祇園のまったり、ほっこりカフェ。

祇園のまったり、ほっこりカフェ。

祇園という街には伝統美、おもてなしの心、知恵と素晴らしさが多くあります。町家を改装したカフェ、和スタイリッシュカフェとさまざま。そんな祗園の中でまったり、ほっこりと寛げるカフェをまとめてみました。

キーワード
まったり

更新日:2016/06/10 (2015/01/06作成)

12339view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~祇園のラウンドマーク南座~

祇園のラウンドマークと言えば南座。桃山風破風造りの威容が目を引きます。元は江戸時代に京都所司代より7つの座を開くことを認可されましたが享保年間には6座に。幕末にはこの南座と北座の2座だけとなり明治26年にはここだけとなって現在に至っています。ご紹介するカフェはここより徒歩10以内の位置にあるところばかりです。

49935662d37c877387642294f0081702

~ゼンカフェ~

創業300年余り続いている鍵善良房。
大路小路を奥へ入ったところに鍵善とは違った和菓子とライフスタイルを提案しているゼンカフェです。

落ち着く色温度で癒しの空間が味わえます。

~冨月~

花見小路通り南側に位置する冨月。
元は4代に受け継がれたお茶屋さんです。

昼間はカフェ。夜は会員制のホームバーとして営業をされています。

~フク和ウチ~

菱岩さんの向かいにある小さな町屋のギャラリーカフェです。

素敵な器が展示されて奥にはテーブルが3卓の小さな空間です。

~祇をん ひつじカフェ~

四条通りを北へ。花見小路を右に折れた祇園楽宴小路の一角にひっそりと佇むカフェです。

女性オーナーが未年生まれに因んで付けらられた店名でレトロ感溢れる空間です。

~せせらぎ すへら~

縄手通と川端通に間に位置するスフェラビルの地下にある幻想的な雰囲気のカフェ。

~祇園NITI~

花見小路通りから入る袋小路の中にひっそりと佇む祇園ニチ。ここでは年中、日光天然氷使いのかき氷がいただけます。

~たすき~

白川沿いにある町家をリノベーションしたお茶とお酒のたすき。昼間はカフェとして19時から翌4時までバーとして使えます。

日頃の喧騒を忘れて祇園でまったり、ほっこりと過ごすのもいいものです。

※本記事は、2016/06/10に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ