【吹田】 万博記念公園の四季を追ってみました 中央口周辺・自然文化園編☆♪

【吹田】 万博記念公園の四季を追ってみました 中央口周辺・自然文化園編☆♪

フリマや各種イベント、季節のお花や自然を楽しめる万博記念公園。 さらに、エキスポパーク跡地にはもうすぐ、大型商業施設や水族館が新たにオープン。家族や友人と、なんなら1人ででも、遊びに行く機会が増えそうです。そんな時に、役に立つかもしれない?公園内の既存の施設をご紹介いたします☆♪

キーワード
ランチ
おしゃれ
ケーキ
肉料理
駐車場あり
お土産
テイクアウト

記事作成日:2015/10/30

4147view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11/19(木)万博記念公園に8つのエンターテイメント施設と305店舗の「ららぽーとEXPOCITY」グランドオープン!!

93819d85945a6c5d66f2448545014d48

ロキストア(中央口周辺)

モノレールの駅の長大なスロープのたもとにある売店。
スナック類やアイスクリームなど、フードは一般的な品揃え。
テーブルと椅子アリ。
ソフトクリームとビールは、それぞれ¥300と¥500で、自然文化園内より20円安い。

太陽の塔に一番近いという訳ではナイのですが、モノレールの駅には一番近い。
そのためか、ココはある程度、大阪のお土産物を置いている。
そして、充実しているのは、太陽の塔オリジナルグッズ、マニアは必見。
岡本太郎グッズのガチャガチャもありますよ。

写真は、大阪万博記念公園チーズ蒸しケーキ¥800(税込)。
(2015/10 訪問時)

クリーム入りのふわふわチーズケーキ。
小さいのが個包装で12個入り。バラ撒きに良し。
他に、太陽の塔クッキーや岩おこしなどの箱入り菓子が10種類ほど。

太陽の塔はカラスに好かれていますw

OASIS(中央口周辺)

中央駐車場から自然文化園に向かう途中にあるカフェ。
改装してキレイになっています。
お弁当やオニギリ、ハンバーガー、コロッケのテイクアウト可能。
季節のソフトクリームなんてのもあります。
私が行った10月は、栗。

イートインは、先に店内のレジで、注文&支払いをすませます。
人気があるのは、カレーみたい。
カレー、コロッケカレー、メンチカツカレーの3種類、¥650前後。
以前はおうどんがあったように思うのですが、今は無くて、その代わり、オシャレなハンバーガーが登場。
手作りコロッケのハンバーガーだそうです。
コロッケ単品だけでも注文可能。

写真は、手作りコロッケバーガーセット ¥680(税込)。
(2015/10 訪問時)

ソースは3種類からチョイス。
タママヨ・サムライバーベキュー・ベーコンオニオン。
サイドメニューも3種類から。
フライドポテト・チキンナゲット・イカリング。
ドリンクは、ジュースや珈琲や紅茶など数種類から。
私はホットカフェラテで、アイスもあり。

手作りコロッケは、分厚い。
他のお店の1.5倍くらいの厚み。
パンはマクドよりも美味しかったですw

セントラルカフェ(中央口周辺)

万博公園無料開放の日曜日、家族がお友達と遊びに行くというので、車で送る。
せっかくなので自分も梅を観るコトに。
溢れるような人混み、お店が混雑する前にサッと食事をすませよう。
という訳で、お邪魔したのが【セントラルカフェ】さん、公園の中央口の外側スグの売店。
よくあるスナック類やドリンクの他、ジェラートやおにぎりを販売。

店内には、テーブル4席、カウンター3席だけですがイートインも。
さらに、ハンバーガーは店内で手作りらしい。
働いてるヒトを見てみると、ベテラン主婦っぽい雰囲気。
よし、ココで食べていこう、もしかして美味しいかも♪

写真は、梅チキンかつバーガーセット¥650(税別)。
(2015/03 訪問時)

梅まつり限定だそうです、他に梅フィッシュバーガーもアリ。
ポテトはマクドのSサイズくらい、塩がよくきいてる。
ハッシュドポテト、チキンナゲットも選択可。
ジュースはガラスのグラスで登場、チョット嬉しい。

南高梅使用のソースを挟んでいるそう。
バンズは大きくてふんわりで胡麻タップリ、チキンかつも大きい、キャベツも十分。
思ったより、ずっとボリューミーで、ずっと美味しい、モスより美味しいかもw

筍の季節には、公園内の竹林で採れた筍使用のバーガーが登場します。

梅林には、いろんな種類の梅の木が植えられていて、たいへん綺麗でした。

パークカフェ(自然文化園)

万博公園で開催中の『チューリップ祭り』に行きました。
カラフルでキレイで可愛くて、おまけに最近では珍しく天気が良く、とっても楽しく過ごせました。
本格的なカメラで撮影に励むヒトもたくさん。
私もコンデジでがんばって、一緒にパシャパシャ。
で、がんばったらお腹がグ~w
会場のスグ近くの【パークカフェ】さんで食事するコトに。

お店は、ほぼガラス張り、外の景色が堪能できます。
店内は広く、テーブルはたくさん、フードコートっぽい雰囲気。
実際、先払いの食券制、お冷と食器を下げるのはセルフサービス。

写真は、期間限定チューリップランチ 税込¥1100
(2015/04 訪問時)

ハンバーグの上にのっかってる、オレンジと紫のチューリップがむっちゃ可愛い。カボチャと紫芋のマッシュ。
私の後に入って来られた年輩のご夫婦は、生ビール¥500を飲まれていた。そしてお料理はおすすめランチ¥1300、ハンバーグにエビフライ2尾。むっちゃうらやましい。ビールもうらやましいし(※私は車だったので・・・)、ご夫婦?2人で仲良く、というのもうらやましい。

ベンチなどもたくさんありノンビリ眺められます。

写真は、ジュディスレイスター。

キッズパーク(自然文化園)

休日は、遊ぶ子供で大賑わいのキッズパークに面したお店。
大阪万博のミュージアムやスワンボートの乗り場にも近い。
イルミネーションや陶器市などのイベントの際は、ココは飲み物やおやつを調達できる便利スポットです。

無料休憩所を兼ねたイートインコーナーがあり、メニューも他の売店よりも豊富。
カレーやおうどんがあるので、軽い昼食くらいなら賄えそう。
ポップコーンやホットドックも。

写真は、ヘーゼルナッツのジェラート¥350(税込)。
(2015/10 訪問時)

種類は全部で14種類、2種類品切れしてたけど、まずまずの品揃え。
ラムレーズン、北海道ダブルチーズ、ダブルベリー、ラムネ、などなど。
コーンかカップか選べるのが便利。
ホントはコーンの方が好きなのですが、撮影のしやすさを考えてカップに。
カメラは両手で持って脇を締めて操作したい性質w

キッズパーク側にはベンチがあり、子供を見守りながら一休みできます。

グリーン(自然文化園)

お店は中央口のすぐ脇にあります。
ソフトクリームやフローズン、フライドポテト、タコヤキ、ヤキソバなどのスタンダードなスナックメニューの他、冬はヤキイモ、甘酒なども。
ホルモン焼そばやビールもありますよ。

家族で毎年『万博イルミナイト』を観に行きます。
太陽の塔に映し出される光の映像は、とても見事、…でも寒いw
で、太陽の塔に見下ろされるような位置にある売店【グリーン】さんで、温かい飲み物を買うコトに。
そうしたら、手とを温めながら映像を観るコトが出来るから。

写真は、ホットタピオカドリンク・キャラメルミルク¥300(税込)。
(2013/12 訪問時)

出来上がりには、公園の売店にしては、時間がかかった。
なぜなら、ドリンクディスペンサーでジャーではなく、電子レンジでチンでもなく、ミルクパン+ガス火で温めていたから。
とびきり熱々で、なんか、嬉しい。

来年も再来年も、家族を連れて来てあげられますように。

パークカフェ 中央通り売店(自然文化園)

日本庭園前駐車場から、太陽の塔へ向かう道の途中にあります。
フランクフルトやポップコーン、ソフトクリーム、タピオカドリンクなどの他、ラーメンやおでん、ホルモン丼も。

テーブルが2~3卓、置かれています。
目の前はお祭り広場で、フリマやラーメンエキスポなどのイベントの時は、ココが最も近い売店です。

写真は、あんまん¥130(税込)。
(2012/02 訪問時)

私達は、肉まんとあんまんを買いました。
何の変哲もない木村屋の肉まん・あんまん、です。
でも、ホカホカ、です。
あったかいね… …あったかいね。
おいしいね… …おいしいね。
などと言い言い頂くと、楽しいご馳走。

イルミネーションは可愛くて綺麗です。
屋台もたくさん出て、ホットワインがとっても美味しそうです。
でも、ドライバーだから飲めません(泣)

せせらぎ広場売店(自然文化園)

巨木の並木道の端っこにある、広大な芝生の広場に囲まれた、ポツンと小さなお店。
広場では子供達がたくさん遊んでいます。

写真は、期間限定・手作り梅サワー¥220(税込)。
(2015/10 訪問時)

「期間限定」というのは、いつからいつまでというのではなく、「あるだけ」みたい、正確に言うと「数量限定」ですね。
万博の梅林で採れた梅を漬けて作った梅シロップを、炭酸で割って、氷を入れて、青梅を1個ポチャンと投入。
そんなに甘くなく、酸味が爽やか、美味しいです♪

近くの「わくわく池の冒険広場」にも他の売店があるのですが、ソチラは更に小さくて、あんまりたいしたモノは置いていない。
この辺りで利用するなら、コチラのほうがオススメです。

公園西口と水すましの池を結ぶ、この巨木の並木道は迫力です。
まさに、緑の壁。
街中ではなかなか、この高さと枝ぶりが許される空間がありませんね。

水車小屋(自然文化園)

梅まつり開催中の、期間限定ショップ。

満開の梅を堪能し、歩き疲れた頃ちょうど行き着くのがコチラ、梅林を抜けた所にある無料休憩所【水車小屋】。
屋根とガラス戸があり、床几があり、自動販売機があり、ユニバーサルトイレがあり、ファミリーに嬉しい建物。

いろんな梅関連商品を販売、たいへん賑わっていました。
お汁粉やスープや梅酒や豚汁なども。
梅肉エキス入り大福、買えば良かったかしら?

写真は、梅はにっぷ¥100(税込)。
(2015/03 訪問時)

紀州特産の梅に砂糖を加えて抽出した果汁と蜂蜜をブレンドした果汁入り飲料。
炭酸や牛乳で割っても良いらしいですが、ココではお湯割りで売られていました。
温かくて甘くて美味しかったです。

見事なしだれ梅。

竹林を背景に黒龍梅。

花の丘ショップ(自然文化園)

コスモスフェスタ開催中の、期間限定ショップ。

ヒトビトが自然の美しさと触れ合う花の丘の一画に現れる、秋桜とは異なる色合いの、にわか作りの人工の建造物。
コチラはコチラで目に楽しいw

おでん、たこ焼き、フランクフルト、おにぎり、肉まん、フライドポテト等。
日本酒やビールや発泡酒やチューハイもあったので、『秋桜飲み』も可能、・・・車でなければ(涙)

写真は、おでん各¥100(税込)。
(2015/10 訪問時)

家で作るおでんの1日目、みたいなカンジ。
具材がキチンとした大きさで、観光地的ぼったくり感はナシ。
フツーに美味しいぐらいだけど、屋外で秋桜見ながらおでん、という機会はなかなかナイので、ココは食べるべきでしょうw

ちょうど満開で、色とりどりの秋桜が風に吹かれてユラユラ。
ピンクやオレンジのグラデーションの波のよう。
と~~~~っても綺麗かったです。
何故か向日葵も咲いてましたよw

オレンジキャンパス

※本記事は、2015/10/30に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ