埼玉県春日部市の埼玉県立 #春日部高校 周辺の美味しいお店7選

出典: takafumiaoki000さん

埼玉県春日部市の埼玉県立 #春日部高校 周辺の美味しいお店7選

埼玉県立春日部高等学校は埼玉県春日部市の東武アーバンパークライン八木崎駅から徒歩1分のところにあります。 埼玉県立浦和高等学校、埼玉県立川越高等学校、埼玉県立熊谷高等学校とともに埼玉県の四天王に数えられていた伝統校です。 その周辺の美味しいお店を紹介します。

キーワード
ランチ
ケーキ
肉料理
テイクアウト

更新日:2018/04/07 (2017/11/25作成)

12178view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県春日部市の東武アーバンパークライン八木崎駅周辺の美味しいお店

埼玉県春日部市の東武アーバンパークライン八木崎駅にある埼玉県立春日部高等学校周辺の味噌乱舞、お蕎麦屋さんの春、鮨処はやし田、喫茶店のコーヒーハウス ラム、中華料理店の中華 宝軒、牛タン屋さんの仙臺屋、匠サローネの7店を紹介します。
【閉店】中華そば 地鶏丸

C0ae6129e83c05981959744c09e9b1d5

味噌乱舞

2018年4月7日(土)に初めて味噌乱舞を訪れた。
お店の造りはカウンター席のみである。
黒とシルバーを基調にした内装である。
客層は男性が多い。
店内では洋楽が流れていた。
カウンター席に着くと冷たいお茶が出された。

濃厚味噌担々麺を食した。
限定10杯で税込1000円であった。
具材は水菜、もやし、ニラ、チャーシュー、メンマなどである。
メンマは太く、コリコリとした食感で甘みとともにピリッと辛さがある。
もやしはシャキシャキで食感がよい。
チャーシューは脂がのり、しっとりとしていて、歯応えがある。
スープはとろみがあって濃厚であり、胡麻の香ばしさと味噌の風味が良かった。
麺は太麺でもちもちとして濃厚なスープがからまってねっとりとした食感がある。
旨し。

2017年10月14日(土)に初めて春を訪れた。
お店の造りはテーブル席とお座敷がある。
BGMなどは流れておらず、落ち着いた雰囲気である。
お客さんは私の他に年配の男性が1人いた。
席に着くと温かい蕎麦茶と小鉢が出された。
小鉢は昆布と練物を和えたものでピリッと辛い。
蕎麦茶は清々しい香ばしさがする。

辛味大根せいろを食した。
税込880円である。
せいろの蕎麦はよくしめられていて冷んやりとし、コシが強く、表面がツルツルと喉越しが良い。
汁は節の風味が効いている。
辛味大根の他に薬味はねぎがつく。
辛味大根の清々しい辛さが鼻を抜ける。
最後は蕎麦湯でしめた。
蕎麦湯はしっかりと白く濁っている。
美味し。

鮨処はやし田

2017年4月8日(土)に初めて鮨処はやし田を訪れた。
お店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
客層は年配の方が多い。
常連客も多いようだ。
メニューを見るとAランチが税抜750円でBランチが税抜1000円でCランチが税抜1300円であった。

Bランチを食した。
Bランチはにぎりに味噌汁とサラダがつき税込1080円であった。
テーブル席に座った。
最初にサラダと熱い緑茶が出された。
サラダの具材はきゅうり、トマト、水菜、パプリカ、玉ねぎなどであった。
具材が多種類で美味しい。
味噌汁はあら汁に長ネギが入れられている。
魚介の出汁がよく出ている味噌汁である。
にぎりは、赤身が2貫に白身、いわし、海老、玉子などにいくらの軍艦巻きに鉄火巻きと河童巻きがつく。
しゃりは酢がきつくなく食べやすいものでネタも美味しかった。

コーヒーハウス ラム

2017年4月8日(土)に初めてコーヒーハウス ラムを訪れた。
お店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
店内やトイレなども清潔感がある喫茶店である。
店内にはかろやかなピアノ曲が流れている。
客は私一人であった。
テーブル席に座ると檸檬水が出された。
檸檬の爽やかな風味が良い。

ケーキセットのアップルパイとブレンドコーヒーを食した。
ケーキセットは税込700円である。
アップルパイは焼きたてで生地がふんわりとしてサクサクとした食感もある。
りんごは甘さが控えめである。
生クリームにシナモンをかけたものが添えられている。
ブレンドコーヒーは香ばしい苦味がするものだ。
良い喫茶店を見つけた。

宝軒

2017年8月5日(土)に久しぶりに中華 宝軒を訪れた。
中華料理のお店である。
お店の造りはカウンター席とテーブル席がある。
カウンターもテーブルも床もピカピカに磨かれている。
客は私一人であったが、出前が多いようだ。
店内ではテレビがつけられていた。
カウンター席に座ると冷たい水が出された。

ラーメンと餃子を食した。
合計で税込820円であった。
ラーメンの具材は、チャーシュー、メンマ、海苔、ナルト、ねぎのシンプルなものである。
メンマは、コリコリとして、チャーシューは脂がのってしっとりとしながらも肉の味わいを楽しむことができる。
スープはあっさりとしているが、野菜の旨みを感じた。
麺の茹で加減も良い。
餃子は、皮の外側がパリパリに焼かれながらももっちりとしている。
餡はしっとりとしていて野菜が多めに入れられている。
美味し。

仙臺屋

2017年12月2日(土)に初めて仙臺屋(せんだいや)を訪れた。
宮城県仙台市でも「仙臺」と書いて「せんだい」と読むお店が多い。
お店の造りはカウンター席が3席あり、テイクアウトが中心である。
客は私一人であった。
店内ではJ-POPが流れている。

肉巻きおにぎりの仙臺たれ味と仙臺みそ味を食した。
共に税込300円で、合計で税込600円であった。
お店の人が包みに入れて渡してくれる。
仙臺たれ味は甘辛く、仙臺みそ味は飴色がかっていて、少し甘さが強めであとを引く。
肉は柔らかく、おにぎりはふっくらとしている。
美味しく、ペロリと食べ終わってしまった。
美味し。

匠サローネ

匠サローネは、埼玉県春日部市の東武アーバンパークラインの春日部駅東口から歩いた匠大塚 春日部本店の1階にある。
匠大塚の創業者は埼玉県立春日部高校出身である。
2017年12月24日(日)に初めて匠サローネを訪れた。
お店の造りはテーブル席とソファ席があり、けっこう広めである。
客層は年配の方が多い。
店内ではリズミカルなピアノ曲が流れている。
ソファ席につくと冷たい水が出された。
食事かお茶かを尋ねられたので食事と伝えた。

一汁五菜膳(お肉)を食した。
税込1200円であった。
特製豚汁か鶏団子汁、能登有機発芽玄米か白米かを選ぶことができるので、特製豚汁と能登有機発芽玄米を選んだ。
煮物はひじきの煮物と蒟蒻、蓮根、牛蒡、人参、里芋、鶏肉、インゲンなどの煮物の2種類であった。
ひじきの煮物はほんのりとした甘さを感じた。
豚汁の具材は人参、豚肉、大根、三つ葉などのシンプルなもので良い出汁である。
ほうれん草のおひたしは、葉が一枚一枚しっかりとしていてさっぱりとしている。
お肉は豚肉を甘辛く煮たものである。
発芽玄米も美味しかった。
デザートに和菓子と温かいグリーンティーがつく。
美味し。

中華そば 地鶏丸

2017年10月7日(土)に初めて中華そば 地鶏丸を訪れた。
お店の造りはカウンター席のみである。
店内ではラジオが流れている。
客層は男性が多い。
冷たい水はセルフサービスである。
厨房から熱気が伝わってくる。
各カウンター席には青い扇子が置かれている。

牛と地鶏の濃厚中華そばを食した。
税込750円であった。
スープの表面には脂が浮いている。
一口飲むと脂に甘みがあり、スープには旨みと深いコクがある。
具材はチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、海苔が2枚、揚げネギなどである。
メンマにもほのかな甘みを感じた。
チャーシューはしっとりとしていて旨みを感じながらも肉本来の味わいを楽しむことができる。
麺にはちぢれがあり、表面がツルツルとしていて喉越しが良い。
旨し。

※本記事は、2018/04/07に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ