【もし名古屋に来てくださることがあれば…】麺編

【もし名古屋に来てくださることがあれば…】麺編

もし名古屋に来てくださることがあればシリーズの今回は「麺編」。麺だけでもざっとこんなにもあります。

キーワード
肉料理

更新日:2015/04/01 (2014/12/19作成)

3145view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山本屋本店 栄本町通店

名古屋めしの老舗の麺の代表格と言えば山本屋の味噌煮込みうどん。その魅力と言えば独特の食感のこの麺。初めて食した人は「煮えてないですよ。」と発してしまいたくなるような半生麺状態。かつお出汁が効いたあじ味噌仕立てのお出汁は真っ黒。伊賀の窯元で焼かれた土鍋に入ってグツグツと。定番はネギ、玉子、鶏肉、蒲鉾くらいの具ですがトッピングも色々出来ます。写真はスタミナもつ入り味噌煮込みうどんです。

最初に供されるお漬物。これはお替わり自由です。これをいただきながら待ちます。

名古屋めしの麺の代表と言えば・・・。

スガキヤ 八事イオン店

名古屋めしを通り超してこれは愛知県人のソウルフードです。このご時世にラーメン1杯が300円。お味と言えば化調はバリバリの濁った白いスープにかんすいの匂いもプンプン。他府県の人からすればドン引きしてしまうこのラーメン。愛知県の昭和の子はこれをおやつ感覚で食しちゃう。

キャラクターはスーちゃん。

愛知県人のソウルフード麺。

男前パスタ

60年代に名古屋で生まれたあんかけスパ。中華でもない和でもないイタリアンでもない胡椒が効いたピリ辛ソースに極太麺が絡んだスパ。なぜかこれも癖になる不思議な味わいです。専門店だけでも多くありますが小さなお店でチェーン店化はされていないこのお店のが美味しいと思いました。

オーナーは元は洋食コックさんも為ハンバーグも美味しかったです。

あんかけスパも色々な店舗がありますが・・・。

鯱市 錦通伏見店

名古屋はカレーうどんも良く食する町です。このお店は味噌煮込みうどんの山本屋の姉妹店で大須の1号店に続く2店舗。グツグツと土鍋に入って供されます。麺は味噌煮込みうどんよりは少し細めであの半生みたいな山本屋式。お出汁が効いた甘みのあるカレールー。お味は濃いのでご飯も必要かも。

こんな土鍋でグツグツと。

味噌煮込みうどんの山本屋がプロデュースするカレーうどん。

マウンテン

麺は麺でも番外編。学生街にある喫茶マウンテンです。当初は普通の喫茶店でしたが進化して(笑)奇色の館と化したみたい。風変わりなメニューは300種類に及ぶとか?これは「甘口抹茶小倉スパ」です。
一番人気ですよ。茹でた抹茶の麺に抹茶ソース、生クリームと餡子がドッサリと。

奇色の館の夜の外観です。

麺は麺でもこんなのは如何(笑)。

麺屋三郎

名古屋めしの最新は台湾まぜそば!ミンチ、ニラ、刻み葱、魚介類の粉末、刻み海苔に真ん中には生玉子が落としてあるピリッと辛いタレと混ぜていただく油そばの辛い版です。初めて台湾まぜそばをいただいたこのお店のお味が忘れられないです。備え付けのラー油、豆板醤、酢などで自分好みにアレンジしていただきます。麺はこれも極太麺でモチッリ!

これも太い麺です。

名古屋めしの麺編をまとめてみましたがまだまだあります。名古屋にいらしたら朝、昼、晩、おやつ、夜食と麺尽くしはいかがでしょうか(笑)。ゾッーとしますよ~(^^)

※本記事は、2015/04/01に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ