酒場めぐり。

酒場めぐり。

30代後半頃より、ひとり大衆酒場に通うことが密かな楽しみとなりました。この辺りで思い出の酒場を記録することにしました。 ここで紹介する酒場は、1000円で十分楽しめ、1500円でちょっと贅沢したなぁと思える、いわゆる「センベロ」のお店です。

記事作成日:2019/11/03

165view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる556の口コミを参考にまとめました。

立ち飲み処 ○

3.38

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

L字カウンタの立飲み屋さん。6~7人も入れば満員になります。
昨年あたりから、入店すると、店主さんから「お疲れ様、ビールでいいですか。」という感じで、頼まなくてもビールを出してもらえるようになりました。
 200円~300円の肴がたくさんあります。その中でも浜田の「あかてん」という魚肉ソーセージの周りにパン粉のようなものを軽くまぶした一品が好きです。
 最後の〆となる即席ラーメンがほっこりしておいしいです。

立呑み 得一 十三店

3.45

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

十三で一番活気のある立飲み屋さん。
魚介類が新鮮なので、刺身が食べたいときにはついこのお店に来てしまいます。特に、イカ刺しがあるときには必ず注文します。
焼き物、煮物も揃っています。
大画面のTVを見ながら、くつろげます。

イマナカ酒店

3.22

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

立飲みができる酒屋さん。
安さが売りです。
チューハイを注文すると「能勢ミネラル」という瓶に入ったレモン味の炭酸と、グラスに半分以上入った焼酎がきます。
自分で作るのですが、焼酎の量が多いので、濃い目となってあっという間に酔ってしまいます。
またある日は、熱燗のコップ酒に「えいひれ」でのんびり過ごします。

酒の奥田

3.58

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

天満を代表する立飲みのお店。
このお店を訪問したことがきっかけで立飲みにハマりました。
刺身、おでん、煮物、揚げ物、と沢山のメニューが揃っています。よく注文したのは、こんにゃく、じゃがいものおでん、きずし、かきあげです。
このお店も安く飲むことができます。お店の雰囲気が好きだったので、週一ペースで通った時期もあります。 

天満酒蔵

3.45

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

こちらも、天満を代表する酒場。
お店の敷地が細長く、長いカウンタ席となっているのが特徴。
おでん、やきとり、刺身、煮物、、、と一品料理が揃っています。
こちらのお店も安いのが売りです。「まぐろのかま焼き」や「鯛のあら煮」といった、あらの部分が有効に活用された料理は、他店であまり見かけないので時々注文します。鉄板で焼く焼き鳥がビールによく合います。 

もつ焼き えるびす

3.44

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

焼きとんのお店。
関東の酒場の雰囲気を演出していて「コダマのハイサワー」などというポスターが至る所に貼ってあります。
この界隈の焼きとんブームの火付け役になっているように思います。
18時まではハイボールが100円で提供されるので、特にこの時間帯は混むようです。
様々な部位の串焼きが1本から注文できます。

※本記事は、2019/11/03に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ