東京都内の感動するほど美味しいタンドリーチキン7選

東京都内の感動するほど美味しいタンドリーチキン7選

インド料理と言われて日本人がまず思いつく料理がナンとタンドリーチキンではないでしょうか。骨無しのものはチキンティッカとも呼ばれ、ターメリックと食紅で色付けしたような赤いタンドリーチキンが一般的。しかしそのバリエーションは多彩で、個性的かつ美味しいチキンが都内の各インド料理店で人気を博しています。

キーワード
美味しい

記事作成日:2016/10/03

1483view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都内の感動級に美味しいタンドリーチンはこちら!

インド料理ならではのスパイス使いで鶏肉の美味しさが別物に変わるタンドリーチキン。
お店によってスパイス使いや火入れが異なりその美味しさは千差万別。
パサパサで失望することもあれば、その美味しさに唸ることもあって、差が激しいのです。
そこで本まとめでは筆者が巡ったインド料理店の中で、これは美味しいと驚愕した「タンドリーチキン」をご紹介したいと思います。

キッチンキクチの「チキンティッカ」

都内最大のインド人街と言えば江戸川区の西葛西。東京湾へと流れる荒川の河口がガンジス川に似ているなど様々な理由でインド人が多いです。必然的にインド料理店も沢山あります。
そんな葛西エリアでセンスの光る「キッチンキクチ」。シェフはネパール人なのですがタンドリーチキンがジューシーな火入れで素晴らしかったです。
ターメリックと食紅で色付けしたような定番のタンドリーチキンですが間違いない美味しさ。

シェフの故郷の味であるネパール料理も美味しいです!

ダバインディアの「地鶏半羽のタンドリーチキン」

都内No.1の南インド料理店と表現しても過言では無いでしょう、行列の出来る南インド料理店「ダバインディア」。
客回転の良い同店だからこそ可能なのかも知れません、何とタンドリーチキンに使う鶏が地鶏というこだわりよう。
スパイスで誤魔化すのではなく鶏本来の素材の美味しさを楽しめるタンドリーチキン、スパイスで昇華する地鶏の味わいを是非ともご賞味ください。

シターラ青山の「ムルギチャンプ」

No.1南インド料理店がダバインディアであれば北インド料理のNo.1は「シターラ青山」でしょう。
ムガル宮廷料理を標榜する高級北インド料理店で、白を基調とした店内の意匠はインド料理店にしては珍しくフレンチレストランのよう。
通常のタンドゥーリ・チキンもメニューにあるのですが同店で感動的な美味しさだったのが「ムルギチャンプ」。
一般的な赤いイメージとは異なり緑色なのですが、コリアンダーやミントの香りと爽やかさが骨付きチキンの美味しさを最大限まで昇華させます!

カーンケバブビリヤニの「ハリヤリチキンティッカ」

シターラ青山のムルギチャンプ同様にミントとコリアンダーの効いたチキンティッカなのですが、高級店のシターラ青山よりスパイス使いが荒々しいです。
チキンから漂う鮮烈な香りだけで美味しいことを確信、今まで食べたチキンティッカの中でもトップクラスの美味しさでした。
お店は南インド料理店を標榜しますが、(地理的には北にあるはずの)パキスタン料理も扱っています。

サンサールの「マライティッカ」

名店アジャンタの流れを汲むインド料理も、オーナーシェフであるウルミラさんの出身地であるネパール料理も美味しい「サンサール」。
マライ(牛乳を温めた際に出来る膜のこと、生クリームに近いようです)でリッチに味付けされたチキンティッカが濃厚な味わいで素晴らしかったです。
同店ではダルバート、バターチキン、プロウンマサラ、マライティッカが必食メニューと思います。

エリックサウスの「ゴア風チキンカフレアル」

円相フードサービスが運営する南インド料理店「エリックサウス」。スタッフ全員日本人で、日本人アレンジの南インド料理を楽しめます。
「ゴア風チキンカフレアル」も日本人ならではの良さが出ていた料理。鶏モモ肉は皮付き(インド人は皮を剥ぐ)、中心に赤みが残るミディアムレアーな火入れ(インド人の火入れは基本的に強め)。
スパイス使いは現地仕様のお店に比べると穏やかなのですが、ミント、コリアンダー、カルダモンなどが高貴に香ってレベル高し。

カマルプールの「鴨肉のタンドール焼き」

前掲ダバインディアでマネージャーだった北村シェフの「カマルプール」は、タンドールバルと名乗るように、日本人オーナーならではの絶妙な火入れのタンドール料理が魅力。
タンドーリチキンミックスもメニューにあるのですが、鳥は鳥でも鴨肉をタンドール窯で焼き上げた「鴨肉のタンドール焼き」が一押し!
レアーに火を入れた鴨肉とインド料理のスパイス使いとの相性の良さに驚愕。高級フレンチの鴨料理とはまた異なる「インドの鴨」は新しい発見でした。

※本記事は、2016/10/03に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ