『これは・・・』と思えるザッハトルテの頂ける都内のお店18選 (^O^)/

『これは・・・』と思えるザッハトルテの頂ける都内のお店18選 (^O^)/

ザッハトルテを語る上で外せないのはアプリコットジャム・チョコレートフォンダン・チョコレートスポンジ生地の三つのキーワードかと思われます!今回はその三つに着目したザッハトルテに関するまとめを作成させて頂きました(笑

キーワード
甘い
電源あり
Wi-Fiあり
テラス
ケーキ
駅前・駅近

更新日:2017/01/28 (2016/10/15作成)

12022view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザッハトルテもお店によって様々です(^_-)-☆

アプリコットジャムは元祖争いをしたデメルがスポンジ生地の表面だけにアプリコットジャムを塗るのに対してホテルザッハーはアプリコットジャムを内部にも挟むのが特徴ですが、チョコレートフォンダンのシャリシャリ感の強弱やスポンジ生地の食感もお店によって様々です!
貴方のお好みのザッハトルテが見つかれば幸いです<(_ _)>

カフェラントマン 青山店

こちらのお店はAOビル(紀伊国屋インターナショナルの跡地のビル)の4Fにあり店内66席・テラス48席で、店内はお店の謳い文句通りか?ですが本国同様の落ち着いた内装でテラス席は青山の街並みが見渡せる開放的で快適な空間です。

こちらのザッハトルテはアプリコットジャムが表層と内部にも挟まれたホテルザッハータイプで外側のフォンダン滑らかながらシャリシャリ感は結構有ります。
スポンジ生地ややパサパサで、甘さ控えめですがアプリコットジャムがしっかりと存在を主張しています。お約束の?砂糖の入っていない生クリームと絡めて頂くと丁度イイかもです(-_-;)

表層のアプリコットジャムが甘さ強めでこれがそのザッハトルテ全体の甘さの強さを決定する最大の要素の様では有ります(゚Д゚;)
こちらのザッハトルテはアプリコットジャムをやや多めにお使いの様です!

COVA SHINJUKU TAKASHIMAYA

こちらのお店、ミラノで1817年にナポレオン軍の元兵士が創業したと言う老舗カフェの日本店の一つですが本店にはスタンダール、ヴェルディなども出入りしておりその中でもヘミングウェイは自著の『武器よさらば』の中にも度々コヴァを登場させておりサケル(ザッハトルテ)、チョコレートが有名です(*^^*)

ザッハトルテ、こちらではサケル(Sacherのイタリア語読みで)と呼ばれています。
内部はタップリのチョコレートクリームが2層あってスポンジ生地は少な目!
ザッハトルテのお約束のアプリコットジャムは使われていない様な感じですが確認した所、スポンジ生地にごくごく少量お使いの様で味はほとんど感じられません(泣
全体に甘さ程々でシットリタイプ、グラサージュされたチョコレートフォンダンは硬めです。

このザッハトルテの最大の特徴は外部側面がカカオニブで覆われている事です!
カカオニブ、スーパーフードですので身体には良さそうザッハトルテで有ります(笑

ブロンデル 銀座

1850年にスイスのローザンヌで創業し現在も160年前と同じレシピでチョコレートを作っていると言う老舗のチョコレート屋さんのカフェです!
1Fがチョコレートの販売、2Fがカフェと言う形で営業されています!!!
チョコレートの販売の片手間?の様なカフェのため営業開始時間が遅くなったりしますので訪店の際は注意が必要かもですね(^_-)-☆

ザッハトルテはスポンジ生地の内部にだけアプリコットジャムが挟まれておりチョコレートフォンダンはシットリ滑らかな食感!
無糖の生クリームが付いて来ませんのでスポンジ生地もシットリ目で甘さ程々〇

外側下部に黒い細片が付いているのですが、頂いてみるとチョコレートクッキーを砕いた物で食感に変化が出て宜しいかも・・・(^^

カフェーパウリスタ

明治43年創業の銀座の老舗の喫茶店!
ただお店の入ったビルは新しいので何度か移転はされていると思われます。
雰囲気に関しては清潔感一杯ですが歴史は感じられず・・・(^^;
接客に関してはかなり丁寧で気配りもあってイイ感じでは有ります!

ザッハ(ザッハトルテ)はグラサージュされたチョコレートも硬めで少しぱさついた感じで添付の無糖生クリームと頂けば丁度イイ感じで甘さ程々◎

アプリコットジャムはスポンジ生地の真ん中のみでデメルタイプでもホテルザッハータイプでも有りません!
ただ量的には多めに使って居られるのでアプリコットジャムのお味はしっかり感じられます。

フランツクラブ 新丸ビル

ミュンヘンで600年の歴史を誇る老舗醸造所シュパーテン・フランツィスカーナーの正規代理店でもある輸入商社がトータルプロデュースする、「本物のドイツ」にこだわった新スタイルのドイツレストランです。
都内で複数の店舗展開をされており系列店でも同じザッハトルテが頂けます。

ザッハトルテにバニラアイス&チョコレートソースと言うやや変った?提供方法で供されマス!!!

お店のHPの説明には『スポンジの中にアプリコットジャムを挟み、チョコレートでコーティングをして中身をしっとりと仕上げています。』とあり写真もアプリコットジャムが表層とスポンジ内にみられるのですが今回頂いた物は表層のみのデメルタイプ?って感じで???
お味は甘さ程々でグラサージュやや柔らか目でスポンジややパサパサですがバニラアイス&チョコレートソースに絡めればそれなりにイイ感じです(^_-)-☆

銀座ハプスブルク・ファイルヒェン

こちらの神田シェフは日本人で唯一のオーストリア国家公認キュッヘン(料理)マイスターですがこの資格を得るための試験は、一生に一度しかチャンスがないという狭き門。
その様なシェフのお店ですので伝統に則ったオーストリア料理が頂けます!(^^)!

スポンジ生地の間にのみアプリコットジャムが挟まれておりデメルでもホテルザッハーでもないタイプです(^_-)-☆
砂糖の入った生クリームが添えられて供されます。

スポンジ生地はそれ程パサパサではありませんがグラサージュされたチョコレートフォンダンはこれまで頂いたザッハトルテの中でもか~なりシャリシャリ(ジャリジャリ)した食感で本国仕様に最も近い?ザッハトルテかもです。

デメル 三越日本橋店

フランス革命の3年前の、1786年に開店したカフェ・コンディトライ「デメル」世界最高峰の洋菓子舗の一つですがそのデメルのザッハトルテをデメルジャパン=上野風月堂がライセンス生産した物が販売されています。
今回はこちらで購入させて頂きましたが都内の多数のデパ地下で入手可能です!

チョコレートフォンダンにそれ程強くは有りませんがシャリっとした食感有り!
スポンジ生地、日本仕様と言う事かややシットリタイプで甘さ程々・・・!(^^)!
無糖生クリームにはピスタチオの粉末がのっており風味も有りマス!

断面写真からも分かる通りスポンジ生地の間にはアプリコットジャムは有りません!

カフェ ウィーン 三越日本橋店

オーストリア共和国の首都であり、コーヒーハウス発祥の地であるウィーン市のカフェハウス協会から正式な認定を受けている正統派カフェでウィーン伝統料理等も頂けます!

フォンダン自体はやや硬めですがデメルより若干強めのシャリシャリ感有りでスポンジ生地もややパサパサ感ありで添えられる無糖の生クリームを含めて正しい?ザッハトルテだとは思いマス(笑

外観からの一番の特徴はスポンジ生地内のアプリコットジャムが2層・・・(驚
チョコレートフォンダン直下にも1層有りますので全体では3層有ります(^_-)-☆
3層のアプリコットジャムの影響か結構甘さしっかり目ですので甘めがお好きな方にはお勧めです!

JSレネップ

有楽町駅徒歩3分のJR線高架下にある庶民的なビアホールですが、ザッハトルテも頂けるお店です!
ドイツ居酒屋ですのでザッハトルテを召し上がるお客様が多いとは思われませんので保存が効くようなタイプのザッハトルテが頂けます(゚Д゚;)

アプリコットジャムが表層とスポンジ生地内部にもあるホテルザッハータイプで、チョコレートフォンダンややとろけた状態でお約束のシャリ感はほとんど無しでスポンジ生地ややパサパサで無糖生クリームは必須の一品では有ります。
甘さは程々ですが無糖生クリームの添付を考慮すればもう少し甘くてもイイかもですね(゚Д゚;)

キューポット カフェ 本店

青山通りから北青山側に入った場所に有りますが店頭からして女子が好みそうな雰囲気のお店です!
フェイクスイーツのストラップとかアクセサリーのブームの火付け役になったお店らしいのですが秋冬(9~3月)限定のザッハトルテ?を購入出来ます。

内部はチョコスポンジにチョコムース、外側にはチョコレートがかかっています。
ムースの中に入っている刻んだオレンジピールがアクセントです。
デメルの0号より高さは有りマス!

お店のショーケース内でザッハトルテと記載されている商品ですがザッハトルテに必須?のアプリコットジャム・チョコレートフォンダンは使って居りませんのでこれをザッハトルテと呼んでいいものやら非常に疑問のある商品では有ります(^^;)

デンメア ティーハウス 六本木店

1981年、創業者アンドリュー・デンメアによりウィーンで創設された比較的新しいお茶屋さんが2008年に六本木に出されたアジア1号店です。
ウィーン市内に7店舗、ポーランド、ハンガリーなどのヨーロッパ各国に28店舗が営業中との事ですのでワールドワイドの人気のお店である事は間違いない様ですね(^_-)-☆
オーストリアのお店ですのでお茶と供にザッハトルテも頂く事が出来ます(嬉

このザッハトルテは、三軒茶屋のムッティス・クーヘンさんにお願いして作って頂いているそうですがHPをチェックするとドイツで修行された女性のパティシエさんの様です。
全体に甘さ程々のためか有糖の生クリームが添えられています

ザッハトルテは表層のみにアプリコットジャムを使ったデメルタイプでチョコレートフォンダンの軽いシャリシャリ感も有ります(嬉
このスポンジ生地、ややパサパサながら凄~く口溶けが良く初食の感覚です!

チョコレートフォンダンも薄いながらかなりパリパリ感があってかなり個性的な一品では有ります。

巴裡 小川軒 新橋店

小川軒、代官山・鎌倉・御茶ノ水そしてこちらと暖簾分けはされていますが、ほぼ同じレーズンウィッチが頂けますのでスイーツのお好きな方で知らない方はまずいないお店では有りマス(笑
レーズンウィッチ以外にもケーキ・クッキー等も販売されており老舗の小川軒らしい安定感の有る間違いない商品が多いお店であるとは思われます!

アプリコットジャムは表層のみのデメルタイプでジャム自体の甘さはそれ程では有りません。
全体としては甘さ程々ですが添付された生クリームは軽い甘さのある物です。
これまで頂いたザッハトルテの中では一番お安い(486円で生クリームも付きます)物ですよ~♪♪♪

こちらのザッハトルテ、スイス産のカカオマスとフランス産のスウィートチョコレートをブレンドした物をお使いの様ですが外側のチョコレートフォンダンはかなり硬めでフォンダン特有のシャリシャリ感有りでスッポン生地はややシットリタイプ!

チョッポノッコ

都営地下鉄浅草線の大門駅から徒歩6~7分の所にある小さな販売のみのお店です。
シュークリームが主力商品ですが、ザッハトルテ?も販売されています。

まず外観ですが上にブドウ・ラズベリー・ミントの葉っぱ・生クリーム等がのっておりかなり装飾過多でかなり違和感を感じるビジュアルではあります(゚Д゚;)


スポンジ生地の間にはチョコレートクリームが挟まれており、お店の方にも確認しましたがアプリコットジャムは使って居られません(泣
実食すると外側のチョコレートコーティング、ややビターなお味ですがお約束のチョコレートフォンダンのシャリ感全~くなく外観からもこれをザッハトルテと呼んでいいのか分からない商品ではあります(泣

デザート倶楽部

北川景子嬢が『食わず嫌い王決定戦』に出演した際にこちらのバウムクーヘンを持参して注目される様になったお店で、一応ドイツ菓子のお店を標榜されている様です(苦笑

外部に粉砂糖が降ってある外観からして怪しげな?ザッハトルテですが最下層のみスポンジ生地でチョコレートクリームタップリでフォンダンのシャリシャリ感もなければアプリコットジャムも使われて居ないただのチョコレートケーキです(泣・泣・泣

楽天カフェ

どなたでもご存知の楽天さんが運営されているカフェですが、無料Wi-Fi、電源、電子書籍で雑誌読み放題と言ったサービスも行って居られる様ですのでお若い方々には嬉しいかもですね(笑
店内1Fで購入して2,3Fで頂くシステムです!

半熟ザッハトルテと言う名称で販売されています。 
香川県のラ・ファミーユと言うお店でお作りの様ですが楽天市場で取り寄せる事も可能な商品です。
冷凍状態で届く様で6~8時間冷蔵庫で解凍、その後室温に戻して頂くと美味しいそうです。
その辺りが「半熟」のネーミングの由来の様では有ります(゚Д゚;)

軽く甘さの付いた生クリームがタップリ付いてきてヴィジュアルはザッハトルテの様にも見られます!
実食するとチョコレートフォンダンのシャリシャリ感もなければアプリコットジャムの甘さもない(使っていない)物で完全なザッハトルテとは呼べない商品ですね(泣
楽天市場ではクリスマス仕様?でプレーン・抹茶?・苺トナカイ?と3タイプの物を販売される様ですが田舎のケーキ屋さんのただのチョコレートケーキにザッハトルテの名を付ける意図が全く理解不能の商品です×××

ツッカベッカライカヤヌマ

こちらのオーナーシェフの栢沼稔氏はウィーンのデメルで修業し、1982年に外国人として
初めてオーストリア国家公認コンディトールマイスターの資格を取得された方です。
と言う事で正統派?のオーストリアのお菓子が購入出来るお店ですね(笑

ザッハトルテ 800円+Tax & 生クリーム 200円+Tax(2017年1月時点での価格です。)
大きさですが、これまで頂いた18個のザッハトルテの中では最小でお値段(生クリームを含めて)も一番高い商品だと思われます(泣・泣・泣

断面写真からもお分かり頂ける様に表層のみにアプリコットジャムが使われているデメルタイプのザッハトルテです(*^^)v
チョコレートフォンダンはわ~ずかにシャリシャリ感があって甘さしっかり目の一品です!
生クリームはやや甘味のある有糖です!
本場のザッハトルテを頂いた事は有りませんが、オーストリア国家公認コンディトールマイスターの資格を取得されかつあのデメルでもお仕事をされた方のお作りになるザッハトルテとしてはどうなんでしょうかね???
本場物を召し上がった事のある方のご意見をお聞きしたい処ではありまする(笑

スターバックス・コーヒー 新橋駅前店

このお店をご存知ない方はまずいないであろう、シアトル発の全国展開中のコーヒーショップです!
冬季にのみザッハトルテの販売もされています。

生クリーム(別料金)は無糖ですが、形状はザッハトルテの様に見える商品です(*_*)

表層のみにアプリコットジャムが使われているデメルタイプ!
チョコレートはシャリシャリ感全く無く有りません(ただのチョコレート)。
最近、大手コンビニエンスチェーンでもザッハトルテと言う名称の商品を販売されてはいますがザッハトルテに必要な要件を全く満たしていない名前だけの物が多く嘆かわしい限りです(怒
それに比べればまだまともな商品なのかも知れませんね!

アンリ・シャルパンティエ・サロン・ド・テ 日本橋高島屋店

日本橋高島屋の地下一階にあるお店ですが席間狭くイートインのコーナーの様なお店です(^^;)
もっと落ち着いた雰囲気で頂きたい方は東京における旗艦店とも言える銀座のお店(銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ)に伺われたほうがイイとは思いますね(笑

冬季限定(1月4日~)の商品です(^^;)
まず見た目ですが、結構大きな物で、有糖の生クリームがのって居ります!

断面からは表層と内部にアプリコットジャムが入っている様な気は致しますね(^^;)
たたこのアプリコットジャム、ジャムと言うよりアプリコットソースの様な粘度の
低い物をお使いの様で、スポンジ生地にかなり浸み込んで居ります(苦笑
チョコレートに関してはフォンダンの軽~~~いシャリ感はほんの少~~~し有りますが、正統派のザッハトルテとしては今一つの出来ですね!

※本記事は、2017/01/28に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ