東京ドライブデート(湘南編)

東京ドライブデート(湘南編)

ドライブデート先の定番、人気の湘南エリアに初めて挑む際のご参考に…

キーワード
ランチ
個室
デート
モーニング・朝食
テラス

記事作成日:2019/03/21

1287view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京ドライブデート(湘南編)

初めて踏んだ関東の地は湘南。まだ学生時代、初東京ディズニーランドに向かう途中、何故か厚木ICで降りて南下、葉山まで海沿いを流してその後針路を北へ。どうしてデニーズですら他と違うオーラを纏った気がするのかな?ハンドルを握りながら、よそ者の緊張感と、憧れによる高揚感を強く感じました。その後、就職して上京した後も、湘南に対する特別な思いは重なっていくばかり。この「まとめ」を初めて湘南ドライブデートに臨むあなたに捧げます。

6700c01fafd0f4a5175a8e2c25d85e20

珊瑚礁 モアナマカイ店

Clear

もし、初めてドライブデートで湘南を訪れるのなら、このお店から始めて欲しい。まず予習、地元では湘南をハワイと重ね合わせる思想が蔓延中。地元民をロコと呼んだり、店名も…。以上で予習完了。
さて、もし彼女にアタック開始したばかりなら、わざわざ朝からドライブに出発する必要なし。特に予定もない昼下がり、「空いてるなら夕日でも見に行かない?」ぐらいの調子で誘うのが望ましい。カレーライスという頑張り感が全く感じられないのがこの店のよいところ。あくまで主役は夕日で…。
近くの丘の上に本店があるので間違えないように。日没後、水平線上にトワイライトの残光を愉しめるのは海岸沿いのモアナマカイ店!無論、天気予報の確認だけは怠らないで。

アマルフィイ デラセーラ

Clear

高台のバルコニーからのパノラマは絶景。行ったことはなくともイタリアのアマルフィにいる気分に。また、江ノ電の線路を踏切もなしに渡ったり、細くて急な階段を上ったりと入店までのアプローチにもワクワク感あり。初めての彼女なら少なからず驚きがあるはず。初期のデートにお勧め。
オープンエア席でないと意味がないので、春秋であればランチもよいが、夏は過ごしやすくなる夕方がお薦め。晴れてないと意味がない?!

タベルナ ロンディーノ

Clear

もし彼女が美人で詩人ならこちらがお薦め。湘南のハイストリート国道134号に面した黄色い壁面が印象的なイタリアン。階段を登ったテラス席は海岸を行きかう自動車(いつも渋滞)や観光客からの注目度高し。押しては引く波を眺めていると時間が止まったような錯覚に。多くを語らずボ~っとしていても、気まずい雰囲気にはならずに芳醇な時間が流れて…。
オープンエア一択で春秋ランチか夏夕涼み。天気予報では風にもご注意。土日のテラスは予約不可。

葉山ホテル音羽ノ森 カフェテラス

Clear

オープンテラスの紹介も3件目、こちらの売りは高台の絶景に加えて、ホテル運営によるサービスと設備の充実。国道から急坂を登った車寄せではドアマンがお出迎え。車を預けてそのまま絶景のロビーへ。テラスのテーブル間隔もゆったり、テーブル・イスも1クラス上のクオリティ。彼女のあなたを見る目も少し変わるかも。
カフェは屋外なので春秋がベストだが、併設の屋内フレンチレストランからも絶景が望め、冬でも使えるオールラウンダー!

bills 七里ガ浜

Clear

冬は湘南ドライブには向かないか?そんなことはありません。稲村ケ崎から眺める富士山をバックにした江の島は冬に限る。荒天時の海景色にも至るところに美が宿っていて。但し、そこはデート、快適な空間から眺めたらという条件付き。屋内からの眺めと言えばここが一番。海に臨んだソファに並んでまったり過ごすひと時は2人の距離を縮めるでしょう。
早朝に出発、日出を見たあと世界一の朝食を頂くコースも、変化が欲しいときには有効かと。

華正樓 鎌倉店

湘南ドライブも重ねてくれば、いつもオープン、イタリアン&カフェでは流石に飽きてくるもの。そんな時に是非使いたいのがこちら。旧華族の別邸を改装したお屋敷、ホテル並みのサービス、そして和食でなく中華。2人で広々とした個室と眺望を独占して、はじめ驚いた彼女も納得するはず。あなたの奥深さを知り、彼女の視線に変化が感じられること請け合い。まさに大人のデートの醍醐味!
湘南で海が見えないランチなんてありえないというあなたには、3階なら遠景とはいえ眺望可。

國よし

Clear

またまた変化球、今度は和食、しかもうなぎです。大磯は吉田首相邸をはじめ、歴史ある別荘地として有名。老舗のこちらは数々の政財界人を受け入れてきた名店。少しばかり蘊蓄もネットで予習したうえで訪問ください。
なお、いくら鰻好きだからといって、連投は避けて。あくまで意外性が重要で、何よりあなたの財布を直撃します。

イルマーレ

Clear

小田原を湘南というのはどうか?その通りですが、西湘バイパスは湘南ドライブには欠かせないもの(特に夕方)。その終着点である小田原に目的地が必要なのは論を俟ちません。そこで登場するのがこのお店。小さな漁港に面した慎ましい佇まいもいい感じで、魚介をわざわざ食べに来たというイベント感も十分。「そういえば同名の韓国映画にも海辺の小屋がでてたな~、ここと似ていない?」などとネタ振りも可。
ここまで来れればあなたと彼女の関係もかなり親密になれたこととお喜び申し上げて「まとめ」を終わります。幸運を!

※本記事は、2019/03/21に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ