【福井】名物の越前がにが美味しい♪人気グルメ店8選

出典: 良い夫さん

【福井】名物の越前がにが美味しい♪人気グルメ店8選

福井の冬の名物でもある越前がに。越前がにとは、福井県の三国港・越前港・敦賀港・小浜港に水揚げされたズワイガニを指す名称で、身が引き締まり、脂ののった美味しさが特徴です。そんな福井の名物の越前がにを、心ゆくまで楽しめる人気のグルメ店をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

キーワード
ランチ
個室
食べログまとめ編集部
名物

記事作成日:2018/12/07

347view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川喜

福井でThe Tabelog Award Bronzeにも選ばれ、確かな目利きで仕入れる最高の越前がにが楽しめると評判の日本料理店です。

お店は完全予約制で、11月〜3月のシーズンには1人にカニ1尾のコース料理などもメニューに並びます。

福井県に来て、圧倒的な大きさの越前蟹を、自身で捌きながら食します。一人で一匹にしましたので、話しをする暇もございません。タレは一種類です、そのまま食するか、蟹酢のみです。一人あたり60000円近くになります。最高の鮮度の、最高の蟹を、ドーンと丸ごと一匹。これでもか、、、、と圧倒的な量。もの凄いインパクトです。

出典: オールバックGOGOGOさんの口コミ

一番の醍醐味はレンゲで頂く、驚くほど沢山入った蟹みそ…夢のような至福の美味しさであること間違いなし♪越前がにグルメの極みですね。

女将さん曰く、解禁間もない11月、12月の蟹の味は淡白で蟹独特の味は薄く、2月頃になると濃厚な味わいとなるそう。淡白か濃厚な味かは、好みが分かれるとのことでした。

お店は、一軒家のような雰囲気♪お座敷で心ゆくまで福井の越前がにを堪能してみたいですね。

やわらかく甘みのあるかにの身を頬張っていると、無言になり無心で食べてしまいそうですよね。越前がにグルメを楽しみたい時にぜひおすすめのお店です。

もちろん越前かにがメイン。想像以上に巨大な蟹が一斉に登場、なんでも15年~20年ものだそうです。柔らかく、甘みの強い蟹のむき身と濃厚な卵の贅沢な饗宴。まさに無言の蟹バトルです。東京で食べたら10~15万するのではないでしょうか。

出典: ginzatetsuさんの口コミ

旬味 泰平

Clear

地元で獲れた旬の魚を美味しく食べることができる割烹料理店。シーズンには越前がにグルメも楽しむことができます。

魚介類は新鮮で、日本海の蟹は濃厚なのだそう。地元の上質な食材を生かした料理は、レベルが高く名店という名が相応しいお店だそうです。

11時半〜14時に提供される魚介を使ったランチも好評です。小鉢、刺身、旬のお惣菜、ご飯、味噌汁が付いていてお得なのだそう。

本格的な料理屋のランチは、リーズナブルに良い物を頂けることで人気があります。予約を入れておくことをおすすめします。

福井鉄道市役所前駅から徒歩5分ほど、JR福井駅からは徒歩13分ほどのところにあります。今回食べたのは「北の庄膳」です。小鉢、刺身、旬の惣菜盛り合わせ、御飯、味噌汁が付きます。料理屋のランチは人気があるので、行くなら予約必須だと思います。

出典: よっしー♫さんの口コミ

JR福井駅西口から徒歩10分ほど。料亭街と呼ばれるエリアに位置するお店です。

福井の名物グルメを、ゆっくりと頂ける和の雰囲気の店内には、カウンター、テーブル、座敷席が用意されています。

福井の名店で北陸グルメを満喫してみたい時にぴったりのお店です。

あまり聞いた事が無い水ガニを選択。茹でとカニ味噌はとにかく味が濃厚。やはり日本海のズワイは違いますね!評判どおり福井の名店で間違いないでしょう!どの料理も予想以上にクオリティが高かったです。上質な地の食材が使われ福井を感じる料理の数々、鮮度も良く、都会では味わえない本物の北陸に出会えた気がしました。

出典: ボンパパさんの口コミ

こばせ

Clear

かにで有名な福井県の越前町で食べログTop5000にも選ばれる旅館内の食事処です。食事のみで利用の場合は予約が必要だそう。

お店の名物は、炊きたての福井産コシヒカリにセイコがに(メスがに)を豪快にのせた「開高丼」。漁のある期間のみ提供される貴重なグルメメニューです。

作家の開高健さんのリクエストに応える形で生み出されたグルメメニューなのだそう。セイコガニ8杯使った贅沢な丼は、期間限定で、予約必須となります。

3.4人分くらいの量で提供される丼は、インパクトがありますね。丼のタレは蟹の殻から作られていて、濃厚。福井グルメでは外せない一品だそうです。ハーフサイズもありますよ。

作家の開高健さんが滞在された際、こばせの方が開高さんの希望に応える為に考案されたスペシャルメニュー、それが開高丼の由来だそうです。質の良いセイコガニを8杯も使った贅沢な丼。期間も限定されていて11月~12月末。ひとつの丼で約3、4人分。今まで色々なカニ系のご飯物を食べてきましたが、比べ物にならない美味しさでした!

出典: ボンパパさんの口コミ

旅館内にありますが、食事だけでも楽しめるようになっています。名物の開高丼の予約受け付けは、毎年10月から。このメニューを食べることができるのは、11月から12月末までです。

一年の恒例行事に開高丼を食べに福井へというグルメな人も多いのだそう。人気メニューなので、一度は足を運んでみる価値がありそうですね。

セイコガニを買ってきて自分で剥いて食べたことがあったが手間暇ばかりがかかり大変であった。しかし人に剝いてもらって純粋に食べ比べると私は越前ガニよりもセイコガニの方が好きだ。蟹の殻から作る濃厚なタレも開高丼の特色だ。これがないとやはり開高丼ではない。

出典: ドクターSSさんの口コミ

望洋樓

Clear

福井県内で日本海を望みながら食事を楽しめる旅館内にある懐石料理店です。

越前がにをはじめとした海の幸や野の幸を使った京懐石ベースのグルメ料理を堪能することができます。食べログTop5000にも選ばれる名店です。

鮮度抜群の越前がにの素材を最大限に生かす調理方がされており、美味しさが更に引き出されているのだそう。かにが持つ本来の甘みを感じることができると評判です。

越前がにはもちろん、季節の料理も美しく、上品にあっさりとした味に仕上げられているそうです。福井のグルメを堪能できる名店です。

大きな窓から日本海を眺めつつ、食事を楽しめます。福井の自然を感じながら、グルメを頂きたいですね。

時間に余裕があるなら宿泊して、露天風呂から日本海を望むのもおすすめです。

カニ身と甘エビのお寿司から始まり、カレイの子、うるいとホタルイカの出汁ジュレがけ、新鮮な魚介のお刺身、カレイと筍焼き物、春野菜の花山椒しゃぶしゃぶと立て続きに春の味覚で攻めてきます。どれもあっさりと仕上げられ、重くなく、ゆったりと味わいながら、箸を進めることができます。

出典: 純真風さんの口コミ

カニのゆで方が上手!カニは鮮度やみの入りも大事なのでしょうけど、どうやって甘味をだして、みずみずしくゆで上げるか、がポイントなのでは・・と。それをかなえてくれるのはこちらかと。一番小さなカニのコースでも、おひとり片手じゃ全然たりないので、しょっちゅうは無理ですけれど、カニを堪能したいならこちらです。季節のお料理も、このエリアとしては群を抜いて洗練されてますしね。

出典: 玉かずらさんの口コミ

いわし屋

JR福井駅西口から徒歩10分。落ち着きある和の空間の中で、天然魚や無農薬の米など素材にこだわったグルメ料理の数々を楽しめるお店です。

昼、夜共に懐石のコース料理を楽しむことができ、かにを使ったコースも人気なのだそう。

いただいたのは23,000円の越前蟹コース、先付け、蟹入りのお造り、ゆで蟹(大)1/2杯、水蟹、焼蟹、蟹せいろ蒸しにフルーツといった内容。ゆで蟹はなんとも立派な大きさで見事なビジュアル。黙々とカニと格闘、幸せな時間でした。水ガニも初めて。ズワイガニの脱皮直後の状態とのこと。殻が柔らかくって食べやすくってイイですね。

出典: 鉄道王さんの口コミ

シメメニューの蒸篭蒸。うるち米ともち米、解し身、外子、内子、蟹味噌を蒸篭で蒸した料理です。カニの香りがふわっとし、最後の一品に相応しい美味しさなのだそう。

持ち込み料を支払えば、好きなお酒の持ち込みが可能だそうです。

創業1200年の老舗です。屋号は弘法大師との逸話から生まれたと言われています。

心落ち着く和室で、カニ尽くしグルメをゆっくりと頂きたいものですね。福井まで足を運んで良かったと思えるような、料理とおもてなしのお店です。

福井の方は「越前ガニは茹でが一番美味い」と言う。ゆで時間、塩加減、火加減を制した茹で蟹の身はシットリとジューシィで火の通り切らない蟹味噌の味たるや!〆の蒸篭蒸しは、解し身、外子、内子、蟹味噌をうるち米ともち米を合わせ蒸篭で蒸した物。味と香りのたまらない一品♪

出典: pen E-P3さんの口コミ

越前蟹の坊

Clear

福井の名店「望洋樓 」の直営店でもあるお店です。お店の目印は、外観の大きなかにのオブジェです。

地元の海鮮を使用した丼ぶりから、越前がにのフルコースまで、昼食・夕食を問わず越前三国グルメの味覚を楽しむことができるのだそう。

艶やかな甘エビがたっぷりのった甘エビ丼。ぷりっとした食感が口中に広がります。エビは甘くて粘りがあり、ボリューム満点なのだそう。

みょうがなどの薬味を入れると、味の変化も楽しめて最後まで美味しく頂けると評判です。

注文したのは、鯖のへしこ、サザエの壺焼き、そして甘エビてんこ盛り丼のそば御前。鯖のへしこは流石の美味しさで、これは調理の技術も感じられる。サザエの壺焼きは、しっかりとそれなりの美味しさという感じであったが、感心したのは甘エビ丼。酢飯の上に乗っかった甘エビは、本当に甘くて美味しい。なかなか東京でこの値段では食べられないレベルであると思う。

出典: 21st Century Schizoid Manさんの口コミ

大きな蟹がお店の屋根に乗っていて、インパクトがある外観。福井グルメの思い出にぜひ立ち寄りたいお店ですね。

丼など比較的リーズナブルなメニューもあり、ランチなどでは使いやすいお店です。

せいこ蟹一杯コース。タラバガニとせいこ蟹を食べたかったので、両方食べられる一番リーズナブルなコースです。汁物や副菜がついてますが、蟹弁当みたいなタイプですね。ご飯の上にタラバガニが載り、せいこ蟹は甲羅の中に身をほぐした状態で提供されるようです。やはり蟹は美味い。

出典: 立花立夏さんの口コミ

滝の川

福井県の海沿いにある越前町で名物のかにを使用したグルメ料理が楽しめるお店です。

本物の生のお刺身をはじめ、熱を入れて火を通さないという絶妙の調理法によって提供するこの店ならではの『越前がに料理』が人気だそう。

コース料理はプラス料金を支払えば、かに寿司と味噌汁をかにしゃぶに変更できます。かにしゃぶは、野菜もたっぷり。

個室でゆっくりと越前がにを味わうことができます。和室ですが、低いテーブルと低めの椅子が用意されていて、くつろげる空間となっています。

◼️越前がに 2人前 満腹志野コース
コースは蟹寿司とお味噌汁ですが、プラス料金で蟹しゃぶに変更できると迷わずにこちらへ!野菜もてんこ盛りだし大きい蟹の足がついてきました!生でも食べれそうな鮮度です♪しゃぶしゃぶとするとすぐに花が咲いてこのレア感が間違いなく美味しいです♪蟹の出汁の効いたお鍋は最高ですね♪

出典: PH87さんの口コミ

福井だから実現できる驚きの価格で、新鮮な魚介類とかにを楽しめます。かにのお刺身は甘くて、お酒にもよく合いそう。

福井でたっぷりと名物の越前がにグルメを楽しみたい人におすすめです。

10000円でこれだけのモノがいただける。これ、福井だからできることだろーなー、と。カニのお刺身甘くてサイコー!ごっついサザエのお刺身、鮮度がよくてめちゃうまでしたー。岩牡蠣のデカさにびっくり。プリプリで濃厚で!!ウニも甘くておいしかったー。

出典: PePeさんの口コミ

お食事処 田島

福井県の海沿いにある駅三国港駅から徒歩3分。老舗の魚問屋が直営する海鮮料理のお店です。

新鮮な魚介をふんだんに使用した海鮮丼が人気。冬場には、セイコがにをふんだんに使用した丼がメニューに並びます。

せいこ丼は見た目にもボリュームがあり、カニ酢、すまし汁、漬物がセットになっています。甲羅に味噌と内子が盛り付けられており、味噌は濃厚なのだそう。

かにの身はほぼ外されて提供されるため、自分で取る必要がなく、すぐに頂けるのも嬉しいポイントです。

「せいこ丼 3,200円」を。冬期限定(11月〜3月)メニュー。カニ酢・甘エビのすまし汁・ハクサイ漬けがセットされています。足の身がほとんど全て外されており外子が添えられ、また2つの甲羅にはミソと内子が盛られていました。魅力的かつ大迫力なビジュアルで、自分で身を外す必要が無くウレシかったです。ミソと内子が激旨でした。

出典: ダイアンサスさんの口コミ

豪華な海鮮丼。福井の新鮮な魚介類が山盛りのっていて、これぞグルメといった感じ。エビの甘さ、イクラのプチっとした食感などを贅沢に一度に楽しめる丼ぶりです。

店内は木目調であたたかい雰囲気。福井の美味しいグルメと観光スポットも満喫したい時にいかがですか?

■海鮮丼も豪華豪華!■がさ海老おいしかったので、ここでも注文。女性陣の受けが非常によく、すぐになくなる人気でした。■比較のため甘えびも。■福井名物、へしこもみんなで初体験!こりゃしょっぱいです。しかし、福井っておいしいし、絶景だし!温泉あるし天国だなこりゃ!

出典: y0000512さんの口コミ

ご紹介したお店の選定方法について

「 福井の名物グルメ」に関する口コミとランキングを基に選定されたお店について、食べログまとめ編集部がまとめ記事を作成しています。お店の選定には、食べログでの広告サービスご利用の有無などの口コミとランキング以外の事情は、一切考慮いたしません。

※本記事は、2018/12/07に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ