勝手にマイベスト 2019

出典: タクレレさん

勝手にマイベスト 2019

マイベストの募集が行なわれなかったので、じぶんでやります(笑) これもある程度意識して一年お店を回っていたというか 19年はわりとハイペースだったので、このように消化したいと思います。 ではよろしくお願いします。

キーワード
ランチ
食べ歩き

記事作成日:2020/01/01

747view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる1006の口コミを参考にまとめました。

アピシウス

2019年Bronze受賞店

4.31

夜の金額: ¥40,000~¥49,999

昼の金額: ¥10,000~¥14,999

東京のグランメゾンは田舎の食べロガーである私のある種、夢のようなお店です。その中からこちらを選んだのは、クラシカルなお料理を出してくれそうだったから。ランチタイムにアラカルトで持て成していただきました。

カハラ

2019年Silver受賞店

4.22

夜の金額: ¥30,000~¥39,999

昼の金額: -

大阪の巨匠のお店へお邪魔しました。行きたかったという意味では思い入れの強いお店です。願いも叶いました。振り返ってみるとアンティークなお店でしたね。確立されたスタイルを持ちながら、なお新しく刺激的なものを提案されてるという印象です。

レストラン コートドール

3.76

夜の金額: ¥20,000~¥29,999

昼の金額: ¥6,000~¥7,999

札幌の親しみやすいグランメゾンです。良店に抱く印象としては、黒服の方々が客に好奇心を抱いていること=フレンドリー。こちらのお店はそういうのがぐいぐいと来て、初訪の私を豊かにもてなす懐の深さを感じました。楽しい店にリピートしたいと考えるのは人の情ですので。

nacon

3.40

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: -

日本人による、忖度しないイタリアンなお店ですね。ポーションの在り方にそれが現れています。相手よりアレンジ(変化)をしないというところがいいなと思います。ここはカウンターで食べてみたい気もしますね。

電氣食堂

3.41

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: -

訪れた中でもかなり衝撃的な店でした。事前にネットなどで情報を得て、心も準備をして伺ったので、面を食らうと言うことはなかったものの、心の中にある欲求を強く満たしくれる、ホスピタリティだったり空間であったり、とにかく素晴らしい一軒です。

島の人 新千歳空港ゲートラウンジ店

3.45

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

とにかく度肝を抜かされましたね。佇まいからして札幌のビジネス街付近でひっそりと店を営んでも、舌の肥えた客層に支持されると思うのですが、私としては旅人としてこのような店に巡り合えることが最高の収穫なので、この店のためにゲートをくぐるのもいいね!と感じます。

プティ サレ

3.58

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

札幌は東京みたいに突き抜けたお店はそう多くはありませんが、ビストロ・ワインバーであればかなりいい店があります。こちらはその代表格です。うーん、肉とワインに向き合うなら実に良い店なのではないでしょうか。この時はランチで伺いましたが、カルトでいろいろと楽しみたい感じが凄くしますよね。

バンガロー

3.11

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: -

実は居酒屋はそんなに多くは伺っていないのですが、こちらがきっかけとなってこれから増えて来るんじゃないかと思います。居酒屋ってぼっち客は難しいという印象を勝手に抱いていたのですが、予約をして席が空いていれば案内もしてもらえるし、食べ良い献立も多いんですよね。そのことに気づくというのは自分もそれだけ、歳を取ったということなのかもしれません。

シェーブル

3.47

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

コースとしてではなく、ランチセットとしてメインのお皿を心行くまで楽しむ、敷居の高すぎないお店です。結果として若い世代からもう少し歳を取った方々にまで幅広く支持されるという、魅力的な店ですね。共通して言えるのは、お店の方が客に分け隔てなく親切に接してくれること。お金を払うことは当たり前としても、感謝を述べたくなるのはこういうところですね。

味処 岬食堂

3.05

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

焼き物とラーメンとカレーという注文をしました。昔ながらのおばちゃんが丁寧にこしらえて、運んできてくれます。夏の時期だけの営業と思うので確認は必要でしょうが、本当にいいお店でしたね。夏の風物詩と形容される場所が少なくなってきており、稀有な一軒でした。

※本記事は、2020/01/01に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ