が高く、広々とした空間で全面ガラス張り!

出典: スイーツ命さんの口コミ

にぎにぎ一 八重洲本館

3.28

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

にぎにぎ一 八重洲本館

日本橋を訪れたなら、本場の江戸前寿司を!ランチタイムに、リーズナブルな価格で海鮮グルメを出している「にぎにぎ一 八重洲本館」です。

目の前で調理風景を拝めるカウンター席と、テーブル席があります。東京メトロ・日本橋駅のA7出口より徒歩1分です。

海の幸を楽しめる「北海丼」。マグロやウニ、いくらに甘エビなど御飯が見えないほど、色々な種類のネタが盛り付けられています。

早めに訪れることが可能なら、数に限りのある「ばらちらし丼」を注文するのも良いでしょう。

にぎにぎ一 八重洲本館

二段重ねになっている「海鮮重 其の一」がおすすめ。一段目には刺盛りが入っていて、二段目は中落ちなどが並ぶ「ちらし」という構成。

もっと豪華にということなら、三段重ねの「海鮮重 其の二」を。二段目には握り寿司が入っています。

全て煮きり醤油が塗られて提供されます。水分控えめの赤シャリがふんわりと握られていて旨い。ネタは全て水っぽくな区旨味が濃縮した良いネタ。特にマグロ赤身、イカ、〆鯖は旨かったな。

出典: きたろーさんの口コミ

・海鮮重 其の一
二段に重ねられた海鮮重が届きます。一段目には、天然生鮪赤身・烏賊・鰆・鯖・鰯・蛸・帆立・玉子焼きが盛られ、二段目は赤酢のシャリの上に、中落ち・イクラ・干瓢・長芋・あおさ が盛り込まれます。刺身類は皆小ぶりですが、この価格で9種類の新鮮な海鮮ネタが頂けるのはとても素敵ですね。

出典: 自転車乗りのやっちゃんさんの口コミ

コスパよく楽しみたい!予算5,000円未満のディナーのおすすめ店

泰興楼 八重洲本店

3.76

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

1949年に創業した、ジャンボ餃子が好評を博している中華料理店「泰興楼」。この餃子は通信販売されるほどの人気グルメです。

アジアンムードが感じられる店内の一部には、中華っぽさを醸し出す円卓が設置されています。東京メトロ・日本橋駅から徒歩3分。

バナナのような形をした、サイズが12cmもある「焼餃子」。モッチリとした皮の中にジューシーな餡が詰まっているそうです。

お手軽プランのコースでは、このジャンボ餃子が一人当たり2個。十分な個数ではないでしょうか。

全7品となる3,500円(税別)コース。焼餃子以外は、複数の候補から選択できるプリフィクススタイルとなっています。

あんまんor肉まん、チャーハンor焼きビーフンというように好みのグルメを組み合わせていきましょう。

コースは前菜のサラダから始まり、春巻、空芯菜の炒め物、海老と玉子の炒め物、油淋鶏そして愈々お待ちかねの餃子登場。パリッとした皮とジューシーな肉汁が溢れる餡は美味しくて、一人2個づつの配分で、それだけでも十分にお腹一杯になるのですがたまらず追加注文してしまいました。

出典: nao-sannさんの口コミ

ジャンボ餃子は結構な大きさでしたが、味もしっかりしていて中々でした。このお店は餃子がメインのようですので、単品で餃子中心に注文するのもいいかと思います。コースも餃子を含め、少しずついろいろ食べられるので良いかと思います。カジュアル中華として数名の飲み会などに向いていそうですね!

出典: 食べて飲んでの歩き方さんの口コミ

日本橋 やぶ久

3.49

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ~¥999

日本橋 やぶ久

創業が明治35年という、歴史ある日本橋のそば店「やぶ久」。3フロアに座席が設けられています。3階には掘りごたつ席も。

明治から現代へと培ってきた、江戸ならではのそばの味を存分に堪能しましょう。東京メトロ・日本橋駅のB7出口より徒歩1分です。

日本橋 やぶ久

まずは定番グルメから。ダシの効いた「カレー南蛮」は、上質な鰹節を使用した一品だそうです。

普通から激辛口まで4段階にて辛さを指定できるだけでなく、お肉の種類も豚と鶏から選べます。ディナータイムも単品にて注文できますよ。

お店を初めて訪れた人には、4,000円(税別)の「そばづくしコース」がおすすめとのこと。

「そば豆腐」に「そば稲荷」と、様々な形でそばグルメを味わえます。もちろん〆は、濃いめの汁にそばをくぐらせる「せいろもり」。

・カレー南蛮
カレー南蛮は通常~辛さが選べます。お蕎麦かうどんかも選べます。通常よりワンランク辛いものにしたところ予想以上に辛い!お肉は鶏が豚か選べます。私は鶏。これはくせになります。スープが濃くて好み。ほとんど飲み干しました。写真だと小さく見えますが実際はけっこう量があるので満足感があります。

出典: swan-lake-yukiさんの口コミ

研究されつくした、蕎麦づくしコースの旨いこと!近代化された建物ですので古民家風であるということではありませんが、落ち着いて飲める雰囲気です。但し繁盛店ですので、いつもいっぱいでデート向きではないと思いますし、接待もざっくばらんな間柄ならより親密になれる!という用途になると思います。

出典: 虎の子ちゃんさんの口コミ

スクンビット・ソイ・トンロー 東京八重洲店

3.49

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

スタッフが全員タイ人で、本場のタイグルメが味わえるという「スクンビット・ソイ・トンロー」。タイ・バンコクの有名な通りの名前から付けたお店だそうです。

店内の壁紙も、タイから輸入したというこだわりよう。東京メトロ・日本橋駅から徒歩5分。

スクンビット・ソイ・トンロー 東京八重洲店

「生春巻(ポピア・ソッ)」からスタートする、全8品3,000円の「スクンビットコース」。

ここから、タイ風さつま揚げや「パッ・パック・ルアミッ」というタイの野菜炒めなどが続きます。

ディナータイムなら、飲み放題付きのプランもおすすめ。90分の飲み放題を付けても、5,000円未満に収まりますよ。

共に全9品の「イサーンコース」と「トンローコース」。こちらも5,000円未満のコースです。

タイの焼きビーフンである「パッタイ」や、辛いスープの「トムヤムクン」など、日本でも知られている有名なタイ料理が並びます。

最初に出てくる生春巻きはおいしい!しかし、ここから鶏のグリル、蟹のカレー炒め、トム・ヤムクンとスパイシーさは徐々にヒートアップ。このじめじめした季節に、体中がからっ・しゃきっとなって、ビールが進みます。店員さんもにこやかで、とてもいい雰囲気のお店でした。

出典: kazs59さんの口コミ

ここのタイ料理は、質がよく味がおいしく、雰囲気もタイらしくてとても好きです!わたしの最近の推し店です(^O^) タイ料理となると、とかく辛すぎたりもするのですが、ここの料理はそんなことはなく…!けれども日本人の好みに寄りすぎることもなく…ちょうどよくておいしいです!

出典: masut217さんの口コミ

ビストロ石川亭 COREDO室町店

3.48

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

カジュアルな雰囲気のビストロ店として知られる「ビストロ石川亭」。レンガ模様の壁や、額に入った大きな地図が印象的です。

東京メトロ・日本橋駅より徒歩6分、三越前駅や新日本橋駅にも近い、「コレド室町」の3階にあります。

4,000円を切るリーズナブルなコースは、前菜・主菜・デザートと、複数のグルメの中から選べるシステム。

主菜では「牛・豚・キャベツのハンバーグ」が人気のようです。牛頬肉の赤ワイン煮こみや豚フィレ肉のソテーなどもあるとのこと。

ビストロ石川亭  COREDO室町店 - 馬肉のカルパッチョ

前菜も4~5種類ほどあるそうです。野菜がたっぷりと盛り付けられ、サラダ仕立てとなるカルパッチョなどがあります。

複数名で訪れて、異なる料理を選択するというのも良いですね。アミューズとパン、コーヒーも付いています。

・牛・豚・キャベツのハンバーグ
キャベツが混ぜ込まれているのですが、この一風変わった感じがしっとりしたハンバーグを演出しているのでしょう。かなり分厚いのですが、しっかりと火が通っています。ココのデミグラスソースは、かなりコクのある味わいで、確かに旨いです。

出典: かねやん3さんの口コミ

フレンチビストロっていうのは、高級な感じではなく、フランスの大衆食堂的なイメージなので、フレンチ=高級という頭で行くとちょっとイメージと違うってなります。ビストロはこういうものだと思います。気軽にちょっと凝った料理を食べるなら、結構、おすすめです♪駅からも近いので移動も便利ですよ。

出典: supreさんの口コミ

BRUNO 東京

3.38

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: -

BRUNO 東京

ピッツァが全品500円(税別)と、お得な価格設定のイタリアンバル「BRUNO 東京」。

店内はアットホームな雰囲気だそうで、テーブル席のほかワインボトルが並ぶカウンター席も魅力的です。東京メトロ・日本橋駅から徒歩5分。

料理だけなら4,000円(税別)というお得な「グッドバリューコース」。これにリーズナブルな価格で飲み放題を付けられるプランは、3組限定とのこと。

「骨付きチキンのコンフィ」など本格派の南欧グルメが全8品並ぶそうです。

「フライドポテト」などシェアしやすいメニューも含まれますので、充実したディナータイムになりそう。

少し早い時間(16~18時)に訪れることが可能なら、「早割コース」も利用してみてください。飲み放題付きで、3,000円(税別)だそうです。

お酒の好みが違う友人が多いので、多くのアルコールが飲み放題なのもこの店を利用する理由のひとつ。もちろん料理もどれも素材の旨みを活かしており美味しいのだが、特にほどけるような食感がたまらない「骨付きチキン」は格別な味わい。

出典: 食べ歩くBIG村さんの口コミ

こちらはピザをはじめ、お手軽価格なお料理が人気のお店でコース料理もとっても充実!アラカルトで追加もできるということなので、ゆっくり会話もしたかったし、今回はコース料理をお願いしました。飲み放題のメニューはワインやカクテル、ソフトドリンクなど酒類豊富!

出典: 心配ママさんの口コミ

Marche aux Poissons

3.38

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

Marche aux Poissons

南フランスや地中海のシーフードグルメが楽しめる「Marche aux Poissons」。

ブルーを基調とした店内は、まるで海の中にいるかのよう。東京メトロ・日本橋駅より徒歩1分。「東京日本橋タワー」の地下1階にあるお店です。

全6品の「マルシェディナーコース」は、サービス料込で4,500円(税別)。「オマール海老のブイヤベース」など、人気グルメが揃っています。

デートや記念日のディナーだけでなく、女子会にも最適とのこと。

Marche aux Poissons - シーフードプラッター

単品でオードブルを注文するなら、SNS映えする「フリュドメールプラッター」がおすすめ。

LEDライトでブルーに照らされ、とても魅惑的な雰囲気を漂わせています。ウニや赤エビのミキュイ、真ダイのセビーチェといったラインアップ。

店内の雰囲気はにぎやかかつ、個室とかではないので、気軽なフレンチを頂くことが可能。ビルの地下のレストランの一つであるが、ビル自体が綺麗で、広々していて良い。料理について、海鮮が多めで、とくに海老とムール貝が入っていることが多い。味付けも上品で、フランス料理の味付けの中に、食材の味がちゃんとする。

出典: 大手町ランチを箇条書きさんの口コミ

地下鉄日本橋駅から直結!ピッカピカの日本橋タワービルの地下一階、レストラン街にひっそりと佇む、穴場のビストロで晩ごはん♪店名はフランス語で「魚市場」という意味だそう。店内は海をイメージしたマリンブルーで統一され、船具なんかも飾ってあって、気分は「魚市場の食堂」!!(←いい意味で、ですよw)

出典: ぴょん子さんの口コミ

いつもより贅沢に!予算5,000円以上のディナーのおすすめ店

ウェスタ

2022年Bronze受賞店
ステーキ・鉄板焼き百名店2022選出店

3.99

夜の金額: ¥40,000~¥49,999

昼の金額: ¥30,000~¥39,999

ブランド牛の三田牛を竈炭火焼で。「ウェスタ」は、食材だけでなく金串やお手拭きに至るまで、高品質のものを採用しているそう。

アンティーク調の個室やエレガントなフロアなど、店内も上質さが際立つとのこと。東京メトロ・日本橋駅のB1出口から徒歩2分。

ウェスタ

コースは30,000円以上で、注文するお肉の種類やお酒によっては80,000円以上というケースも。大切な日に利用したいグルメ店です。

「三田牛 竈焼きステーキ」は、サーロイン・ランプ・シャトーブリアンといった高級部位が味わえます。

ウェスタ

アミューズやサラダ、自然酵母のパンなどが脇をしっかりと固め、主役のお肉を盛り立てるそう。「ミルクジェラート」などデザートに至るまで、幸せな時間が続きますよ。

ローストビーフやステーキサンドなど、贈答用の商品(お持ち帰り専用)も充実しています。

竈から焼きたての肉が切り分けられて運ばれてくる。一口をゆっくり噛みしめる。さすがに火入れが完璧で、中がピンク色で肉汁がじわりとしみ出てくる。うーん、素晴らしい。料理は体験だ。どんな料理も食べてみなければわからない。この肉の、この焼き、火入れ、覚えておくべし、そう思い噛みしめる。

出典: ginzatetsuさんの口コミ

お任せして本当によかった・・・!そして最後にデザート。ミルクのジェラートが、もう感動的に美味。お腹いっぱいでもうデザートなんて入りません、と思っていましたが気が付いたらすべて食べ終わっていました。それほどに、美味しかったです。素敵な時間と体験をデザイン出来る、胸に残る素晴らしいレストランでした。

出典: Okyan.さんの口コミ

ラ ペ

2022年Bronze受賞店
フレンチTOKYO百名店2021選出店

3.94

夜の金額: ¥15,000~¥19,999

昼の金額: ¥8,000~¥9,999

シェフとお客さんの距離がちょうど良いという、20席のフレンチレストラン「ラ ぺ」。フランス語で「平和」を意味しています。

洗練された雰囲気は、モダンフレンチ料理を楽しむ場所として最適だそう。東京メトロ・日本橋駅より、徒歩5分強の場所にあります。

全7品で6,000円(税別・サービス料別途)コースと、全11品13,000円(同)コースの2種類。料理内容はシェフお任せとなります。

ある日の料理は、鴨肉と茸がコンビネーションを見せる「シャラン鴨とポルチーニ茸のすき焼き風仕立て」でした。

ラ ペ

フレンチ料理を食べる際は、料理にピッタリなワインをチョイスしたいもの。それならば、「ペアリングワインセット」を付けましょう。

料理に合わせて4~6種類のワインを選んで出してくれます。ノンアルコールのペアリングも可能ですよ。

私にとってラペは違うお店であり、こちらは再訪を重ねたいお店。それは良心的なワインだったり空間が少し贅沢になっていることだったり異国のお客様も訪れる客層だったりそういう要素ももちろんあるのだけど、、、。何より、お料理が私にとって、以前よりずっとずっとフィットしていることが大きな理由。

出典: うりこさんの口コミ

アミューズのホロホロ鳥から笑ってしまう美味しさで幸せ。鳥取県産の鹿肉も柔らかくてソースもとても合っていて美味しかった。とにかく また行きたくなるお店です。心のこもった素晴らしいサービスでしたご馳走さまでした。

出典: Haruka.Sさんの口コミ

ASAHINA Gastronome

2022年Bronze受賞店
フレンチTOKYO百名店2021選出店

4.05

夜の金額: ¥30,000~¥39,999

昼の金額: ¥20,000~¥29,999

伝統を深めつつ、革新的なフレンチ料理を提供する「ASAHINA Gastronome」。ワインも最高峰の品を揃えているそうです。

店内は落ち着きのあるシックな空間で、完全個室もあるとのこと。東京メトロ・日本橋駅のD2出口から徒歩4分。

ディナーのコースは20,000円(税別・サービス料別途)。30,000円の特別なコース設定もあります。

アミューズや冷前菜・温前菜と続き、魚介・肉料理と見事に盛り付けられた料理が並びます。こちらはハモを使った料理。

お楽しみは最後まで続きます。こちらはミニャルディーズ。小菓子のことを指していて、好きなだけチョイスできるシステムです。

切り株のような器に、チョコレートやマカロンなどが並んでいます。あれもこれもと選びたくなりますね。

amuseからはじまりますが、見た目の演出、ズワイ蟹、活オマール、活平目、鴨、、、厳選素材を見事なFrench手法で、組み合わせも奥深く、wineとあわせると、素晴らしい美味しさになります。まさに至福の時間を過ごせます。

出典: オールバックGOGOGOさんの口コミ

ムニュ・デギュスタシオンをいただく。アミューズから前菜四皿、魚料理、肉料理、アヴァンデセール、デセール、カフェ、ミニャルディーズまでフルコース。だが良い意味で一皿のボリュームが多過ぎず、抜群の味の良さもあって最後まで満足していただくことができた。また一つ素晴らしいフレンチレストランを知った。

出典: 東京ふらふらさんの口コミ

代官山ASO チェレステ 日本橋店

イタリアンTOKYO百名店2021選出店

3.58

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

プリフィクススタイルのコースに加えて、大人のグルメコースもある「代官山ASO チェレステ 日本橋店」。代官山で人気のレストランが日本橋に出店しました。

東京メトロ・日本橋駅のB9出口より徒歩5分、「日本橋三越本店」の新館10階にあります。

5,200円(税別・サービス料別途)と6,800円(同)のプリフィクスコース。パスタが付いているかの違いです。

前菜やメインは各3種類ずつで、オマール海老を使った「タリオリーニ」など、追加料金が必要なワンランク上の料理も用意されています。

これは一体?と思われるかもしれませんね。デザート候補のひとつ「チェレステ特製モンブラン」です。

シンプルなビジュアルではあるものの、まるで雪山のようなモンブランはフワフワ食感なのだとか。ぜひ試してみてください。

パスタはジェノベーゼをいただきましたが、こちらも専門店らしく、味付けもしっかりで、具だくさんで楽しめました。メインの豚肩ロースは、こちらも見た目も美しく、お味も非常に良かったです。デザートのモンブランは、見た目が非常に個性的で、インパクト大でした。

出典: ddoさんの口コミ

シンプルモダンなで上品な雰囲気。料理は盛り付けも遊び心いっぱい。驚き、美しい、繊細、見てて楽しいです。一皿ずつどれも印象に残る美味しさでした。この盛り付けは女性は好きでしょう。さすがひらまつグループ。サービスも、目配りがしっかりできていて丁寧で気持ちの良いものです。

出典: 食いしんこのは嬢さんの口コミ

鰻はし本

うなぎ百名店2022選出店

3.77

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

鰻はし本

木造家屋において、衛生を意識し心地よい空間を創り出しているという「鰻はし本」。歴史が感じられる重厚さを兼ね備えているというのは、グルメ店として大切なポイントですね。

2階には個室が設けられています。東京メトロ・日本橋駅の高島屋口から徒歩5分。

鰻はし本

懐石料理となる「旬コース」は14,000円(税別)。主に3つの信頼のある池から、上質なウナギを取り寄せているそうです。

研究しつくしたという、石川県産のコシヒカリにウナギの蒲焼きがのります。前菜や季節の鉢物など、充実した内容のコース。

「串コース」は10,500円(税別)で、〆の一品を鰻重へグレードアップすることも可能なコースです。

料理内容を見ていくと「うな刺」が含まれます。蒲焼で食べることが多いウナギの刺身、興味が湧きませんか。ウナギの「つくね串」などもありますよ。

鰻懐石は素晴らしく、うなぎのイメージを覆す、上品で、美しいひと品の数々は、伝統とクリエティビティの融合を感じさせます。蒲の穂焼き、うなぎ刺身は絶品!もちろん白焼き、う巻き、うな重なども美味しく、味わい深いのに、しつこくない、深さと上品さが共存するおいしさが印象的かつ感動的。

出典: KuriKenさんの口コミ

・うな刺
伊達岩魚とうなぎのお刺身。岩魚はタタキのようになっています。とても柔らかく、噛めば噛むほど旨味が出てきてうまい!うなぎは粒マスタード、岩塩でいただきます。歯ごたえがプリプリしていて噛むと脂がジワ?っと出てきます。雰囲気としてはえんがわに似た感じです。

出典: あるぱかーんさんの口コミ

日本橋OIKAWA

3.52

夜の金額: ¥20,000~¥29,999

昼の金額: ¥8,000~¥9,999

日本橋OIKAWA

京懐石料理店の「日本橋OIKAWA」です。京都の味をベースにしているということで、東京にて京料理を味わうというのも一興では。

カウンター席のほか、1階と2階にそれぞれ個室があります。東京メトロ・日本橋駅のD1出口からすぐの場所にあります。

すっぽんとフカヒレが登場する、「オススメおまかせのコース」は13,000円(税別・サービス料別途)。

両者を蒸し物にした一皿は、甘めに仕上がっているのだとか。他にどのような料理が並ぶのか、楽しみが広がりますね。

厳選食材もしくは高級食材による、おまかせのコースも設定されています。先付が八寸になっていたり、涼やかな盛り付け方であったりと、味だけでなく目でも楽しめる料理の数々。

店主(きき酒師)に尋ねると、料理に合う日本酒をおすすめしてくれるそうですよ。

お料理は季節感を映し出しながらお出汁を効かせた正統派の和食だが、たとえばお椀にはウェッジウッドの器にスッポンとフカヒレのスープ、台の物にお出汁のジュレにウニとキャヴィアを添えたお肉のたたき、等々現代的なセンスのお料理も味わえる。

出典: ピュイフォルカさんの口コミ

凝った味付け、調理を行うお店ですね。懐石料理にトリュフを使ったり、香箱ガニを焼き石に昆布を載せた土鍋の中に入れて、水を入れて蒸し(暖めるだけ)て香りと暖かい事にって旨味を感じやすくさせたり。ストレートでは無くて、工夫、オリジナル感を大切にしていて、変化球、新魔球を常に探求している感じです。

出典: helium-ridleyさんの口コミ

※本記事は、2020/07/17に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ