2018年 写真を撮っていて楽しかったお店

2018年 写真を撮っていて楽しかったお店

2018年は今までよりもお店の中を撮ることが多くなりました。 そんな中で、味云々を抜きで私が撮っていて楽しかったお店をカメラと共にひたすら取り上げていきます。 前半編です。 あんまりお店の紹介になっていないので、削除されるかも。。

記事作成日:2019/01/14

580view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる2871の口コミを参考にまとめました。

ブーランジェリー ソア

3.51

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

ブーランジェリー ソア - 内観

洋光台という決してアクセスの良くない土地。
その住宅街の中にあるブーランジェリー。
一歩店の中に入るとブルーを基調とした鮮やかな店内。
鎌倉の建築会社「たなはしゆか建築設計」が手がけたそうです。

お店は狭め&地元の方が訪れるので
じっくり写真を撮れないのが残念ですが、
撮っていて楽しいお店です。

ブーランジェリー ソア

この日はフジのコンデジX70で撮影。
換算28mmのカメラなので、全体像の写真はあまり取れず。
広角を持って来ればよかった。

UN GRAIN

3.69

夜の金額: -

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

UN GRAIN - 内観。オシャレ!

ミニャルディーズの専門店「UN GRAIN」
OM-D E-M10 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0の組み合わせで撮影

表参道の高級パティスリーの空気感が出た気がする。

UN GRAIN

これもケーキの鮮やかさ、整然と並ぶ様が良いですな
OM-D E-M10 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

オーボンヴュータン 尾山台店

スイーツTOKYO百名店2020選出店

3.93

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

オーボンヴュータン 尾山台店 - 外観

オーボンヴュータン 尾山台店

オーボンヴュータンのイートインで撮影。
オリンパス機
OM-D E-M10 Mark II + 物撮りに良いとのM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
で撮影。

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8はオリンパスにしては柔らかい写りとのことで買ってみたが、あまり好みでない写り。
もう少しふんわりした感じを出したかった。

フジ機を持って来ればよかったと、自分の腕を棚に上げて後悔。

オーボンヴュータン 尾山台店

後ろの丸ボケは良い感じですが、重厚な感じを出したかった。

ブラッスリー・ヴィロン 丸の内店

ビストロ百名店2021選出店

3.76

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

ブラッスリー・ヴィロン 丸の内店 - 外観

ブラッスリー・ヴィロン 丸の内店

ヴィロン丸の内のテラス席。テラスは初めて利用。

この日も引き続き、オリンパス機
OM-D E-M10 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
で撮影。

この時は、テラス席もあってかワイングラスの立体感が出ていた。
レンズに文句を言っていたが自分の腕の無さを感じる。。

ブラッスリー・ヴィロン 丸の内店

ブラッスリー・ヴィロン 丸の内店

VIRONは渋谷よりも丸の内! とくに外観が大好き。
パンを買わなくても、通るとついつい写真を撮ってしまう。

この写真はフジ機 X-T20 と Sonnar 50mm の大好きな組み合わせ。
やっぱりこっちの方が好みだな~(^^)

オクシモロン コマチ

カレーEAST百名店2020選出店

3.69

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

オクシモロン コマチ - オクシモロン♪

鎌倉は普通に撮っても味がある写真になるお店が多い気がする。
そんなこともあって、今年は鎌倉の出没率が高かった。

オクシモロン コマチ

なんてことのない写真だけど、自分的には好きな1枚。
光と影。テーブルに照らされた明かり。
X-T20 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4

オクシモロン コマチ

テーブル越しの厨房を写した1枚。もう少し絞ればよかった。
食後の落ち着いた雰囲気が出せたかも。カメラとお店のおかげです。

X-T20 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4

安寧

3.54

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

安寧 - 縁側の席

円覚寺の中にあるお寺カフェ。
営業は基本平日ですが、平日仕事の方は有給を取ってでも行くべき。と思います。

この日は快晴で撮影日よりでした。

安寧

縁側なので、本当の写真は明暗差が出ていますが、シャドウを限界まで持ち上げて、ゆるふわにしてみました。

Fujifilm X-T20 + Fujinon XF 10-24mm F4 R OIS

安寧

機材はX-T20 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4を使用。

NOKTON classic 35mmはフジ機と組み合わせると、
クラシック&ゆるふわに写るので良く使っています。

この頃からテーブルフォト用のレンズを本格的に探し出す。

安寧

フジ機とお寺は相性が良いのでしょうか。
味が出ます。

ユクリ

3.30

夜の金額: ~¥999

昼の金額: -

ユクリ - メロンショートケーキ

フジ機はテーブルフォト用の単焦点レンズを持っていなかったので、評判の高い Fujinon XF 16mm F1.4 R WR を導入。

地元のカフェでお試し撮影。
最初はレンズでかっ!て思いましたが、この絵を見て納得。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 の出番は減るかも。。
と思った1枚でした。

使用機材:X-T20 + XF 16mm F1.4 R WR

ユクリ

センスのあるシンプルなお店でした。
その空気感をそのまま写してくれているレンズにも感謝。

ユクリ

パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ

スイーツTOKYO百名店2020選出店

3.86

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ 武蔵小山本店

パフェは写真映えするので撮っていて楽しいです。
ただ直ぐ溶けてしまうので、時間との戦いです。。

使用機材:X-T20 + XF 16mm F1.4 R WR

パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ 武蔵小山本店

私は食べ物写真は露出オーバー気味に撮ることが多いですが、
こちらは数少ないアンダーで撮った写真。

この内装とパフェを出されると、
暗闇に浮かび上がるパフェをイメージした写真にしたくなりますな。

X-T20 + XF 16mm F1.4 R WR

パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ 武蔵小山本店

フジフィルムのフィルムシュミレーションでは「クラシッククローム」を良く使います。
こんな感じのレトロな外観に良く合うのです。

サンデーベイクショップ

3.74

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

サンデーベイクショップ - 看板

焼き菓子で有名なサンデーベイクショップ。
イートインは満席だったので、ショーケースの撮影のみになりました。

サンデーベイクショップ

これと次の写真の2枚は好きなショット。
焼き菓子の質感、店員さんの動きがお気に入り。

あらためて XF 16mm F1.4 R WR を買ってよかったと思う。
デカくて重いことを除けば。。

X-T20 + XF 16mm F1.4 R WR

サンデーベイクショップ

次はイートインを利用したいですね~

ルスルス 浅草店

3.68

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

ルスルス 浅草店 - 外観

焼き菓子屋ルスルス。
古民家風の店内ですが、構図が難しかった。。

ルスルス 浅草店

店舗が縦長&席が少なく満席状態。
そして、奥の厨房は写さないで欲しいとのお店のルールにより、
換算21mmの広角でも写していけないものを入れないでの全体像は難しかった。
もっと腕を磨かないと。

広角を使ったのはこの写真だけ。
X-T20 + XF 16mm F1.4 R WR

ルスルス 浅草店

ルスルス 浅草店

広角であまり良い写真が撮れなかったので、
換算50mmのVoigtlander NOKTON classic 35mm F1.4に切り替え。

古民家をNoktonで写すのが好き。

X-T20 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4

ルスルス 浅草店

このようなゴーストの出る写真も、現代のレンズでは出ないNoktonならではの個性ですな。
次回は人の少ないとき&超広角で再チャレンジしたい。

つむぐり

3.38

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

つむぐり - 入り口

裏浅草のカフェ つむぐり。
アパートをオーナー夫妻で改装した古民家カフェです。

つむぐり

ここも良いお店なのですが、実力不足で中々決まった写真が取れませんでした。

つむぐり

こちらは珍しく囲炉裏の席が店内にあります。
囲炉裏の席から。

trim

3.55

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: -

trim - 看板

米粉を使った焼き菓子のお店「カナム」
のカフェ「トリム」
カナムから歩いて数分の距離です。

trim

この日は人も少なく落ち着いた雰囲気のカフェ。
撮影していて楽しいカフェでした。

trim

お店の柔らかい雰囲気が感じられるお気に入りの1枚。
今後もこんな写真を撮っていきたい。

X-T20 + XF 16mm F1.4 R WR

シャポン 自由が丘店

3.58

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

シャポン 自由が丘店 - 外観

会社帰りだったのでフジのコンデジX70で撮影。

シャポン 自由が丘店

コンデジと言えども、換算28mm固定のAPS-C。
背景との距離があれば、それなりにボケます。

後ろポケットに入るお手軽さは手放せないです。

シャポン 自由が丘店

立体感のある写真も撮れました。

にちりん製パン

3.45

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

にちりん製パン - 外観

北鎌倉のパン屋。
鎌倉らしい素朴な佇まいです。

にちりん製パン

お店のレトロな雰囲気とカメラの吐き出す絵がマッチしているな~と思った1枚。

X-T20 + XF 16mm F1.4 R WR

にちりん製パン

フジのクラシッククロームは鎌倉のお店に合いますな。

X-T20 + XF 16mm F1.4 R WR

喫茶ミンカ

3.56

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

喫茶ミンカ - 外観

北鎌倉にある古民家カフェ。
この日は天気も良くて撮影日和だった

喫茶ミンカ

光が差し込んだお気に入りの一枚。

X-T20 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4

喫茶ミンカ

レトロ感が出せたでしょうか。
X-T20 + XF 16mm F1.4 R WR

北斎茶房

スイーツTOKYO百名店2020選出店

3.75

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

北斎茶房

錦糸町の北斎通りにある甘味処。
夏場だったのでカキ氷が人気でした。

北斎茶房

ありきたりの構図ですが、カウンター席を写した好きな1枚。
X-T20 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4

北斎茶房

X-T20 + XF 16mm F1.4 R WR でカキ氷。

このレンズと Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4で大体まかなえるので、
この2本で出かけることがほとんどになった。

フカダソウカフェ

3.46

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

フカダソウカフェ

今話題の蔵前にあるカフェ。
倉庫を改装したレトロカフェです。

フカダソウカフェ

この日も天気が良く、明るいとふんわり写って心地よいですね。
最近は、曇りだと出かけなくなってきました(^^;

X-T20 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4

フカダソウカフェ

こちらのお店は写真の撮影にすごい協力的。
店員さんが「こっちの角度が良いですよ」とか積極的に話しかけてくれました。
ありがたいです。

X-T20 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4

※本記事は、2019/01/14に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ