福島市・もう一度食べたい極旨ラーメン★V6♡(山形県民旅情編)

福島市・もう一度食べたい極旨ラーメン★V6♡(山形県民旅情編)

福島市には、喜多方や白河のような御当地ラーメンはありません。でも、個性的なびっくりする極旨ラーメンがたくさん隠れています。ぶらり訪れた山形人が、その激旨にびっくりして、個人的にもう一度食べたいなぁと思うラーメンをまとめました。

キーワード
塩ラーメン
醤油ラーメン

更新日:2016/05/08 (2015/10/09作成)

14850view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成27年11月、うからやから削除(閉店)、えなみ記事修正・加筆
平成28年5月、山岸家削除(閉店)

えなみ

Clear

食べて猛烈納得、スープ・麺共にとても美味しいでした。基本、スープ・麺が良ければ十分なのにメンマも、チャーシューも、つくねも、全部全部美味しいでした。具材までも手を抜かない最高の一杯でした。スッキリしてサッパリしてもう最高でした。この店はいくら褒めてもそれ以上の味でした。こんな塩ラーメンは初めてです。その後、再訪問していただいたつけ麺も文句なし♡これを毎日でも食べられる福島市民が羨ましい★

梅塩ラーメン・薩摩産本枯本節二年物鶏豚中濃つけ麺

支那そば 二階堂

Clear

オーソドックスな醤油ラーメンの出来栄えはシンプルながら端正綺麗。青葱を真ん中に、白葱は淡雪のように全体に散らして美しく。スープをすすると優しい和風の美味しい上品な出汁に十分満足。優しい味わいにほっとする。麺は細ストレート系に近い弱縮れ麺でスープを絡める。味わいも控え目で、麺とスープの双方で上品な和風を完成。メンマは味が染みて程よくチャーシューも柔らか。スープはいつまでも熱々、さりげない油膜で出来立てを保つ。それでいて油っぽくなく和風のあっさり上品さはそのまま。総合的に昔ながらの支那そばを手抜きなしに丁寧に作った毎日でも飽きずに食べられるラーメン。

支那そば

和屋

手打麺が自慢で硝子張りの製麺所が備えてある。情報では白河系統と。スープは油膜を張って熱々さを逃がさない。味は想像を超えて意外に濃厚でかなりのコクもある。麺は平打ち気味の縮れ麺で太さは普通。コシも味もあり中々美味しい麺。具材は大盛りだからなのかチャーシュー4枚と多く、脂身の少ないモモ肉でしっかりと肉を食べた感があり噛み応えもある肉です。

手打ち中華そば

伊達屋

Clear

スープは美しく透き通った琥珀色、美しいものは美味しい原則通り。とても澄みきった完成度の高いスープです。醤油も柔らかく美味しい味で、魚介の風味も重層的に楽しめる。麺は細ストレート麺、とはいっても博多麺とは色みも風味も味も別物で、細麺なのに小麦粉の風味がしっかりとした驚きのできの素晴らしい麺。するすると入る細ストレート麺はやはり最高。具材はシンプルですが、店主の心遣いはスープや麺だけでなく具材の随所にも…チャーシューはホロホロとトロトロと柔らかく、しかもかなりの大きめ。刻み葱は青葱を真ん中に、白葱を周囲に散らして見た目にも綺麗。

中華そば

らーめん HOME

Clear

スープは品名にたがわぬ澄んだ琥珀色の輝き。ふくよかに節系の香りと味が口の中に余韻をたなびかせる。醤油のくせにしょっぱい感ゼロで旨みだけを味わわせる!こんなクリアーに美味い醤油スープは素晴らしい♪麺は大好きな極細ストレート。しかも茹で加減が絶妙なド・ストライク。ちょっち固めで気持ちコキコキさが残る神技。この麺の咀嚼がまた美味。極細でも博多麺のような粉っぽさやぼそつきがなく、スルッスルッと気持ちよく胃の腑に収まる。チャーシューは意外に小さいかと思いきや厚みがあって食べ応え抜群、ホロホロと優しい柔らかさ。それに、メンマと味玉も合格点の美味さ。

琥珀のしょうゆ

めんや 薫寿

Clear

スープはまろやかな淡い塩で旨味を引き出された鯛の淡い風味、それでいてコクの深いダシが合わさり、米沢の「塩結び」とはベクトルをかなり変えた別物の鯛ラーメンになっていて、コクを深めたより本格的なラーメンに昇華させています。麺は中細ストレート、食べ応えもあり、美味い麺です。メンマもまた食べ応えのある角材メンマ。チャーシューは味のしみた大判チャーシュー。山形は味の薄い煮豚的なのが多くてあっさり中華や塩には合いそうだけど、でもこちらのような福島のチャーシューも美味いです。

薫寿そば(塩味)

※本記事は、2016/05/08に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ